「債券」とは?

関連ニュース

26日の日本国債市場概況:円高進行を意識して債券先物は150円75銭まで上昇 - 05月26日(金)19:04 

<円債市場> 長期国債先物2017年6月限 寄付150円62銭 高値150円75銭 安値150円61銭 引け150円73銭 売買高総計20546枚 2年 376回 -0.165% 5年 131回 -0.120% 10年 346回 0.035% 20年 160回 0.550% 債券先物6月限は150円62銭で取引を開始し、150円61銭まで下げたが、 午後の取引で150円75銭まで買われた。
カテゴリー:

25日の日本国債市場概況:5年債と10年債の気配は相対的にしっかり - 05月25日(木)17:59 

<円債市場> 長期国債先物2017年6月限 寄付150円50銭 高値150円59銭 安値150円47銭 引け150円56銭 売買高総計18956枚 2年 376回 -0.170% 5年 131回 -0.120% 10年 346回 0.045% 20年 160回 0.570% 債券先物6月限は150円50銭で取引を開始し、150円47銭まで下げたが、 午後の取引で150円59銭まで戻した。
カテゴリー:

23日の日本国債市場概況:債券先物は150円59銭で終了 - 05月23日(火)19:05 

<円債市場> 長期国債先物2017年6月限 寄付150円55銭 高値150円60銭 安値150円52銭 引け150円59銭 売買高総計14786枚 2年 376回 -0.170% 5年 131回 -0.125% 10年 346回 0.040% 20年 160回 0.560% 債券先物6月限は、150円63銭で取引を開始。
カテゴリー:

22日の日本国債市場概況:債券先物は150円55銭で終了 - 05月22日(月)18:58 

<円債市場> 長期国債先物2017年6月限 寄付150円63銭 高値150円66銭 安値150円54銭 引け150円55銭 売買高総計13841枚 2年 376回 -0.170% 5年 131回 -0.125% 10年 346回 0.045% 20年 160回 0.565% 債券先物6月限は、150円63銭で取引を開始。
カテゴリー:

【中国】香港→本土解禁を発表、売買上限は設定せず - 05月21日(日)10:11 

中国人民銀行(中央銀行)と香港金融管理局は16日、中国本土・香港間の債券相互取引「債券通」を解禁すると正式に発表し、その枠組みを明らかにした。
カテゴリー:

対外純資産:349兆円、対米投資が過去最大 16年末 - 05月26日(金)10:19 

 財務省は26日、日本の政府や企業、個人が海外に持つ資産から負債を差し引いた2016年末時点の対外純資産残高が349兆1120億円となり、15年末に比べ2.9%増えたと発表した。日本企業による外国企業の買収や外国債券への投資が増えたのが主因。資産の内訳である直接投資の残高は、米国向けが53兆1842億円で過去最大を更新した。
カテゴリー:

24日の日本国債市場概況:債券先物は150円54銭で取引終了 - 05月24日(水)17:56 

<円債市場> 長期国債先物2017年6月限 寄付150円55銭 高値150円57銭 安値150円51銭 引け150円54銭 売買高総計15426枚 2年 375回 -0.275% 5年 131回 -0.160% 10年 346回 0.050% 20年 160回 0.635% 債券先物6月限は150円55銭で取引を開始し、150円57銭まで買われたが、 長期債の気配が甘くなったことから、150円51銭まで反落。
カテゴリー:

元アーツ証券社長ら初公判=レセプト債で詐欺-千葉地裁 - 05月23日(火)12:40 

 医療機関の診療報酬請求権を債券化した「レセプト債」をめぐる事件で、金融商品取引法違反(偽計)と詐欺の罪に問われた「アーツ証券」(破産)の元社長川崎正被告(63)とファンド運営会社「オプティファクター」(同)の元社長児泉一被告(36)の初公判が23日、千葉地裁(松本圭史裁判長)であった。 弁護側は、被害者の氏名など必要な証拠が開示されていないとし、開示を受けた上で罪状認否を明らかにする考えを示した。 【時事通信社】
カテゴリー:

【マーケット トレンド】長期金利 新発10年債は0%台で推移 - 05月22日(月)05:00 

 債券市場は、長期金利の指標となる新発10年物国債利回りが0%台で推移しそうだ。前週は極めて小幅な値動きに終始した。日銀の国債買い入れによって市場に出回る国債が減少を続けており、夕方近くまで指標銘柄の取引が成立しない日があるなど、取引の閑散さが目立った。今週は、トランプ米大統領とロシアの不透明な関係をめぐる疑惑の行方が注目点。大統領の弾劾論も出ており、米金融市場の反応次第では、日本国債の相場にも影響する可能性がある。
カテゴリー:

ブラジル経済に不透明感 通貨・株・債券急落 大統領の汚職隠蔽疑惑報道 - 05月20日(土)06:01 

 ブラジルが政治危機に陥りつつあり、経済の先行きに不透明感が漂っている。前大統領の弾劾・罷免を受け昨年就任したテメル大統領が、汚職スキャンダルの隠蔽(いんぺい)画策に関与した疑いがあると地元紙が伝えた。報道を受け、18日のブラジル市場では通貨レアルと株式、債券が急落。株価指数ボベスパは一時10%超下げた。
カテゴリー:

もっと見る

「債券」の画像

もっと見る

「債券」の動画

Wikipedia

債券(さいけん、)とは、社会的に一定の信用力のある発行体が資金を調達する際に、金銭消費貸借契約類似の法律関係に基づく金銭債権の内容を券面上に実体化させて発行する有価証券のこと。広義には券面が発行されない場合も含む。おもな発行体には国、地方公共団体政府関係機関特殊金融機関企業(事業会社)などがある。債券のことを公社債と呼ぶこともある。債券を公共債・民間債・外国債と分類することがある。

債券の法的取扱いについては有価証券を参照のこと。

概要

債券とはおおまかに、社会的に信用のある者の発行する借用証書の一種と考えれば分かりやすい。債券の発行という行為は、発行体から見た場合には借金債務の発生)に当たり、債券の購入者から見た場合には資金の貸し出し(融資債権の発生)に当たる。債券は有価証券であるため他人への譲渡が可能で、償還期限前に現金化...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる