「佐藤浩市」とは?

関連ニュース

成田凌がイクメンに!「僕も早めに子供がほしい」 - 03月30日(木)14:17 

サントリー「クラフト ボス」新CM発表会が行われ、CMに出演する堺雅人、成田凌、ピスタチオ・小澤慎一朗が登場した。 【写真を見る】豪快に「クラフト ボス」を飲む成田は、「おいしいです!」とニッコリ 新CMは“新しい風”をテーマにした、「新しい風・いいコンビ」篇、「新しい風・誰もいない」篇、「新しい風・2時間後」篇の3本。堺ら3人の他、杉咲花、ゆりやんレトリィバァ、トミー・リー・ジョーンズが出演する。 アプリ制作会社でマネージメントをする役として出演する堺は撮影を振り返り、「撮影はとても楽しかったです。成田さんとは初共演ですが、撮影の合間にサッカーのお話をしました」とニッコリ。 イクメン社員を演じる成田は、「(同僚役の)杉咲さんとは以前にドラマで共演したことがあります。そこから2年がたちましたが、女性らしくなられていて、最初少し緊張しました。僕も子供が好きなので、早めに子供がほしいです! 数カ月前にめいっ子が生まれて、休みがあるたびに実家に帰っています。この前、めいっ子を抱っこして買い物に行ったんです!」と意外な一面を明かした。 また、「(CM出演の)お話が来た時は、意味が分からなかったです。ドッキリだと思いました。今でも信じられない」と語る小澤は、堺らが働くアプリ制作会社社長に扮(ふん)する。 新CMは4月4日(火)の「クラフトボス ブラック」の発売に合わせ、同日からオンエア。さら...more
in English
カテゴリー:

野村萬斎&森川葵&佐藤浩市「花戦さ」舞台になったいけばな発祥の地に凱旋! - 03月28日(火)12:00 

 花僧・池坊専好が親友の茶人・千利休を自害に追いやった豊臣秀吉に華道で戦いを挑む「花戦さ」の完成奉告(奉納)イベントが3月27日、京都府・紫雲山頂法寺の六角堂で行われ、野村萬斎(池坊専好役)、森川葵(れん役)、佐藤浩市(千利休役)の3人がオクロレウカを献花しヒットを祈願した。 ・「花戦さ」完成奉告イベントの模様はこちら!  六角堂は専好ゆかりの場所で、映画に登場する“いけばな発祥の地”。代々六角堂の住職を務める池坊家は、仏前に花を供えるなかでさまざまな工夫を加え、室町時代の「いけばな」成立に至ったという。書物によれば、初代・池坊専好が1462年に花を挿して耳目を集めたことが記されているという。  歴史ある建物に足を踏み入れた3人。萬斎は「六角堂は、人々に愛されているお堂だと改めて今日感じました。身の引き締まる思いです。池坊555年の歴史の重みを感じながらも、この映画が池坊の発展に寄与できたらという思いで演じました。いけばなは、シンプルな中にも奥深さがあり、私たちの能・狂言の世界にも通じると思います」と胸中を明かす。続く2人も「六角堂を訪れるのは実は2度目です。先日、中に入って色々な花の歴史を興味深く聞かせていただきました。そういったものがすべて映画の中にフィードバックされていると思います」(佐藤)、「この映画が皆さんの元に届くまで、六角堂が映画の大ヒットを見守っていてくれるん...more
in English
カテゴリー:

マイク・ミルズ監督が母親テーマに描く最新作の公開日決定! 注目の予告編も - 03月28日(火)08:00 

今年行われた「第74回ゴールデン・グローブ賞」において、作品賞、主演女優賞(ミュージカル/コメディ部門)にノミネートされ、「第89回アカデミー賞」では、脚本賞(オリジナル)でマイク・ミルズ監督が初ノミネートされた「20センチュリー・ウーマン」の公開日が、6月3日(土)に決定。併せてメインビジュアルと予告編が解禁された。 【写真を見る】マイク・ミルズ監督が“自身の母”をテーマに描く!/(C)2016 MODERN PEOPLE, LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 本映画は、前作「人生はビギナーズ」(2012年日本公開)で、自身のゲイの父親を描き絶賛を受けたマイク・ミルズ監督が、今度は自身の母親をテーマに描いた6年ぶりの待望の新作。 主演のアネット・ベニングが自由奔放なシングルマザーを演じ、「フランシス・ハ」のグレタ・ガーウィグ、「ネオン・デーモン」のエル・ファニングといった各世代を代表する女優も集結した。 監督の分身とも言える少年・ジェイミーを演じた新人の美少年、ルーカス・ジェイド・ズマンのみずみずしい演技も絶賛されている。 今回解禁された予告編では、アメリカのロックバンド、トーキング・ヘッズが1978年にリリースした楽曲「The Big Country」をバックに、アネット・ベニング演じるシングルマザーが思春期の息子の教育を2人の女性に依頼。彼女たちと過ごしたひと...more
in English
カテゴリー:

「Nスタ」新キャスター・ホラン千秋が告白!「井上アナウンサーは激熱」 - 03月27日(月)17:46 

4月3日(月)からリニューアルするTBS夕方のニュース「Nスタ」(毎週月曜~金曜昼3.50-夜7.00、TBS系)の出演陣、井上貴博アナウンサー、ホラン千秋、国山ハセンアナウンサーの3人が、3月26日に同局で行われた番組の会見に登場した。 【写真を見る】渡部建と共に4月からMCを務める佐藤栞里 メインキャスターの井上アナウンサーは、これまで「朝ズバッ!」('13~'14年、TBS系)や「白熱ライブ ビビット」(毎週月曜~金曜朝8.00-9.55、TBS系)などの情報番組で活躍。プレゼン力を生かし、今回報道番組のメインキャスターに挑戦する。 また、井上と共にホランと国山アナウンサーもキャスターとして番組を支える。 会見では、それぞれ番組への思いや共演者の印象などを明かした。 ――「Nスタ」出演が決定した今の心境をお願いします。 井上:今回、このお話をいただけて大変光栄に思っております。TBSの夕方のニュース番組の歴史や重み、そして先輩方が作り上げてきた空気感を大事にしながら肩肘張らず、等身大でぶつかろうと考えております。 プレッシャーとか不安とか、そういうものが大きくなってきているのが正直なところですが、チームとして、ぶつかり合って切磋琢磨(せっさたくま)し合っていいものを作り上げていきたいその一心です。どうぞよろしくお願いいたします。 ホラン:これだけ大きな番組に関わらせていただく...more
in English
カテゴリー:

佐藤浩市、若い頃「華がないと言われた」と苦笑。野村萬斎と親から子へと繋ぐ思い語る - 03月27日(月)15:53 

京都に実在した花の名手・池坊専好を野村萬斎が演じる映画『花戦さ』(6月3日公開)の記者会見が3月27日に京都・池坊会館で行われ、野村萬斎、佐藤浩市、森川葵が出席。萬斎と佐藤が、継承への思いを語った。 【写真を見る】森川葵、着物姿でにっこり!野村萬斎、佐藤浩市と会見に臨んだ 本作は、秀吉の権力が栄華を極めた時代を舞台に、暴君・秀吉に刃ではなく、花をもって戦いを挑んだ男の姿を描く痛快時代劇。今年は「“花を生けた”記録から555周年」と言われており、華道の伝統が受け継がれていることにも思いを馳せることができる。 狂言師として伝統を受け継いでいる身でもある萬斎は「私のような伝統芸能の場合は、基本的な“型”を継承しなければいけない。でも“型”だけ継承しても中身がなければ務まらないもの」と自身の歩む道についてコメント。 「中身のある心も伝えなければいけないし、時代とどう向き合っていくかとうことも伝えていかなければいけないと思っている。私も父が時代と格闘しながら伝統芸を受け継いているという姿を見て、自分なりに考えてきたつもり。子どもにも時代と格闘している姿を受け止めてほしい」と子どもへの思いも明かしていた。 佐藤は、息子の寛一郎も俳優デビューを果たし、三國連太郎から“親子三代”役者となった。萬斎の話を聞いていた佐藤は「うちは伝承芸でも、伝統芸でもないんで」と苦笑いを見せつつ、「でも同じことだとは...more
in English
カテゴリー:

実写映画『ここさけ』追加キャスト&超特報が解禁 母親役は大塚寧々 - 03月30日(木)12:00 

 人気グループ・Sexy Zoneの中島健人主演でアニメーション映画を実写化する『心が叫びたがってるんだ。』(7月22日公開)の追加キャストが30日、解禁された。芳根京子演じるヒロインの母親を大塚寧々、担任教師役で荒川良々が出演する。 【動画】実写映画『心が叫びたがってるんだ。』超特報映像  同作は、2015年に劇場公開され、ヒットを記録した劇場版オリジナルアニメを実写化。舞台は埼玉・秩父の高校。本音を言わない少年・拓実(中島)が、しゃべると腹痛を起こしてしまう少女・順(芳根)とともに「地域ふれあい交流会」の実行委員に任命され、クラスメイトたちと一緒にミュージカルの公演を目指す青春群像劇。  『近キョリ恋愛』『君に届け』などを手がけた熊澤尚人監督がメガホンをとり、中島、芳根のほか、E-girlsの石井杏奈、佐藤浩市の息子・寛一郎の出演が発表されていた。  順の母親・泉は、順の子ども時代にうっかり話してしまった“ある事”がきっかけで家族がバラバラになってしまい、それ以来しゃべることができなくなってしまった順をもどかしく思い、心の底では心配しながらも、ついつらく当たってしまうという役どころ。  同作への参加を喜ぶ大塚は「この作品のテーマの“伝えることの大切さ”は、現代を生きる私たちすべてに通じるものだと思います」と話し、「私が演じる泉も、芳根京子さん演じる、娘・順へ愛情をきち...more
in English
カテゴリー:

野村萬斎&森川葵&佐藤浩市「花戦さ」舞台になった“いけばな発祥の地”に凱旋! - 03月28日(火)12:00 

花僧・池坊専好が親友の茶人・千利休を自害に追いやった豊臣秀吉に華道で戦いを挑む「花戦さ」の完成奉告(奉納)イベントが3月27日、京都府・紫雲山頂法寺の六角堂で行われ、野村萬斎(池坊専好役)、森川...
in English
カテゴリー:

佐藤浩市「トラウマあるので…勘弁」会見質問拒否? - 03月28日(火)07:55 

 初代池坊専好が豊臣秀吉に“花”で戦を仕掛ける姿を描いた映画「花戦さ」(6月3日)のイベントが27日、いけばな発祥の地、京都・六角堂で行われた。  主人公の専好を演じた野村萬斎(50)千利休役・佐藤浩市(56)天才絵師れん役・森川葵(2…
in English
カテゴリー:

ジミー大西、ジミー役の中尾明慶を「1000%」と絶賛! - 03月27日(月)16:00 

「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の開幕を4月20日(木)に控え、3月21日(火)、吉本興業東京本部にて概要発表会見が行われた。 明石家さんま企画・プロデュース「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」でジミー大西役の中尾明慶(写真中央)、明石家さんま役の小出恵介(同右)。そっくり度はジミー大西(同左)本人も太鼓判!? ゆりやんレトリィバァらによる迫力のダンスパフォーマンスで幕を開けた本会見。 開催期間中の沖縄各地は、映画、音楽、お笑い、ファッション、アート、スポーツなど総合エンターテイメントの祭典となり、今回の会見にも、お笑い芸人、俳優、モデル、アスリートら多彩なジャンルの顔が集結した。 特別上映作品にして、Netflixで今夏配信予定となっている明石家さんま企画・プロデュースのオリジナルドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」からは、ジミー大西役の中尾明慶、明石家さんま役の小出恵介が登場。 中尾は、「お前が(ジミー役を)やれ」とさんまから直々に言われたことを明かし、「喜んで出させていただきました」とコメントしながらも、「(資料映像を)見れば見るほど、ジミーさんがどういう人なのか、役としてつかむ難しさがありました」と役作りの難しさを振り返った。 その後、いち早くドラマの出来上がりを見たというさんまからは、「やってくれてよかった」とのメールが届いたそうで、「ホッと...more
in English
カテゴリー:

佐藤浩市、若い頃「華がないと言われた」と苦笑。野村萬斎と“親から子”へと繋ぐ思い語る - 03月27日(月)15:53 

京都に実在した花の名手・池坊専好を野村萬斎が演じる映画『花戦さ』(6月3日公開)の記者会見が3月27日に京都・池坊会館で行われ、野村萬斎、佐藤浩市、森川葵が出席。萬斎と佐藤が、継承への思いを語った。本作は、秀吉の権力が栄華を極めた時代を舞台...続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「佐藤浩市」の画像

もっと見る

「佐藤浩市」の動画

Wikipedia

佐藤 浩市(さとう こういち、1960年(昭和35年)12月10日 - )は、日本俳優大学教授(客員)。本名同じ。愛称は佐藤部長東京都新宿区出身。テアトル・ド・ポッシュ所属。身長182cm、体重67kg

父は俳優の三國連太郎

来歴・人物

千代田区立九段中学校、昭和第一高等学校を経て、多摩芸術学園映画学科在籍中の1980年にNHK続・続事件でデビュー。翌年出演した映画青春の門でブルーリボン賞新人賞を受賞。

あ、春顔KTで重厚な演技を披露。これらの作品の映画賞獲得における大きな原動力となっている。演技力の高さから舞台への進出も期待されているが、「自分は映像で際立つ役者である」ことを理由に一貫して映像作品への出演を貫いている。

幼少時代、父が家出し母に育てられたため、父との間に確執があ...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる