「個人旅行」とは?

関連ニュース

【社会】京都市バスが40年ぶり乗車方式変更「先払い」へ、外国人観光客増加で混雑が深刻化 - 02月15日(木)09:56  newsplus

 外国人観光客の増加に伴い、京都市バスの車内混雑が深刻化している。市交通局も対策に本腰を入れ始めた。乗降をスムーズにするため、40年以上続いてきた乗車方式を改め、前扉から乗り運賃を先払いする方式の導入を決定。地下鉄への誘導策も打ち出す。外国人の個人旅行化が進んでおり、観光庁の担当者は「今後は他の地域でも交通機関への影響が出る可能性がある」としている。 春秋の行楽シーズンを中心に、年間5500万人の観光客が訪れる京都。キャリーバッグなど大きな荷物を抱えたままバスに乗ったり、小銭の用意に手間取った...
»続きを読む
カテゴリー:

外国人に人気の韓国旅行商品 1位はDMZ訪問 - 02月14日(水)12:30 

【ソウル聯合ニュース】個人旅行で韓国を訪れた外国人に最も人気のある旅行商品は非武装地帯(DMZ)訪問であることが分かった。韓国観光公社が14日、発表した。  韓国文化観光研究院が観光公社の依頼を受けて
カテゴリー:

バックパッカーの沈没池に棲んでいたダーリーズ - 02月08日(木)15:00 

ジェフの勝手にカルチャー論 Vol.21 「ダーリーズ」バックパッカーの人気ランキングで、上位にくいこむ中国雲南省の大理(ダーリー)。 大理石の名産地であるこの土地に生息するのが「ダーリーズ」と呼ばれる日本人ヒッピーたちだった。日本人レストランにたむろって、中国語を駆使して小姐(娘さん)をからかい、夜な夜な麻雀で盛り上がり、ターマー(アレの中国語。アレって何かって?アレですよアレ!)を吸うことを日課としていた。世界の様々な場所に日本人ヒッピーコミューンは存在するが、このダーリーズはかなり異色で閉鎖的な印象だったと記憶している。 バックパッカー用語に「沈没」というのがある。これは、長期間の海外個人旅行をしている旅行者が、本来の目的である観光を中断してしまい、一つの街に滞在すること自体を目的としてしまうことを意味する。つまり、居心地がよかったり、めんどくさくなって動けなくなってしまう状態なのだ。桃源郷とも詠われた大理は、沈没地の王道的ディスティネーション。 ちなみに『アジアの沈没地-バックパッカーズ読本シリーズ3』の沈没地ベスト5は、第1位 ポカラ(ネパール)、第2位 コ・パンガン(タイ)、第3位 プリー(インド)、第4位 大理(中国)、第5位 ルアンパバン(ラオス)となっている。その他の沈没池については、また別の機会に。TABI LABOのライターのJe...more
カテゴリー:

特急しまかぜでG7首脳体験へ 私鉄各社、台湾客に照準 - 02月14日(水)15:57 

 関西の私鉄グループが台湾からの訪日リピーターを増やすことに力を入れている。中でも狙うのは、よりお金を使ってくれる富裕層や個人旅行の訪日客だ。 近鉄グループホールディングス(GHD)は台湾の富裕層をも…
カテゴリー:

パイオニアに聞く 日本のインバウンドビジネスの現状と課題(2) - 02月08日(木)19:00 

人口減少局面に入、国内需要が縮み始めた日本にとって、「グローバル経済の中でどのように稼いでいくか」は大きな課題となる。長らく日本のお家芸とされてきたモノづくりを見ても、新興国の台頭著しい今、日本がいつまで世界の中で優位を保ち続けられるかは未知数であり、これから日本の地方の生産拠点はますます海外移転が進む。それゆえ各地方は新しい収益の柱の確立が急務となっている。そうした中、注目を集めている成長市場が「インバウンド」だ。観光業界においては「訪日外国人観光客」を指す言葉として以前から知られている「インバウンド」。しかしこの言葉は実態としての広がりを表していないとするのが、『儲かるインバウンドビジネス10の鉄則 未来を読む「世界の国・地域分析」と「47都道府県別の稼ぎ方」』(日経BP社刊)の著者で、10年も前からこの分野に携ってきた中村好明さんだ。今回は中村さんご本人にインタビュー。真の意味でのインバウンドが示すものと、多くの人にビジネスチャンスが開かれているその巨大な可能性、そして日本のインバウンドに今後求められるものについて聞いた。その後編をお届けする。◇――本の中に「花仕事」と「米仕事」という印象的な言葉が出てきます。この二つの仕事の両立が今後のインバウンドビジネスの成功のカギだと指摘され、そしてまた同時に、中村さんは「花仕事から入れ」と提唱していらっしゃいます。この理由はどんな点に...more
カテゴリー:

エスカレーター「片側空け」奨励する国もある 日本では「歩行は危険」と禁止の方向だが… | 海外 | 東洋経済オンライン - 02月07日(水)06:00 

「あんなにエスカレーターが速いとは! あの上を歩くなんて私にはムリ」ロンドンへ個人旅行でやってきた…
カテゴリー:

「個人旅行」の画像

もっと見る

「個人旅行」の動画

Wikipedia

個人旅行(こじんりょこう)とは、旅行の形態のひとつ。業務渡航や団体旅行に対して、個人が旅行の主体者となる観光旅行を指す。なお「個人」と称するが、「少人数」「知人同士」「観光目的」の旅行であれば、2人以上での旅行についても用いられることが多い。

個人旅行の定義と分類

個人旅行に明確な定義はないが、基本的には以下の4つのタイプが考えられる。上に行くほど自由度が高いと言える。

  • 自由旅行
    • 旅行者個人が旅行プランを策定し、航空券やホテルの予約も旅行代理店を通さずに自力で行う旅行形態。一般に自由旅行と呼ばれる。バックパッカーなどは通常この形態である。極端なものとしては、往路の航空券のみを用意してそれ以外は全て現地で調達するスタイルであろう。
  • 手配旅行
    • 旅行者個人が旅行プランを策定し、必要に応じて航空券やホテルの手配を個別に旅行代理店に依頼する、旅行業法上の「手配旅行」。旅行代理店を通さないと予約が難しい行き先(途上国の僻地など)が旅程に含まれている場合などに利用される。こちらも一般に自由旅行に含まれる。
  • 受注型企画旅行
    • 旅行者個人の希望に応じて旅行代理店側が旅行プラン(「企画」)を策定し、旅程全体を旅行代理店が一括して予約・管理するもの。ツアーが存在しな...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる