「佐藤純」とは?

関連ニュース

福山雅治×ジョン・ウー監督 最強タッグが作り上げた圧巻の優美なアクション - 02月10日(土)13:00 

 「男たちの挽歌」「M:I-2」などで知られる巨匠ジョン・ウーが、オール日本ロケを敢行したアクション大作「マンハント」(公開中)を完成させた。パートナーに選んだのは、日本を代表する歌手・俳優の福山雅治。今作で本格アクションに初挑戦した福山と、「長年の夢」であった日本での映画撮影を実現させたウー監督が、互いの魅力を語りつくした。  映画は、佐藤純彌監督、故高倉健さん主演の「君よ憤怒の河を渉れ」(1976)の原作となった、西村寿行氏の同名小説を再映画化したサスペンスアクション。殺人事件の容疑者に仕立て上げられた国際弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)と、真実こそ正義と信じる刑事・矢村(福山)が、事件の真相究明に奔走するさまを描いた。  「日本に引っ越しましょうかね(笑)。日本語が話せればなあ……」と日本愛を語るウー監督。若き日には、尊敬する俳優である高倉さんの新作映画を毎月のように見ていたという。「高倉さんが亡くなられたことが悲しく、残念でした。高倉さんを記念する映画を撮れたらと思っていたところに、(香港の映画会社)メディア・アジアから『マンハント』を撮らないかというオファーをもらったんです」と企画の成り立ちを述壊する。  この記念すべき作品の主演のひとりとして頭に浮かんだのは、2013年にウー監督が手がけたCMに出演した福山だった。「素晴らしい雰囲気を持っている素敵な方で、ハン...more
カテゴリー:

高倉健の名作をジョン・ウーがリメイクした理由「100%、日本映画としてずっと題材を探していた」 - 02月09日(金)15:00 

1976年に映画化された西村寿行原作、高倉健主演の『君よ憤怒の河を渉れ』は、アジア映画史に輝かしい足跡を残した日本映画の代表作だ。当時、国内のみならず中国でも大ヒットを記録し、社会現象を巻き起こした初の邦画となった。 無実の罪を着せられ逃走する主人公と彼に命を助けられ匿(かくま)う女性、そして主人公を執拗に追う刑事との追跡劇の間に芽生える感情とドラマティックな展開が、国境を超えて多くの人々の心を踊らせたのである。 あれから40年余り経た今日、そんな熱狂を直に体験した、自他ともに「日本映画ファン」として知られるジョン・ウー監督が新たに映画化を果たした『マンハント』が2月9日(金)より公開。 高倉健が演じた主人公、杜丘役に『戦場のレクイエム』で知られる中国の人気俳優チャン・ハンユー、彼を追う刑事役に福山雅治が扮し、“ジョン・ウー流”熱い男たちの友情のドラマが繰り広げられる。 『男たちの挽歌』シリーズで一世風靡し、ハリウッドでも『フェイス/オフ』『ミッション:インポッシブル2』などヒット作を手がけてきたアクション映画の世界的巨匠が挑んだ新たな土壌。中国製作でありながら、ほぼ日本人スタッフによるオール日本ロケを敢行した画期的な新作で、久々に全開のアクションとハードボイルドな魅力を堪能させ...more
カテゴリー:

「佐藤純」の画像

もっと見る

「佐藤純」の動画

Wikipedia

佐藤 純(さとう じゅん、1975年12月9日 - )は、日本の女性モデル。埼玉県春日部市出身。身長170cm。血液型はO型。イデア所属。

来歴・人物
  • 15歳の時に雑誌「Lemon」のモデルとしてキャリアをスタート。その後2001年から2005年まで「with」のモデルとして活躍。with時代の主な同僚に田丸麻紀美香、小林明実、甘糟記子西歩見相馬ゆきえなどがおり、特に西と相馬とは今でも交流が続いている。
  • 自身のブログで2007年7月に入籍したことを報告している。2008年7月19日に第一子(男児)、2011年2月16日に第二子(女児)を出産。夫はヘアー・メイクアーティストの加藤雄介。
  • 趣味はゴルフ、カート、ドライブ。特技はゴルフ。
  • 同じ事務所の菅井悦子と仲が良く、菅井からは“ずんこたん”と呼ばれている。
出演 CM

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる