「佐野史郎」とは?

関連ニュース

又吉直樹、10代の頃から見舞われた“金縛り”は解決なるか!? - 04月17日(火)11:39 

芸人で作家の又吉直樹が、「言われてみればどうして?」という暮らしに潜む不思議を見つけ出しひも解く教養バラエティ『又吉直樹のヘウレーカ!』(NHK Eテレ、毎週水曜22:00)。4月18日は、「“金縛り”はなぜ起きるのか?」を放送する。10代の頃からしょっちゅう金縛りに見舞われているという又吉。疲れや寝不足が原因なのか、はたまたお化けなのか。実は、科学の視点で見ると、金縛りが起きている時は、頭の中は目覚め、体は眠っているちぐはぐな状態だそう。今回、どうすれば直るのか、気鋭の研究者・上田泰己氏が解決法を紹介する。さらに、又吉と上田氏の語らいでは、上田氏の“睡眠”研究の核心へ。鍵を握るのは、世界で初めて実現したという「全身透明化マウス」だそうで、それに又吉は言葉を失い……。 関連リンク 佐野史郎、実家は150年続く医者の家…行き倒れた侍と謎の関係も 広瀬すず朝ドラヒロインに抜擢「新しい風を吹かせることができたら」 『オイコノミア』公式サイト
カテゴリー:

「崖っぷちホテル!」岩田剛典の寝顔や笑顔に視聴者KO!?【視聴熱】4/15ドラマ デイリーランキング - 04月16日(月)18:00 

webサイト「ザテレビジョン」では、4月15日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。 【写真を見る】4月15日にスタートした「崖っぷちホテル!」が1位 ■ 1位「崖っぷちホテル!」(毎週日曜夜10:30-11:25、日本テレビ系)14782pt 岩田剛典が連続ドラマ初主演し、戸田恵梨香がヒロインを務める、破産寸前のホテルを舞台にしたシチュエーションコメディーが4月15日にスタートした。 かつて栄華を極めた老舗ホテル「グランデ・インヴルサ」の総支配人・佐那(戸田)は、超くせ者だらけの従業員に振り回され、大借金を抱えたホテル経営に頭を抱えていた。そんな中、ラフな格好で訪れた謎の男・宇海(岩田)がスイートルームに宿泊することに。宇海は、不可解で面倒な注文を連発し…というストーリーが展開。 岩田のかわいらしい寝顔や笑顔にノックアウトされる視聴者が続出したが、実は、岩田演じる宇海が超有名ホテルの副支配人だったことが明らかに。ラストでは、ホテル再建のために一緒に働いてほしいという佐那の申し出を受け入れ、副支配人・時貞(渡辺いっけい)、料理長・江口(中村倫也)ら、個性的なメンバーとどうなっていくのか、今後の展開に大きな期待が寄せられた。 ■ 2位「西郷どん」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)8397pt 4月15日に第14回「慶喜の本気」を放送。アメリカ総領事...more
カテゴリー:

大杉漣さんと1700人が最後の別れ 田口トモロヲ沈痛「恋しい、寂しい」 - 04月14日(土)22:46 

 急性心不全のため2月21日に急逝した俳優の大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が14日、東京都内の青山葬儀所で営まれた。 「ソナチネ」で大杉さんを見いだした北野武(ビートたけし)監督や、テレビ東京のドラマ「バイプレイヤーズ もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら」で共演し、最期をみとった田口トモロヲ、遠藤憲一、光石研、松重豊ら関係者約700人が参列。ファン約1000人も詰めかけ、大杉さんに別れを告げた。  祭壇は、喪主の弘美夫人が「風の吹く中から、大杉が立ち現れてきそう」と思い描いた、大杉さんの師である転形劇場の主宰者・太田省吾氏の葬儀の時と同じ野原をイメージしたもの。愛用のメガネやハット、自身のサッカーチーム「鰯クラブ」のユニフォーム、応援していたヴォルティス徳島の年間パスなどのサッカーグッズが置かれ、長男で写真家の隼平さんが2016年に撮影した笑顔の遺影が参列者を迎えた。  「バイプレイヤーズ」の4人は並んで弔辞に立ち、田口が代表して「いまだに気持ちの整理がつきません。覚めない夢を見続けているようで、壮大に仕組まれたドッキリなんじゃないか。今日あたり、おちゃめに登場してくるんじゃないかと思っています。ただひたすら、漣さんが恋しいです。そして、寂しいです」と遺影に語りかけた。それでも、「俳優の、人生の先輩として同じ時代を歩めた僕らは幸せでした。漣さんが...more
カテゴリー:

鈴木亮平『西郷どん』でのメイクが変化!?「僕の中では第14回から新章」 - 04月14日(土)13:00 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00)。4月15日は、第14話「慶喜の本気」が放送される。原作・林真理子、脚本・中園ミホによる『西郷どん』は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。第14話「慶喜の本気」では、アメリカ総領事ハリスが将軍・家定(又吉直樹)に謁見するが、幕府は対応策がなく混迷を極めていた。江戸に戻った吉之助(鈴木)は、橋本左内(風間俊介)とともに一橋慶喜(松田翔太)将軍擁立運動を進めるが、慶喜は将軍になることを固辞。一方、大奥では篤姫の嫁入りに一橋派の策謀があったことを知った本寿院(泉ピン子)が大激怒。吉之助と左内は八方塞となる。さらに、井伊直弼(佐野史郎)が放った刺客が慶喜に迫っていて……。 公式サイトの「西郷どんの目線」では、鈴木が14話について「僕の中では、第14回から新章だと思っています。慶喜さま将軍擁立のため、再び江戸に戻り、吉之助のひとり立ちが始まった回ですね。殿に頼らず、ひとり前に立って動き出す回なので、よく見ていただくとメイクも変わっています。眉毛とヒゲがやや濃くなって、アイシャドーも少し入って、ちょっと大人になりました」と告白。さらに、「見どころは、なんとあの井伊大老と対...more
カテゴリー:

鈴木亮平『西郷どん』でのメイクが変化!?「僕の中では第14回から新章」 - 04月13日(金)11:52 

鈴木亮平が主演するNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00)。4月15日は、第14話「慶喜の本気」が放送される。原作・林真理子、脚本・中園ミホによる『西郷どん』は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語。第14話「慶喜の本気」では、アメリカ総領事ハリスが将軍・家定(又吉直樹)に謁見するが、幕府は対応策がなく混迷を極めていた。江戸に戻った吉之助(鈴木)は、橋本左内(風間俊介)とともに一橋慶喜(松田翔太)将軍擁立運動を進めるが、慶喜は将軍になることを固辞。一方、大奥では篤姫の嫁入りに一橋派の策謀があったことを知った本寿院(泉ピン子)が大激怒。吉之助と左内は八方塞となる。さらに、井伊直弼(佐野史郎)が放った刺客が慶喜に迫っていて……。 公式サイトの「西郷どんの目線」では、鈴木が14話について「僕の中では、第14回から新章だと思っています。慶喜さま将軍擁立のため、再び江戸に戻り、吉之助のひとり立ちが始まった回ですね。殿に頼らず、ひとり前に立って動き出す回なので、よく見ていただくとメイクも変わっています。眉毛とヒゲがやや濃くなって、アイシャドーも少し入って、ちょっと大人になりました」と告白。さらに、「見どころは、なんとあの井伊大老と対...more
カテゴリー:

『西郷どん』松田翔太が熱演、腹を決めたヒー様に「惚れた」の声 - 04月16日(月)18:30 

 15日、NHK大河ドラマ『西郷どん』第14話が放送された。これまで徳川将軍の座に就くのを拒み、遊郭で遊んでばかりいた“ヒー様”こと一橋慶喜(松田翔太)が、「ならなきゃしょうがねぇだろ!」と腹を決めたラストシーンに大反響。「惚れた」「しびれた」といった声が寄せられている。【写真】チェックのスーツでオシャレに登場した松田翔太 吉之助(鈴木亮平)は主君・斉彬(渡辺謙)の命を受け、橋本左内(風間俊介)と共に慶喜の次期将軍擁立のために動くが、慶喜は「こんな志もないどうしようもない男が、この国を異国から守れると思うか?」と断固拒否する。 そんな中、篤姫(北川景子)の尽力により、家定(ピース・又吉直樹)がついに「余の次は一橋じゃ」と明言。それにより、反対派の彦根藩主・井伊直弼(佐野史郎)の刺客に命を狙われた慶喜は、吉之助と左内を伴い彦根藩邸に乗り込む。直弼は慶喜に「紀州藩主・慶福が将軍になったあかつきには、その紀州を差し上げたい」と提案するが、慶喜は「いつからそんなに偉くなったのだ。つけ上がるな!」と激怒。 さらに「お前の言葉には命がこもってない。今の幕府で、この世の泰平が守られていると、本気で信じているのか? この大バカ者!」と一喝。その上で「…分かった。俺が将軍になろう! ならなきゃしょうがねえだろっ!」と、将軍を継ぐ決意をすると、SNSでは「ヒー様がついに覚醒した!!」「ひえぇぇ!! か...more
カテゴリー:

長澤まさみのブッ飛びかたが凄い!新ドラマ『コンフィデンスマンJP』 - 04月16日(月)15:46 

 相手を信用させて金銭をだまし取る、コンゲーム(コンフィデンス・ゲーム=信用詐欺)を題材にした、古沢良太脚本・長澤まさみ主演ドラマ『コンフィデンスマンJP』(フジテレビ系、月曜夜9時~)。初回の視聴率は9.4%でした。 ◆役になりきる女優・長澤まさみの真骨頂を堪能  登場人物はダー子(長澤)、ボクちゃん(東出昌大)、リチャード(小日向文世)の3人の詐欺師。  第1話は「ゴッドファーザー編」と題し、裏の顔を持つ公益財団会長・赤星栄介(江口洋介)がターゲット。ダー子はLCC(格安航空会社)のCAになりすまし、赤星に接近。用心深く人を信用しない赤星の性格を慎重かつ巧みに突き、まんまと大金を手に入れることに成功します。  ストーリーの面白さもさることながら、印象的だったのは、ダー子を演じる長澤まさみ。見た目はもちろん、喋り方も立ち振る舞いも変えてさまざまな“役”になりきるその姿は、女優である彼女の人生とオーバーラップし、とても興味深いです。トリオを組む東出と小日向とのバランスも絶妙で、3人の関係性がドラマの軸になることは間違いありません。  すでに吉瀬美智子(第2話)、石黒賢(第3話)、佐野史郎(第4話)、かたせ梨乃(第5話)、内村光良(第6話)がゲストとして決まっており、ダー子の変身ぶりとともに、彼らの悪役ぶり&だまされぶりにも期待がかかります。 ◆視聴者を巻き込んだコンゲー...more
カテゴリー:

大杉漣さんと1700人が最後の別れ 田口トモロヲ悲痛「いまだに気持ちの整理つかない」 - 04月14日(土)19:05 

 急性心不全のため2月21日に亡くなった俳優の大杉漣さん(享年66)のお別れの会「さらば!ゴンタクレ」が4月14日、東京・青山葬儀所で営まれた。 ・【フォトギャラリー】大杉漣さんのお別れの会、その他の写真はこちら  北野武(ビートたけし)監督や最期をみとった田口トモロヲ、遠藤憲一、光石研、松重豊ら関係者約700人が参列。ファン約1000人も詰めかけ、大杉さんとの早すぎる別れを惜しんだ。  祭壇は、大杉さんの師である転形劇場の主宰者の太田省吾氏の葬儀の時と同じ野原をイメージしたもので、弘美夫人の「風の吹く中から、大杉が立ち現れてきそう」という思いを具現化。愛用のメガネや自身のサッカーチーム「鰯クラブ」のユニフォーム、応援していたヴォルティス徳島の年間パスなどのサッカーグッズが置かれ、その中央には長男で写真家の隼平さんが2016年に撮影した笑顔のスナップが遺影として飾られた。  弔辞に立った田口らは悲報に際し、テレビ東京のドラマ「バイプレーヤーズ2」のホームページにコメントを載せて以降、一切口を閉ざしてきた。この日は田口が代表し、「いまだに気持ちの整理がつきません。覚めない夢を見続けているようで、壮大に仕組まれたドッキリなんじゃないか。今日あたり、おちゃめに登場してくるんじゃないかと思っています。ただひたすら、漣さんが恋しいです。そして、寂しいです」と沈痛な面持ち。それでも、「...more
カテゴリー:

『西郷どん』第14話、吉之助は慶喜将軍擁立に奔走するも事態は悪化… - 04月14日(土)12:30 

 NHK大河ドラマ『西郷どん』、今週放送の第14話「慶喜の本気」では、江戸に戻った吉之助(鈴木亮平)が一橋慶喜(松田翔太)将軍擁立のために奔走するが、状況は悪くなり次第に追い込まれていく。鈴木は「僕の中では、第14回から新章だと思っています。吉之助のひとり立ちが始まった回」と紹介している。【写真】『西郷どん』第14話フォトギャラリー アメリカ総領事・ハリスが将軍・家定(又吉直樹)に謁見するが、幕府は対応策がなく混迷を極めていた。江戸に戻った吉之助は橋本左内(風間俊介)とともに慶喜将軍擁立運動を進めるが、慶喜は将軍になることを固辞。 大奥では篤姫(北川景子)の嫁入りに、一橋派の策謀があったことを知った本寿院(泉ピン子)は大激怒。吉之助と左内は八方塞がりとなる。さらに井伊直弼(佐野史郎)が放った刺客が慶喜に迫っていた…。 鈴木はこの回の見どころとして「井伊大老と対面するシーン」を挙げる。「カメラを長回しして撮ったので、緊張感がお互いにものすごくて。いざ目の前にした井伊大老は強烈だったけれど、吉之助にも背負っているものがあるから気持ちでは負けられない」と語る。第11話での斉興(鹿賀丈史)との対面と比べ、「その時とはまた違う、吉之助の成長を見ていただけるとうれしいです」とアピールする。 また隠れた見どころとして「殿に頼らず、ひとり前に立って動き出す回なので、よく見ていただくとメイクも変わっ...more
カテゴリー:

佐野史郎、6月スタート新ドラマ『限界団地』に63歳で連ドラ初主演 - 04月11日(水)20:30 

 俳優の佐野史郎が、6月2日にスタートするオトナの土ドラ『限界団地』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)で主演を務めることが発表された。本作で「“最狂”で“最強”のおじいちゃん」を演じる佐野は、63歳で連続ドラマ初主演を果たす。【写真】「佐野史郎」フォトギャラリー 本作は、かつて土曜の夜を恐怖で包んだ『火の粉』『真昼の悪魔』に続くオトナの土ドラ枠のサスペンスシリーズ第3弾。息子夫婦を1年前に火事で亡くした寺内誠司(佐野)は、高齢の父親と孫娘を連れて、かつて自分が幸せな時代を過ごしていた「あやめ町団地」に引っ越してきた。昔の“家族のような温かい”団地へ、“理想の住処”を取り戻すために寺内は奮闘するが、ルールを守らない住人ややる気のない自治会長のせいか、思うようには動かない。 そんな寺内の入居を機に不審な連続孤独死、規則を乱す住人を襲う不幸など、不可解な出来事が次々と起こる。人生の終わりが見えている老人の孫娘へ注ぐ異常な愛情、古き良き団地への執着とは一体何なのか。周囲の住人を巻き込みながら、予測不能な狂気の物語が紡がれていく。 佐野は、初の連ドラ主演にして同枠最年長主演を務めることについて「プレッシャーですよ!!(笑) 責任が違いますよね(笑)」と笑う。「実は最初、主演とは聞いておらず、準備稿をいただいたときに、面白いシナリオだなと惹きつけられました。ところが気がついたら...more
カテゴリー:

もっと見る

「佐野史郎」の画像

もっと見る

「佐野史郎」の動画

Wikipedia

佐野 史郎(さの しろう、1955年3月4日 - )は、日本俳優映画監督島根県松江市出身。趣味はエレキギター。

来歴

医師である父親がインターン勤務で山梨にいた関係で山梨市に生まれる。佐野家は島根県松江市で代々続く医家。

生後間もなく東京都世田谷区に移り、のち練馬区に転居。7歳の時に父親が松江の実家(医院)を継ぐため郷里の島根県松江市に引っ越す。島根大学教育学部附属中学校を経て島根県立松江南高等学校卒業。上京後、美學校の中村宏油彩画工房で絵を学ぶ。

1975年、劇団「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる