「作品展」とは?

関連ニュース

グラフィックデザインと印刷技術が丁寧に溶け合った石井勇一氏の作品展示「SINK,OUT」 - 05月27日(土)14:30 

ART EVENT EXHIBITION / "INK DE JET JET JET" The One Show Merit Award 受賞 2017年5月27日(土)から6月18日(日)まで、BOOK AND SONSにて「SINK,OUT」が開催される。D&ADアワードブロンズ賞、The One Show Merit Award、TDC入選など、多くの作品で高く評価されているアートディレクター / デザイナーの石井勇一氏による展示。ポスターを中心とした2016年以降のグラフィック作品が紹介される。入場無料、水曜定休で、時間は12:00〜19:00。 1979年東京生まれの石井勇一氏は、阿佐ヶ谷美術専門学校を卒業後、都内2社のデザイン会社に勤務した。その後、広告代理店を経て2013年に独立。ブランディング / ロゴ / タイポグラフィ / エディトリアル / Webサイト / 映画 / 書籍 / パッケージ / 広告などジャンルを問わずに幅広く手掛けており、アカデミー賞受賞映画「ムーンライト」の日本宣伝デザインでも話題を集めている。 本展に展示される作品は、グラフィックデザインと最新の印刷技術とが丁寧に溶け合い、どこか遊び心も感じさせるもの。展覧会のタイトルは「沈む(SINK)」ことと「取り出す(OUT)」ことを示しており、アイデアとして派生してから試行錯誤の末に完成す...more
カテゴリー:

気品さと厳格さが魅力!Jeanloup Sieff写真展「Fashion Portrait」を開催【Art Gallery M84】 - 05月26日(金)17:00 

歌舞伎座(東京・銀座)の真裏に佇むギャラリー「Art Gallery M84」は2017年5月22日(月)よりJeanloup Sieff写真展「Fashion Portrait」を開催中だ。■気品さと厳格さが魅力今回の作品展は、Art Gallery M84の第62回目の展示として実施する個展だ。フランスを代表する写真家であり、1950年代にデビューしてから2000年に急逝するまでの半世紀に渡り、第一線で活躍してきた巨匠のジャンルー・シーフ。 突然の訃報から10年後、夫人のバルバラを中心に未発表作品の見直しが行われ、これらの作品は、作家と共に歩んだ名プリンター「イブ・ブレガン」により伝説の暗室で蘇った。今回は、G.I.Pコレクションの中からジャンルー・シーフのその蘇ったFashion Portrait作品、約30点を展示する。非常に希少性の高いゼラチンシルバープリントによるモノクローム作品だ。シーフの独特な視点から切り取られた世界は、気品さと厳格さがあり、改めてジャンルー・シーフの魅力に迫れるだろう。何故未発表だったのか、後に発表する筈だったのか、選定について作家の領域にどこまで踏み込めるのか、シーフのこだわったプリント表現など知られざる作品の興味はつきないだろう。ゼラチンシルバープリントの銀塩粒子、バライタ印画紙の絶妙なトーンによる力強い格調高い表現はまさにモノクロ写真芸術だ。...more
カテゴリー:

映画『ムーンライト』の日本版宣伝デザインなどで知られる、石井勇一の作品展示「SINK,OUT」が開催 - 05月24日(水)17:00 

BOOK AND SONS (ブック・アンド・サンズ) は 5月27日(土)から6月18日(日)までの期間、アートディレクター/デザイナー石井勇一の作品展示会「SINK,OUT (シンク・アウト)」を開催する。本展ではポ […]
カテゴリー:

乾電池型のIoT製品のさまざまな使い方を募集するユーザーコンテスト「MaBeee祭 2017」 - 05月23日(火)10:15 

乾電池型IoT「MaBeee」 ノバルス株式会社は、2017年9月16日(土)に、乾電池型IoT「MaBeee」のさまざまな使い方を集めたユーザーコンテスト「MaBeee祭 2017」を開催予定。これに伴い、特設Webサイトが開設されており、6月15日(木)まで1次審査のエントリーを受け付けている。大賞や優秀賞に加え、小・中学生部門や動画部門、プログラミング部門など、さまざまな賞を用意。1次審査の時点では作品の制作は不要で、所定のフォームに作品概要などを記入してエントリーする。 昨年8月に販売が開始され、2016年度の「グッドデザイン金賞」の受賞でも知られる「MaBeee」は、単三形乾電池で動く製品をスマートフォンで制御できるようにするIoT製品だ(http://mabeee.mobi)。この「MaBeee」を用いた作品を募集している今回のコンテストは、技術や完成度の高さだけでなく、発想の面白さなど、さまざまな面から審査が行われる。 1次審査の結果発表は6月28日(水)、2次審査でのフォーマット配布と応募者制作期間は6月29日(木)〜7月31日(月)、2次審査の結果発表は8月18日(金)の予定で、8月19日(土)〜9月11日(月)は2次審査通過者による作品のブラッシュアップ期間。コンテスト開催日(MaBeee祭 2017)となる9月16日(土)会場はスマートニュース株式会社の本社(...more
カテゴリー:

横浜の常設ホログラフィック劇場で開催されるオーディオビジュアルショー「VRDG+H #4」 - 05月23日(火)09:45 

VRDG+H Presents UKAWANIMATION! XXX RESIDENTS「THE EYE BALL VR」 2017年6月18日(日)に、HIP LAND MUSICのクリエイティブ・ディビジョン「INT」と、オーディオビジュアル表現のプラットフォーム「BRDG」とのコラボレーションイベント「VRDG+H #4」が開催される。会場は横浜にある常設ホログラフィック劇場の「DMM VR THEATER」。13:00オープン / 14:00スタートの昼公演(http://vrdgh4-day.peatix.com/)と、18:00オープン / 19:00スタートの夜公演(http://vrdgh4-night.peatix.com/)が実施される。前売りチケットは各4300円(ドリンク代は別途500円)で、当日券は未定。 本イベントは、テクノロジーを駆使した1日限りのオーディオビジュアルショーだ。第4回目となる今回は、マルチメディア・コスプレユニットの「XXX RESIDENTS」とのコラボレーション。「XXX RESIDENTS」は、現代美術家 / 映像作家 / グラフィックデザイナー / VJ / 文筆家でDOMMUNEの代表である宇川直宏氏のプロジェクト「UKAWANIMATION!」から派生したユニットとなっている。ビジュアル・アーツグループ「THE RESIDE...more
カテゴリー:

小城の芸術会員力作一堂 - 05月27日(土)08:20 

小城市小城町の芸術サークルに所属する会員の力作を一堂に並べた「小城美術工芸展」が、同市の「ゆめぷらっと小城」で開かれている。会場には絵画や書道、写真などのさまざまな分野から約160点を披露。会員を中心とした来場者は、自分の作品の出来をチェックしつつ他分野の芸術作品を感心しながら見入っていた。28日まで。 作品展は、分野別で活動する芸術仲間の交流を深めようと旧小城町時代から続き、今年で35回目...
カテゴリー:

戸塚刺しゅう協会作品展 - 05月25日(木)06:40 

ヨーロッパの刺しゅうを日本人の感性に合わせてアレンジしている「戸塚刺しゅう協会」の佐賀支部による作品展が、佐賀市の佐賀玉屋で開かれている。指導者10人と生徒67人が167点を展示、多くの人でにぎわっている。29日まで。 47回目の今回は「たのしい時間は新しいバッグと一緒に」をテーマに開いた。トートバッグやショルダーバッグをはじめ、傘や掛け軸など色鮮やかな糸を用いた作品が並ぶ。ナイロン製でグレ...
カテゴリー:

士郎正宗等の大友克洋トリビュートイラストを展示する「TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION」 - 05月23日(火)13:46 

士郎正宗のトリビュート作品 2017年6月3日(土)から6月18日(日)まで、タワーレコード渋谷店にて、漫画『童夢』『AKIRA』などの著者・大友克洋氏に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト展『TRIBUTE TO OTOMO EXHIBITION』が開催される。 メインビジュアル 本展は大友克洋氏がフランス・アングレーム国際マンガフェスティバル・グランプリを受賞したことと、氏に影響を受けた日仏の作家79人によるトリビュートイラスト集『TRIBUTE TO OTOMO』の日仏同時刊行を記念した展示会。   『TRIBUTE TO OTOMO』には、同じSF作品を得意とする士郎正宗を始め、浅田弘幸、江口寿史、五十嵐大介、上條淳士、桂正和、岸本斉史、松本大洋、望月峯太郎、村田蓮爾、弐瓶勉、貞本義行、田島昭宇、高野文子、竹谷隆之、谷口ジロー、寺田克也、浦沢直樹、吉田戦車などが参加していて、展示会では、その中から約80点のイラストが展示される。 海外アーティストJuan Giménez氏の作品 また、「大友克洋原画展示」「『TRIBUTE TO OTOMO』執筆作家書籍の自由閲覧展示・販売」「『TRIBUTE TO OTOMO』執筆作家からのメッセージVTR上映」「執筆作家出演イベント第一部・第二部6/17(土)」「キム・ジョンギ ライブドローイング6/3 (土)」「記念...more
カテゴリー:

東京造形大学のZOKEI賞の受賞作品から12名の作品が紹介される「ZOKEI賞選抜作品展」 - 05月23日(火)09:45 

太田萌子「アール・ベコ」2017年 2017年5月23日(火)から6月21日(水)まで、東京造形大学附属美術館にて「ZOKEI賞選抜作品展」が開催される。2016年度の「ZOKEI賞」の受賞作品から、さらに同美術館が選抜した12名の作品を紹介する展覧会。デザイン / 絵画 / 彫刻など幅広い分野の作品が紹介され、若い表現者たちの制作に対する真摯な姿勢や努力、東京造形大学で培われた確かな造形力などを感じることができる。観覧無料、日祝休館(6月4日は開館)で、時間は10:00〜16:30(入館は閉館30分前まで)。 東京造形大学では、毎年1月に「ZOKEI展」を開催し、学部生の4年間や大学院生の2年間にわたる研究成果を学内外に披露している。その「ZOKEI展」に出品された数多くの中から、特に優秀な作品に対して授与されているのが「ZOKEI賞」だ。 その「ZOKEI賞」の選抜作品展として開催される本展では、グラフィックデザイン専攻領域の太田萌子氏と三浦優大氏、写真専攻領域の永田大祐氏、映画専攻領域の小西楓氏、アニメーション専攻領域の星夢乃氏、メディアデザイン専攻領域の佐久間渓矢氏、室内建築専攻領域の田中夏鈴氏、インダストリアルデザイン専攻領域の山口恒樹氏、テキスタイルデザイン専攻領域の宮島希望氏、絵画専攻領域の石部汐里氏と尾﨑藍氏と大川栄里奈氏が出品。なお、小西楓氏の映画作品は、1日2回...more
カテゴリー:

全国から約2500人が出店する展示販売イベント「ヨコハマハンドメイドマルシェ2017」 - 05月23日(火)09:45 

「ヨコハマハンドメイドマルシェ2017」 2017年5月27日(土)から2日間にわたり、パシフィコ横浜 B・C・Dホールで「ヨコハマハンドメイドマルシェ2017」が開催される。全国から2500人の“ものづくり市民”が集まり、ハンドメイド作品や手づくりフードを展示販売する出店型イベント。2日間で50種類のハンドメイド体験教室「マルシェの学校」も展開され、気軽に参加してハンドメイド作品づくりを楽しめる。時間は各日11:00〜18:00で、入場料は当日券1000円 / 前売券800円(小学生以下は入場無料)。 本イベントは、ものづくり市民の作品発表の場の創出や、作り手と買い手が直接交流するものづくりを軸とした市民マーケットの創出を目的としたもの。2013年にスタートし、今回で第6回目の開催となる。会場に登場する手づくり作品は2万点以上にものぼり、アクセサリー / インテリア / 雑貨 / 靴 / 鞄 / ファッションなど多種多様。手づくりフードも、ケーキ / クッキー / パン / はちみつ / 紅茶など、さまざまなこだわりの品が集まる。ハンドメイド体験教室は、子どもから大人まで、ハンドメイドの未経験者でも参加が可能。“ものづくり市民”たちが先生になり、アクセサリー / フラワーアレンジ / クラフト / 食器 / アートなどを教える。 御朱印帳講座 ガラスの靴講座 ■期間:2017年5...more
カテゴリー:

もっと見る

「作品展」の画像

もっと見る

「作品展」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる