「作品賞」とは?

関連ニュース

スピルバーグ監督が13年ぶり来日 日本は「人々が礼儀正しい」 - 04月18日(水)20:08 

 映画『E.T.』(1982年)、『インディ・ジョーンズ』シリーズ、『シンドラーのリスト』(94年)などを手がけてきた“巨匠”スティーブン・スピルバーグ監督(71)が18日、都内で行われた新作『レディ・プレイヤー1』(20日公開)のジャパンプレミアに出席。今回が13年ぶりの来日となり、会場に集まった500人から大きな歓声を浴びた。 【写真】ファンにサインするスティーブン・スピルバーグ監督  「コンバンハ」とご機嫌にあいさつしたスピルバーグ監督は、久々の日本について「いろいろ以前と変わっているところはあるけれど、人々が礼儀正しい、そしてお互い敬意を払う。あまり皮肉が見受けられない、それが私の国とは違う」とコメント。  日本のポップカルチャーが多く登場する同作について語るなかで、「私がまだ黒澤明作品や三船敏郎作品に出会う前、父に連れられて『ゴジラ』を観ました。完全に『ジュラシック・パーク』はそれを基に作ったのです」と笑わせ、「『レディ・プレイヤー1』にはメカゴジラも登場しますが、オリジナルのゴジラの曲を使わせてもらっています」と明かした。  同作は、アーネスト・クライン氏のベストセラー小説を映画化。2045年を舞台に、主人公で17歳の少年ウェイドらによる巨大なVRワールド「オアシス」開発者の遺産争奪戦を描く。  ジャパンプレミアには、映画に出演するタイ・シェリダン(21)、オ...more
カテゴリー:

オタクコメディドラマ『シリコンバレー』がシーズン6へ更新! - 04月18日(水)12:00 

ITの聖地シリコンバレーを舞台に繰り広げられる起業コメディドラマ『シリコンバレー』が、シーズン6へ更新されたことが明らかとなった。米DEADLINEが報じている。【関連記事】TV番組ゲスト出演体験記~『シリコンバレー』のあの人が贈る過激コメディ番組『ザ・ゴアバーガー・ショー』~本作の主人公は、革新的なコードで書かれた圧縮アルゴリズムを開発したプログラマーのリチャード(トーマス・ミドルディッチ)。IT業界での成功を夢見て、ハッカーホテルに住む仲間4人と「パイド・パイパー」を立ち上げた彼が、大企業による買収を免れながら、会社を大きく成長させようと四苦八苦する姿が描かれるオタクコメディ。本作は、ゴールデン・グローブ賞のコメディ・ミュージカル部門作品賞にノミネートされたこともあり、エミー賞ではコメディ部門で作品賞を受賞。シーズン1からレギュラーとして出演していたアーリック役のT・J・ミラーがシーズン4をもって降板したが、トーマスのほかメインキャストのクメイル・ナンジアニ(デニッシュ役)、マーティン・スター(ギルフォイル役)、ザック・ウッズ(ジャレッド役)はシーズン5にも続投している。クリエイターを務めるのは、アニメシリーズ『ビーバス&バットヘッド』を手掛けたマイク・ジャッジ、コメディ映画『俺たちフィギュアスケーター 』で脚本を担ったジョン・オルトシュラー&デイヴ・クリンスキー。『シリコンバ...more
カテゴリー:

木梨憲武×佐藤健「いぬやしき」ブリュッセル国際映画祭でグランプリ! - 04月17日(火)14:00 

奥浩哉氏による人気漫画を実写映画化した「いぬやしき」が、ベルギーで行われていた第36回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭(4月3~15日)のインターナショナルコンペディション部門作品賞グラ...
カテゴリー:

映画「ドリーム」がテレビシリーズに - 04月16日(月)11:00 

 アメリカ初の有人宇宙飛行計画の成功を影で支えた、NASAの黒人女性スタッフ3人を描いた映画「ドリーム」(2016)が、ナショナルジオグラフィックでテレビシリーズ化されることがわかった。  マーゴット・リー・シェタリーの回顧録「ドリーム NASAを支えた名もなき計算手たち」を映画化した「ドリーム」は、タラジ・P・ヘンソン、オクタビア・スペンサー、ジャネール・モネイ、ケビン・コスナーが出演。人種差別や女性蔑視が浸透していた1960年代初頭のアメリカを舞台に、NASAの優秀な黒人女性3人が、苦難に屈せず人類の夢の実現へ向けて奮闘する姿を描き、アカデミー賞で作品賞含む3部門にノミネートされた。  米バラエティによれば、映画で製作総指揮を務めたピーター・チャーニン、ジェンノ・トッピングが、テレビ版をプロデュースする。キャストは未定。  ナショナルジオグラフィックは近年、ドラマ制作に力を入れており、「ジーニアス:世紀の天才 アインシュタイン」(ロン・ハワード監督、ジェフリー・ラッシュ主演)のシーズン1は、エミー賞10部門にノミネートされた。「ジーニアス」シーズン2は、アントニオ・バンデラスが画家パブロ・ピカソ役で主演し、4月24日から放送スタートする。 【作品情報】 ・ドリーム 【関連記事】 ・【作品情報】「ドリーム」 ・主人公にスパイ疑惑浮上!NASAで活躍した黒人女性を描く「ド...more
カテゴリー:

米映画監督ミロス・フォアマンさん死去 「アマデウス」 - 04月14日(土)21:37 

 モーツァルトの生涯を描いた1984年の「アマデウス」などで、アカデミー作品賞と監督賞を2度受賞した米映画監督ミロス・フォアマンさんが14日、米東部コネティカット州の病院で死去した。86歳だった。AP…
カテゴリー:

【ラジオ】<大竹まこと>とんねるずは「意味不明だった」木梨憲武に複雑な心境明かす... - 04月18日(水)17:20  mnewsplus

 「とんねるず」の木梨憲武(56)が18日、文化放送「大竹まこと ゴールデンラジオ」(月~金曜後1:00)に出演。大竹まこと(68)と、若かりし日に切磋琢磨したことを懐かしそうに振り返った。  80年代、お笑いの登竜門だった「お笑いスター誕生」(日本テレビ系)に大竹まこと(68)はシティボーイズとして、木梨はとんねるずの前身「貴明&憲武」として出演。 シティボーイズが新劇の流れをくむ芸風だったこともあり、大竹にとってとんねるずのコントは「意味不明だった」という。しかし、このネタが客席には大ウ...
»続きを読む
カテゴリー:

木梨憲武×佐藤健「いぬやしき」ブリュッセル国際映画祭でグランプリ! - 04月17日(火)14:00 

 奥浩哉氏による人気漫画を実写映画化した「いぬやしき」が、ベルギーで行われていた第36回ブリュッセル国際ファンタスティック映画祭(4月3~15日)のインターナショナルコンペディション部門作品賞グランプリにあたる「ゴールデン・レイヴン賞」を受賞したことがわかった。メガホンをとった佐藤信介監督は「アイアムアヒーロー」(2016)以来2度目の受賞、主演・木梨憲武は自身初の映画祭での受賞となった。  定年を目前に控えながらも、会社や家族から疎外される初老のサラリーマン・犬屋敷(木梨)は、医者から末期がんの余命宣告を受け途方に暮れる。ある夜、犬屋敷は謎の事故に巻き込まれ、機械の体に生まれ変わってしまう。そして同じ事故にあった高校生・獅子神(佐藤健)も、犬屋敷と同じ力を手に入れていた。自分に背く人々を傷つけるため、その力を行使する獅子神。傷つけられた人たちを救うために、その力を使う犬屋敷。2人の男たちが、それぞれの思いを胸に激しく交錯していく。  1983年にスタートしたブリュッセル国際ファンタスティック映画祭は、シッチェス映画祭、ポルト国際映画祭と並んで“世界3大ファンタスティック映画祭”の1つに数えられ、ヨーロッパを代表するジャンル系映画の祭典だ。全11作品が選出されたインターナショナルコンペディション部門で「いぬやしき」が公式上映されたのは、4月10日(現地時間)のことで「佐藤信介の...more
カテゴリー:

「カッコーの巣の上で」「アマデウス」巨匠ミロス・フォアマン死去 - 04月16日(月)12:00 

 「カッコーの巣の上で」と「アマデウス」でアカデミー賞監督賞に2度輝く名匠ミロス・フォアマン監督が4月13日(現地時間)、米コネチカット州ウォーレンの自宅で死去した。86歳だった。  1932年、旧チェコスロバキアのカスラフに生まれたフォアマン監督は、両親をアウシュビッツで亡くし、親戚や友人の家を転々として育つ。プラハの国立映画学校を卒業後、長編監督2作目となる「ブロンドの恋」(65)と3作目「火事だよ!カワイ子ちゃん!」(67)が立て続けにアカデミー賞外国語映画賞にノミネートされたことで、一躍チェコ映画界期待の星となったが、同国の民主化運動「プラハの春」を弾圧するため旧ソ連が軍事介入した68年の通称「チェコ事件」を機にアメリカに移住。以降、ニューヨークを拠点に活動した。  オレゴンのある精神病院を舞台に、体制に抗う主人公の姿を通して人間の尊厳と社会の不条理を描いたヒューマンドラマの傑作「カッコーの巣の上で」(75)では、アカデミー賞作品賞・監督賞・脚色賞・主演男優賞(ジャック・ニコルソン)・主演女優賞(ルイーズ・フレッチャー)の主要5部門を受賞。その後、ブロードウェイの大ヒットミュージカルを映画化した「ヘアー」、20世紀初頭のアメリカを背景に、さまざまな人種の人々が織りなす人生模様を描いた「ラグタイム」といった秀作を経て84年、「アマデウス」を発表。19世紀の楽聖ウォルフガン...more
カテゴリー:

【訃報】米映画監督ミロス・フォアマンさん死去 86歳 「アマデウス」などで、アカデミー作品賞と監督賞を2度受賞 - 04月14日(土)21:45  mnewsplus

米映画監督ミロス・フォアマンさん死去 「アマデウス」 2018年4月14日21時37分 朝日新聞デジタル https://www.asahi.com/articles/ASL4G6CY1L4GUHBI03H.html ベルリン国際映画祭で銀熊賞を受けた旧チェコスロバキア出身の米映画監督ミロス・フォアマン氏=2000年、ベルリン、ロイター モーツァルトの生涯を描いた1984年の「アマデウス」などで、アカデミー作品賞と監督賞を2度受賞した米映画監督ミロス・フォアマンさんが14日、米東部コネティカット州の病院で死去した。86歳だった。AP通信などが伝えた。 3...
»続きを読む
カテゴリー:

「ガレッジセール」ゴリが監督務めた映画「洗骨」モスクワ国際映画祭に出品決定! - 04月12日(木)17:00 

 「ガレッジセール」のゴリが本名の照屋年之名義で監督した映画「洗骨」が、4月19~26日(現地時間)にロシアで開催される第40回モスクワ国際映画祭のアウト・オブ・コンペティション部門に出品されることがわかった。現地での舞台挨拶に出席する予定の照屋監督は、「映画祭の雰囲気を存分に味わい、何かを吸収して帰って来ます。日本で上映の時が来たらたくさんの方に見ていただきたいです!」とコメントを寄せている。  照屋監督が2016年に自ら主演・製作した短編「born、bone、墓音。」が原案の長編映画。照屋監督が脚本も兼ね、奥田瑛二を主演したほか、筒井道隆、水崎綾女、大島蓉子、坂本あきら、鈴木Q太郎、筒井真理子らが共演している。1度土葬や風葬した遺体の骨を海水や酒などで洗い、再度埋葬する“洗骨”を通じ、バラバラだった家族が再生していく姿、血のつながり、親から子へ鎖のように生命が繋がれていく様を描いた。  モスクワ国際映画祭は、仏カンヌ、伊ベネチア、独ベルリンの世界三大映画祭に比肩する映画祭のひとつ。日本からは、過去に黒澤明監督が「赤ひげ」(1965)でソ連映画人同盟賞を受賞し、近年は2013年に「さよなら渓谷」(大森立嗣監督、真木よう子主演)が審査員特別賞、翌14年に「私の男」(熊切和嘉監督、浅野忠信主演)が最優秀作品賞と最優秀男優賞に輝いている。  出品にあたり、照屋監督は「今まで約10...more
カテゴリー:

もっと見る

「作品賞」の画像

もっと見る

「作品賞」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる