「佐藤仁美」とは?

関連ニュース

【ドラマ】<NHK連続テレビ小説「ひよっこ」>“ビーコロ”に視聴者も涙腺崩壊! 最高視聴率更新 - 05月15日(月)14:52 

有村架純がヒロインを務める連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月?土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)が、 4月22日の放送以来、18回ぶりに平均視聴率20%の大台を超えたことが分かった。(数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区) それは、有村演じるみね子が赤坂のレストラン「すずふり亭」を初めて訪れた、5月13日放送の第36回で、番組最高の平均視聴率となる20.9%を記録。 “朝ドラ”ファン的には、有村とすずふり亭の店主・鈴子役の宮本信子の共演が放送前後で大きな話題を呼んでいた。 というのも、2人は2013年に放送された朝...
»続きを読む
カテゴリー:

松岡昌宏は「言っちゃいけないことをすぐに言う!(笑)」 - 05月14日(日)11:00 

5月13日(土)放送の「二軒目どうする?~ツマミのハナシ~」で、TOKIOの松岡昌宏、博多大吉、佐藤仁美が、東京・王子にあるお蕎麦の店「無識庵 越後屋」へ。明治時代から続く老舗で、「栃尾の油揚げ」「初午」「せいろそば」をつまみに一杯頂くことに。 【写真を見る】ほろ酔い気分の松岡昌宏が「ナンバーワンにしてやる!」と指名した朝比奈彩 2人は、松岡が20歳、佐藤が17歳の時にドラマで初共演。その後意気投合し、今では佐藤が松岡のことを「アニキ」と呼ぶほどの飲み仲間に。松岡が「どう? 最近男は?」と聞くと、佐藤は「(彼氏が出来たら)たぶん、すぐ言ってると思う。だから、あまりそういうのえぐらないでもらっていいかな? 年頃だから…(笑)」とコメント。最近は、芸人たちと飲む機会が多く、鬼ヶ島のおおかわらや、磁石の永沢たかしらとつるんでいるとか。 松岡が「お前、もうさ“姉さん”って呼ばれてるんじゃないの? それはまだ早いぞ~」とツッこむと、佐藤は「それこそ、昔リーダー(城島茂)とラジオを一緒にやっていた時、(城島から)すでに“姉さん!”って呼ばれていたからね!」と告白。松岡が「あいつはね~、強い女にすぐすがるんだよ~(笑)」と暴露し、大爆笑になる一幕が。 さらに一行は、王子駅の目の前にある、立ち飲みおでん屋「平澤かまぼこ」へ。仲間と飲むときは、15時間はひたすら飲み続けるという佐藤は、「携帯のゲーム...more
カテゴリー:

有村架純、どんな表情で洋食を口にするのか?『ひよっこ』初任給で洋食屋へ - 05月12日(金)16:30 

有村架純を主演に迎えて放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、月~土曜8:00)。有村演じるヒロイン・谷田部みね子が集団就職で上京し、主な舞台は東京へ。5月13日(土)では、初めての給料で「すずふり亭」の洋食を食べるため店を訪れる。先日の放送で、初めて飲むクリームソーダに感動するみね子の表情がかわいすぎると話題になっていたが、今回はどんな表情を見せてくれるのかにも注目したい。同作品は、『ちゅらさん』『おひさま』などを手掛けた岡田惠和が脚本を担当。東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語で、戦後の高度経済成長の時期に、茨城県から集団就職で上京する女性の成長を描いていくオリジナル作品。上京した“金の卵”のみね子が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記だ。13日、第36回の放送で、みね子(有村)は、母・美代子(木村佳乃)が縫ってくれたブラウスを着て、赤坂のすずふり亭に向かう。このすずふり亭は、消息を絶っている父・実(沢村一樹)が来店したことがある洋食屋だ。店の裏でコックの秀俊(磯村勇斗)と元治(やついいちろう)、ホールの高子(佐藤仁美)に出会う。秀俊に案内されて店に入ったみね子は、鈴子(宮本信子)と省吾(佐々木蔵之介)にあいさつする。そして、初めての給料で、ここの洋食を食べるのを楽しみにしていたと伝える。メニューを見て真剣に悩むみね子を、すずふり亭の人々は...more
カテゴリー:

「ひよっこ」ビーコロに視聴者も涙腺崩壊! 最高視聴率更新 - 05月15日(月)12:53 

有村架純がヒロインを務める連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)が、4月22日の放送以来、18回ぶりに平均視聴率20%の大台を超えたことが分かった。(数字はすべてビデオリサーチ調べ、関東地区) 【写真を見る】乙女たちは美少女ぞろい! まさに次世代スターの宝庫/(C)NHK それは、有村演じるみね子が赤坂のレストラン「すずふり亭」を初めて訪れた、5月13日放送の第36回で、番組最高の平均視聴率となる20.9%を記録。“朝ドラ”ファン的には、有村とすずふり亭の店主・鈴子役の宮本信子の共演が放送前後で大きな話題を呼んでいた。 というのも、2人は2013年に放送された朝ドラ「あまちゃん」にて親子役で共演。宮本は舞台となった「北三陸市」で海女をするヒロインの祖母・夏を、有村は小泉今日子演じる夏の娘・春子の若かりし頃を演じた。 ■ みね子、すずふり亭で感動! 第36回は、みね子が赤坂のすずふり亭を訪れ、店の裏でコックの秀俊(磯村勇斗)と元治(やついいちろう)、ホールの高子(佐藤仁美)に出会う。 秀俊に案内されて店に入ったみね子は、鈴子と省吾(佐々木蔵之介)にあいさつし、初めての給料でこの店の洋食を食べるのを楽しみにしていたと伝える。 省吾は何でも作るよというが、自分のお金で食べられるものを食べたいと、メニューを見て真剣に悩むみね子。鈴子らすずふり亭の...more
カテゴリー:

有村架純、どんな表情で洋食を口にするのか?『ひよっこ』初任給で洋食屋へ - 05月12日(金)18:00 

有村架純を主演に迎えて放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、月~土曜8:00)。有村演じるヒロイン・谷田部みね子が集団就職で上京し、主な舞台は東京へ。5月13日(土)では、初めての給料で「すずふり亭」の洋食を食べるため店を訪れる。先日の放送で、初めて飲むクリームソーダに感動するみね子の表情がかわいすぎると話題になっていたが、今回はどんな表情を見せてくれるのかにも注目したい。同作品は、『ちゅらさん』『おひさま』などを手掛けた岡田惠和が脚本を担当。東京オリンピックが開催された1964年から始まる物語で、戦後の高度経済成長の時期に、茨城県から集団就職で上京する女性の成長を描いていくオリジナル作品。上京した“金の卵”のみね子が、自らの殻を破って成長していく波乱万丈青春記だ。13日、第36回の放送で、みね子(有村)は、母・美代子(木村佳乃)が縫ってくれたブラウスを着て、赤坂のすずふり亭に向かう。このすずふり亭は、消息を絶っている父・実(沢村一樹)が来店したことがある洋食屋だ。店の裏でコックの秀俊(磯村勇斗)と元治(やついいちろう)、ホールの高子(佐藤仁美)に出会う。秀俊に案内されて店に入ったみね子は、鈴子(宮本信子)と省吾(佐々木蔵之介)にあいさつする。そして、初めての給料で、ここの洋食を食べるのを楽しみにしていたと伝える。メニューを見て真剣に悩むみね子を、すずふり亭の人々は...more
カテゴリー:

【芸能】もはや長州小力!?佐藤仁美の酒太りが止まらない - 05月06日(土)19:08 

「めちゃ×2イケてるッ!スペシャル」(フジテレビ系)で、長州小力に間違えられるドッキリを仕掛けられた女優の佐藤仁美。 “大酒飲みのおばちゃん”キャラがすっかり定着しているが、私生活でもそのままだという。 「新宿二丁目で昼まで飲み続け、そのままランチに突入なんてことはざら。 『しくじり先生』(テレビ朝日系)では、バーベキューで“野ション”してパンツを忘れたエピソードまで披露していました。 もはや女芸人よりも面白いかもしれませんね」(番組関係者) そんな佐藤だが、元を正せば正統派アイドルである。95年に...
»続きを読む
カテゴリー:

「佐藤仁美」の画像

もっと見る

「佐藤仁美」の動画

Wikipedia

佐藤 仁美(さとう ひとみ、1979年10月10日 - )は、日本の女優。

愛知県名古屋市緑区出身。ホリプロ所属。堀越高等学校卒業。

来歴・人物
  • 4人姉妹の末っ子 - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧。小学生のとき両親が離婚し、父親に引き取られ、8歳上の長姉を母親代わりに育ったが、父親は愛知県内で新聞販売店の経営をしており転勤が多く、小学校だけで4校に通ったという - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧。「小学生の頃から、しっかりキャラ」だったという - 聞蔵IIビジュアルにて閲覧。
  • 中学生の時、NHK名古屋放送局制作中学生日記に生徒役(役名本名同一)で出演、これが役者としての原点となる。当時、学校では演劇部の部長だった。
  • 1995年、愛知女子高等学校在学中に第20回ホリプロタレントスカウトキャラバンでグランプリを受賞。同年海がきこえるでテレ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる