「佐藤仁美」とは?

関連ニュース

朝ドラも5作出演の常連、佐藤仁美の強烈過ぎる存在感 - 04月14日(金)08:40 

 昨年の『とと姉ちゃん』、4月よりスタートしたNHKの朝の連続テレビ小説『ひよっこ』にも、自身5作目の朝ドラとして出演する佐藤仁美の存在感が際立っている。『ひよっこ』では、レストラン『すずふり亭』のホール係約で、無愛想で若い女性を勝手にライバル視する“癖”があり、とにかく“良い女”に厳しいという役どころ。佐藤といえば、かつては“清純派ヒロイン”として数多くの作品に主演を果たしたが、近年はバラエティ番組でのぶっちゃけ発言が話題となり、“大酒飲みのおばちゃん”キャラもすっかり定着。女優としてマイナスイメージになるどころか、しっかりと役柄に還元している点も彼女の強みとなっているようだ 【写真】『ひよっこ』で佐藤仁美と共演する有村架純の無垢な笑顔 ■スカウトキャラバンの頂点に立った王道の清純派も“天狗”になり仕事激減  若い視聴者はご存じないかもしれないが、佐藤は、1995年に『ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲得して、“王道の清純派女優”として鳴り物入りで、芸能界に鮮烈デビューした。同賞は、佐藤の翌年に深田恭子が戴冠しており、以降も、石原さとみ、足立梨花、小島瑠璃子などを輩出するなど業界屈指の名門新人発掘オーディションとして名を馳せているだけに、当時から佐藤の注目度は非常に高かったのだ。  そうして女優デビューした佐藤は、今なお“伝説の名ドラマ”として語り継が...more
in English
カテゴリー:

【芸能】 いとうあさこ 「ガチで好きだった」 バナナマン日村勇紀への恋心を暴露! - 03月09日(木)17:14 

 2月28日にWeb限定で公開された 『【Web限定!】あさこ&黒沢&佐藤仁美 楽屋飲みトーク!踊る!さんま御殿!!』(日テレ公式チャンネル)に、 お笑いタレントのいとうあさこ(46)、森三中の黒沢かずこ(38)、女優の佐藤仁美(37)が出演。 いとうがバナナマンの日村勇紀(44)への思いを明かし、黒沢、佐藤を驚かせる場面が見られた。  この動画はアラフォーの三人が『踊る!さんま御殿!!』の収録後に楽屋で飲み会をする企画。 この中で、いとうが「今までに“キュンとしたあの芸能人の言動”」についてトー...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

【芸能】ダレノガレ明美“嫌いな女の癖”を告白 菊地亜美との仲を「悪くさせようと…」 - 04月10日(月)20:13 

【ダレノガレ明美/モデルプレス=4月10日】 9日、嵐・二宮和也がMCを務める日本テレビ系バラエティ番組『ニノさん』(毎週日曜ひる12:45~ ※関東ローカル)のスペシャル版『二宮和也と女が嫌いな女たち』(よる10:30~)が放送された。 モデルのダレノガレ明美が、“嫌いな女の癖”を発表し、エピソードを語った。 菊地亜美、イラッとするSNS写真ベスト10を発表 “女が嫌いな女”トークに反響 ◆“女が嫌いな女”特集とは 昨年12月に『ニノさん』で2回特集を組まれた同企画は、女性が女性に対して感じている怒り・恨み・妬み・嫉みを...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

「佐藤仁美」の画像

もっと見る

「佐藤仁美」の動画

Wikipedia

佐藤 仁美(さとう ひとみ、1979年10月10日 - )は、日本の女優。

愛知県名古屋市緑区出身。ホリプロ所属。堀越高等学校卒業。

来歴・人物
  • 4人姉妹の末っ子 - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧。小学生のとき両親が離婚し、父親に引き取られ、8歳上の長姉を母親代わりに育ったが、父親は愛知県内で新聞販売店の経営をしており転勤が多く、小学校だけで4校に通ったという - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧。「小学生の頃から、しっかりキャラ」だったという - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧。
  • 中学生の時、NHK名古屋放送局制作中学生日記に生徒役(役名本名同一)で出演、これが役者としての原点となる。当時、学校では演劇部の部長だった。
  • 1995年、愛知女子高等学校在学中に第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。同年海がきこえるでテレ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる