「佐藤純」とは?

関連ニュース

サプライズ登壇のジョン・ウー監督、初タッグの福山雅治を絶賛!! - 04月26日(水)18:22 

4月26日、映画配給会社ギャガの2017年~2018年ラインナップ発表会に、福山雅治主演の映画『追捕MANHUNT』(原題/18年公開)のメガホンを取るジョン・ウー監督がサプライズ登壇した。 笑顔で「コンニチワ」と日本語で挨拶したウー監督。本作の監督を引き受けた理由について「子供の時から日本映画が大好きでよく見ており、日本映画から様々な影響を受けてきました。特に高倉健さんや三船敏郎さんが自分にとってのアイドル的存在だった」と語った。 本作『追捕MANHUNT』は、1976年に高倉健&原田芳雄の共演で公開された佐藤純彌監督の『君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ』の再映画化。チャン・ハンユーと福山雅治のダブル主演で無実の罪を着せられた国際弁護士(ハンユー)と、彼を追う敏腕刑事(福山)が繰り広げるアクションサスペンスだ。かつて高倉と一緒に仕事をしたいと話していたが、残念ながら叶わなかった監督念願の企画でもある。 福山雅治との仕事については「福山さんは優しくて人間味のある方。彼が出演してくれたなら、さらに良い役柄になると思いました。実際に撮影中、彼の笑顔にスタッフも癒やされていました」と福山の人柄を絶賛。 オール日本ロケで行われたという今回の撮影のうち、大阪でのエピソードを披露。特に大勢のエキストラを集めた撮影では「みなさん文句ひとつ言わず、自分の望み通りに動いて下さって感謝です。現場ではご婦人...more
in English
カテゴリー:

【社会】「パラサイト」世帯の高年齢化、日本社会のリスク要因に ★3 - 04月20日(木)10:26 

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN17L06L [東京 19日 ロイター] - 未婚のまま親と同居を続ける40─50歳代が10年ほど前から急増、その数は現在も高水準にとどまっている。親の年金収入に生活を頼る人の割合が大きくなっており、1990年代に「パラサイト(寄生)シングル」と呼ばれた独身者が職を失ったり、非正規社員になったりして、親の年金に依存している実態が浮かび上がる。親が亡くなった後、彼らの生活をどうするのか。日本社会の新なリスクファクターとの指摘もある。 <まさかこうなるとは この...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【社会】「パラサイト」世帯の高年齢化、日本社会のリスク要因に - 04月20日(木)02:12 

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN17L06L [東京 19日 ロイター] - 未婚のまま親と同居を続ける40─50歳代が10年ほど前から急増、その数は現在も高水準にとどまっている。親の年金収入に生活を頼る人の割合が大きくなっており、1990年代に「パラサイト(寄生)シングル」と呼ばれた独身者が職を失ったり、非正規社員になったりして、親の年金に依存している実態が浮かび上がる。親が亡くなった後、彼らの生活をどうするのか。日本社会の新なリスクファクターとの指摘もある。 <まさかこうなるとは この...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

ジョン・ウー監督、日本映画界のスタッフを絶賛「ハリウッドに負けていない」 - 04月26日(水)16:00 

 配給会社・ギャガの2017~18年ラインナップ発表会が4月26日、都内で行われた。今年の目玉は、福山雅治とチャン・ハンユーがダブル主演したジョン・ウー監督作「追捕 MANHUNT(原題)」。来日中のウー監督が登壇し、日本映画へのリスペクトの念や、故高倉健さんへの思いなどを語った。  同作は西村寿行氏の小説「君よ憤怒の河を渉れ」の再映画化。佐藤純彌監督、高倉さん主演で1976年に製作された際には、中国でも社会現象を巻き起こす大ヒットを記録した。ウー監督は「子どものころから日本映画が大好きで、その影響をかなり受けています」と明かしたうえで、「残念ながらこの世を去ってしまい、とても悲しくつらい思いでした。なんとか彼の作品を映画化したいと思っていたところ、映画会社の方から『追捕を映画化しないか』と言われ、一も二もなく受けさせていただきました」と振り返った。  全編大阪・九州ロケを敢行しているだけに、「健さん以外にも60年代、70年代の日本映画へのリスペクトしておりましたし、いつか日本で撮影したいという夢がありました。今回実現できて、とても嬉しいです」とニッコリ。続けて「日本のスタッフのプロ意識はハリウッドに負けていない。規律を守り、それでいて人間味があるという精神は、尊敬に値します」と絶賛し、「驚いたことに、エキストラの方々も役者に近い演技力を持った方々が大勢来てくれる。さらに95%...more
in English
カテゴリー:

【社会】「パラサイト」世帯の高年齢化、日本社会のリスク要因に ★2 - 04月20日(木)06:53 

http://jp.mobile.reuters.com/article/idJPKBN17L06L [東京 19日 ロイター] - 未婚のまま親と同居を続ける40─50歳代が10年ほど前から急増、その数は現在も高水準にとどまっている。親の年金収入に生活を頼る人の割合が大きくなっており、1990年代に「パラサイト(寄生)シングル」と呼ばれた独身者が職を失ったり、非正規社員になったりして、親の年金に依存している実態が浮かび上がる。親が亡くなった後、彼らの生活をどうするのか。日本社会の新なリスクファクターとの指摘もある。 <まさかこうなるとは この...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「佐藤純」の画像

もっと見る

「佐藤純」の動画

Wikipedia

佐藤 純(さとう じゅん、1975年12月9日 - )は、日本の女性モデル。埼玉県春日部市出身。身長170cm。血液型はO型。イデア所属。

来歴・人物
  • 15歳の時に雑誌「Lemon」のモデルとしてキャリアをスタート。その後2001年から2005年まで「with」のモデルとして活躍。with時代の主な同僚に田丸麻紀美香、小林明実、甘糟記子西歩見相馬ゆきえなどがおり、特に西と相馬とは今でも交流が続いている。
  • 自身のブログで2007年7月に入籍したことを報告している。2008年7月19日に第一子(男児)、2011年2月16日に第二子(女児)を出産。夫はヘアー・メイクアーティストの加藤雄介。
  • 趣味はゴルフ、カート、ドライブ。特技はゴルフ。
  • 同じ事務所の菅井悦子と仲が良く、菅井からは“ずんこたん”と呼ばれている。
出演 CM

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる