「倉科カナ」とは?

関連ニュース

TOKYO MX、名作アニメ『妖怪人間ベム』『鉄腕アトム』『ジャングル大帝』放送 - 09月20日(水)20:24 

 アニメのラインナップが充実しているTOKYO MXでは、10月より「ライライブ!」シリーズの新作『ラブライブ!サンシャイン!!』の第2期や西尾維新氏の人気小説をアニメ化した『十二大戦』、人気漫画を原作とする『宝石の国』など、30作品以上のアニメを放送。新作アニメが目白押しの中、日本人なら観ておきたい不朽の名作の放送も決定した。 【画像】MXで放送される10月スタートの主な新作アニメ  まず、日本怪奇アニメの金字塔と言える『妖怪人間ベム』(10月4日スタート、毎週水曜 後11:30)。テレビに初登場した1968年版と、誕生から50周年を記念して制作された新作ショートギャグアニメ『俺たちゃ妖怪人間』を合わせて放送する。人間になりたいと願い、人間を助けるために悪人や怨霊と戦う一方で、人間の心の弱さや醜さも表現し、人間とはどういう存在か?という普遍的なテーマを投げかける名作だ。  さらに、手塚治虫原作の『鉄腕アトム』(1980年版)と『ジャングル大帝』(1989年)の放送が決定。『ジャングル大帝』(月~金 後4:00~4:30)は、白いライオンのレオが、次から次へと苦難に巻き込まれながら自問自答や試行錯誤を繰り返し成長していく姿を描き、真のリーダーとは? 真の強さとは?と、問いかける。手塚治虫が最晩年に手掛けた作品。『鉄腕アトム』(月~金 後4:30~5:00)は、21世紀の未来を...more
カテゴリー:

[倉科カナ]綾瀬はるか主演「奥様は、取り扱い注意」でDVに悩む主婦役 第1話にゲスト出演 - 09月20日(水)19:13 

 女優の倉科カナさんが、10月にスタートする綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)の第1話にゲスト出演することが20日、分かった。倉科さんは、DV被害に悩む主婦・水上知花を演じる。  知花は、主人公・伊佐山菜美(……
カテゴリー:

倉科カナ、DVに悩む主婦役に!綾瀬はるか主演『奥様』第1話にゲスト出演 - 09月20日(水)11:50 

女優の倉科カナが、日本テレビ系の連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(10月4日スタート、毎週水曜22:00~、初回10分拡大)の第1話にゲスト出演することが決定。綾瀬はるか演じる主人公・伊佐山菜美が…
カテゴリー:

倉科カナ、DVに悩む主婦役 『奥様は、取り扱い注意』第1話ゲスト出演 - 09月20日(水)09:53 

 女優の倉科カナが、10月4日スタートの日本テレビ系連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜 後10:00)第1話にゲスト出演することが明らかになった。夫からのDVに悩む主婦という役どころに挑戦する。 【写真】中尾明慶、 石黒賢らも出演が決定  綾瀬はるか主演で、『BORDER』や『CRISIS』などアクションドラマの名手・金城一紀氏が原案・脚本を務める同ドラマ。ちょっとセレブな専業主婦・伊佐山菜美(綾瀬)はワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越してきた。料理も掃除も家事一般はド下手だけど、正義感が超強く、怒らせたら超キケン。天涯孤独に生まれ育ち、愛情も知らずタフに生きてきた菜美が、主婦たちとの友情や、そばに寄り添う旦那の存在によって、本当の優しさと温かさを知っていく。  倉科演じる水上知花は、菜美が優里(広末涼子)京子(本田翼)と共に通う料理教室で知り合った主婦。すぐに打ち解ける4人だったが、菜美は知花が何か悩みを抱えていることを見抜き、夫からDVを受けていることを知る。知花は菜美の助けを借り、声をあげ一歩踏みだそうとするのだが…という役どころ。  また、新たなレギュラーキャストも発表。優里の夫・大原啓輔役に石黒賢、京子の夫・佐藤渉役に中尾明慶、その母で姑・良枝役に銀粉蝶がそれぞれ決定した。 ...more
カテゴリー:

漫☆画太郎、22年ぶり『ジャンプ』新連載が3ページで打ち切り…もアプリで開始 - 09月16日(土)00:00 

 熱狂的なファンから支持される『珍遊記』『地獄甲子園』を手掛けた漫☆画太郎氏が、22年ぶりとなる『週刊少年ジャンプ』(集英社)の新連載『珍ピース』が、16日発売の同42号(集英社)からスタートした。しかし、編集部の手違いで“ボツ原稿”が掲載されたため、冒頭3ページで打ち切りに。編集部による「お詫び」も掲載されたが、3ページでの打ち切りは同誌史上最速記録となった。 【画像】わずか3ページで終了した漫☆画太郎の新連載『珍ピース』  お詫び文では『漫☆画太郎先生の次回作にご期待ください』と締めくくられたが、同時に漫☆画太郎氏の新連載(タイトル未定)が25日より、同誌公式アプリ『少年ジャンプ+』でスタートすることも発表された。  また、16日から連載開始までの間、同アプリにて漫☆画太郎氏の過去の読み切り作品を無料で毎日カウントダウンすることも決定。伝説の作品が、ウェブ上で鮮やかによみがえる。 【関連記事】 松山ケンイチ、漫画キャラ役が多い理由「パンチの効いた役柄が好きだから」 (16年02月19日) 自分の顔が“画太郎”風になる! 高橋みなみも「勇気をもらいました」 (16年04月14日) 倉科カナ、実写『珍遊記』で坊主・玄奘役 「隣に真ッ裸の松山ケンイチさんが当り前」 (15年12月25日) 倉科カナ、下ネタ連発の撮影回顧「あんな下品なことを…」 (16年02月18日) 鬼ヶ島...more
カテゴリー:

[倉科カナ]綾瀬はるか主演「奥様は、取り扱い注意」でDVに悩む主婦役 第1話にゲスト出演 - 09月20日(水)19:13 

 女優の倉科カナさんが、10月にスタートする綾瀬はるかさん主演の連続ドラマ「奥様は、取り扱い注意」(日本テレビ系)の第1話にゲスト出演することが20日、分かった。倉科さんは、DV被害に悩む主婦・水上知花を演じる。  知花は、主人公・伊佐山菜美(……
カテゴリー:

倉科カナ、DVに悩む主婦役に!綾瀬はるか主演『奥様』第1話にゲスト出演 - 09月20日(水)11:50 

女優の倉科カナが、日本テレビ系の連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(10月4日スタート、毎週水曜22:00~、初回10分拡大)の第1話にゲスト出演することが決定。綾瀬はるか演じる主人公・伊佐山菜美が通う料理教室で出会う主婦・水上知花を演じることがわかった。金城一紀の原案・脚本で描かれる本作の主人公・菜美は、人も羨むちょっとセレブな専業主婦。ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越してきた。しかし、暮らし始めて1年と経たないうちに、幸せに見える主婦たちが抱える様々なトラブルに気づいてしまう。実は、菜美は料理も掃除も家事一般はド下手だが、正義感が強く、怒らせたら超キケンだった。なぜ、菜美はスリルを求めてしまうのか? そのワケは夫にも秘密にしている過去にあった……。天涯孤独に生まれ育ち、愛情も知らずタフに生きてきた菜美。そんな彼女が、主婦たちとの友情や、そばに寄り添う旦那の存在によって、本当の優しさと温かさを知っていく。大切な家族や友だち。守るべきものができた時、女は誰よりも強くなる!?  一生懸命に生きるすべての女性へ愛と勇気のエールをおくる、笑いありアクションありのエンタメドラマだ。倉科演じる知花は、菜美が、優里(広末涼子)、京子(本田翼)と共に通う料理教室で知り合った主婦。すぐに打ち解ける4人だったが、菜美は知...more
カテゴリー:

倉科カナ、DVに悩む主婦役に!綾瀬はるか主演『奥様』第1話にゲスト出演 - 09月20日(水)11:50 

女優の倉科カナが、日本テレビ系の連続ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(10月4日スタート、毎週水曜22:00~、初回10分拡大)の第1話にゲスト出演することが決定。綾瀬はるか演じる主人公・伊佐山菜美が通う料理教室で出会う主婦・水上知花を演じることがわかった。金城一紀の原案・脚本で描かれる本作の主人公・菜美は、人も羨むちょっとセレブな専業主婦。ワケありの人生をやり直して穏やかな幸せを手に入れるため、合コンでゲットした旦那と結婚し、閑静な高級住宅街に引っ越してきた。しかし、暮らし始めて1年と経たないうちに、幸せに見える主婦たちが抱える様々なトラブルに気づいてしまう。実は、菜美は料理も掃除も家事一般はド下手だが、正義感が強く、怒らせたら超キケンだった。なぜ、菜美はスリルを求めてしまうのか? そのワケは夫にも秘密にしている過去にあった……。天涯孤独に生まれ育ち、愛情も知らずタフに生きてきた菜美。そんな彼女が、主婦たちとの友情や、そばに寄り添う旦那の存在によって、本当の優しさと温かさを知っていく。大切な家族や友だち。守るべきものができた時、女は誰よりも強くなる!?  一生懸命に生きるすべての女性へ愛と勇気のエールをおくる、笑いありアクションありのエンタメドラマだ。倉科演じる知花は、菜美が、優里(広末涼子)、京子(本田翼)と共に通う料理教室で知り合った主婦。すぐに打ち解ける4人だったが、菜美は知...more
カテゴリー:

倉科カナ、DV受ける主婦役に -『奥様は、取り扱い注意』第1話ゲスト出演 - 09月20日(水)07:00 

女優の倉科カナが、10月4日スタートの日本テレビ系ドラマ『奥様は、取り扱い注意』(毎週水曜22:00~ ※初回10分拡大)の第1話にゲスト出演することが20日、明らかになった。
カテゴリー:

『刑事7人』最終回驚愕の結末に視聴者「右京さんなら絶対に説教!」 - 09月14日(木)10:40 

東山紀之が主演する『刑事7人』(テレビ朝日系列、毎週水曜21:00~)の最終回「正義」が9月13日に放送されたが、ラスト十数分で急展開。予想できない意外すぎる結末にインターネット上でも反響があり、平均視聴率は12.6%(ビデオリサーチ調べ・関東地区)だった。この作品は、「第11方面本部準備室」室長の片桐正敏(吉田鋼太郎)、天樹悠(東山)、沙村康介(高嶋政宏)、水田環(倉科カナ)、青山新(塚本高史)、山下巧(片岡愛之助)、堂本俊太郎(北大路欣也)と、作品のタイトル通り、個性的な“刑事7人”が難解な刑事事件に挑む姿が描かれ、これまで第1、2シリーズ共に高評を博し、7月から第3シーズンに突入。この第3シリーズでは、臨海エリアを舞台に“闇の存在”に迫るという大きな軸で展開。この最終回は、第2話の拉致事件で何者かに監禁されていた山下だったが、第9話で救出され、最後は“刑事7人”が揃い、臨海エリアの最強の敵に迫った。ストーリーは、臨海エリアを裏で牛耳る大地主・馬久根恒義(山本學)が次々と狙撃されたが、天樹ら「第11方面本部準備室」の面々が阻止するも、狙撃犯の男2人がその場で自殺。その後、事件現場となったビルには、第三波として複数の爆弾も仕掛けられていたことも判明した。天樹らは、臨海エリアの利権を狙う謎の人物「御厨(みくりや)」によるテロの可能性を疑った。その矢先、馬久根が天樹らを呼び出し、ある...more
カテゴリー:

もっと見る

「倉科カナ」の画像

もっと見る

「倉科カナ」の動画

Wikipedia

倉科 カナ(くらしな かな、1987年12月23日 - )は、日本の女優、タレント熊本県熊本市出身。ソニー・ミュージックアーティスツ所属。

略歴

熊本信愛女学院高等学校卒業。高校3年生のとき、冒険心から受けた「SMAティーンズオーディション2005」でグランプリを受賞した。しかし、当時は学業を優先していたため、卒業を待って上京し、本格的にタレント活動を開始した。ちなみになお、最初に事務所に送った履歴書フリーペーパーから引きちぎったものに、友人に言われた通りに名前と写真とスリーサイズのみを書き、不要になった他の欄の部分は手で切って半分にしたもので、ヨレヨレの物だったという。それでも社長は事務所入りを認めた。

2006年6月、ミスマガジン2006でグランプリに選ばれ、以後講談社のマガジンシリーズを中心にグラビア活動を展開。同年10月からはTBS...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる