「優先交渉」とは?

関連ニュース

福岡空港民営化、福岡エアポートHDグループに優先交渉権--2019年4月運営開始 - 05月17日(木)10:06 

国土交通省は5月16日、2019年4月からの福岡空港の運営の民間委託に向け、審査委員会において応募者の第二次審査を行い、福岡エアポートHDグループを優先交渉権者として選定したことを発表した。今後のスケジュール(予定)は、6月に基本協定を締結、8月に運営権設定・実施契約を締結、11月にビル施設等事業の開始、2019年4月に空港運営事業の開始となる。
カテゴリー:

福岡空港民営化へ地元連合と優先交渉 - 05月17日(木)05:00 

国土交通省は16日、福岡空港(福岡市)の民営化に向け、九州電力や西日本鉄道などの「地元連合」が設立した福岡エアポートホールディングス(HD)を中核とするグループ…
カテゴリー:

福岡空港民営化、九電・西鉄など地場グループが運営へ - 05月16日(水)17:17 

 来年4月に民営化される福岡空港の運営事業者として、国土交通省は16日、九州電力や西日本鉄道など地場企業を中心とした企業グループを優先交渉権者に選んだと発表した。8月に正式に契約を結ぶ予定で、30年間…
カテゴリー:

福岡空港の運営「地場連合」に 国交省が優先交渉権者に選定 「活性化策」が決め手か - 05月16日(水)13:36 

福岡空港民営化の手続きを進める国土交通省は16日、第2次審査の結果について、九州電力、西日本鉄道などの地元企業を中...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【長崎】造船所跡地にサッカー専用スタジアムや高層ビル、通販大手ジャパネットHDが500億円超負担 再開発計画を発表 - 04月27日(金)15:02  newsplus

三菱重工業長崎造船所幸町工場(長崎市)の跡地活用を巡り、 優先交渉権者になった通販大手、ジャパネットホールディングス(HD)(長崎県佐世保市)の高田旭人社長が26日、 佐世保市内で記者会見し、サッカースタジアムを核とする跡地の利用計画を発表した。 サッカーJ1のV・ファーレン長崎のホーム戦を行うスタジアムは2023年までの完成を目指し、高層マンションやホテルも建設する。  計画では、約7ヘクタールの跡地にスタジアム(2万3000人収容)を建設。太陽光を取り入れるため屋根を透明にし、音楽イベン...
»続きを読む
カテゴリー:

福岡空港の運営事業、福岡エアポートGに決定 - 05月17日(木)09:00 

 国土交通省は16日、福岡空港特定運営事業等の優先交渉権者を選定した。
カテゴリー:

地方空港:進む民間委託 福岡も運営権売却 - 05月16日(水)21:15 

 国土交通省は16日、2019年に民営化する福岡空港の運営権を売却する優先交渉権者として、西日本鉄道、三菱商事、九州電力などで構成する企業グループを選定したと発表した。国が管理する地方空港の民営化は16年7月の仙台空港が国内第1号で、今年4月の高松空港に続き、福岡空港は全国3番目となる。地方空港の民
カテゴリー:

【地域】来年4月に民営化される福岡空港の運営は西鉄や九電などの企業グループに - 05月16日(水)16:26  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180516/k10011440571000.html 来年4月に民営化される福岡空港の運営は、国土交通省の審査の結果、 西鉄や九州電力などで作る企業グループが担う見通しになりました。 福岡空港は、来年4月に空港ビルと滑走路の運営を一体にして民間に委託される計画で、 国土交通省が手続きを進めてきました。 5つの企業グループが入札に参加しましたが、国土交通省は審査の結果、地元の西鉄や九州電力などで作る 「福岡エアポートホールディングス」と「三菱商事」、それにシンガポールのチャンギ国際空...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】ジャパネットたかたが、長崎市の工場跡地にJ1サッカースタジアム - 05月08日(火)20:15  mnewsplus

三菱重工業が長崎県長崎市幸町に保有する長崎造船所 幸町工場跡地の活用で2018年4月26日、佐世保市に本社を置く、「ジャパネットたかた」で知られるジャパネットホールディングス(以下、ジャパネット)が優先交渉権を獲得したことが明らかになった。  既に土地取引に関する基本協定書を締結しており、今後は売買契約締結に向け、具体的な検討を進めていく。 長崎市内に2.3万人収容のサッカースタジアム  ジャパネットが示す初期プランは、工場跡地に街の核となる2万3000席を擁するスタジアムを建設。ジャパネット子会社でJ1「V・...
»続きを読む
カテゴリー:

【サッカー】V・ファーレン長崎、新スタジアム ジャパネットHD、自前資金500億円投入で透明ドームスタジアム建設か★3 - 04月27日(金)11:20  mnewsplus

ジャパネットホールディングス(所在地:長崎県佐世保市、高田旭人社長)は26日、佐世保市の本社スタジオで記者会見を開き、三菱重工業(株)が実施していた長崎造船所幸町工場一帯の跡地活用事業の優先交渉権者となり、基本協定を締結したことを明らかにした。7月末をめどに売買契約を進めている。2023年シーズンからのスタジアム使用開始を目指す。会見には高田旭人社長とJLLモールマネジメント(株)の飯尾太一社長が出席した。 高田旭人社長は会見で、2万3,000人収容のサッカー専用スタジアム、アリーナ(屋内運動施設。詳細は未定...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「優先交渉」の画像

もっと見る

「優先交渉」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる