「佐藤健」とは?

関連ニュース

鈴木亮平主演『西郷どん』西郷家、子宝に恵まれるもお金がピンチ - 01月21日(日)05:00 

鈴木亮平・主演のNHK大河ドラマ『西郷どん』(NHK総合、毎週日曜20:00)。1月21日放送の第3話は、「子どもは国の宝」を放送する。原作・林真理子、脚本・中園ミホでおくる『西郷どん』は、極貧の下級武士にすぎなかった素朴な男・西郷隆盛(鈴木)が、南国奄美で愛に目覚め、勝海舟、坂本龍馬ら盟友と出会い、揺るぎなき「革命家」へと覚醒し、やがて明治維新を成し遂げていく物語を描く。第3回「子どもは国の宝」では、大家族の西郷家に四男が生まれ暮らしはますます苦しくなり、吉之助(鈴木)は父・吉兵衛(風間杜夫)と商家から大借金をする。そんなとき、武士の身分にありながら、貧しさのため土地を捨て一家で夜逃げする少年に出会う。吉之助は斉彬(渡辺謙)に意見書を書き、人々の窮状を訴えることに。その思いに突き動かされた斉彬は意を決し、父・斉輿(鹿賀丈史)を隠居に追い込もうとするが、斉輿と由羅(小柳ルミ子)は大逆襲に転じ……。 公式ホームページの「西郷どんの目線」では、鈴木が「薩摩のお百姓だけじゃなく、武士も大変です。西郷家、とにかくお金がない! そんな状況で描かれる、父・吉兵衛との関係を楽しんでほしいですね。思いっきり親子ゲンカしたとか思えば、仲よく一緒になぜかお金をかじってみたり(笑)。そして、剣豪の少年・半次郎が登場します。この少年がやがて明治政府の要人になる!? そしてラストには、ある衝撃の事実が……!...more
カテゴリー:

岡田将生、「僕にはストッパーがたくさんある(笑)」超モンスター級 - 01月19日(金)17:05 

1月12日(金)より公開中の映画『伊藤くんA to E』は、モンスター級の【痛男】こと伊藤誠二郎(岡田将生)と崖っぷちアラサー【毒女】の矢崎莉桜(木村文乃)を中心に巻き起こる震撼恋愛ミステリー。 本作で、自意識過剰・無神経・童貞・28歳フリーターでありながら、女性たちを翻弄する"伊藤くん"を演じているのが俳優の岡田将生。前代未聞の【痛男】を怪演した岡田に、廣木隆一監督との7年ぶりの共演について、そして伊藤というキャラクターへの思いを聞いてきた。 【さらに写真を見る】岡田将生インタビュー撮りおろしカット ■10代のころには気づかなかった、恋愛作品の本当の魅力 ーー本作で岡田さんは、廣木隆一監督と7年ぶりの共演となりますが、本作の主演が決まったときの気持ちからお聞かせください。 岡田:廣木監督とは7年前に『雷桜』でご一緒させてもらっていて、あの苦しい現場に入るのか…という、恐怖と楽しみが入り混じった気持ちがありました。でも、(7年経って経験を積み)昔とは違う表現ができると思いましたし、伊藤はどんなふうに演じようかと楽しみながら演じられるキャラクターだと思いました。 ーー恐怖と楽しみが入り混じった気持ちということは、緊張などもあったのでしょうか? 岡田:すごく緊張しました。プライベートではちょこちょこお会いしたり、前回の...more
カテゴリー:

佐藤健、次期朝ドラヒロインの永野芽郁を「大スターになる」と太鼓判 - 01月19日(金)17:00 

4月2日(月)からスタートする、2018年度前期の連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合、毎週月~土曜日8:00)。18日、渋谷の同局にて取材会が行われ、ヒロイン・楡野鈴愛役の永野芽郁と、ヒロイ…
カテゴリー:

【銀座 蔦屋書店】フォトグラファー・佐藤健寿『The Island 軍艦島』刊行記念フェア開催 - 01月19日(金)16:11 

[カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/9848/57/resize/d9848-57-543044-0.jpg ] 詳細はこちら https://store.tsite.jp/ginza/event/art/1508-1248510108.html この度、銀座 蔦屋書店(東京都中央区)ではフォトグラフ...
カテゴリー:

佐藤健、次期朝ドラヒロインの永野芽郁を「大スターになる」と太鼓判 - 01月19日(金)11:50 

4月2日(月)からスタートする、2018年度前期の連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合、毎週月~土曜日8:00)。18日、渋谷の同局にて取材会が行われ、ヒロイン・楡野鈴愛役の永野芽郁と、ヒロインの幼なじみ・萩尾律役の佐藤健が出席した。北川悦吏子が脚本を担当する本作は、大阪万博の翌年、1971年に岐阜県東濃地方のとある町で生まれた、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまでを描く。岐阜県東濃地方ロケに続き、スタジオでの収録が順調に進んでいるとのことだが、永野は「撮影開始から2か月がたって、ようやく岐阜ことばに慣れてきて、いまでは日常会話が岐阜ことばになったりして、みんなと岐阜ことばで会話するのがとても楽しくて、だんだん鈴愛という役に慣れてきたなと感じるようになりました」とニッコリ。現場は和気あいあいと収録が進んでいるらしく、共演するに佐藤については、「佐藤さんが居ると安心できるので、現場に居るといい意味で私は何も考えずにいられます」と明かし、「律と鈴愛の関係性がもうできているのかなって自分では思っています」と手応えを感じている様子。一方、佐藤は「とても台本がおもしろくて、台本をいただいて読むたびに、次の台本を楽しみに待っている状態です。この連続テレビ小説もいろんな方に愛されて、永野さんは...more
カテゴリー:

タモリ、普段の散歩コースでもある超高級住宅街田園調布へ『ブラタモリ』 - 01月20日(土)05:00 

街歩きの達人・タモリが、“ブラブラ”歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫る『ブラタモリ』(NHK総合、毎週土曜19:30)。1月20日の放送は、タモリが東京・田園調布を訪れる。政財界の大物や各界の大御所・スターが住み、「田園調布に家が建つ!」のフレーズで全国にその名を知られた高級住宅街でもある田園調布。しかしこのあたりは、明治時代まであまり人が住んでいなかった場所らしく、実は今からちょうど100年前に「田園都市株式会社」が一から開発をはじめた「元祖・新興住宅地」らしい。それがどうして日本を代表する超高級住宅街になったのか――。「田園調布は散歩のコース」というタモリが、いつものようにブラブラ歩きながらその謎を解き明かしていく。田園調布のシンボルといえば、駅の西側に広がる半円形の町割り。放射状に広がるタテの道と、同心円を描くヨコの道がつくる、あまり類のない町並みだが、住宅地という観点ではあまりメリットを感じられない。だが、このカーブこそが、100年前にこの町をつくった人たちの夢が込められているらしく、まわりに田んぼが無いのに「田園」調布と名づけられた秘密が明らかになる。続いてタモリは、開発がはじまった当時の面影を残す家を訪問。昔のままの間取りから、田園調布の意外な真実が導き出される。さらに、町の価値を高めるための、究極のアイデアが分かるという場所へ。そこには、水族館や元祖・絶...more
カテゴリー:

佐藤健、次期朝ドラヒロインの永野芽郁を「大スターになる」と太鼓判 - 01月19日(金)17:00 

4月2日(月)からスタートする、2018年度前期の連続テレビ小説『半分、青い。』(NHK総合、毎週月~土曜日8:00)。18日、渋谷の同局にて取材会が行われ、ヒロイン・楡野鈴愛役の永野芽郁と、ヒロインの幼なじみ・萩尾律役の佐藤健が出席した。北川悦吏子が脚本を担当する本作は、大阪万博の翌年、1971年に岐阜県東濃地方のとある町で生まれた、ちょっとうかつだけれど失敗を恐れないヒロインが、高度成長期の終わりから現代までを七転び八起きで駆け抜け、やがて一大発明をなしとげるまでを描く。岐阜県東濃地方ロケに続き、スタジオでの収録が順調に進んでいるとのことだが、永野は「撮影開始から2か月がたって、ようやく岐阜ことばに慣れてきて、いまでは日常会話が岐阜ことばになったりして、みんなと岐阜ことばで会話するのがとても楽しくて、だんだん鈴愛という役に慣れてきたなと感じるようになりました」とニッコリ。現場は和気あいあいと収録が進んでいるらしく、共演するに佐藤については、「佐藤さんが居ると安心できるので、現場に居るといい意味で私は何も考えずにいられます」と明かし、「律と鈴愛の関係性がもうできているのかなって自分では思っています」と手応えを感じている様子。一方、佐藤は「とても台本がおもしろくて、台本をいただいて読むたびに、次の台本を楽しみに待っている状態です。この連続テレビ小説もいろんな方に愛されて、永野さんは...more
カテゴリー:

5年同棲した恋人は実在しない人物だった… 長澤まさみ×高橋一生『嘘を愛する女』インタビュー - 01月19日(金)16:58 

「ゆうちょ銀行」など数々の人気CMを手がけた中江和仁が20年の構想を経て脚本と監督を務めた『嘘を愛する女』は、恋人の大きな嘘に翻弄されるキャリアウーマンの葛藤と真実の愛を描いたラブストーリー。 本作で、恋人役を演じるのが『世界の中心で、愛をさけぶ』以来、映像作品では14年ぶりの共演となった長澤まさみと高橋一生。ともに日本の映画界に欠かせない存在となった2人が撮影現場での思い出から、作品を通じて感じたこと、そして久しぶりの共演についてたっぷりと語ってくれた。 【さらに写真を見る】長澤まさみ&高橋一生インタビュー撮りおろしカット ■由加利の愛は、初めは打算的?長澤まさみが分析 ーー長澤さんが演じた由加利は、かなり気の強い女性でしたね。演じていて難しかった点はありますか? 長澤:監督からは、とにかく嫌な女を演じてくれという注文があったので、それを常に意識するっていうのが難しかったです。嫌な女っていうのは、一体どういうものなのかなっていう。(由加利は)自分本位な人なので、仕事に対しても何に対しても前のめりで、自分を曲げないというところが強さでもあるんですけれど、そういうところが嫌な印象になってくるのかなと…。 ーーご自身に似ているところはありましたか? 長澤:いや、私はあんなに(はっきり自己主張を)言えないです...more
カテゴリー:

佐藤健、破壊力満点の永野芽郁にぞっこん!?「大スターになる」 - 01月19日(金)15:02 

4月2日(月)スタートの連続テレビ小説「半分、青い。」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)の取材会が行われ、ヒロイン・鈴愛(すずめ)を演じる永野芽郁と、律(りつ)を演じる佐藤健が出席した。 【写真を見る】「肩に手を置いて!」とオーダーされた永野芽郁&佐藤健、2人そろって悟り顔に…!?/撮影=龍田浩之 鈴愛は、片耳の失聴や漫画家になるという夢の挫折、離婚など、幾多の困難にもめげずに七転び八起きの人生を駆け抜ける女の子。一方、鈴愛と同じ日に同じ病院で生まれた幼なじみの律は、そんな鈴愛のことを気に掛け、心のどこかで「鈴愛を守れるのは自分しかいない」と思っている──という役どころだ。 昨年8月の出演者発表会見では、「佐藤さん」と呼んでいた永野。だが、今回は「現場に“健さん”がいれば安心できて、私は何も考えずにいられます!」と話すなど、信頼しきっている様子だった。 対する佐藤は、「きっと永野さんは、大スターになるんじゃないかな」とサラリと言い放ち、理由を訊かれると食い気味に、「北川(悦吏子)さんの台本を読んだ時点で、鈴愛を大好きになりました。そんな鈴愛を永野さんが飄々(ひょうひょう)と演じているのを見て、びっくりして。シンクロ率100%なんです! 堂々としているし、大物なんだろうな」。 その熱弁ぶりに、自身でも笑ってしまっていた。 実年齢では10歳差の2人だが、すっかり打...more
カテゴリー:

タモリ、普段の散歩コースでもある“超高級住宅街”田園調布へ『ブラタモリ』 - 01月19日(金)11:48 

街歩きの達人・タモリが、“ブラブラ”歩きながら知られざる街の歴史や人々の暮らしに迫る『ブラタモリ』(NHK総合、毎週土曜19:30)。1月20日の放送は、タモリが東京・田園調布を訪れる。政財界の大物や各界の大御所・スターが住み、「田園調布に家が建つ!」のフレーズで全国にその名を知られた高級住宅街でもある田園調布。しかしこのあたりは、明治時代まであまり人が住んでいなかった場所らしく、実は今からちょうど100年前に「田園都市株式会社」が一から開発をはじめた「元祖・新興住宅地」らしい。それがどうして日本を代表する超高級住宅街になったのか――。「田園調布は散歩のコース」というタモリが、いつものようにブラブラ歩きながらその謎を解き明かしていく。田園調布のシンボルといえば、駅の西側に広がる半円形の町割り。放射状に広がるタテの道と、同心円を描くヨコの道がつくる、あまり類のない町並みだが、住宅地という観点ではあまりメリットを感じられない。だが、このカーブこそが、100年前にこの町をつくった人たちの夢が込められているらしく、まわりに田んぼが無いのに「田園」調布と名づけられた秘密が明らかになる。続いてタモリは、開発がはじまった当時の面影を残す家を訪問。昔のままの間取りから、田園調布の意外な真実が導き出される。さらに、町の価値を高めるための、究極のアイデアが分かるという場所へ。そこには、水族館や元祖・絶...more
カテゴリー:

もっと見る

「佐藤健」の画像

もっと見る

「佐藤健」の動画

Wikipedia

佐藤 健

; さとう けん

; さとう たける

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる