「体育会」とは?

関連ニュース

【芸能】華原朋美、全日本馬術大会で41位「貯めてきた貯金はたいて、いい馬買って世界を目指します」 - 10月22日(日)01:30  mnewsplus

21日放送のTBS系「炎の体育会TV」(土曜・後6時55分)で、歌手・華原朋美(43)が9月に北海道で行われた「全日本馬術大会2017」に挑む姿が放送された。 高校時代に国体4位の実績を持つ華原は、昨年10月のジャパンオープンでも優勝。 今年3月の国際大会にも出場した。この夏には馬術最強国・ドイツへの留学も敢行している。 愛馬・キャリーズサンと挑んだ全日本の舞台。 「もう絶対負けたくない。私の人生において今、馬術が一番。馬術をするために歌を歌っている。もう馬術がないと生きていけないんです」と...
»続きを読む
カテゴリー:

華原朋美、ついに歌手引退か…涙の真相とは - 10月20日(金)17:40 

歌手の華原朋美が、10月21日に放送される『炎の体育会TVSP』(TBS系列、毎週土曜19:00~)に出演し、「もう歌手を辞める……」と歌手引退を匂わせる。番組内の人気企画「馬術部」の部長を務める華原は、昨年10月のジャパンオープンで優勝し、今年3月に開催された国際大会に出場。その後も、更なるレベルアップのために練習を続けてきた。今回は、夏のドイツ留学から、9月に行われた全日本大会に出場するまでの様子に密着する。ドイツは数多くの世界王者を輩出する馬術大国で、当然指導のレベルも高い。高校時代に国体4位の成績を収め昨年のジャパンオープンでも優勝しているが、ドイツで最初に指導されたのは「基礎の基礎からやり直すこと」だった。自信を失う暇すら与えてもらえず、朝から夜まで馬術漬けの毎日を送ることに。帰国後も時間を作って馬術の練習に勤しむ華原には、気がかりなことが一つあった。それは、愛馬「キャリーズサン」と呼吸が合わないこと。馬術は“人馬一体”という言葉の通り、騎手と馬の呼吸を合わせることが何よりも大切で、少しでも呼吸が乱れると馬が障害を跳ばないなど自在に操れなくなってしまう。馬は非常に敏感な生き物なので、騎手のちょっとした気の迷いなどを察知するからだ。昨年の国際大会以降、キャリーズサンとの呼吸が微妙に合わず落馬することが続いていた華原。そんな状況を打開できないまま全日本大会当日を迎える。五輪出...more
カテゴリー:

【テレビ】華原朋美「もう歌手を辞める…」21日放送の「炎の体育会TVSP」 - 10月19日(木)20:06  mnewsplus

歌手の華原朋美(43)が、21日放送の「炎の体育会TVSP」(19時~・TBS系)で、「もう歌手を辞める……」と口にしていたことが明らかになった。 華原がその発言をしたのは同番組の企画「馬術部」で、彼女が夏に行ったドイツ留学から9月に行われた全日本大会出場までを追ったドキュメンタリー映像を振り返ったときのこと。 ドイツでは基礎の基礎からのやり直しを指導され、自信を失う暇すら与えられずに朝から夜まで馬術漬けの毎日を送る華原。 さらに帰国後も練習を重ねるも、昨年の国際大会以降から愛馬 「キャリーズサン」と呼吸が合...
»続きを読む
カテゴリー:

合コンで「女性たちをドン引きさせた企業」ランキング 飲み会芸はもはやNG? - 10月17日(火)15:52 

 今年も残すところ2か月あまり。慌ただしく過ぎていく’17年の合コン事情がどうだったのか? あまたの企業と対峙してきた女性たちが本音を包み隠さず格付けする!  女性たちの証言から浮き彫りになった「悪目立ちしてしまった企業」とは果たしてどこなのか。まずは、若い美女に食事をおごることをステータスにする、話題の「港区おじさん」が多い業種から。堂々の1位を獲得したのは、ベンチャー経営者。「恥ずかしいほどにバブリーな遊び方をしがち。下品な感じがにじみ出ている」(32歳・IT)と辛らつな声。また、2位のプルデンシャル生命にも、「カネで時間を買われているのかと思うほど、見下されてる感が否めない」(31歳・保険)とイラ立つ女子も多数。昨今は金払いのよさより品性が重要なのだと心得ておきたい。  一方、サンシャイン池崎ばりのハイテンションで女性を困惑させてしまった企業のワーストに名指されたのが野村證券。「愛社精神があるのは結構だが、ノリに任せた宴会芸や仲間同士の持ちあげ合いはキモい」(32歳・出版)と、本来なら尊ばれるはずのチームプレーが非難の対象に。 「合コン中の伝統芸はいまや男性だけの内輪ウケになりがち。最近の若い世代はその雰囲気が苦手なコが多い」と分析するのは合コンコンサルタント&ライターのマドカ・ジャスミン氏だ。  そして、非難が殺到したのが、隠れ既婚が潜む合コンだ。昨年のゲス不倫ブー...more
カテゴリー:

今日の歴史(10月15日) - 10月15日(日)00:00 

1907年:大韓国民体育会設立 1925年:ソウル駅舎が完工、運輸営業を開始 1949年:日本との通商協定に調印 1963年:第5代大統領選挙で朴正熙(パク・チョンヒ)候補が尹ボ善(ユン・ボソン)候補らを抑え当選 1963年:第1回体育の日 1971年:ソウルに衛戌令発動、大学10校に武装軍人を投入 1979年:北東部を流れる昭陽江に多目的ダム完工 1988年:パラリンピック・ソウル大会が開幕、65カ国・地域の4361人が参加 1993年:青瓦台(大統領府)が日本植民地時代の総督府官邸だっ
カテゴリー:

華原朋美、ついに歌手引退か…涙の真相とは - 10月20日(金)17:43 

歌手の華原朋美が、10月21日に放送される『炎の体育会TVSP』(TBS系列、毎週土曜19:00~)に出演し、「もう歌手を辞める……」と歌手引退を匂わせる。番組内の人気企画「馬術部」の部長を務める華原は、昨年10月のジャパンオープンで優勝し、今年3月に開催された国際大会に出場。その後も、更なるレベルアップのために練習を続けてきた。今回は、夏のドイツ留学から、9月に行われた全日本大会に出場するまでの様子に密着する。ドイツは数多くの世界王者を輩出する馬術大国で、当然指導のレベルも高い。高校時代に国体4位の成績を収め昨年のジャパンオープンでも優勝しているが、ドイツで最初に指導されたのは「基礎の基礎からやり直すこと」だった。自信を失う暇すら与えてもらえず、朝から夜まで馬術漬けの毎日を送ることに。帰国後も時間を作って馬術の練習に勤しむ華原には、気がかりなことが一つあった。それは、愛馬「キャリーズサン」と呼吸が合わないこと。馬術は“人馬一体”という言葉の通り、騎手と馬の呼吸を合わせることが何よりも大切で、少しでも呼吸が乱れると馬が障害を跳ばないなど自在に操れなくなってしまう。馬は非常に敏感な生き物なので、騎手のちょっとした気の迷いなどを察知するからだ。昨年の国際大会以降、キャリーズサンとの呼吸が微妙に合わず落馬することが続いていた華原。そんな状況を打開できないまま全日本大会当日を迎える。五輪出...more
カテゴリー:

華原朋美、ついに歌手引退か…涙の真相とは - 10月20日(金)17:40 

歌手の華原朋美が、10月21日に放送される『炎の体育会TVSP』(TBS系列、毎週土曜19:00~)に出演し、「もう歌手を辞める……」と歌手引退を匂わせる。 番組内の人気企画「馬術部」の部長を務め…
カテゴリー:

華原朋美「歌手を辞める」と衝撃発言も!? 馬術留学&全日本大会に密着 - 10月19日(木)18:21 

TBSで21日に放送されるバラエティ番組『炎の体育会TVSP』(19:00~)で、歌手・華原朋美の奮闘が好評の企画「馬術部」を放送する。
カテゴリー:

竹内涼真はよく怒られ…『仮面ライダー』俳優の新人時代 - 10月15日(日)06:00 

平成の『仮面ライダー』シリーズは、今をときめく人気俳優の“登竜門”でもある。“子どものヒーロー”という枠を飛び越え、ママたちの心もつかんで離さないライダー俳優たち。制作陣たけが知る彼らの“素顔”に、引っ張りだこの秘密が見えた! 多くの“売れっ子俳優”の素質を見抜いてきた『仮面ライダー』プロデューサーの塚田英明さんと大森敬仁さん(ともに東映所属)。それぞれが制作を手がけた作品について、主演俳優たちの“新人時代”を語ってくれた。 「『電王』のオーディションは、主役選びがすごく難航していました。そんなときに現れた佐藤健さんを一目見て、『もう電王がいる!』と誰もが納得したことを覚えています。『健くん、来てくれてありがとう』って(笑)」(大森さん) 佐藤健(28)は、平成の新たな明るいライダー像が人気を博した『仮面ライダー電王』('07年)でドラマ初主演を果たした。そのオーディションを手配していたのが、アシスタントプロデューサー時代の大森さんだった。 「電王の主人公は、一人の人間で人格が4つに分かれるという難しい役ですが、撮影当初から、見事にそれを演じ分けてくれました。彼は芝居が始まるととたんにオーラが鋭くなり、現場に緊張感を生むことができる俳優なんです」(大森さん...more
カテゴリー:

吉岡里帆とは何者か?【てれびのスキマ】 - 10月14日(土)09:00 

■ 今の時代、逆に新鮮味を帯びる“ガツガツ感” いつの時代にも“文化系男子の女神”のような女優が存在する。 たとえば80年代でいえば、角川映画などに数多く出演した原田知世などがそうだろう。その後も、本上まなみや緒川たまきらが続き、近年でいえば、堀北真希や蒼井優、多部未華子らが、文化系男子の心を虜にしてきたが、昨年あたりから、ものすごい勢いでその枠に飛び込んできたのが吉岡里帆だ。 朝ドラ『あさが来た』(‘15~‘16年NHK総合ほか)では、主人公の友人でメガネっ娘の文学少女を演じ、『ゆとりですがなにか』(‘16年日本テレビ系)では、肉食女子を、そして、今年春放送された『カルテット』(TBS系)では、魔性の女を演じ、鮮烈な印象を与えた。さらに『ごめん、愛してる』(TBS系)では健気な正統派ヒロインを演じている。CMにも数多く出演し、中でも日清「どん兵衛」のCMで同じく今をときめく星野源と共演し、キツネ耳を着けキュートに「どんぎつね」役を演じた姿は大きな話題を読んだ。役柄によってまったく印象が変わる“実力派”である。 文化系男子は「実力派」という言葉に弱い。それに加えて知的なイメージがあり、透明感もあるといい。その上で、どこか陰があると完璧だ。まさに吉岡里帆はそれに合致している。だが、これまでの文化系女優と大きく違うのは「ガツガツしている」ということだ。この手の女優が「ガツガツ感」を前面...more
カテゴリー:

もっと見る

「体育会」の画像

もっと見る

「体育会」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT 体育会と文化会...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる