「保険金」とは?

関連ニュース

損保、北米災害など支払い2000億円超 - 10月21日(土)05:00 

 大手損害保険3社が、北米やカリブ海地域を襲ったハリケーンやメキシコで発生した地震に関して支払う保険金額が2000億円以上となることが20日、分かった。業績への影響は各社とも精査中としている。SOMPOホールディングスは20日、関連の支払いが計約700億円に上る見込みと発表した。内訳はハリケーンの「イルマ」が約370億円、「ハービー」が約240億円、「マリア」が約80億円。メキシコの地震が約10億円。これまでに発表したMS&ADホールディングスは計約700億~1100億円、東京海上ホールディングスが計約650億円を想定している。
カテゴリー:

マニュライフ生命、個々のお客さまに応じてご契約内容を説明する「パーソナライズド動画」サービスを開始 - 10月20日(金)10:00 

[マニュライフ生命保険株式会社] この動画では、個々のお客さまのご契約の概要を、一部の商品については表や図を用いて説明するほか、基本保険金額や積立金額などの基本情報、さらにお客さま専用ウェブサイト「マイページ」のサービス内容につい...
カテゴリー:

保険請求漏れをメールで予防 三井住友海上、契約情報に応じ配信 - 10月20日(金)05:58 

 三井住友海上火災保険は25日から、保険金の支払いが発生しそうな保険加入者に対して個別にメールや無料通信アプリの「LINE(ライン)」を使って保険金請求を促す取り組みを始める。請求漏れを防ぐとともに、顧客との接点を増やすことで、ニーズをくみ取り新たな商品開発につなげたい考え。
カテゴリー:

悪質な自転車vsクルマ。3年も揉めた「チャリテロ」裁判の結末 - 10月17日(火)04:45 

メルマガ『ジャンクハンター吉田の疑問だらけの道路交通法』の著者で交通ジャーナリストの吉田武さんが、現役の警察官であるTさんへのインタビューで「自転車の取り締まり」に関する裏話を暴露する当シリーズ。今回は前回から続く、こじれにこじれて解決までに3年かかったという「自転車事故」裁判の行方について。後方を確認せずに走行車線へはみ出した自転車が「逆ギレ」して罪をなすりつけた「チャリテロ」裁判の結末は? 軽車両の自転車はどこまで車両や歩行者と共存できるのか? その15 【関連記事】警察が「チャリテロ」と呼ぶ、自転車を使った当たり屋への対策 (前回までのあらすじ)現役警察官のTさんが実際に関わったという、ワゴン車と自転車の接触事故。車道を走っていた自転車が、主要幹線道路に停車していた自動車を避けて走行車線へはみ出した瞬間、ワゴン車と接触。どう考えても目視で後方確認せずに飛び出した自転車に過失がある事故と思われたが、自転車側は「停車していた車にも原因がある」と、停車中の車に罪をなすりつける始末で、さらに事態は深刻化する……。 吉田:で、結果的に今回の事故はどうなったんでしょうか? Tさん:一緒に同行した私の若い部下が自転車の方へ詰め寄りましたね(苦笑)。「あなたの事故歴を調べさせて頂いたのですが、1年間で7~8回も自転車とクルマの接触事故を起こしているようですけれども、そう考えると相当注意力散漫...more
カテゴリー:

台風18号 支払われた損害保険金は236億円 - 10月14日(土)14:48 

台風18号 支払われた損害保険金は236億円:日本損害保険協会は、9月に日本列島を縦断した台風18号による被害に対して支払われた損害保険金が、9月29日現在で4万4,942件、236億2,600万円だったと発表した。...
カテゴリー:

SOMPOHD、保険金支払い700億円 米ハリケーンなどで - 10月20日(金)23:57 

 SOMPOホールディングス(HD)は20日、8~9月に北米やカリブ海地域を襲ったハリケーンとメキシコで発生した地震に関する保険金支払額が計約700億円に上る見通しになったと発表した。
カテゴリー:

三井住友海上、保険金の請求メールで促す 契約者との接点増加 - 10月20日(金)07:11 

 三井住友海上火災保険が、保険金の支払いが発生しそうな加入者に対して個別にメールや無料通信アプリの「LINE(ライン)」を使って保険金請求を促すサービスを25日から始めることが19日、分かった。請求漏れを防ぐとともに、顧客との接点を増やしてニーズをくみ取り商品開発につなげたい考え。
カテゴリー:

確認すれば防げたトラブルも 自動車保険の相談事例 - 10月19日(木)09:20 

 自動車事故は人身など相手があるものも多い。だからこそ、解決するために時間もかかるし、時にはこじれてしまうこともあるだろう。また、納得のいかない解決結果もなかにはあるのかもしれない。それは当事者にしかわからない苦労だが、解決の糸口になる手助けをする窓口がある。自動車保険を利用するにあたり知っておきたい相談窓口と事例を紹介する。 【自動車保険】事故後でも“保険料”が上がらないケースとは? ■苦情減少であっても自動車保険の割合は63.6%に  損害保証協会のお客様対応窓口「そんぽADRセンター」では、損害保険に関する一般的な相談に対応するほか、保険業法に基づく指定紛争解決機関として、顧客と保険会社の間に立って、損害保険会社とのトラブルが解決しない場合の苦情の受付や、損害保険会社との間の紛争解決のための業務を行っている。  同協会の報告「統計号2017年度第1四半期」(2017年4月1日~6月30日)によると、同期間に受け付けた件数は、8388件となった。前年同期受付分と比較すると、約15.30%である1515件減少した。受付件数の減少傾向に至る理由には、交通事故件数の減少とそれに伴う自動車保険に関する申出の減少等が影響していると考えられる。とはいえ、自動車保険、火災、傷害、新種・海上、その他保険のうち63.6%を自動車保険が占めている。 ■両者ともに不備がないか確認する余裕が...more
カテゴリー:

保険金236億円に 台風18号の被害で - 10月15日(日)04:49 

先月、日本列島を縦断した台風18号で被害を受けた人に損害保険会社が支払う保険金は総額で、およそ236億円に上ることがわかりました。
カテゴリー:

損保協、台風18号の支払い236億円 - 10月14日(土)05:00 

 日本損害保険協会は13日、9月に日本列島を縦断した台風18号に関する損害保険の支払いが4万4942件、約236億2600万円に上ったと発表した。9月29日時点。47都道府県全てで被害が確認されたのは異例という。都道府県別の保険金額は、大分県が約33億2416万円で最大。愛知県の約33億1189万円、北海道の約18億941万円、三重県の約11億6635万円と続いた。
カテゴリー:

もっと見る

「保険金」の画像

もっと見る

「保険金」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 保険...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる