「作品展」とは?

関連ニュース

ええじゃん栄村もお手伝い! 長野県栄村で開催された「栄村収穫祭」ってなに?【学生記者】 - 11月18日(土)12:00 

こんにちは!「ええじゃん栄村」副リーダー2年の熊倉です。みなさんは、栄村収穫祭について知っていますか? 今回は、長野県栄村で開催された収穫祭での「ええじゃん栄村」の活動や実際に収穫祭に参加してみて学んだことについてお伝えしたいと思います。また、新たに気づいた栄村の魅力、栄村収穫祭のおすすめポイントについてもご紹介。多くの人が長野県栄村に興味を持ってくれたらうれしいです。■栄村の「収穫祭」って何?先月、10月21日(土)に第19回栄村収穫祭がありました。栄村収穫際とは、毎年10月後半に栄村役場、村民広場にて開催されます。約300人程訪れる大きなお祭りです。今年は、小中学生による音楽発表会や作品展示などがある「栄村総合文化祭」も同時に開催されていました。栄村収穫祭では、秋野菜・きのこ・新米等の販売や栄村の特産品が当たる抽選会があります。他にも、つきたてのお餅のサービスや、栄村で収穫した新米・野菜を使った天ぷらなどの試食コーナーがあります。もちろん店舗販売もあり、今年は12店舗参加していました。店舗販売では、きのこ汁・おでん・山菜おこわ・あんぼ(米粉を使った伝統食)・えごまっ娘(米粉にえごまを練りこんだ平たい団子)など、どれもおいしそうなものが売られています。地元の保育園や中学生の方が一生懸命販売をしている姿がとても印象的ですよ。また、栄ふるさと太鼓・榮太鼓さんなどによる演奏もあり、元気...more
カテゴリー:

紗倉まな×志茂田景樹:あの「入院生活」が人生を変えた!?ふたりの意外な共通点 - 11月17日(金)12:20 

「モノづくり大国」と言われる日本。その中でも「エロ」は世界でも有名。そんなアダルト業界で、自らを「えろ屋」と称しAV女優として活躍する一方、小説家としても活動する紗倉まなをホストに、文化やエンタメを支える様々な「クリエイター」をゲストにお届けする、『紗倉まな対談企画 モノづくり大国♡ニッポン』。第2回目は、作家でタレントの志茂田景樹さんをゲストにお届けします。◆小説家になるまでに、20回ほど転職を経験紗倉まな(以下、紗倉):唐辛子のレギンス、すごいステキですね!志茂田景樹(以下、志茂田):ありがとう。これは夏用だからもうそろそろ終わりなんだけどね。紗倉:あ、季節で違うんですね!志茂田さんのTwitterやLINEブログはいつも拝見しているので、今日はお話できて光栄です。志茂田さんは、小説家になるまでにいろんなお仕事をされたとお聞きしましたが、どんな職業を経験されたんですか?志茂田:弁護士や探偵、保険調査員、週刊誌記者、塾講師などいろんな仕事をしましたよ。紗倉:すごい経験値ですね。最初はどんなお仕事をされていたんですか?志茂田:最初は営業職だったから、わりと頭を下げないといけなくて。犬の保険を販売したり英語の辞書を販売したり・・・・・・。営業の仕事の中でも何度か転職していたんだけど、ある日「僕は頭を下げるの好きじゃない」ってことに気がついて(笑)。紗倉:(笑)。なんか違うなと?志茂田...more
カテゴリー:

福岡城跡がデジタルアート空間に 「チームラボ」が作品展示 - 11月16日(木)18:23 

舞鶴公園・福岡城跡(福岡市中央区城内)で12月1日から、イベント「福岡城 チームラボ 城跡の光の祭」が開催される。
カテゴリー:

独自の色彩魅力 障害ある若手3人、ベテラン画家と初の作品展「パワーを感じて」 - 11月14日(火)13:47 

発達障害や精神疾患のある仙台市内の若手画家3人と、昭和の風景画で知られる画家小野寺純一さん(70)=仙台市青葉区=による4人展「ぼくとわたしのハート展覧会」が12月7〜12日、同市青葉区一番町の「ギャ
カテゴリー:

小さな島国の「台湾」が、じわじわと経済成長できている理由 - 11月14日(火)04:30 

経済的に豊かな国は、芸術・文化へ目を向ける余裕が出てくるものですが、それは日本のお隣、台湾でも例外ではありません。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』の中で、台湾が90年代以降に推し進めてきた「ソフトパワー」に次いて詳述。その象徴として、旧日本統治時代に建てられた歴史的建造物などが、次々と現代アートや若者たちの表現発表の場所として生まれ変わっているそうで、そのオススメのスポットを紹介しています。 【台湾】世界屈指の現代芸術推進国・台湾のソフトパワー 21世紀に入ってからの台湾は、ソフトパワーの増強にシフトしてきています。 戦後、日本経済が興起し、それに牽引される形でアジアNEEDSが登場し、台湾もその仲間入りを果たしました。 その後、90年代に入って日本経済がバブル崩壊によって弱まる前は、一時は日本と台湾が世界の株式市場で上位を競ったこともありました。そして、90年代以降のグローバリズムによりBRICsが台頭したことで、台湾の資本と技術は中国へと流れていき、台湾国内は産業の空洞化減少が昂進し、IC王国の地位も失ってしまいました。 それでも、アジア通貨危機の際は、台湾は債権国として各国に資金を提供し、今でも債務国にはなっていません。日本が「失われた20年」を抱えているのに比べて、台湾の経済成長は低くても3%は維持して...more
カテゴリー:

個性豊かな書、50点展示 五城目町で書遊会作品展 - 11月18日(土)11:14 

 秋田県五城目町と井川町の書道愛好家でつくる「書遊会」の作品展が五城目町の五城館で開かれている。漢詩や俳句、ことわざなどを書いた約50点が展示されている。19日まで。
カテゴリー:

夜景テーマの力作52点 さぬきで写真展 - 11月16日(木)19:12 

夜景をテーマに撮影する写真愛好家グループ「北極星」(住田正二三代表)の作品展が、さぬき市寒川町の21世紀館さんがわで開かれている。
カテゴリー:

大橋裕之の作品展in大阪、柴田聡子とのトーク&ミニライブが初日に - 11月15日(水)20:13 

大橋裕之の作品展「大橋裕之 exhibition『1P/1M』」が、11月17日から27日まで大阪のギャラリー・Pulpにて開催される。
カテゴリー:

松戸の作家の個展 清水満津男作品展を開催 - 11月14日(火)13:30 

[松戸市役所] 松戸市在住の画家、清水満津男さんは、2004年に初めて「アートスポットまつど」にて個展を開催しました。 2005年には柏市美術展に出品し、「柏商工会議所会頭賞」を受賞。その後も、「大賞」「審査員特別賞」を受...
カテゴリー:

アイデムフォトギャラリー[シリウス]  小学生・中学生・高校生対象第13回 アイデム写真コンテスト 「はたらくすがた」 入選作品展 期間:2017年11月16日(木)~11月29日(水) - 11月13日(月)10:00 

[株式会社アイデム] [画像: https://prtimes.jp/i/2663/780/resize/d2663-780-574723-1.jpg ] アイデムフォトギャラリー「シリウス」を運営する株式会社アイデムは、2005年より小学生・中学生・高校生を対象としたアイデム写真コン...
カテゴリー:

もっと見る

「作品展」の画像

もっと見る

「作品展」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる