「供託金」とは?

関連ニュース

希望の党「やっぱ金無いから企業から貰うわw」 - 01月08日(月)16:41  news

希望の党は、昨年の衆院選公約で掲げた企業・団体献金の受け取り禁止方針を見直し、受け取りを可能にする方向で検討を始めた。  党の財政事情が厳しいためだ。  希望は公約で「『企業団体献金ゼロ』の法的な義務づけ」を掲げ、党規約にも所属議員の受け取り禁止規定を盛り込んだ。 公約作成段階では「しがらみ政治からの脱却」を掲げた小池前代表(東京都知事)の強い意向が働いたが、小池氏が退き、 見直しの機運が高まった。有権者にどう説明するかなどについて党規約検討委員会(委員長・大島敦代表代行)で練っている。  ...
»続きを読む
カテゴリー:

【詐欺】コンビニエンス「収納代行サービス」で現金を支払ったり宅配便で現金を送ったり、3か月間に100回以上にわたり計約5100万円支払う - 12月20日(水)06:38  newsplus

58歳女性5100万円詐欺被害 *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/shizuoka/3033739421.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 磐田市の58歳の女性が法務省の職員などをかたるうその電話を信じて、 ことし10月までの3か月間に現金約5100万円をだまし取られていたことがわかりました。 警察は、振り込め詐欺事件として捜査しています。 警察によりますとことし8月下旬、磐田市に住む58歳の会社員の女性の自宅に 「法務省管轄支局民事訴訟管理センター」と...
»続きを読む
カテゴリー:

久米宏の目からウロコが落ちたーー 日本列島全員立候補のススメ「もっと権利を行使して意見を自由に言えばいいんです」 - 01月08日(月)15:00 

第15回 開高健ノンフィクション賞を受賞した『黙殺 報じられない“無頼系独立候補”たちの戦い』(集英社)の著者・畠山理仁氏は、20年にわたって選挙の現場に足を運ぶ中で、熱い志を持ちながらもマスメディアの選挙報道ではほとんど報じられない無名の候補者たちの戦いを取材してきた。 魔力にも似た選挙の熱気の中で、たったひとりで奮闘を続ける“無頼系独立候補”たちの強烈なエネルギー、そして彼らが黙殺され続ける選挙システムの異様さを鮮やかに浮かび上がらせ、「開高健賞の新境地をひらく作品」(姜尚中氏)、「ただただ人であることの愛おしさと愚かさを描いた人間讃歌」(藤沢周氏)、「畠山さんの差し出した時代を映す『鏡』に、思わず身が引き締まる」(茂木健一郎氏)等、選考委員各氏も絶賛。 そこで、この作品を読んで「目からウロコが落ちた」という久米 宏さんに、第1回、第2回に続き、現在の日本の選挙の問題点や民主主義の行方などを著者の畠山氏と存分に語り合っていただいた! ■みんなで立候補すればいい! 久米 あと、僕がこの本を拝読して非常に強く感じたのは、日本の選挙制度の古さみたいなものです。例えば、蓮舫さんの国籍問題があったでしょう? 日本の国会議員は日本国籍でないといけないという縛りをみんな当たり前だと思ってい...more
カテゴリー:

「供託金」の画像

もっと見る

「供託金」の動画

Wikipedia

供託金(きょうたくきん)とは、法令の規定により法務局などの供託所に供託された金銭のことである。

本項では、特に、選挙において立候補者が供託する金銭(選挙供託)について記述している。

選挙における供託金

選挙における供託金は、被選挙人(=候補者)が公職選挙に出馬する際、国によっては選挙管理委員会等に対して寄託することが定められている場合に納める金銭もしくは債券などのことである。当選もしくは一定以上の結果を残した場合には供託金はすべて返還されるが、有効投票総数に対して一定票(供託金没収点)に達しない場合は没収される。この場合において、法定得票と供託金没収点は一致しない(供託金没収点は法定得票より若干少ない)。

供託金は原則として現金または債券で供託することになっているが、日本など一部の国では、割引債で納めれば金利の分だけ支出を抑えることができる。現在日本では割引債は発行されていない。

供託金の制度はイギリスが発祥であるといわれており、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる