「佐藤天彦名人」とは?

関連ニュース

【将棋】店側の勘違いで藤井は冷やしが温うどんに…藤井聡太四段、ハプニングにも動じず 名人戦順位戦 - 01月19日(金)13:00  mnewsplus

1/19(金) 12:58配信  最年少プロ棋士、藤井聡太四段(15)が19日、大阪市内の関西将棋会館で午前10時から行われた名人戦順位戦C級2組の8回戦で、矢倉規広七段(43)と対戦した。  同クラスは現在所属する50人がそれぞれ、昨年6月から今年3月にかけて毎月1回(計10回)対局中。成績上位3人だけが来期にC級1組へ昇級できる狭き門突破を目指し、競い合っている。藤井は昨年12月の7回戦まで7勝無敗と、今泉健司四段(44)と並んで首位を快走。同組に上がれば自動的に五段昇段も決まる。  6勝1敗で追っ...
»続きを読む
カテゴリー:

【将棋】羽生竜王 藤井四段と初ツーショット、2月に初公式戦対戦「こんなに早く実現するとは」 - 01月16日(火)18:16  mnewsplus

 将棋の羽生善治竜王(47)が16日、都内で行われた第30期竜王就位式に出席。竜王戦ランキング戦6組優勝者として出席した中学生棋士、 藤井聡太四段(15)と、式の前に会見に臨んだ。羽生と藤井が公の場でツーショット姿を見せるのは初めて。  羽生は昨年12月に当時の渡辺明竜王(33)との竜王戦7番勝負を4勝1敗で制し、竜王在位を通算7期として永世竜王の資格を獲得。規定のある 全7タイトルの永世資格を史上初めて獲得した。その快挙を称えられ、将棋界では初めてとなる国民栄誉賞の受賞が今月5日に決定。はか...
»続きを読む
カテゴリー:

今年も快進撃なるか?藤井四段、名人に勝利 1/15 20:01更新 - 01月15日(月)20:01 

中学生プロ棋士の藤井聡太四段が、14日に行われた「朝日杯将棋オープン戦」で佐藤天彦名人と対局し見事、勝ち星を挙げた。
カテゴリー:

「名人を超す」…区切り迎えた感想は? 藤井四段に聞く - 01月14日(日)21:56 

 第11回朝日杯将棋オープン戦の本戦2回戦で、中学生棋士の藤井聡太四段(15)が佐藤天彦名人(29)を破り、4強入りを果たした。終局後、両対局者が報道機関のインタビューに臨んだ。一問一答は次の通り。―…
カテゴリー:

藤井四段、タイトル保持者に公式戦初勝利 1/14 19:15更新 - 01月14日(日)19:15 

中学生のプロ棋士・藤井聡太四段が「朝日杯将棋オープン戦」で佐藤天彦名人を破り、準決勝に進んだ。公式戦でタイトル保持者に勝利するのは初めて。
カテゴリー:

将棋A級順位戦、豊島八段が6勝目一番乗り - 01月19日(金)00:44 

 佐藤天彦名人への挑戦権を争う第76期将棋名人戦・A級順位戦(朝日新聞社、毎日新聞社主催)の9回戦、豊島将之八段―屋敷伸之九段戦が18日、大阪市福島区の関西将棋会館で指され、先手番の豊島八段が113手…
カテゴリー:

【将棋】藤井四段と羽生善治「超天才」を育んだ共通項 - 01月16日(火)11:15  mnewsplus

1/16(火) 11:00配信 東洋経済オンライン 藤井四段と羽生善治「超天才」を育んだ共通項 羽生善治九段と、藤井聡太四段の共通点とは? ■社会現象となった藤井聡太四段  弱冠15歳、中学生のプロ棋士である藤井聡太四段が1月14日、「朝日杯将棋オープン戦」の本戦トーナメントで佐藤天彦名人(29歳)と初対局し、勝利を収めた。公式戦でタイトル保持者に初めて勝ち、2月には羽生善治二冠との対局を予定している。  デビュー戦から29連勝、30年ぶりの最多連勝記録更新という藤井四段の活躍は将棋界の枠を超えて全国的に注目され、テ...
»続きを読む
カテゴリー:

藤井四段、佐藤名人に勝利 次の相手は羽生2冠 - 01月15日(月)17:17 

将棋の藤井聡太四段(15)は2018年1月14日、佐藤天彦名人(29)に第11回朝日杯将棋オープン戦で対局し、121手で勝利、ベスト4に進んだ。中学生でプロ入りした藤井四段が、公式戦で初めてタイトル保持者に勝つ快挙となった。 2月17日の準決勝では、羽生善治2冠(47)=棋聖(きせい)、竜王(りゅうおう)=と公式戦で初対戦となる。
カテゴリー:

藤井四段:佐藤名人破り、羽生竜王と対戦へ 朝日杯準決勝 - 01月14日(日)21:37 

 第11回朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメント準々決勝が14日、名古屋市東区で指され、公式戦29連勝の最多連勝記録を昨年達成した最年少棋士の藤井聡太四段(15)が佐藤天彦名人(29)に121手で勝って準決勝に進んだ。公式戦でタイトル保持者と対局するのは初めてだったが、将棋界最高峰の名人を破る快挙を成し遂げた。準決勝は国民栄誉賞の受賞が決まった羽生善治竜王(47)と公式戦で初めて対局する。史上最年少の棋戦優勝がかかる準決勝と決勝は2月17日、東京都内で指される。【山村英樹】
カテゴリー:

【将棋】藤井聡太四段、佐藤天彦名人に勝利! 次戦は羽生善治竜王と公式戦初対決★2 - 01月14日(日)19:02  mnewsplus

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180114-00010008-abema-soci 将棋の中学生棋士・藤井聡太四段(15)が1月14日、朝日杯将棋オープン戦の本戦トーナメントに出場し、1回戦で澤田真吾六段(25)、2回戦で佐藤天彦名人(29)に勝利し、ベスト4進出を決めた。 藤井四段が現役のタイトル保持者と公式戦で対局するのは今回が初めてだった。 同大会では別ブロックで羽生善治竜王(47)が勝ち抜いており、準決勝で公式戦初対決となることも決まった。 新春早々、またも藤井四段が快挙達成だ。 1回戦、難敵・澤田六段に54手の短い手...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「佐藤天彦名人」の画像

もっと見る

「佐藤天彦名人」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる