「作詞家」とは?

関連ニュース

「女は度胸」 女性初の国会議員が記した『胆で考える』ということ - 04月14日(土)09:30 

吉元由美の『ひと・もの・こと』 作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。 たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ...
カテゴリー:

LDHが仕掛けるまったく新しい映画体験!<CINEMA FIGHTERS>第2弾はさらにドラマティックな6つのtears - 04月10日(火)06:00 

EXILE HIROと「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」代表を務める俳優の別所哲也、そしてEXILEや三代目J Soul Brothersの楽曲を手がけてきた作詞家・小竹正人の3人が打ち出した、詩と音楽、そして映像を融合したコラボプロジェクト<-CINEMA FIGHTERS project->。 その第2弾となる『ウタモノガタリ-CINEMA FIGHTERS project-』から、本編シーンがふんだんに盛り込まれた予告編とポスターヴィジュアルが到着。大切な人への想いを募らせたり、大切なものを守るために奮闘する姿など、登場人物たちの熱い想いが“6つのtears”に凝縮され、前作以上に心揺さぶるドラマティックな作品に仕上がっていることを予感させる。 今年1月26日に公開された第1弾『CINEMA FIGHTERS/シネマファイターズ』では、国内外で高い評価を集める河瀬直美監督と若手実力派監督たちとのコラボを果たし、6つの既存の楽曲をテーマにした6つのショートフィルムが制作された。そして今回も、気鋭の監督たちが手掛ける6つのショートフィルムで構成。 まずTAKAHIROが主演を務め、夏帆が共演の『カナリア』でメガホンをとるのは『トイレのピエタ』(15)で知られる松永大司。岩田剛典が主演を務め、池松壮亮や麻生久美子が共演する『ファンキー』でメガホンをとるのは『舟を編む...more
カテゴリー:

「他人を論破しようとする時、あなたの顔は…」 SNSで投げた言葉、面と向かって伝えられますか? - 04月07日(土)09:30 

吉元由美の『ひと・もの・こと』 作詞家でもあり、エッセイストでもある吉元由美さんが、日常に関わる『ひと・もの・こと』を徒然なるままに連載。 たまたま出会った人のちょっとした言動から親友のエピソード、取材などの途中で出会っ...
カテゴリー:

TAKAHIRO&岩田剛典らの涙…「CINEMA FIGHTERS」第2弾予告&ポスター完成 - 04月11日(水)06:00 

 EXILE HIRO率いるLDH JAPANと、別所哲也が代表の「ショートショートフィルムフェスティバル&アジア」(SSFF&ASIA)がコラボレーションしたオムニバス映画第2弾「ウタモノガタリ CINEMA FIGHTERS project」の予告編とポスタービジュアルが、このほど完成した。映像は、各話に主演するTAKAHIROや岩田剛典らの熱演にのせ、大切な人のために奮闘し、今を全力で生き抜こうと涙する主人公たちを映し出している。 ・【動画】「ウタモノガタリ」予告編  「CINEMA FIGHTERS project」は、EXILE HIROと、SSFF&ASIA代表の別所、そして「EXILE」「三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE」などに楽曲提供してきた作詞家・小竹正人氏によって発足された、詩と音楽と映像を融合するコラボ企画だ。第2弾となる今作も6つの新曲と6編の短編を創出。キャストには麻生久美子、池松壮亮、夏帆、白濱亜嵐、青柳翔、山下健二郎、石井杏奈ら、監督には石井裕也、松永大司、安藤桃子ら豪華な面々が結集している。  また各エピソードは、6人の主人公の“6つのtears”を凝縮。ポスタービジュアルはそれぞれの思いを秘めた登場人物を切り取っており、ドラマチックな物語展開を予感させる仕上がりとなっている。「ウタモノガタリ CINEM...more
カテゴリー:

EXILE TRIBE&池松壮亮ら出演のオムニバス『ウタモノガタリ』予告解禁 - 04月10日(火)06:00 

 EXILE TRIBEのTAKAHIRO、岩田剛典、白濱亜嵐、青柳翔、山下健二郎らがそれぞれ主演を務めるオムニバス映画『ウタモノガタリ‐CINEMA FIGHTERS project‐』のポスタービジュアルと予告編映像が解禁となった。【写真】ホテルマン研修中もかわいい岩田剛典 本作は、EXILE HIROと、国際短編映画祭 ショートショート フィルムフェスティバル(SSFF)&ASIAの代表を務める俳優の別所哲也、そしてEXILEや三代目J Soul Brothersなどに歌詞を提供してきた作詞家・小竹正人が打ち出した、詩と音楽、映像を一つに融合したプロジェクト<‐CINEMA FIGHTERS project‐>の最新作。6つの詩から生まれた6つの新曲を気鋭の監督6人がショートフィルムで映像化する。 6作のラインナップは、『トイレのピエタ』の松永大司監督とTAKAHIRO主演で送る『カナリア』、『舟を編む』の石井裕也監督と岩田主演で送る『ファンキー』、『0.5ミリ』の安藤桃子監督と白濱主演で送る『アエイオウ』、『663114』の平林勇監督と石井杏奈、山口乃々華、坂東希出演で送る『Kuu』、Yuki Saito監督と青柳主演で送る『Our Birthday』、『こころ、おどる』の岸本司監督と山下主演で送る『幻光の果て』。 夏帆、池松壮亮、麻生久美子、奥田瑛二、芦名星、余貴美子、加...more
カテゴリー:

【訃報】麻生氏死去 - 03月27日(火)16:15  news

麻生香太郎さん65歳=作詞家、音楽評論家 毎日新聞 2018年3月26日 18時41分(最終更新 3月26日 18時41分)  麻生香太郎さん65歳(あそう・こうたろう=作詞家、音楽評論家、本名非公表)6日、し骨洞がんのため死去。葬儀は近親者で営んだ。  作詞した野口五郎さんの「針葉樹」や森進一さんの「新宿・みなと町」がヒットした。雑誌に連載し、著書に「誰がJ-POPを救えるか?」など。(共同) https://mainichi.jp/articles/20180327/k00/00m/060/049000c ...
»続きを読む
カテゴリー:

「作詞家」の画像

もっと見る

「作詞家」の動画

Wikipedia

作詞家(さくしか)は、歌詞となる言葉を創り上げる者のこと。その中でも特に、それを生業とする者を指す。また作曲家に対して歌詞を提供する者のこと。

概要

専業の作詞家だけでなく、小説家詩人芸能人放送作家など他業種を本業とする者が関わる事も多く、競争が激しい。文学的センスだけでなく、楽曲を理解・解釈する音楽的センスも欠かせない。

1990年代終盤から作詞作曲編曲までをこなす音楽家が増え、ポップス界における作詞家の活躍舞台は激減している。一方、情報技術の発達により流通媒体が増え、逆に専業の作詞家の重要性が再認識されたとする見解もある。

自ら作詞を担当するアーティストと区別する意味合いで、「職業作詞家」と呼ばれる事もある。専業の作曲家同様、音楽作家事務所や作家エージェントに認められ、その後作品実績を増やしていくのが一般的である。

作詞家の印税は、JASRAC<...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる