「倉科カナ」とは?

関連ニュース

ハマケンが演歌に挑戦! 「音楽のキャリアの転換点になりそうです」 - 11月20日(月)07:00 

紅白出場を夢見る演歌歌手・五木みさおの奮闘を描くドラマ『男の操』。主演の浜野謙太さんはもともとバンドでボーカルを務めていますが、歌唱指導では衝撃を受けたそう。 「正直、最初、ナメてかかってました。バンドをやってるし、演歌も歌えるんじゃないかって。でも、先生から『あなたの歌い方は最も演歌から遠い』と指摘が。たしかに、僕らの音楽はシャウト系で、歌詞の聞きとりやすさに重きを置いていないところがあって。それが今回、先生の教え通り、日本語をわかりやすく発音して音として響かせて、伝えようと感情を込めて歌うと、気持ちいいんですよ」 演歌の素晴らしさに開眼し、動画で演歌サーフィンも。 「もう、号泣です。美空ひばりさんの『柔』や三山ひろしさんの『四万十川』だとか、毅然として言葉を紡ぐ姿が美しくて。このドラマで演歌の世界を知れたことは、音楽のキャリアの転換点になりそうです」 みさおの亡き妻役の倉科カナさんをはじめ、キャストは「美女揃い」。 「主演冥利につきますよね。一生こんな感じで仕事できないかなあ(笑)。僕、最近、共演者さんとよく飲みに行くようになって。この前は舞台の座長だった関ジャニ∞の横山裕くんと毎晩のように飲み歩いて楽しかったなぁ。あ、そろそろ僕も脱ぎましょうか。今日はいい? わかりました(笑)。今回は主演として僕が思い切ってごはん会を企画したら、川栄ちゃんからもたいまさこさんまで、このドラ...more
カテゴリー:

【芸能】木村佳乃、“人生初”ショートカット 真田丸とひよっこ終え40センチバッサリ - 11月09日(木)15:32  mnewsplus

 女優・木村佳乃が9日、東京・北千住のシアター1010で舞台『誰か席について』の ゲネプロ前囲み取材に参加。大河ドラマ、朝ドラと長期撮影の仕事を終え、40センチ短くした ショートカット姿をお披露目した。  同作は人気劇作家・倉持裕氏の新作オリジナルコメディー。甲斐性なしの映画プロデューサー・ 有園哲朗を田辺誠一が、妻でスランプ中の売れっ子脚本家・織江を木村が演じ、哲朗の義兄弟で 売れないギタリスト・作曲家の染田奏平に片桐仁、奏平の妻で織江の妹の珠子に倉科カナといった キャストで脇を固める。  ショー...
»続きを読む
カテゴリー:

本田翼までも演技上手に見える、佐野ひなこの絶望的な演技力に唖然!『奥様は、取り扱い注意』星野真里との掛け合いが残酷… - 11月02日(木)19:08  mnewsplus

10月25日放送の『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)第4話にタレントの佐野ひなこ(23)がゲスト出演し、あまりの棒演技に視聴者からは辛辣なコメントが殺到している。 今回のエピソードは、星野真里(36)演じる主婦・美佐子の息子・悠斗が誘拐され、綾瀬はるか(32)演じる菜美たちが事件解決に奔走するというお話。 佐野が演じたのは彼の家庭教師という役どころで誘拐の首謀者だ。 佐野の第一声は「こんにちは……どうかしましたか?」というもの。悠斗の誘拐を知らずに美佐子の家を訪れきょとんとしてしまう、という“演技の...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】『奥様は、取り扱い注意』、あのゲスト女優の放送事故レベルの大根演技にネット騒然 - 10月26日(木)22:07  mnewsplus

綾瀬はるか主演の連続テレビドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)第4話が25日に放送され、平均視聴率11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録。 初回から2ケタ台をキープし続け、ストーリーやキャストも好評を得てきたが、ここにきて「なぜ彼女を起用したのか?」と困惑するレベルの“配役ミス”が起きてしまった。 同ドラマの主人公は、元“特殊工作員”の主婦・伊佐山菜美(綾瀬)。 夫・勇輝(西島秀俊)や主婦仲間・大原優里(広末涼子)、佐藤京子(本田翼)には過去を隠し、優雅でセレブな専業主婦ライフを送って...
»続きを読む
カテゴリー:

『誰か席に着いて』田辺誠一「お客さんの反応楽しみ」 - 11月14日(火)10:00 

11月10日に舞台『誰か席に着いて』のプレビュー公演が開幕。それに先がけて公開稽古(一部シーン)と囲み取材が行われ、取材には田辺誠一、木村佳乃、片桐仁、倉科カナが登壇した。舞台『誰か席に着いて』チケット情報(PC)本作は、舞台『家族の基礎~大道寺家の人々』(作・演出)やNHK「LIFE!~人生に捧げるコント~」(脚本)などさまざまな作品を手掛ける倉持裕(劇団「ペンギンプルペイルパイルズ」)の作・演出による新作コメディ。2組の夫婦を中心としたストーリーで、映画プロデューサー・有園哲朗を田辺、その妻で売れっ子脚本家・織江を木村、売れないギタリストで作曲家・染田奏平を片桐、その妻で元プロダンサー・珠子を倉科が演じ、そこに福田転球と富山えり子が加わる6人芝居となっている。囲み取材では、まず田辺が「みっちり1カ月稽古したので、お客さんがどう楽しんでくれるか楽しみです」とコメント。木村は「久しぶりの舞台なので緊張しています!」と笑顔を見せ、「浮気があったり、借金があったり、盗作があったり、横領もあるけど、それでもコメディなんです」と作品を紹介するも勢いよくネタバレをしてしまい、片桐からツッコミをうける和やかな場面も。片桐は「和気あいあいと稽古してきたので、本当に(役柄同様)“家族”って感じになってきてる」と振り返り、「お客さんに観てもらって、笑ってもらって、はじめて答えが出る作品です。緊張はし...more
カテゴリー:

木村佳乃、人生初ショートカット 真田丸とひよっこ終え40センチバッサリ - 11月09日(木)13:15 

 女優・木村佳乃が9日、東京・北千住のシアター1010で舞台『誰か席について』のゲネプロ前囲み取材に参加。大河ドラマ、朝ドラと長期撮影の仕事を終え、40センチ短くしたショートカット姿をお披露目した。 【写真】横から見ても…ばっさりカットした木村佳乃  同作は人気劇作家・倉持裕氏の新作オリジナルコメディ。甲斐性なしの映画プロデューサー・有園哲朗を田辺誠一が、妻でスランプ中の売れっ子脚本家・織江を木村佳乃が演じ、哲朗の義兄弟で売れないギタリストで作曲家の染田奏平に片桐仁、奏平の妻で織江の妹の珠子に倉科カナといったキャストで脇を固めている。  ショートカットについて問われると木村は「気がついてくださいましたか」と得意気な表情に。10月初旬に40センチほどバッサリと切り、今は耳が出るほどの長さになっている。「なぜかと申しますと『誰か席について』と全く関係なくて、真田丸、ひよっこと3年半ぐらい髪の毛を切れなかった。ずーっと切りたくて終わった瞬間に勢いよく切った。それだけです」と長期撮影の連続で切るチャンスを逃していたことを理由とした。  報道陣も驚くほどの短さで、木村は「短くしたのは24歳ぐらいに宝塚の男役で切ったことはある。でも、ここまで短いのは初めて」とにっこり。今は快適な生活をエンジョイしている。「顔を洗った延長線上で髪の毛も洗える」と力説し、笑わせていた。「子どもってプリンセ...more
カテゴリー:

【芸能】綾瀬はるか『奥様は、取り扱い注意』好調の要因は”大根女優”の大量起用か - 10月29日(日)13:25  mnewsplus

綾瀬はるか(32)の主演ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(日本テレビ系)の25日放送回の視聴率が11.2%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と好調をキープしていることがわかった。 本作は、綾瀬演じる正義感の強い元特殊工作員のセレブ主婦が、夫や友人に過去を隠し街の悪人を成敗するというコメディドラマ。綾瀬はスタントなしのアクションシーンも披露している。 各エピソードごとに登場するゲストも注目を集めており、これまでも倉科カナ(29)、高岡早紀(44)、青木さやか(44)が出演。 そして今回放送された4話では、ゲストの...
»続きを読む
カテゴリー:

「倉科カナ」の画像

もっと見る

「倉科カナ」の動画

Wikipedia

倉科 カナ(くらしな かな、1987年12月23日 - )は、日本の女優、タレント熊本県熊本市出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

略歴

熊本信愛女学院高等学校卒業。高校3年生のとき、冒険心から受けた「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞した。しかし、当時は学業を優先していたため、卒業を待って上京し、本格的にタレント活動を開始した。ちなみになお、最初に事務所に送った履歴書フリーペーパーから引きちぎったものに、友人に言われた通りに名前と写真とスリーサイズのみを書き、不要になった他の欄の部分は手で切って半分にしたもので、ヨレヨレの物だったという。それでも社長は事務所入りを認めた。

2006年6月、ミスマガジン2006でグランプリに選ばれ、以後講談社のマガジンシリーズを中心にグラビア活動を展開。同年10月からはTBS...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる