「佐野史郎」とは?

関連ニュース

日本ドラマ初主演のカイ(EXO)、ファン爆笑の好きなせりふを告白! - 01月13日(土)22:20 

1月13日(土)よりWOWOWプライムにて放送される「連続ドラマW 春が来た」(毎週土曜夜10:00-11:00)の完成披露試写会と舞台あいさつが行われ、主演のカイ(EXO)をはじめ、倉科カナ、高畑淳子、佐野史郎、河合勇人監督が登壇した。 【写真を見る】第1話のシャワーシーンにて筋肉美を披露しているカイ(EXO)/(c)「連続ドラマW 春が来た」2018年1月13日(土)WOWOWプライムにて放送スタート 毎週土曜夜10時~(全5話)第1話無料放送 本作は、“家族の再生”という普遍的なテーマを描いた脚本家・向田邦子の同名短編小説を、連続ドラマとしてオリジナルストーリーを加筆、再構成し、現代のヒューマンドラマとしてよみがえらせる。 主人公の韓国人カメラマン、イ・ジウォンを演じるカイ(EXO)は、今回日本ドラマ初出演にして初主演。オファーを受けた時のことを、「本当に驚きましたが、とってもうれしかったです」と笑顔で振り返る。 カイが日本語を一生懸命勉強したことで、演出方法が変わった部分もあったようで、河合監督は「日本語を話せないと聞いていたので、内面のモノローグで語っていただこうと思っていたんですけど…やり始めたら日本語を上手に話されるので、全部本当にしゃべってもらいました」と告白。 倉科から、一番印象に残っている好きなせりふを尋ねられると、「借金してました」と答え、会場から大きな笑い声...more
カテゴリー:

白石隼也、おしゃべり佐野史郎を絶妙フォロー - 01月13日(土)14:00 

 井上尚登氏の小説を実写映画化した「ホペイロの憂鬱」が1月13日、東京・角川シネマ新宿で封切られ、主演の白石隼也をはじめ、共演の佐野史郎、郭智博、メガホンをとった加治屋彰人監督が舞台挨拶を行った。  問題だらけの弱小プロサッカーチームの奮闘を、チームの裏方であるホペイロ(用具係)の視点から描く。ホペイロとして選手のスパイク管理を担当する青年・坂上栄作役の白石は、サッカー経験者のため「ホペイロの存在は知っていたのですが、どんな仕事かは知らなくて。ホペイロをやられていた方に取材をさせていただき、初めてホペイロとは何かを知りました」と告白。そのうえで、「自分がサッカーをする時もプレイヤーでしたし、役者もどちらかというとプレイヤー。そういう意味で、裏方の役というのは新鮮でした。皆さんが普段どういう思いで僕らを支えてくれているのかを感じました。役者として良い経験をさせていただきました」と噛み締めた。  一方の佐野は、サッカーチームの監督を演じたが「スポーツとは無縁で。見るのは大好きだけど」と恐縮しきり。「正直言うと、サッカーが好きな俳優さんはたくさんいらっしゃるわけじゃないですか。勝村政信さんとか、大杉漣さんとか」とこぼし、「年末に勝村さんに会って『こういう役をやってね』という話をした。ホペイロについての話を聞かせてもらったりしました」と述懐した。  また加治屋監督は「キャストとの話し...more
カテゴリー:

「前」 ←Fowardの意味もBackの意味も持つ 日本語難しすぎだろ・・・ - 01月10日(水)11:38  news

EXO・カイ:好きな日本語のせりふは「借金してました」  カイ(EXO)さんが9日、東京都内で開かれた主演を務めるWOWOWの連続ドラマ 「連続ドラマW 春が来た」の完成披露試写会&舞台あいさつに登場した。ドラマのオファー後から 日本語を特訓したというカイさんは、劇中やこの日の舞台あいさつで見事な日本語を披露。 同席した倉科カナさんから「好きな日本語のせりふは?」と質問されると、「借金してました」と答え、 倉科さんらキャスト陣から「なんで?」と突っ込まれ、客席からも笑いが起こった。  倉科さんは「カイく...
»続きを読む
カテゴリー:

EXOカイ、歓喜のダンス披露も赤面 倉科カナも胸キュン「かわいい」 - 01月09日(火)20:24 

 韓国出身の男性グループ・EXOのカイ(23)が9日、主演ドラマWOWOW『連続ドラマW 春が来た』(毎週土曜 後10:00 ※13日スタート、全5話)の完成披露試写会に出席した。14日で誕生日を迎えるカイにサプライズでバースデーバルーンがプレゼントされると「すごくうれしいです」と破顔。司会から「今の気持ちをダンスで表現して」と無茶ぶりされると戸惑いつつも、ステージ上で華麗なターンを連続で披露した。 【イベント写真】ターンを披露したカイ  ところが、大歓声に恥ずかしくなったのか途中で後ろに飾られていたバルーンを突然、パンチして赤面。うつむいて、くるりと客席に背を向けて一生懸命に照れ隠しするカイに、共演の倉科カナは「すごく素敵でしたし、照れてる姿もかわいい」と思わず胸キュン。その茶目っ気たっぷりな仕草で会場全体をメロメロにしていた。  カイは日本のドラマ初出演にして初主演。当初は日本語がほとんどしゃべれなかったが、現場での勉強のかいあってか河合勇人監督は「やり始めたら日本語を上手に話される」と賞賛。カイも一番好きな自身の日本語せりふは「借金してました」と明かし「自分に借金があるということを言うこと自体がよかった」と説明。倉科も「そのシーン、一生懸命練習してるのを見ました」と微笑ましげに明かしていた。  同ドラマは向田邦子の短編をもとに、オリジナルストーリーを加筆。現代を舞台に...more
カテゴリー:

白石隼也、“おしゃべり”佐野史郎を絶妙フォロー - 01月13日(土)14:00 

井上尚登氏の小説を実写映画化した「ホペイロの憂鬱」が1月13日、東京・角川シネマ新宿で封切られ、主演の白石隼也をはじめ、共演の佐野史郎、郭智博、メガホンをとった加治屋彰人監督が舞台挨拶を行った。...
カテゴリー:

15歳で集団レイプされた実体験を映画化!『私は絶対許さない』特報解禁 - 01月12日(金)21:38 

15歳の元日に集団レイプに遭い、加害者の男たちへの復讐だけを胸に生きてきたという雪村葉子による衝撃的な手記(ブックマン社刊)を、初監督作品『受験のシンデレラ』でモナコ国際映画祭最優秀作品賞、介護離職を扱った人間ドラマ『「わたし」の人生』で同映画祭人道的映画監督賞などに輝いた精神科医の和田秀樹監督が映画化した『私は絶対許さない』。この映画の特報とポスタービジュアルが解禁となった。 本作は主人公目線ですべてが撮影される完全主観撮影で、よりリアルにレイプシーンなどを描いており、精神科医ならではのトラウマを描いた新感覚社会派エロス作品。脚本を、寺島しのぶがベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した『キャタピラー』(監督:若松孝二)の共同脚本や、『花芯』(監督:安藤尋)、『四十九日のレシピ』(監督:タナダユキ)などの黒沢久子が担当している。 主人公の葉子役を演じているのは2人の女優。整形後を、数々のミスコンを経て注目度NO.1のグラビア女優として活躍が期待されている平塚千瑛(ひらつか・ちあき)が、集団レイプに遭う学生時代を、NHK大河ドラマ『西郷どん』への出演も決まっている西川可奈子がW主演で演じ、体当たり演技を披露している。 また、既に発表されている隆大介、佐野史郎のほか、美保純、友川カズキ、白川和子、吉澤健、三上寛、奥野瑛太、川瀬陽太、南美希子、児島美ゆき、東てる美らが出演。主題歌...more
カテゴリー:

倉科カナ、韓国アイドルグループEXO・カイの照れ笑いに「可愛いですね」 - 01月10日(水)10:00 

1月13日よりWOWOWプライムでスタートする『連続ドラマW 春が来た』(毎週土曜 22:00~ 全5話※第1話は無料放送)の完成披露試写会&舞台あいさつが9日、都内で行われ、カイ(EXO)、倉科カナ、高畑淳子、佐野史郎、河合勇人監督が出席した。
カテゴリー:

「佐野史郎」の画像

もっと見る

「佐野史郎」の動画

Wikipedia

佐野 史郎(さの しろう、1955年3月4日 - )は、日本俳優映画監督島根県松江市出身。趣味はエレキギター。

来歴

医師である父親がインターン勤務で山梨にいた関係で山梨市に生まれる。佐野家は島根県松江市で代々続く医家。

生後間もなく東京都世田谷区に移り、のち練馬区に転居。7歳の時に父親が松江の実家(医院)を継ぐため郷里の島根県松江市に引っ越す。島根大学教育学部附属中学校を経て島根県立松江南高等学校卒業。上京後、美學校の中村宏油彩画工房で絵を学ぶ。

1975年、劇団「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる