「使用状況」とは?

関連ニュース

嫉妬・束縛がやめられない…:恋人や配偶者への強い嫉妬は「オセロ症候群」かも - 10月16日(月)12:00 

恋人や配偶者に対して「自分以外の異性と仲良くしないで!」という嫉妬を感じるのは誰にでもある感情。 しかし異性の店員や同僚、芸能人に対して強い嫉妬を感じてパートナーを責めたり、「相手が今どこで誰と何をやっているのか」を常に把握していないと安心できなかったり…このような「強い嫉妬」を常に抱えてしまう人も少なくありません。 また時には、これらの嫉妬がパートナーに対して強い束縛行為を生んでしまうことも。 「証拠も無いのに、相手が他の誰かのところに行ってしまうかもと感じる」--この恐怖感から生まれる嫉妬妄想を、心理学では「オセロ症候群」と呼んでいるのです。 ここではオセロ症候群の特徴やその心理についてご紹介していきます。 1. オセロ症候群とは? オセロ症候群の名前の元になっているのはシェイクスピアの四大悲劇に入る「オセロー」。 現在のイタリア・ヴェニスの気高い軍人オセローが、部下のそそのかしを受けて「妻が不倫をしている!」と信じこんでしまう物語です。 実際には妻には何の浮気も無いのですが、偽りの証拠が作られるとオセローは妻よりもそれを信じ、偽りの不倫相手と妻を殺してしまいます。 しかし最終的には真実がわかり、妻の遺体の側でオセローは自害するのです。 心理学では「確たる証拠も無いのに浮気を疑い続ける」「相手を強く束縛しようとする」といった嫉妬妄想に始まる様々な行動を「オセロ症候群」と...more
カテゴリー:

神鋼子会社、寸法測らず数値記載=福島第2の予備配管-東電発表 - 10月13日(金)18:20 

 東京電力は13日、神戸製鋼所の子会社「神鋼メタルプロダクツ」(北九州市)から福島第2原発に納入された予備の配管の検査書類に、実際には測っていない寸法が記載されていたと発表した。東電と神戸製鋼所によると、配管は東電が定めた仕様に適合しており、性能に問題はないという。 原子力規制委員会は神鋼製品の使用状況について、各電力会社から確認を進めている。 【時事通信社】
カテゴリー:

熱くなったスマホを冷却しながら3D空間に固定する「クランプ式スマホアーム 手ぶらでスマクール」 - 10月12日(木)10:00 

サンコーは、「クランプ式スマホアーム 手ぶらでスマクール」を2017年10月11日より発売する。価格は2,980円(税込)。本製品は、寝ながらでも快適ハンズフリー&2つのファンがスマートフォンをしっかり冷やす冷却ファン付のクランプ式スマートフォン用アーム。2つの冷却ファン搭載で熱くなりがちなスマートフォンを冷やしながら、ハンズフリーで使用できる。アームはクランプ式でベッドや机に簡単に取り付けが可能。連続稼働時間は約8~13時間、風量は風量調節ダイヤルで無段階調節ができる。また、4400mAhのモバイルバッテリーとしてもご使用可能。スマホのバッテリー残量が少なくなったらすぐに充電が可能だ。■製品仕様・サイズ/ホルダー:幅147×高さ80×奥行25(mm)・アーム/直径10×長さ700(mm)・重量/345g・充電ケーブル長/730mm ※コネクタ含まず・バッテリー容量/4400mAh・充電時間/約5~6時間 ※使用環境により異なる。・連続稼働時間/約8~13時間 ※使用状況・風力の設定により異なる。・出力/5V/1A・風力調節/可能 (無段階調節)・対応機種/幅50~80mm、厚み10mmまでのスマートフォン・対応天板サイズ/厚み80mmまで・内容品/ホルダー、アーム、接続リング、USBケーブル、キズ防止用保護シール、日本語取扱説明書・保証期間/6か月■クランプ式スマホアーム 手ぶら...more
カテゴリー:

大東建託と東電PG、電気の使用状況を測定するスマート賃貸住宅の実証試験 - 10月11日(水)15:30 

大東建託と東京電力パワーグリッド(東京PG)は10月11日、東電PGが提供する宅内IoTプラットフォームを活用したスマート賃貸住宅の共同実証試験を開始すると発表した。対象となる住宅の分電盤に住宅全体の電気の使用状況を測定する専用電力センサーを設置し、電力データを活用した新たなサービスを検討・検証することを目的とする。
カテゴリー:

【神戸製鋼データ改竄】ダイキンはエアコン、JR西は新幹線「N700A」でアルミ使用 阪急電鉄、パナソニック、関西電力も… - 10月11日(水)08:11  newsplus

 神戸製鋼所のアルミ製品の性能データ改竄を受け、関西の運輸関連企業や機械メーカーなども10日、使用状況の確認に追われた。ダイキン工業は、生産されているエアコンの一部機種に性能データを改竄したアルミや銅製品が使われていたことを明らかにした。また、改竄された製品を新幹線に使っていたJR西日本は「安全は確認しているが、準備でき次第、取り換えを行う」と説明した。  ダイキンは、エアコンの熱交換器の主な材料であるアルミ調達先の1つが神戸製鋼製。一部機種に性能データを改竄した部材が使われていた。販売したエ...
»続きを読む
カテゴリー:

エアバス、神鋼製品の使用状況調査 改竄問題の影響、海外大手にも拡大 - 10月16日(月)05:00 

 神戸製鋼所のデータ改竄(かいざん)問題で、欧州航空機大手エアバスはデータ偽装された神戸製鋼の製品を使用していないかどうかの調査に乗り出した。ロイター通信が13日、報じた。海外の大手製造業が相次いで調査を開始しており、改竄問題の影響は海外でも拡大。損害賠償請求を懸念する声も上がっており、神戸製鋼の経営に深刻な打撃となりかねない。
カテゴリー:

国交省、船舶含めた乗り物を調査 - 10月12日(木)12:20 

国交省、船舶含めた乗り物を調査:神戸製鋼所が、アルミ製品などの一部でデータを改ざんしていた状況を受けて、国土交通省が、新たに、船舶を含めた乗り物全般の各業界に対し、製品の使用状況と安全性について、調査と報告を求めていることが、FNNの取材でわかった。...
カテゴリー:

大東建託と東電PG、電気の使用状況を測定するスマート賃貸住宅の実証試験 - 10月11日(水)15:30 

大東建託と東京電力パワーグリッド(東京PG)は10月11日、東電PGが提供する宅内IoTプラットフォームを活用したスマート賃貸住宅の共同実証試験を開始すると発表した。対象となる住宅の分電盤に住宅全体の電気の使用状況を測定する専用電力センサーを設置し、電力データを活用した新たなサービスを検討・検証することを目的とする。
カテゴリー:

大東建託と東電PG、電気の使用状況を測定するスマート賃貸住宅の実証試験 - 10月11日(水)15:30 

大東建託と東京電力パワーグリッド(東京PG)は10月11日、東電PGが提供する宅内IoTプラットフォームを活用したスマート賃貸住宅の共同実証試験を開始すると発表した。対象となる住宅の分電盤に住宅全体の電気の使用状況を測定する専用電力センサーを設置し、電力データを活用した新たなサービスを検討・検証することを目的とする。
カテゴリー:

国交省、自動車メーカーに確認要請 - 10月10日(火)12:33 

国交省、自動車メーカーに確認要請:神戸製鋼所がアルミ製品の一部でデータを改ざんしていた問題で、国土交通省は、自動車メーカーに対し、使用状況を確認するよう要請した。...
カテゴリー:

もっと見る

「使用状況」の画像

もっと見る

「使用状況」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる