「侍ジャパン」とは?

関連ニュース

侍ジャパン戦士たちがチームに合流 - 03月25日(土)18:30 

侍ジャパン戦士たちがチームに合流:「侍ジャパン」の選手たちが、それぞれのチームに合流した。...
in English
カテゴリー:

ごめんなさい 正捕手小林、リーダー青木を見くびってました - 03月25日(土)16:00 

 侍ジャパンの皆様へ。第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。  でも、本誌・週刊ポストはきちんと謝ります──。 〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号) 〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)  いずれも本誌が掲げた見出しである。 ◆「正捕手・小林」を過小評価してました、ごめんなさい!  球界きっての爽やかイケメンで女性人気は高いが、巨人ではいまいち成績がパッとしない小林誠司(27)。招集された時は“どうせ練習で菅野(智之、27)のボールを受けるだけだろ”と思ってました。  ところが、まさかのスタメン起用で、しかもピーゴロがタイムリーになる(イスラエル戦)など、今大会のラッキーボーイに。  もちろん課題もあった。野球評論家の広澤克実氏は、「野村克也さんの受け売りですが、捕手というのは好投手をリードしている間は成長しない。問題はピッチャーが格上のバッターと対したときにどんな配球を組み立てるかなんですよ」というから格下相手の1次、2次ラウンドの活躍は差し引いて考える必要はある。  それで...more
in English
カテゴリー:

【高校野球】早実・清宮vs履正社・安田 2020年侍ジャパンの4番は? - 03月25日(土)09:19 

 近年にない盛り上がりを見せるセンバツ甲子園。逸材揃いの球児たちのなかで、将来の日本球界を背負って立つのは誰か。新著『永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット』が話題を呼んでいる柳川悠二氏(ノンフィクションライター)がレポートする。  * * *  春分の日と重なった第89回選抜高校野球大会の2日目。満員札止めの甲子園から約10キロ離れた伊丹スポーツセンターの野球場にも、400人近い高校野球ファンが足を運んでいた。お目当ては早稲田実業(東京)の清宮幸太郎である。  試合のない早実は紅白戦を行なっていた。...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】フジ・宮澤智アナが「球界の新スター」との破局を大後悔 - 03月25日(土)07:06 

3月23日、アメリカの優勝で幕を閉じたワールド・ベースボール・クラシック(WBC)。  日本は準決勝でアメリカに惜敗したものの、1次ラウンド、2次ラウンドともに無敗の快進撃を続けた。  今回のWBCで球界の新たなスター候補となったのが巨人の小林誠司だ。大会を通して4割5分と驚異の打率を残し、正捕手として侍ジャパンを牽引。期待以上の活躍を見せた、球界屈指のイケメン選手である。  そんな小林の「元・交際相手」と言われているのが、フジテレビの宮澤智アナ。2年前に交際をスタートしたものの、昨年、彼女から別れを切り...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

侍ジャパン 大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい! - 03月25日(土)07:00 

 侍ジャパンの皆様へ。第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。  でも、本誌・週刊ポストはきちんと謝ります──。 〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号) 〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)  いずれも本誌が掲げた見出しである。 ◆「予選ラウンド敗退」と書いて、ごめんなさい!  東京ドームでの1次ラウンド、2次ラウンド敗退の可能性を本誌が報じたのは、本番前の強化試合などで阪神やソフトバンクの二軍相手に完敗し、5戦3敗という成績に終わったからだ。  フタを開ければ東京ドームでは6戦全勝。野球評論家・江本孟紀氏は対戦相手を「キューバ選手はデブばっかりだったし、イスラエルにしてもメンバーは2Aクラス。普通に戦えば勝てる相手でした」と評すものの、それも辛口の江本氏なればこそ。侍ジャパン史上初めて全勝で決勝ラウンド進出を決め、準決勝の米国戦も敗れはしたが緊迫した投手戦だった。 ◆大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい!  日本中が落胆した“大谷の欠場”だが、「結果的にそれがチームを強くした」...more
in English
カテゴリー:

【野球】検証・小久保ジャパン 東京金へ、世界一奪回へ「トレセン構想」 - 03月25日(土)17:16 

 2020年東京五輪の野球日本代表監督として、原辰徳・前巨人監督(58)が最有力候補に挙がっている。  WBCは2大会連続の4強。この壁を越え、かつ東京で悲願の金メダルを目指すため、そして再びWBCで頂点 に立つため、侍ジャパンはどのような展望を描くべきか。  小久保監督は「力のある選手ばかり。数年は代表のトップを張れる選手たちばかり」と現メンバーを評する。30 代は最年長35歳の青木を筆頭に宮西、牧田、平野、松田、内川の6人。ほか22人は20代で、3年後でもほとん どのメンバーが主力候補と...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】盛り上がったWBCの陰で、推定30億円大型補強の巨人、オープン戦ボロボロ、開幕大丈夫か - 03月25日(土)10:18 

 第4回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)で、日本代表「侍ジャパン」は3月21日(現地時間)の準決勝で米国に敗れ、悲願の世界一奪還はならなかった。だが、日本-キューバ戦が27.4%の最高視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録するなど高い関心を示した。  その盛り上がりの陰に隠れて注目度が低かったプロ野球のオープン戦で、今季3年ぶりのリーグ覇権奪還を目指す巨人は12球団最下位にあえいでいた。チーム打率は.198、防御率は4.39といずれも最下位(記録は3月23日時点)。今オフには総...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【野球】侍ジャパン 大谷抜きでも強かったです、ごめんなさい! - 03月25日(土)09:11 

 侍ジャパンの皆様へ。第4回WBCの激闘、お疲れさまでした。世界一奪還はなりませんでしたが、面白い試合ばかりでした。メジャーリーガー投手の不在、大谷翔平(22)の辞退、強化試合の惨敗……様々なメディアが本番前に不安を報じましたが、予選リーグの連勝が始まると、しれっと手のひらを返しました。  でも、本誌・週刊ポストはきちんと謝ります──。 〈大谷なき侍ジャパン「予選ラウンド敗退」の最悪シナリオ〉(2月24日号) 〈予選突破したって“ただの運”──大谷不在は言い訳にならないぞ!〉(3月17日号)  いずれも本誌が掲...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

松本人志「WBCの長い試合時間」への苦言が話題に - 03月25日(土)07:05 

 3月19日放送の『ワイドナショー』(フジテレビ系)で、ダウンタウンの松本人志(53)が野球のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)について言及。長すぎる試合時間を短くするためのルール変更を提案し、お笑いタレントの東野幸治(49)らを驚かせる場面が見られた。  この日の番組では、6戦全勝で準決勝に進出した侍ジャパンの躍進ぶりが取り上げられた。この中で松本は「皆さん、浮かれているときに水をさすようで申し訳ないですけど、試合長くないですか?」と試合時間の長さを指摘。これに山崎夕貴アナウンサー(29)も「ちょっと長いですよね」と同意すると、松本が時短のためのルール変更を提案する展開となった。  松本はまず、3月12日の日本対オランダ戦の試合が深夜0時過ぎまで及んだことに触れ、「なんで(試合開始が午後)7時からなの? 5時でいいんじゃない、4時でもいいかも」と試合開始時刻の繰り上げを主張。野球に詳しいトータルテンボスの藤田憲右(41)から「5時、4時にやろうと思ったらできますけど、スポンサーとかの兼ね合いだと思います。大人の事情ですよ」と説明されると、今度は「もうツーアウトで終わりにするか、6回で終わりにするとか、ホームランを打っても(ダイヤモンドを)回らないとか、なんかしないと」と大胆なルール変更の必要性を訴え、東野らを苦笑させた。  そんな中、松本は何を思ったのか、侍ジャパンで活...more
in English
カテゴリー:

早実・清宮vs履正社・安田 2020年侍ジャパンの4番は? - 03月25日(土)07:00 

 近年にない盛り上がりを見せるセンバツ甲子園。逸材揃いの球児たちのなかで、将来の日本球界を背負って立つのは誰か。新著『永遠のPL学園 六〇年目のゲームセット』が話題を呼んでいる柳川悠二氏(ノンフィクションライター)がレポートする。  * * *  春分の日と重なった第89回選抜高校野球大会の2日目。満員札止めの甲子園から約10キロ離れた伊丹スポーツセンターの野球場にも、400人近い高校野球ファンが足を運んでいた。お目当ては早稲田実業(東京)の清宮幸太郎である。  試合のない早実は紅白戦を行なっていた。清宮ら主力組に対し、控え組のマウンドに上がったのは早実OBで、早大2年の左投手。清宮は第1打席、大学生を相手に右中間スタンドのスコアボード直撃となる特大の一発を放った。 「甲子園の試合の前に、これだけのお客さんの前で野球ができるのは幸せなこと。ホームランは追い込まれたあとのストレート。状態は上がってきている」  高校通算79本塁打。怪物1年生として騒がれた2年前の夏に比べて選球眼を磨き、ミスショットは明らかに減った。体重もこの冬の間に100キロを超え、怪物はさらに巨大化した。 「今年のセンバツは、清宮君の大会でしょう。飛距離は目を見張るし、スタンドへのボールの持って行き方を知っている」  そう語ったのは、3月24日に、1回戦で早実と対戦する明徳義塾(高知)の馬淵史郎監督だった。  だが...more
in English
カテゴリー:

もっと見る

「侍ジャパン」の画像

もっと見る

「侍ジャパン」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT野球日本代表...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる