「保護室」とは?

関連ニュース

精神科の隔離、1万人突破 拘束も最多更新 - 03月21日(火)12:11 

■佐賀は隔離133人、拘束39人 精神科病院で手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束や、施錠された保護室への隔離を受けた入院患者が2014年度にいずれも過去最多を更新したことが、厚生労働省の集計で分かった。隔離は調査が始まった1998年度以来、初めて1万人を突破した。 精神保健福祉法では、患者が自らを傷つける恐れがある場合などに指定医が必要と判断すると、拘束や隔離が認められているが、人権侵...
in English
カテゴリー:

留置中のネパール人死亡=送検前に暴れ拘束-警視庁 - 03月16日(木)21:24 

 警視庁新宿署は16日、落ちていたクレジットカードを盗んだとして逮捕されたネパール国籍の男(39)が東京地検での取り調べ中に意識を失い、死亡したと発表した。死因は皮下出血に伴う出血性ショックの疑いが強いという。男が送検前に同署の留置場で暴れ、体を壁に強く打ち付けるなどしたことが原因とみて調べている。 新宿署によると、男は14日に占有離脱物横領容疑で逮捕された。15日午前7時ごろに同署の留置場で暴れだしたため、署員が保護室に移し、ベルト手錠で手を腰に固定。脚を縛るなどして身動きが取れないようにした。 同日午前9時ごろ東京地検に身柄を移され、検事による取り調べを受けている最中に突然意識を失い、救急搬送されたが病院で死亡が確認された。 保護室に設置してあるカメラには男が拘束された後も自ら頭を床に打ち付ける様子などが映っていた。新宿署は署員による暴行はないと説明している。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

ピンク色の格好をしている奴は、大概、頭がおかしいやつ - 03月13日(月)08:35 

千葉市中央区にある医療法人「石郷岡病院」の精神科に入院していた 男性患者が首の骨を折り、別の病院に搬送される事件が起きたのは 平成24年1月。男性はその後寝たきりとなり、死亡した。負傷から約5年。 当時、男性の看護にあたっていた元准看護師の男2人は傷害致死罪で 刑事責任を問われ、2人とも無罪を主張。2月中旬に始まった 裁判員裁判では、保護室の監視カメラの映像などをめぐり、 検察側と弁護側が激しく主張を戦わせる展開となっている。 http://www.sankei.com/premium/news/170313/prm1703130003-n1.html ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】精神科で隔離、14年度に初の1万人を突破=身体拘束も/厚労省調査 - 03月20日(月)21:37 

精神科病院で手足をベッドにくくりつけるなどの身体拘束や、施錠された保護室への隔離を受けた入院患者が2014年度にいずれも過去最多を更新したことが、厚生労働省の集計で分かった。隔離は調査が始まった1998年度以来、初めて1万人を突破した。 14年度の保護室への隔離は1万94人で、前年度に比べ211人増えた。都道府県別では東京が683人と最も多く、大阪が652人と続いた。 拘束は453人増の1万682人。最多は北海道の1067人、次いで東京の1035人だった。調査項目に拘束の状況が加わった03年度以降、増加の一途をたどっている。   ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【裁判】患者暴行死事件裁判 元准看護師2人「1人は無罪、1人は罰金」-求刑はそれぞれ懲役8年 千葉地裁 - 03月14日(火)23:12 

千葉市中央区の医療法人石郷岡病院の精神科の男性患者=死亡当時(36)=に暴行を加え死亡させたとして、 傷害致死罪に問われた当時の准看護師の菅原巧被告(63)=同市若葉区=と田中清被告(67)=千葉県市川市=に対する裁判員裁判の判決公判が14日、千葉地裁で開かれ、 高橋康明裁判長は菅原被告に罰金30万円(求刑懲役8年)、田中被告に無罪(同)を言い渡した。 起訴状などによると、両被告は同病院の准看護師だった平成24年1月1日、病院内の保護室で、重度の精神障害で入院していた男性に対し、 共謀して顔を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「保護室」の画像

もっと見る

「保護室」の動画

Wikipedia

保護室(ほごしつ)には、刑務所などの刑事施設に設置された設備と、警察に設置されたいわゆる「トラ箱」がある。

刑事施設の保護室

保護室とは被収容者(刑事施設に収容されている者(刑事収容施設及び被収容者等の処遇に関する法律第2条第1号))の鎮静及び保護に充てるため設けられた特別の設備及び構造を有する室をいう。被収容者の起居動作の場である居室とは異なり、刑事施設の規律及び秩序の維持のために設けられている。被収容者の身体を直接拘束するものではないが、収容による心身への影響が特に大きいことに考慮し、収容要件等が法定されている。

刑務官は、被収容者が次の各号のいずれかに該当する場合には、刑事施設の長の命令により、その者を保護室に収容することができる(刑事収容施設及び被収容者...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる