「佐藤健」とは?

関連ニュース

賀来賢人、榮倉奈々とのラブラブ結婚生活明かす「夫婦で台詞読み合わせ」 - 10月22日(日)10:10 

 俳優・賀来賢人が、22日に放送された『ボクらの時代』(フジテレビ系/毎週日曜7時)に出演。去年8月に結婚した榮倉奈々との結婚生活を明かした。【関連】賀来賢人が変顔を披露!『斉木楠雄のΨ難』初日舞台挨拶公開 フォトギャラリー この日は、21日に公開された映画『斉木楠雄のΨ難』の福田雄一監督、共演の俳優・田辺誠一と3人でトーク。女優・大塚寧々と結婚している田辺から、役者同士の結婚のメリットについて「同業者だと分かり合えるから、仕事内容が。ここはタッチしないほうがいいやとか」と、仕事をリスペクトしつつも、お互いの作品に干渉しあわない点を挙げると、賀来もうなずきながら「あ、でも僕、台詞は(夫婦)合わせます」と告白。 さらに、榮倉と福田の手掛けた脚本も読み合わせをした時に、「(妻が)その度に結構面白いトーンで言ってくるんです」と明かし、「おっ、そういうパターンもあるのね」と感心することもあると語った。 今はそれぞれの作品に干渉しあう関係ではないという賀来だが、「これからどうなるかわからない」とし、「あの間(ま)が、長い!」など、ダメ出しされるようになったらどうしようと笑い、今年6月に第一子誕生したが、「新キャラが増えて面白い」と育児の楽しさを語った。 また、福田は、同業者の三谷幸喜、宮藤官九郎の存在を「ニッポンのコメディを牽引している2人」とし、上品な笑いの三谷、ストリート系のカッコいい笑...more
カテゴリー:

【芸能】吉岡里帆の“グラドル見下し発言”の裏にある払拭できないコンプレックス - 10月20日(金)19:30  mnewsplus

今やすっかり売れっ子になった女優の吉岡里帆(24)。 売れる前はグラビアの仕事もこなしていたが、先ごろ“グラドル見下し発言”をめぐりネット上でバッシングを浴びてしまった。 吉岡が問題発言をしたのは、女性向けのサイト「She is」に今月6日に掲載された対談企画。 もともと女優志望だったことを公言している吉岡だけに、「私は水着姿なんて絶対出したくなかった」とキッパリ。 自分のグラビアについて「全国区の、ワンコインで買える週刊誌で披露して、1週間後には廃棄処分されて」とかなり辛口。 さらに、グラドルたち仕事を...
»続きを読む
カテゴリー:

新垣結衣×瑛太インタビュー 待望の初共演に「ガッキーを質問攻めにしました」 - 10月19日(木)12:09 

ドラマ『リーガル・ハイ』シリーズ、『デート〜恋とはどんなものかしら〜』(2015年)、映画『エイプリルフールズ』(2015年)などの古沢良太が脚本を手掛けた映画『ミックス。』は、失恋して無職となった元天才卓球少女・富田多満子(新垣結衣)が、偶然出会った落ちぶれた元プロボクサー・萩原久(瑛太)と卓球の男女混合(ミックス)ダブルスを組み、人生に小さな"奇跡"を起こす新感覚・ロマンティックコメディ。 本作でW主演を務めたのが、意外にも初共演だという新垣結衣と瑛太。絶妙な空気感で、息ぴったりのやりとりを繰り広げる二人に、お互いの印象や映画の魅力、撮影現場でのエピソードなどを語ってもらった。 【さらに写真を見る】新垣結衣×瑛太インタビュー撮りおろしカット ■「ハギは全てを受け止めてくれる優しい人」(新垣) ーー失恋して無職の元天才卓球少女の多満子と、落ちぶれた元プロボクサーの萩原。お二人はそれぞれのキャラクターをどのように捉えて演じられましたか? 新垣:多満子はすごく不器用な女の子。普通に生きようとしているのに、ヤマンバになってしまったり、失恋して大暴れしたり、その時々の自分の気持ちに素直に振り回されてしまう。常に0か100かというタイプなんです(笑)。でも不器用ながらも一生懸命だから、応援したくなるというか…そういうところが可愛らしいなと思って演じていました。 ...more
カテゴリー:

竹内涼真はよく怒られ…『仮面ライダー』俳優の新人時代 - 10月15日(日)06:00 

平成の『仮面ライダー』シリーズは、今をときめく人気俳優の“登竜門”でもある。“子どものヒーロー”という枠を飛び越え、ママたちの心もつかんで離さないライダー俳優たち。制作陣たけが知る彼らの“素顔”に、引っ張りだこの秘密が見えた! 多くの“売れっ子俳優”の素質を見抜いてきた『仮面ライダー』プロデューサーの塚田英明さんと大森敬仁さん(ともに東映所属)。それぞれが制作を手がけた作品について、主演俳優たちの“新人時代”を語ってくれた。 「『電王』のオーディションは、主役選びがすごく難航していました。そんなときに現れた佐藤健さんを一目見て、『もう電王がいる!』と誰もが納得したことを覚えています。『健くん、来てくれてありがとう』って(笑)」(大森さん) 佐藤健(28)は、平成の新たな明るいライダー像が人気を博した『仮面ライダー電王』('07年)でドラマ初主演を果たした。そのオーディションを手配していたのが、アシスタントプロデューサー時代の大森さんだった。 「電王の主人公は、一人の人間で人格が4つに分かれるという難しい役ですが、撮影当初から、見事にそれを演じ分けてくれました。彼は芝居が始まるととたんにオーラが鋭くなり、現場に緊張感を生むことができる俳優なんです」(大森さん...more
カテゴリー:

「いぬやしき」×マンウィズのコラボPVが解禁 - 10月12日(木)23:20 

フジテレビ“ノイタミナ”にて10月12日より放送開始のアニメ「いぬやしき」と、MAN WITH A MISSIONが書き下ろしたオープニング・テーマ「My Hero」とのスペシャルマッシュアップPVが解禁。 本作「いぬやしき」は、世界を震撼させたSFアクションの金字塔「GANTZ」を描いた奥浩哉の最新作であり、7月に「イブニング」(講談社)にて連載が完結した、シリーズ累計発行部数310万部の人気作。 木梨憲武・佐藤健をメインキャストに迎えた待望の実写映画の公開も2018年に控え、ますます盛り上がりを見せている。 今回解禁となったPVは、MAN WITH A MISSIONが本作のオープニング・テーマ「My Hero」をパフォーマンスする初公開映像と、アニメ映像を特別にマッシュアップしたもの。 炎の中で熱いパフォーマンスを見せる MAN WITH A MISSION と、犬屋敷と獅子神の熱い戦いに魅せられる約1分半! こちらの映像は、公式ホームページ及び、YouTubeにて解禁されている。 また、あわせて、原作「いぬやしき」の大ファンというMAN WITH A MISSIONのメンバーより、楽曲「My Hero」にかけた思いを語ったコメント動画も到着。 ジャン・ケン・ジョニーは動画の中で、「アニメノ非常ニ壮大ナ世界観、希...more
カテゴリー:

瑛太「ガッキーのことを言うとたたかれる」 「普通に仕事をしているだけなのに」 - 10月21日(土)15:28 

 映画『ミックス。』初日舞台あいさつが21日、東京都内で行われ、出演者の新垣結衣、瑛太、広末涼子、永野芽郁、佐野勇斗、田中美佐子、遠藤憲一と石川淳一監督が登壇した。  本作は、恋人も仕事も失った元天才卓球少女の多満子(新垣)や妻と娘に見捨てられた元プロボクサーの萩原(瑛太)など、不器用で欠点だらけの登場人物たちが、卓球の男女混合(ミックス)ダブルスを通して小さな奇跡を起こす、恋と人生の再生物語。  試写会など、数多くのプロモーション活動に瑛太と共に参加した新垣は「(観客の)感想を実際に聞いたり、表情を見たりすることができてすごくうれしかった」と笑顔を浮かべた。  一方、瑛太は「何か言うと全部悪く書かれるんですよ。『ガッキーのこと好きです』と言ったらたたかれるし、『大好きです』と言ってもたたかれるし、もうマスコミ嫌い。大嫌いです」と告白した。  「俺、普通に仕事をしているだけですよ」と嘆きの声は止まず、隣の広末からはなだめられ、新垣からも「マスコミの皆さん、宣伝ありがとうございます」とフォローされた。  そんな瑛太だが、新垣への愛が変わることはなく、見どころを尋ねられると、役など関係なく「僕です。ガッキーのことを好きな気持ち」と返答。  さらに「幸せですよ。こんな素晴らしい映画に携われたこと」と喜ぶと、「日本中の皆さんが元気になれる映画が出来上がりました」とアピール。そうはいってもダ...more
カテゴリー:

吉岡里帆(24) 下半身がムチムチ セフレの1人“下半身”も絶好調 - 10月20日(金)19:07  news

今やすっかり売れっ子になった女優の吉岡里帆(24)。売れる前はグラビアの仕事もこなしていたが、先ごろ“グラドル見下し発言”をめぐりネット上でバッシングを浴びてしまった。  吉岡が問題発言をしたのは、女性向けのサイト「She is」に今月6日に掲載された対談企画。  もともと女優志望だったことを公言している吉岡だけに、「私は水着姿なんて絶対出したくなかった」とキッパリ。自分のグラビアについて「全国区の、ワンコインで買える週刊誌で披露して、1週間後には廃棄処分されて」とかなり辛口。  さらに、グラドルたち仕...
»続きを読む
カテゴリー:

米倉涼子主演『ドクターX』初回放送の平均視聴率が20.9%で“失敗しない”結果に - 10月16日(月)14:26 

10月12日より放送のテレビ朝日系ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』第5シリーズの初回放送の平均視聴率が20.9%を記録したことがわかった。 『ドクターX ~外科医・大門未知子~』は、失敗しない天才フリーランス外科医・大門未知子(米倉涼子)が目の前の患者の命を救うという信念のもと、医局の権力争いに立ち向かう姿を描いた医療ドラマ。第5シリーズでは舞台を国内最高峰の「東帝大学」に移し、女優の大地真央演じる女性院長・志村まどかとのバトルが見どころ。 10月12日の夜9時00分~10時09分に放送された初回は平均視聴率は20.9%。シェア31.7%、毎分最高視聴率は22:01の23.8%で同時間帯トップとなる高視聴率を獲得し、前年の初回(20.4%)を上回るスタートとなった。系列局でも静岡26.0%、名古屋25.6%、札幌22.4% など計7局が20.0%を超える高視聴率を記録している。 主演を務める米倉は「はじめはシリーズ5に戸惑いもあったので、この結果を素直に嬉しく思います。正直自分でもビックリですが、こんなにもドクターXを待ってくれていたんだ、と改めて実感しました。支えてくれている全てのキャストとスタッフのお陰です。ありがとう。これからも頑張ります」とコメントしている。 『ドクターX ~外科医・大門未知子~』の最新作を含む過去の全4シリーズは「Amazonプライムビ...more
カテゴリー:

ブレークの登竜門『仮面ライダー』制作陣語る抜擢の裏側 - 10月15日(日)06:00 

塚田英明プロデューサー(以下・塚田)「僕は、最初の『仮面ライダー』放送年の'71年に生まれました。その自分が『アギト』('01年)『フォーゼ』('11年)などの仮面ライダーシリーズに携わっているのは、不思議な気分でした」 大森敬仁プロデューサー(以下・大森)「僕の子どもの時代は、ちょうど仮面ライダーシリーズは放送していなかったんです。僕はこれまで、アシスタント時代を含めると、『電王』『キバ』はじめ、シリーズ6作品。スーパー戦隊も入れると11作品に関わりましたね」 塚田「僕は8作品。後輩なのに僕よりたくさんやっているのか(笑)」 こう和やかに笑いあうのは、平成の『仮面ライダー』を手がける2人のプロデューサー(ともに東映所属)。平成の仮面ライダーといえば、それまで役者の経験がなかった竹内涼真(24)、菅田将暉(24)らがオーディションを勝ち抜き、歴代の主演に抜擢されているシリーズ。まさに、今をときめく人気俳優の“登竜門”でもある。“子どものヒーロー”という枠を飛び越え、ママたちの心もつかんで離さないライダー俳優たち。制作陣たけが知る彼らの“素顔”を2人が明かしてくれた。 塚田「『アギト』に出た要潤くんも、当時はまだ素人に近かった。でも、現場で監督にしごかれて力をつけて、今では文句なしの活躍ぶりです」 仮面...more
カテゴリー:

土屋太鳳、メガネに続き美脚でも受賞 「演技もダンスも、走ることも、この脚だったから乗り越えられた」 - 10月12日(木)18:04 

 健康的な美脚を持つ女性に贈られる「第15回 クラリーノ美脚大賞2017」の授賞式が12日、東京都内で行われ、女優の平祐奈、土屋太鳳、シャーロット・ケイト・フォックス、観月ありさが出席した。  「20代部門」で受賞した土屋は、「私の脚はすごい筋肉質で、美しいという言葉には遠いものと思っていたので、ここに立てていることが信じられません」と感激の面持ち。コンプレックスを持ちながらも「だったら“強くなろう”と自分なりに鍛えてやってきた」と信念を明かし、「今まで演技もダンスも、走ることも、この脚だったから乗り越えられたのかなと思います」と喜びをかみしめた。  前日の11日には「メガネ ベストドレッサー賞」の芸能界部門(女性)に選出されたばかりで、まさかの連日受賞に土屋も「とてもうれしいし、信じられない。いつも形のない、お芝居や気持ちなどを届けているのですが、そういったものがいろんな方に届いて形のある賞として頂けた。本当に踏ん張っていれば、見てくださっている方がいらっしゃるんだなと、感謝の気持ちでいっぱいです」と目を輝かせた。  また、脚を意識するようになったきっかけについては「前田敦子さんの密着取材の番組を見た時に『美脚になりたいのなら、脚を出す服装を選んだほうがいい』とおっしゃっていて、それを行動でも表していた。信じる者は救われる。脚にコンプレックスを持っていたので、それが自分にとっての...more
カテゴリー:

もっと見る

「佐藤健」の画像

もっと見る

「佐藤健」の動画

Wikipedia

佐藤 健

; さとう けん

; さとう たける

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる