「何年生」とは?

関連ニュース

後悔先に立たず。年金のプロが明かす、「障害年金」の意外な落とし穴 - 12月15日(金)04:45 

最近では精神的疾患で「障害年金」を申請する人も多くなりましたが、怪我や病気と違って他人からは具合がわかりにくいということもあり、ついつい病院に行くのを遠慮してしまう方も多いと言います。しかし、無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』の著者・hirokiさんは、退職前に病院に行くことを強く勧めています。その理由とは? 会社に迷惑になっちゃうから退職した後に病院に行こうかな…ちょっと待った!支給される障害年金に影響大 つい最近、障害年金に関する記事で「その傷病で初めて病院に行った初診日がめちゃくちゃ大事だ」って話をしましたけど、今回のような事が絡むからですね。初診日にどの年金制度に加入していたかどうかで給付が全然変わってくるんですよ。 会社に勤めている時に体調を崩したけど、忙しくて病院なんて行ってられん!! って我慢してしまう人いますよね。仕方ない部分も多いと思います。仕事優先を続けた結果、いつしか体が悲鳴を上げて休みがちになったり生産性が落ちたりします。我慢強い人や重要な役職に就いてる人は責任感を感じてついつい自分の事を後回しにしてしまいがちなので気を付けてくださいね。 さて、責任感の強い人は仕事休むなんて考えられない! みたいな人もいます。だから、病院行くんだったら会社に迷惑をかけないように辞めてから病院に行こうとか考えるかもしれないですね。辞めたら失業手当...more
カテゴリー:

65歳を境に「遺族厚生年金」が急激に減ってしまう理由 - 12月11日(月)22:30 

「遺族年金」のことさえどこか他人事と考えてしまっているのに、「中高齢寡婦加算」に詳しいという方はほとんどいらっしゃらないのではないでしょうか。しかし、この加算金について知っておくことは、いざという時のためにも大切。今回の無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』で著者のhirokiさんが、初心者にもわかりやすく解説しています。 65歳を境になんだか思いっきり遺族厚生年金が減ってしまった! 一体何が起こったのか 前回の「年金のプロが解説、知らないと損する『遺族年金』受給の特例」のように遺族厚生年金を貰う場合は、遺族厚生年金額を大きくアップさせる中高齢寡婦加算(年額584,500円)というものがあります。 この中高齢寡婦加算が貰えるのは、夫死亡時に妻が40歳以上、または、妻が40歳未満だけど18歳年度末の子が居るため遺族基礎年金が支給されていて、子が18歳年度末を迎えて遺族基礎年金が無くなった時に妻が40歳以上になっていれば中高齢寡婦加算が支給され始めます。 ※注意 子が障害等級1、2級以上に該当する場合は20歳到達まで遺族基礎年金が支給される。20歳到達時点で妻が40歳以上なら中高齢寡婦加算の対象。 障害等級は障害手帳の等級ではなく障害年金の等級で考える(20歳まで遺族基礎年金を延長してもらうには18歳年度末になるまでに障害年金専用の診断書を出す必要がある)。 ...more
カテゴリー:

理系学生の研究室選びのコツは? 先輩大学生が教える選び方の軸 - 12月13日(水)10:00 

理系の学生にとって、大学でどの研究室に所属するかは将来的にもとても重要なことです。3年生になったら、そろそろ将来を見据えてどの研究室を目指すかについても考えておきたいですよね。しかし、どのようなポイントで研究室を決めたらよいかわからない人もいるのではないでしょうか? 今回は既に研究室に所属している先輩理系大学生のみなさんに、研究室への配属の時期と研究室の選び方のポイントについて聞いてみました。自分に合った研究室を探すために、確認しておきましょう。 ■何年生のときに研究室に配属されましたか? 1位 3年生の後期(10~3月) 44人(41.9%) 2位 4年生の前期(4~9月) 34人(32.4%) 3位 3年生の前期(4~9月) 16人(15.2%) 4位 4年生の後期(10~3月) 4人(3.8%) 4位 2年生 4人(3.8%) 1位は、研究期間に余裕のある「3年生の後期」でした。続いてちょうど大学最後の1年を研究にあてることになる「4年生の前期」が2位、そして「3年生の前期」が3位と続きます。4位は就活も終えているタイミングの「4年生の後期」とかなり早い「2年生」が並びました。3年生後期から4年生前期というケースが多いですが、学校や学科によりさまざまであることがわかります。 次に、理系の研究室選びで重要だ...more
カテゴリー:

年金のプロが解説、知らないと損する「遺族年金」受給の特例 - 12月08日(金)04:30 

「遺族年金を受け取りたいけど、亡くなった家族が年金を未納にしていたから…」と諦めるのはまだ早いかもしれません。今回の無料メルマガ『年金アドバイザーが教える!楽しく学ぶ公的年金講座』では著者のhirokiさんが、絶対に遺族年金を受け取れなそうな方が、ある条件を満たしていたために受け取り可能になるケースを、事例とともにわかりやすく解説しています。 遺族年金貰えないと思ってたら特例で受給できちゃった話(重要!) 人が亡くなった時の遺族補償は遺族年金が真っ先に思い浮かぶと思いますが、遺族年金は単に死亡したら遺族に必ず支給されるわけではありません。死亡者の今までの年金保険料納付記録とかの条件を満たさないといけません(既に年金保険料納付期間+免除期間+カラ期間≧25年以上あるなら問題無い)。 ※注意 老齢年金のように10年以上ではない。遺族年金に関しては10年には短縮されていない。 ● 諦めるなかれ。年金を25年納めなくても貰える「カラ期間」とは 今回はどこをどう見ても遺族年金貰えないでしょ!? っていうような場合だったのに貰えちゃった! みたいな事例。 1.昭和29年6月5日生まれの夫(今は63歳) ● 何年生まれ→何歳かを瞬時に判断する方法!(参考記事) 昭和37年12月生まれの55歳の妻有り(8年前に今の夫と再婚)。平成13年2月生まれの現在16歳の子有り(前夫との間の子で現夫とは養...more
カテゴリー:

「何年生」の画像

もっと見る

「何年生」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる