「佐藤浩市」とは?

関連ニュース

吉永小百合、阿部寛にお姫様抱っこ!映画「北の桜守」北海道ロケ終了間近 - 06月23日(金)12:00 

 吉永小百合の120本目の出演作となる映画「北の桜守」の会見がこのほど、撮影現場である北海道・稚内市のオープンセットで行われた。冬、春と実施された北海道ロケも、ついにクランクアップ間近。吉永をはじめ共演の阿部寛、岸部一徳、滝田洋二郎監督らが、撮影の日々を語った。  「おくりびと」で米アカデミー賞外国語映画賞を戴冠した名匠・滝田監督がメガホンをとる今作は、北海道を舞台にした「北の零年」(04)、「北のカナリアたち」(12)に続く“北の三部作”の最終章。戦中から戦後にかけて北の大地で懸命に生きた江蓮てつ(吉永)と、アメリカで成功をおさめ帰郷した息子・修二郎(堺雅人)の生涯を描く。  約2カ月半を費やし湿地を埋め立てて制作されたオープンセットでは、映画の冒頭、てつの育てた桜が開花するシーンを撮影。阿部演じる夫・徳次郎が妻・てつをお姫様抱っこし、周囲の目をはばからず見つめ合うという、愛にあふれたひと幕だ。吉永と阿部は「ふしぎな岬の物語」(14)でも共演。阿部は「今日クランクインで初めて現場に来ました。本当に今日は暖かくて、佐藤浩市さんから『寒くてガタガタ震えている』と聞いていて覚悟してきたのですが、とても暖かかったです」と話しながらも、「前回は甥(おい)という役で、影を抱えた複雑な人物の役どころだったのですが、今回は吉永さんの旦那さん役というところで、格上げかなと。僕の役は最初のほうで...more
カテゴリー:

【テレビ】フジテレビ「バイキング」が謝罪…週刊新潮記事を許諾なく使用で - 06月19日(月)13:32 

フジ「バイキング」が謝罪 週刊新潮記事、許諾なく使用で 2017.6.19 19日に放送されたフジテレビ系「バイキング」冒頭で、榎並大二郎アナウンサーが 14日放送の番組内で週刊新潮の記事を許諾なく使ったことを明かし、謝罪した。 榎並アナによると、14日の放送で、佐藤浩市と三國連太郎の親子関係を紹介する時に、 週刊新潮の記事を「許諾なく放送で利用してしまいました」と説明。 「関係者にご迷惑をおかけしたことをおわび申し上げます」と謝罪した。 これを受けMCの坂上忍は「僕、週刊新潮さんで2年以上連載やっ...
»続きを読む
カテゴリー:

山田涼介主演『ナミヤ雑貨店の奇蹟』 小林薫、鈴木梨央、山下リオら出演 - 06月16日(金)11:00 

 人気グループ・Hey! Say! JUMPの山田涼介が主演する映画『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(9月23日公開)の新たなキャストが発表され、小林薫、鈴木梨央、山下リオらが出演していることが15日、わかった。 【場面写真】佐藤浩市の息子・寛一郎も出演  同作は、『余命1ヶ月の花嫁』『PとJK』の廣木隆一監督がメガホンをとり、東野圭吾氏の小説を実写化。どんな悩み相談にも真剣に答えてくれる店主のいる「ナミヤ雑貨店」をめぐる感動的なファンタジー物語。  主人公・敦也を山田が演じ、人々からの悩みにこたえるナミヤ雑貨店の店主・浪矢雄治役で西田敏行が初共演。そのほか、尾野真千子、村上虹郎、佐藤浩市の息子である寛一郎、成海璃子、門脇麦、林遣都、荻原聖人らが脇を固める。  新たに出演が発表された小林が演じるのは、魚屋の跡を継ごうとせずミュージシャンを目指す息子を厳しくも背中を押す松岡健夫役。物語の軸となる、世代を超えて引き継がれている歌を歌う人気シンガー・セリの少女時代を鈴木、母親の死と自分の出自に対して悩み、つらい過去を抱える映子を山下が演じる。  そのほか、施設の運営費を不正に使用している疑いがある、「丸光園」の現園長・刈谷役で手塚とおる、先代から続く「丸光園」の元園長、皆月良和役に頭脳警察のメンバーとしても活動するPANTA、尾野演じる晴美の大叔母で、晴美の世話を見てきた田村秀代役で吉行...more
カテゴリー:

【映画】野村萬斎、豪華共演シーンは「ロイヤルストレートフラッシュみたい」 - 06月04日(日)05:30 

6/3(土) 18:44  狂言師、野村萬斎(51)が3日、東京都内で行われた主演映画「花戦さ」(篠原哲雄監督)の初日舞台あいさつに出席した。  豊臣秀吉(市川猿之助、41)に刀ではなく花で戦いを挑んだ大胆不敵な花僧、池坊専好(野村)の物語。冒頭で専好、秀吉、織田信長(中井貴一、55)、前田利家(佐々木蔵之介、49)、千利休(佐藤浩市、56)の5人による豪華共演シーンがあり、萬斎は「ロイヤルストレートフラッシュみたい」とポーカーの最強の役で表現。中井は「異種格闘技戦」と実力派がそろった共演を振り返った。...
»続きを読む
カテゴリー:

バイキング『週刊新潮』記事無断使用で謝罪 - 06月19日(月)13:39 

 フジテレビ系『バイキング』(月~金 前11:55)が14日の放送で週刊誌『週刊新潮』の記事を無断使用したとして19日、番組冒頭で謝罪した。 【写真】『バイキング』のMCを務める坂上忍  番組では榎並大二郎アナが「先週14日の放送で、俳優・佐藤浩市さんと三國連太郎さんの親子関係を紹介する際に『週刊新潮』のきじを許諾なく使用してしまいました。関係者の皆さまにご迷惑おかけしましたことお詫び申し上げます」と謝罪した。  これにMCの坂上忍は「僕、『週刊新潮』さんで2年以上連載やってるんですよ。よりによってさ、榎並くん、何やってるの」と噛み付いた。さらに「今週僕、原稿料タダでいいんで」と宣言しスタジオを沸かせたが、直後に「ウソ」とオチをつけ周囲からツッコミを受けていた。 【関連記事】 フジテレビ、『ガリガリ君』誤報で謝罪 『ノンストップ!』で実在しない味紹介 (17年06月07日) フジ『ノンストップ!』、広田レオナに謝罪「お詫びして訂正いたします」 (17年01月26日) 『ワイドナ』ツイート誤用を謝罪 松本人志「緊張感をもって」 (17年06月04日) TBS『ビビット』表現や取材手法で謝罪 1・31放送の“ホームレス問題” (17年03月03日) 子役に違法な長時間撮影 WOWOWが謝罪「徹底した対応を取る所存」 (17年03月02日)
カテゴリー:

吉幾三の長女・KUメジャーデビュー 「雪國」英語カバーに父クレーム? - 06月18日(日)13:56 

 演歌歌手・吉幾三(64)の長女、KU(39)が、8月23日にアルバム『Which KU do you like?』を発売し、メジャーデビューすることが18日、わかった。同アルバムには、吉の楽曲「雪國」を英語でアレンジした「YUKIGUNI」も収録され、会見に駆けつけた吉は「全部英語でやられると、今までの『雪國』はなんだろうって…」と納得いかない様子。「売れてしまった場合には、訴訟を起こさせていただく」と、娘相手にも容赦ない姿勢で笑わせた。  吉は「『雪國』は私の作品ですから。売れてきた場合には、私の作品が消えちゃう。もしアメリカとかでヒットしたら、印税だけでは済まない。これは法律的にはちゃんとしなきゃ」と続けたが、「そんな歌も入っているので、皆さんよろしくお願いします」と、しっかりアピールした。  KUは東京・墨田区に生まれ、小学校3年まで過ごした後、当時ヒット曲を連発していた父の「故郷に錦を」との独断で青森・五所川原市に強制転居。幼少期より歌手を憧れていたものの、父に反対されると確信していたため、表向きは父のバックで演奏することが夢ということにして、高校・専門学校はピアノ科に進学。卒業後に歌手志望を告白し、バンド活動を開始させ、オリジナル曲や演歌・歌謡曲のカバーを発表してきた。  会見中にKUが「YUKIGUNI」を披露すると、力強い歌声に聴き入っていた吉は「冗談じゃねぇ...more
カテゴリー:

「黒革の手帖」江口洋介ら豪華キャストに武井「微妙で危うい関係をどう演じるかとても楽しみ」 - 06月13日(火)06:00 

7月20日(木)にスタートする武井咲主演ドラマ「黒革の手帖」(毎週木曜夜9:00-9:54、テレビ朝日系)の共演者が解禁され、江口洋介、仲里依紗、滝藤賢一、和田正人、内藤理沙、高嶋政伸、真矢ミキ、高畑淳子、奥田瑛二、伊東四朗の出演が発表された。 【写真を見る】およそ5年振りに武井と共演する江口洋介/(C)テレビ朝日 同ドラマは、松本清張の不朽の名作「黒革の手帖」を原作に、史上最年少となる23歳の武井を主演に連続ドラマ化。愛と欲望が渦巻く街・銀座を舞台に、地味な派遣行員から銀座のママへと華麗に転身した原口元子(武井)がのし上がっていく姿を描く。 今回解禁された共演者は、江口をはじめに仲、滝藤、和田、内藤、高嶋、真矢、高畑、奥田、伊東。武井と「息もできない夏」(2012年、フジ系)以来の共演となる江口は、政治家を志し、みずからの野望のためになりふり構わずのし上がってきたものの、元子と出会ったことで運命が狂い始めてしまう衆議院議員秘書・安島富夫を演じる。 ほか、元子の元同僚で彼女の誘いで夜の世界へ入り、後に元子のライバルとなる山田波子にはテレビ朝日ドラマには初出演となる仲をキャスティング。 元子と波子が働く東林銀行世田谷北支店の次長・村井亨役には滝藤賢一、夜の世界に足を踏み入れた元子が通う美容室の“オネエ”な店長・牧野役に和田正人、そして料亭の仲居で、のちにホステスになる島崎すみ江役には...more
カテゴリー:

コーヒー飲む瞬間って、ほっとするよな。 - 06月03日(土)18:02 

佐藤浩市、千利休役なのにコーヒーを飲んでいた!暴露される https://www.cinematoday.jp/news/N0091970 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「佐藤浩市」の画像

もっと見る

「佐藤浩市」の動画

Wikipedia

佐藤 浩市(さとう こういち、1960年(昭和35年)12月10日 - )は、日本俳優大学教授(客員)。本名同じ。愛称は佐藤部長東京都新宿区出身。テアトル・ド・ポッシュ所属。身長182cm、体重67kg

父は俳優の三國連太郎

来歴・人物

千代田区立九段中学校、昭和第一高等学校を経て、多摩芸術学園映画学科在籍中の1980年にNHK続・続事件でデビュー。翌年出演した映画青春の門でブルーリボン賞新人賞を受賞。

あ、春顔KTで重厚な演技を披露。これらの作品の映画賞獲得における大きな原動力となっている。演技力の高さから舞台への進出も期待されているが、「自分は映像で際立つ役者である」ことを理由に一貫して映像作品への出演を貫いている。

幼少時代、父が家出し母に育てられたため、父との間に確執があ...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる