「作業療法」とは?

関連ニュース

5歳以下の子どもが発症しやすいインフルエンザ脳症 - 04月30日(日)18:39 

インフルエンザは、高熱や全身倦怠感、関節痛等様々な症状が現れます。インフルエンザウイルスの感染が原因で脳症が起こることがあります。今回は、5歳以下の子どもが発症しやすいインフルエンザ脳症の症状と治療法について解説します。 インフルエンザ脳症 インフルエンザ脳症とは、インフルエンザウイルスに感染した際に、サイトカイン(体内に侵入したウイルスや細菌等を排除する免疫回路)が何らかの理由で過剰に働き、脳の組織を破壊してしまう病気です。サイトカインの働きが過剰になる理由については、未だ解明されていません。 インフルエンザ脳症の症状 インフルエンザ脳症を起こすと、次のような症状が現れます。 高熱、咳、鼻水、全身倦怠感、咽頭痛、筋肉痛、けいれん、異常行動、幻覚や幻視 インフルエンザ脳症は発熱後48時間以内に起こる可能性があるので、様子を注意深く観察しましょう。 インフルエンザ脳症の治療法 インフルエンザ脳症に対する根本的な治療法は、確立されていません。症状を抑えることを目的とした対症療法が適応されます。まず、インフルエンザウイルスの増殖を抑える抗インフルエンザ薬(タミフルやラピアクタ)を早期に使用します。タミフルは内服薬ですが、意識障害が起きている場合は鼻に管を通して注入することもあります。ラピアクタは、呼吸不全などでタミフルを服用できない場合や、脳症または脳炎が起きている時に点滴とし...more
in English
カテゴリー:

【沖縄】辺野古埋め立て コバルトブルーに石材…「諦めたら最後」 - 04月25日(火)17:23 

毎日新聞 4/25(火) 11:16配信  辺野古の海に石材が次々と投入され、かつてない怒りと悲しみが沖縄に広がった。米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への県内移設計画は、政府が25日に海を埋め立てる護岸工事に着手して大きな節目を迎えた。普天間飛行場の返還合意から21年。選挙や集会などで幾度となく県内移設反対の民意を示してきた人々は、辺野古の陸と海で悲憤の拳を上げた。  辺野古前に広がるコバルトブルーの大浦湾。移設反対派の海上抗議を監視するため、早朝から海上保安庁のゴムボート10艇以上が波打...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「作業療法」の画像

もっと見る

「作業療法」の動画

Wikipedia

作業療法 (さぎょうりょうほう、) とは、リハビリテーション訓練のうち、主に巧緻性、ADL(日常生活動作)、上肢の運動機能、高次脳機能の向上を目的としたもの。

概要

理学療法士及び作業療法士法では、身体又は精神の障害に対し、応用的動作能力又は社会的適応能力の回復を図るため、手芸工作、その他の作業を行わせることを作業療法の定義としている。

高次脳機能のうち言語能力は言語療法の対象となる。

  • 作業療法は、作業をできるようにすることで人々の健康状態と幸福感の改善をもたらす。
  • 作業には仕事、遊び、日課、休息が含まれる。
  • 作業ができるとは、人々が仕事を適切にやり遂げられる、心楽しく遊ぶことができる、日々の生活習慣を整えられる、上手に休養することができる、という意味である。
  • 作業療法の基本目標は、人々が日常の作業をできるようにすることである。
  • ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる