「健太郎」とは?

関連ニュース

『コウノドリ』死産に続く「母体死亡」 産科医療の辛い事例に感謝の声も - 11月18日(土)16:00 

(©ニュースサイトしらべぇ)妊産婦を取り巻く環境をリアルに描き、様々なテーマにおいて「生命誕生の奇跡」を考えさせられる、TBS系ドラマ『コウノドリ』。17日放送の第6話では、産科医療の現場で日々葛藤する医師たちにスポットが当てられた。今クールから1人前の産科医として活躍している下屋(松岡茉優)と、一人の妊婦をめぐる悲しい出来事に多くの反響が寄せられている。■「母体死亡」に直面する下屋医師下屋は、応援要請を受けて派遣された先のこはる産婦人科にて、切迫早産で入院中の妊婦・神谷カエ(福田麻由子)と出会う。同い年で同じ「かえ」という名前の彼女に、下屋は親近感を抱いていた。下屋はカエの様子に少し違和感を感じ、こはる産婦人科の院長に伝えるも「週明けに検査をしておく」と返され、ペルソナへと戻る。しかし、下屋が戻ってから間もなく、カエは心肺停止の状態でペルソナへ緊急搬送される。下屋が睨んでいた「甲状腺」に異常が生じており、容態が急変したというのだ。救命チームと連携し、「さくら」と名付けられた赤ちゃんは一命を取り留めたものの、カエの心拍は戻らず。我が子が産声をあげるその隣で、カエは息を引き取った。■「救命へ」下屋の一大決心後悔と無念さに苛まれる下屋は、仕事にも支障をきたしサクラ(綾野剛)と四宮(星野源)から休暇をとるよう指示される。様々な葛藤の中で、産科医として成長するために下屋は「救命」...more
カテゴリー:

『コウノドリ』福田麻由子が妊婦役に 大人になった姿に「感慨深い」の声 - 11月17日(金)19:00 

TBS系で毎週放送中のドラマ『コウノドリ』。豪華なレギュラー出演者に加え、妊婦役(とその家族役)で出演するゲスト出演者もまた魅力的だ。今夜間もなく放送される第6話のゲストに、ネットでははやくも「感慨深い」の声が出ている。■元子役・福田麻由子が妊婦に 今夜10時からコウノドリ第6話❗️ #下屋先生と神谷夫婦 #ふたりのカエ #松岡茉優 #福田麻由子 #笠原秀幸 #コウノドリ #第6話まで #あと13時間 #チームコウノドリは本日も撮影中 #寒すぎる #でも空はきれい #今日も一日頑張ろうA post shared by 金曜ドラマ『コウノドリ』 (@kounodori_tbs) on Nov 16, 2017 at 4:04pm PST17日の投稿。本作で下屋先生を演じている松岡茉優と、この日ゲスト出演する福田麻由子と笠原秀幸の写真だ。中でも注目すべきは元子役の福田。『女王の教室』(日本テレビ系・2005年)や『白夜行』(TBS系・2006年)などで知られる彼女だが、もう妊婦を演じてなんの違和感もない年齢になっていたのだ。■「感慨深い」の声殺到この投稿に対し、ファンからは以下のような声が寄せられることに。・麻由子ちゃん。大きくなったねえ。。感慨深いわあ。・福田麻由子ちゃんが妊婦さん!? 大人になったんですねぇ びっくりです・子役で活躍されてた、福田さんが妊婦さん役をされるようになるな...more
カテゴリー:

松岡茉優&坂口健太郎、ぎこちないつくり笑顔でガッチリ握手 - 11月17日(金)17:45 

 ドラマ『コウノドリ』(TBS系/毎週金曜22時)のインスタグラムが16日に更新され、松岡茉優と坂口健太郎がつくり笑顔でガッチリ握手を交わすという、“来日会見”のようなツーショット写真が公開された。この投稿にファンからは、「かわいい2人」「ずっとこのツーショットを待ってました!」「美男美女でお似合いすぎ」など、絶賛の声が相次いでいる。【関連】「松岡茉優」フォトギャラリー ドラマ『コウノドリ』は、産婦人科の現場をリアルに描き出した医療ドラマの続編。新シリーズでは、産婦人科医としてベテランの域に入った鴻鳥サクラ(綾野剛)を中心に、生まれてくる赤ちゃんやその家族、医療従事者たちの「未来」を見据えたエピソードを描き、松岡は新米産婦人科医・下屋加江、坂口は新生児科医・白川領役で出演中。 今晩放送の第6話では、切迫早産で入院する神谷カエ(福田麻由子)と、名前も年齢も同じことから意気投合する下屋にスポットが当てられ、プライベートでも患者へ寄り添う下屋の姿勢に白川は「患者に首をつっこみすぎじゃないか」と言い放つ…。 16日のインスタグラムでは「来日会見の握手を真似てみた」というメッセージと共に、互いにカメラ目線で握手し合う松岡と坂口のツーショットをアップ。ハッシュタグでは「ふざける2人」と和気あいあいとした様子を伝えたほか、「つくり笑顔」「こまかすぎるモノマネ」というつぶやきも加えられていた。 こ...more
カテゴリー:

佐田正樹「デメキン」主演・健太郎の気迫を激賞! インタビュー映像先行入手 - 11月17日(金)14:00 

お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹が、自身の実話を題材にした映画「デメキン」の魅力を語るインタビュー映像を、映画.comが先行入手した。本作で印象に残ったシーンの撮影を述懐し、長編映画初主...
カテゴリー:

【クリスマスの新定番】ファーストビジョン大阪がお届けする最高の思い出という名のプレゼント!! 12月はトナカイがツアーガイドに登場 - 11月17日(金)10:00 

グランドイノベーション株式会社(本社:大阪市住吉区、代表取締役:岩川 健太郎)は、弊社が運営する、50ccのミニカー「ネクストクルーザー」を使った観光ツアーを行う「ファーストビジョン大阪」で2017年12月15日から25日の間、クリスマスに関連したイベントを開催することをご報告いたします。12月はトナカイがツアーガイドとして就任。お客様に最高のプレゼントをお届けすべく走り回ります。
カテゴリー:

「コウノドリ」松岡茉優「最終回までに四宮先生にはふんではなくほぉを言わせたい」 - 11月18日(土)09:00 

ヒューマン医療ドラマ「コウノドリ」(TBS系)に異変アリ。ペルソナ総合医療センターで産婦人科医として経験を積んでいた下屋加江が、11月17日 放送の第6話で救命科へ移ることに。11月24日(金)放送の第7話では、転科した下屋のゼロからのスタートが描かれる。下屋役の松岡茉優が、この注目の展開について、さらに最終回に向かっていく今後についてたっぷりと語った。 【写真を見る】原作コミック通りバッサリと髪を切った松岡/(C)TBS ■ 下屋が産科を出ていくとき、原作どおり髪を短くしたかった ―第6話は、下屋が産科を出て救命科に異動するという衝撃の急展開でした。この変化をどのように演じようと思いましたか? 撮影が始まる前、プロデューサーさんたちから「このシーズン2では下屋の転科を描きたい」というお話を聞いたのですが、私も原作コミックでそのとき下屋が髪を切る場面が潔くて好きでしたし、ドラマでもやりましょうという話になりました。そして、ばっさりと短くしてみたのですが、いかがでしょうか? ちなみにその場面を撮影したとき、白川役の坂口健太郎さんには完全スルーされまして、「髪、切ったんだけど」と言ったら、「モニターで見てたよ」とあっさり。もっと何か一言ちょうだいよ!と思いました(笑)。 ―自分が診ていた妊婦が亡くなったことは、下屋にとって人生を変えるほど大きなことだったんですね。 妊婦さんは甲状腺に異...more
カテゴリー:

首相動静―11月17日 - 11月17日(金)18:09 

 【午前】9時24分、官邸。33分、閣議。49分、前田哲防衛省防衛政策局長。10時30分、河内隆内閣府事務次官。35分、茂木敏充経済再生担当相。11時2分、未来投資会議。51分、薗浦健太郎首相補佐官。…
カテゴリー:

佐田正樹「デメキン」主演・健太郎の気迫を激賞! インタビュー映像先行入手 - 11月17日(金)14:00 

 お笑いコンビ「バッドボーイズ」の佐田正樹が、自身の実話を題材にした映画「デメキン」の魅力を語るインタビュー映像を、映画.comが先行入手した。本作で印象に残ったシーンの撮影を述懐し、長編映画初主演を飾った若手俳優・健太郎の才能を絶賛している。 ・【動画】「デメキン」インタビュー映像(原作・佐田正樹)  本作は、佐田の不良時代の逸話を、三池崇史作品で助監督として活躍した山口義高監督のメガホン、「百円の恋」「14の夜」の足立紳による脚本で実写映画化。2009年に佐田が執筆した原作小説が発表されると、10年には「ヤングチャンピオン」で漫画版の連載がスタート。コミックは、シリーズ累計発行部数180万部を突破している。物語は、周囲から“デメキン”と呼ばれ、いじめられていた正樹(健太郎)が、福岡最大勢力の暴走族「福岡連合」を率いる総長へと登りつめるさまを描いている。  「話がきたときはニヤニヤが止まらなかった。動き出すまで1年半ぐらいかかりましたが、いざ撮るとなるとワクワクドキドキしました。自分の話が映画になるということが信じられない」と映画化決定の一報を受けた際の心境を吐露した佐田。また、自身の“分身”であるキャラクター・正樹を演じた健太郎の気迫が忘れられないようだ。  「親友がやられて、タイマンに行く前には、色々な感情があったんです。自分ではどうすることもできない憎しみ、悲しみ、...more
カテゴリー:

『コウノドリ』よりリアルな産科医療の現場を描く勇気 - 11月17日(金)11:00 

 夏ドラマで一番のヒット作となり、映画化も決定した『コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』(フジテレビ)に続いて、秋ドラマも医療ものの『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)、金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系)が人気だ。なぜ、医療ドラマは人気があるのだろう? 『コウノドリ』を企画したTBSの鈴木早苗さんに取材する機会があったので、この疑問をぶつけてみた。鈴木さんの答えは、「個人の意見ですが、人間の根本の生きる、死ぬがテーマだからだと思います」というものだった。 【写真】『ドクターX』シャーロット・K・フォックスがゲスト出演  自分の、身近な人の、あるいは見知らぬ人の「命」について感じたり、考えたりするのは、誰にとっても身近なこと。それは作り手側も同じで、人の生き死を扱っているということに、真摯(しんし)に向き合えば、おのずと作品のクオリティーは上がる。良質な作品ができてしかるべきなのかもしれない。  医療ものといっても、今クールは、スーパードクターが「私、失敗しないので」と患者を救っていく、医者とはこうあるべきといった理想をエンターテインメントに昇華させた『ドクターX』と、よりリアルな産科医療の現場を描く『コウノドリ』と、描き方が対照的な2作品が揃い踏みだ。  視聴率20%前後で推移する『ドクターX』は群を抜いているが、『コウノドリ』も前シリーズを上回る...more
カテゴリー:

「コウノドリ」産婦人科医の力が及ばない現実、死産…改めて「出産は奇跡」5話 - 11月17日(金)09:45 

瑞希「私のせいですか? 私が切迫早産だったからですか? もっと安静にして、シャワーの回数を減らしていれば良かったですか?」サクラ「違います。西山さんのせいではありません」瑞希「じゃあ、なんで赤ちゃん死んじゃったんですか……?」2017年11月10日放送の金曜ドラマ『コウノドリ』(TBS系列)第5話。切迫早産の可能性があり緊急入院していた妊婦が、原因不明の死産を経験する。第5話 あらすじ妊娠27週を迎えた妊婦・西山瑞希(篠原ゆき子)は、切迫早産の可能性があると診断され、緊急入院することになった。同じく切迫早産で入院していた同室の七村ひかる(矢沢心)と意気投合。お互いに励まし合いながら正産期を待つ。しかし、ある日鴻鳥サクラ(綾野剛)がエコーを確認すると、瑞希の赤ちゃんはお腹の中で亡くなっていた。出産は奇跡、だから人ができないこともあるサクラ「僕も昨日から、ずっと考えています。なんでだろう、なんでだろうって。でも、わからないんです」四宮「死産の四分の一は原因不明なんだ。俺たちにだってわからないことがある。できないことだってある。俺なら絶対に頭を下げない。次の出産に向けて、綿密な計画を練るだけだ」苦難を乗り越えて赤ちゃんが誕生する奇跡を見せてきてくれた『コウノドリ』。5話では、産婦人科医であっても力が及ばないことがある現実を「原因不明の死産」をもって描いた。「早産」とは、妊娠37週0日~4...more
カテゴリー:

もっと見る

「健太郎」の画像

もっと見る

「健太郎」の動画

Wikipedia

健太郎(けんたろう、1997年6月30日 - )は、日本俳優モデル

東京都出身。イマージュエンターテインメント所属。

略歴

14歳でボン イマージュに所属。雑誌、広告を中心にモデルとして活動し、2014年、ドラマ昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜で本格的に役者デビュー。演技が注目され、話題を集める。学校のカイダン俺物語!!、TRANSIT GIRLS - トランジットガールズなど、話題作に次々に出演。現在はイマージュエンターテインメントに所属。...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる