「倫理委員会」とは?

関連ニュース

潘基文氏がIOCの新倫理委員長に 韓国「透明性高まる」 - 09月15日(金)13:03 

【ソウル聯合ニュース】韓国の潘基文(パン・ギムン)前国連事務総長が国際オリンピック委員会(IOC)倫理委員会の新委員長に選出されたことを受け、韓国外交部は15日、報道資料を通じ潘氏への期待感を表明した。  
カテゴリー:

韓国 きょうのニュース(9月13日) - 09月13日(水)18:00 

◇韓国最大野党が朴前大統領と「絶縁」へ 離党を勧告  韓国の最大野党「自由韓国党」の革新委員会は13日、党革新案を発表し、収賄などの罪で起訴された党所属の朴槿恵(パク・クネ)前大統領に対し自ら離党するよう勧告した。朴前大統領は4月に起訴された際、党員資格が停止されており、今回の離党勧告は事実上、除名に向けた手続きとみられる。離党勧告を受けた党員が10日以内に離党届を提出しない場合、党は倫理委員会を経ることなく除名することができる。
カテゴリー:

ブラジル司法当局に情報求める=リオ五輪買収疑惑で-IOC - 09月12日(火)10:46 

 【リマ時事】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は11日、ペルーのリマで開かれた理事会後の記者会見で、昨年行われたリオデジャネイロ五輪の招致に絡む買収疑惑に関し、倫理委員会が弁護士を通じてブラジル司法当局に情報提供を求めたことを明らかにした。「証拠があれば、われわれは行動を起こす」と述べた。 2016年大会の開催地決定については投票前に、ブラジルの実業家がIOC委員だったラミン・ディアク国際陸連前会長の息子パパマッサタ・ディアク氏に200万ドル(約2億2000万円)を支払い、ブラジル・オリンピック委員会のヌズマン会長が仲介役を務めた疑いが持たれている。ヌズマン氏はブラジル連邦警察の聴取を受けた。 [時事通信社]
カテゴリー:

倫理委員長に潘基文前国連事務総長=IOC - 09月15日(金)00:35 

 【リマ時事】国際オリンピック委員会(IOC)は14日、ペルーのリマで総会を開き、倫理委員会の新委員長に前国連事務総長の潘基文氏(韓国)を選んだ。任期は2021年の総会まで。委員投票で過半数を得た。 潘氏は07年から16年まで国連事務総長を務めた。就任のあいさつで「IOCの透明化とガバナンスの重要性をさらに促し、真のスポーツマンシップの意義を訴えていきたい」と話した。 [時事通信社]
カテゴリー:

中国でクローン人間が誕生する日も近い!? 倫理観を軽視した「国をあげての遺伝子研究」に危機感 - 09月13日(水)08:42 

世界に先駆けてキャッシュレス社会を実現させた中国だが、人工知能や先端医学の分野でも中国は今、アメリカを抜く勢いで発展しようとしている。しかし、その裏に大きな懸念材料があった。日本も無関係ではないのだ! ◆倫理なき遺伝子操作が行われクローン人間の誕生も近い……!?  中国による倫理や安全性を軽視した研究・開発が話題になっているが、それは医学の分野でも行われている。『人民日報』(7月6日付)によると、中国のバイオ技術企業「SINO GENE」が、世界初となる「遺伝子組み換え体細胞クローン犬」のロンロンを誕生させたというのだ。  体細胞クローン犬であれば、韓国の研究機関がすでに成功させている。しかしロンロンが画期的なのは、複製元の犬が持っていた高血中脂質という遺伝子由来の問題点を改正したうえで誕生したことにある。同社は、「強靭性や俊敏性、嗅覚などで優れるスーパードッグを大量生産することも可能」としているが、技術的には完全無欠のクローン人間の開発に一歩近づいたことになる。  ちなみに昨年、天津市に食用牛や警察犬、競走馬を大量生産する世界最大のクローン動物作製センターの建設も発表されたばかりだ。  これだけでも不安な気持ちでいっぱいになるが、中国では動物ばかりではなくヒトのゲノム編集も盛んに行われている。  北京放射医学研究所のチームは3月、ヒトの受精卵にゲノム編集を行い、病気の...more
カテゴリー:

「倫理委員会」の画像

もっと見る

「倫理委員会」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる