「保護室」とは?

関連ニュース

【生き物】自然環境保護の象徴オオタカ、希少種解除へ 懸念の声も - 05月23日(火)11:55 

 自然環境保護の象徴的な存在であるオオタカについて、環境省は22日、種の保存法に基づく国内希少野生動物種(希少種)から外す方針を決め、有識者らの小委員会に示した。国民から意見を聴いた上で、8月以降に解除される見通し。  オオタカは東日本や中部の里山などにすむ体長50センチほどの猛禽(もうきん)類。開発などの影響で1984年には全国で300~480羽まで減ったと推定され、93年に捕獲が原則禁止となる希少種に指定された。その後、個体数が回復、2006年に環境省のレッドリストで絶滅の危険度が「絶滅危...
»続きを読む
カテゴリー:

【京都】白いカラス、野に放つ  電話が相次ぎ保護求める声も法的に無理 - 05月20日(土)09:09 

京都府和束町で見つかった白いカラスについて、町は19日朝、カラスがいた水田近くで野に放った。 町には同日、新聞やインターネットのニュースで知った人たちから保護を求める声が次々と寄せられたが、専門家は「野に帰すのはやむを得ない」としている。 カラスは18日午後4時半に見つかり、弱っていたため町役場で状態を見ていた。町は19日に府と協議し、野に放った。 町によると、この日は午前8時半の業務開始から電話が相次ぎ、電話が約40件、メールが約30通届いた。 「白いカラスの生存率は低いので放つのはかわいそう」などと...
»続きを読む
カテゴリー:

「保護室」の画像

もっと見る

「保護室」の動画

Wikipedia

保護室(ほごしつ)には、刑務所などの刑事施設に設置された設備と、警察に設置されたいわゆる「トラ箱」がある。

刑事施設の保護室

保護室とは被収容者(刑事施設に収容されている者(刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律第2条第1号))の鎮静及び保護に充てるため設けられた特別の設備及び構造を有する室をいう。被収容者の起居動作の場である居室とは異なり、刑事施設の規律及び秩序の維持のために設けられている。被収容者の身体を直接拘束するものではないが、収容による心身への影響が特に大きいことに考慮し、収容要件等が法定されている。

刑務官は、被収容者が次の各号のいずれかに該当する場合には、刑事施設の長の命令により、その者を保護室に収容することができる(刑事収容施設及び被収容者...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる