「優先交渉」とは?

関連ニュース

【東芝メモリ】東芝幹部「鴻海なら楽だった」 半導体「日米韓連合」に売却決定、迷走8カ月 - 09月21日(木)08:18  newsplus

東芝メモリの売却先は日米韓連合に  「東芝メモリ」の売却先が20日、「日米韓連合」に決まった。東芝が売却方針を表明してから8カ月。迷走の末に、しびれを切らした取引銀行に期限を区切られ、「見切り発車」での決着となった。売却差し止めの訴訟を抱え、独占禁止法上の審査もこれからだ。  「契約までは安心できない」。20日、買い手に決まった「日米韓連合」を主導する米投資ファンドのベインキャピタル関係者は気を引き締めた。これまで東芝は方針転換を重ねてきただけに、不安が残る。  東芝が決断したのは、支援を...
»続きを読む
カテゴリー:

【東芝メモリ売却】WDが議決権全面放棄、新日米連合優勢に=関係筋 - 09月20日(水)06:16  newsplus

http://jp.reuters.com/article/toshiba-memory-wd-0920-idJPKCN1BU2F2 [東京 20日 ロイター] - 東芝(6502.T)の半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」の売却交渉で、米ウエスタンデジタル(WD)(WDC.O)が議決権の保有を全面的に放棄し、産業革新機構(INCJ)と米系ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)(KKR.N)、日本政策投銀行(DBJ)などで構成する新「日米連合」が新たな提案をしていることが明らかになった。 複数の関係筋によると、この新提案が優勢になっており、東芝は19日から20日にかけ...
»続きを読む
カテゴリー:

東芝、半導体事業の売却で米ファンドと覚書 - 09月14日(木)19:20 

東芝は、複数の陣営と交渉を進めている半導体事業(東芝メモリ)の売却について、米ファンドのベインキャピタルを軸にした企業連合との契約を目指す覚書を締結したことを、2017年9月13日に発表した。 ただ、「同連合を排他的な交渉先とする定めはありません」と併記。今後も他陣営との交渉も続ける見通し。覚書が「優先交渉権」にあたるということではないようだ。 米ウエスタンデジタル、批判声明を発表 東芝が半導体事業の売却先として交渉していたのは、「政府系ファンドの産業革新機構と、日本政策投資銀行、米ベインキャピタルからなるコンソーシアム」(韓国の半導体大手、SK Hynixも資金拠出を計画、日米韓連合)のほか、「米ウエスタンデジタル社を含む企業連合」と「台湾鴻海精密工業を含む企業連合」の3陣営。 東芝によると、その中のベインキャピタルから出された新たな提案に基づき、9月下旬の売却契約を目指す覚書を13日の取締役会で締結したという。 この発表に、交渉先のひとつのウエスタンデジタルは9月13日、声明を発表。「極めて遺憾」と批判した。 ウエスタンデジタルは、東芝と合弁事業を運営するサンディスクを2015年に買収しており、現在も提携関係を維持している。 声明の中でウエスタンデジタルは、今回の東芝の決断は、サンディスク系子会社の持つ同意権を無視したものであると主張。「東芝がサンディスクの同意なしに韓国のSK...more
カテゴリー:

【東芝メモリ買収】日米韓が最終盤でリード 残るWD訴訟リスク - 09月13日(水)21:53  newsplus

http://jp.reuters.com/article/toshiba-semi-buyout-idJPKCN1BO16L [東京 13日 ロイター] - 半導体子会社の売却交渉を進める東芝(6502.T)は13日、米系ファンドのべイン・キャピタルと韓国半導体大手SKハイニックス000660.SKを中心とする「日米韓連合」と交渉加速に向けた覚書を交わした。米ウエスタンデジタル(WD)(WDC.O)など他の2陣営を引き離した格好だが、WDが提起した訴訟問題は解決しておらず、日米韓連合が契約締結を勝ち取るのか、不透明要素があるとの指摘も交渉関係者から出ている。 <最終盤のドラマ> ...
»続きを読む
カテゴリー:

東芝が韓米日連合と覚書締結 半導体売却で集中協議へ - 09月13日(水)17:32 

【東京聯合ニュース】経営再建中の東芝は13日、半導体子会社「東芝メモリ」の売却を巡り、米投資ファンドのベインキャピタルが主導し韓国半導体大手のSKハイニックスが参加する「韓米日連合」と集中協議を進めるための覚書を締結したと発表した。  東芝は、ベインキャピタルから新たな提案を受けたとした上で、この提案に基づき今月下旬までの契約締結を目標に協議を進めるため覚書を締結したと説明した。  韓米日連合は6月にいったん優先交渉先に選ばれたが、その後、東芝は協業先の米ウエスタンデジタル(WD)と集中的に協議する方
カテゴリー:

【事業売却】東芝、メモリ子会社を日米韓連合に売却決議 WD譲歩拒む - 09月20日(水)14:32  bizplus

[東京 20日 ロイター] - 東芝(6502.T)は20日開いた取締役会で、半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」を、米系ファンドのべイン・キャピタルと韓国半導体大手SKハイニックス(000660.KS)を中核とする「日米韓連合」への売却を決議した。午後に正式発表する。米ウエスタンデジタル(WD)(WDC.O)は、土壇場の交渉で東芝と決裂した。複数の関係筋が明らかにした。 関係者によると、東芝は21日に再び取締役会を開きベイン・SK陣営との契約について決議し、同陣営と契約する見通しだ。 TMCの買収でべイン・SK陣営と競...
»続きを読む
カテゴリー:

東芝の「半導体売却」を迷走させた、最強の黒幕・アップルの怖い一言 - 09月20日(水)05:00 

以前掲載の「東芝は米国にハメられた。原発買収で起きていた不可解なやり口」では、東芝が7,000億円の特別損失計上を発表するに至った「原発事業」の衝撃的な裏事情が明かされました。今回のメルマガ『週刊 Life is beautiful』では著者で世界的プログラマーの中島聡さんが、いよいよ半導体事業売却にまで追い込まれた東芝と、売却先と目される「日米韓連合」の一員であるアップルの動きについて、専門家の視点で推察しています。 私の目に止まった記事  ● 半導体売却、20日にも契約=銀行団に説明─東芝 原発事業の失敗のために大幅な赤字を計上し、「最後の優良資産」である半導体事業を売却しなければ破綻を免れない東芝ですが、ようやく米投資ファンドのベインキャピタルを中核とする「日米韓連合」への売却に経営陣がコミットした、という報道です。 東芝による半導体事業の売却がここまで長引いたのは、Western Digital が売却の差し止め権を持っているかどうかの解釈で訴訟にまで発展しているためで、そこが解決しない限りは、「日米韓連合」への売却も実現しないので、まだ安心は出来ません(「日米韓連合」は Western Digital との訴訟問題が解決した後にお金を払い込むそうです)。 「日米韓連合」は、ベインキャピタル、産業革新機構、日本政策投資銀行、SKハイニックス、アップルなどで構成されており一旦...more
カテゴリー:

県5.7億円出資へ 空港民営化 出資比率、高松市と合わせ10% - 09月14日(木)09:29 

県は13日、高松空港の民営化手続きで優先交渉権者に選ばれた三菱地所を代表企業とするグループが設立する運営会社に対し、5億7800万円を出資する方針を明らかにした。
カテゴリー:

【東芝】 「日米韓連合」中核の米投資ファンドと協議の覚書 優先交渉再び日米韓に WD「極めて遺憾」 - 09月13日(水)20:06  newsplus

経営再建中の東芝は、決定が遅れている半導体子会社の売却先について、“日米韓連合”の中核であるアメリカの投資ファンドと今月下旬の契約を目指して協議していくという覚書を13日に交わしました。ただ、東芝と半導体事業で提携するアメリカのウエスタンデジタルが、ほかのグループへの売却を阻止しようとしていることなどから、交渉はなお曲折も予想されます。 東芝は、半導体子会社を売却して、来年3月末までに債務超過を解消することを目指していますが、アメリカのウエスタンデジタルは、ほかのグループへの売却を阻止しようと裁...
»続きを読む
カテゴリー:

【東芝】東芝また方針変更「日米韓連合」と交渉へ - 09月13日(水)17:28  bizplus

 東芝は、半導体子会社の売却先について、これまでの方針を変更し、再び日米のファンドや韓国の半導体メーカーなど「日米韓連合」と優先交渉を進めることを決めた。  東芝は、半導体子会社を事業のパートナーであるウエスタンデジタル社を含む「日米連合」に売却することを13日までに決める方針だった。  しかし関係者によると、ウエスタンデジタル社との間で将来の経営権などについて一向に意見が折り合わず、13日に開いた取締役会で売却先の決定は見送られた。  その上で、日米のファンドや韓国の半導体メーカー「SKハ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「優先交渉」の画像

もっと見る

「優先交渉」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる