「佐藤二朗」とは?

関連ニュース

実写『銀魂』期待高まる!ついに本編が完成 予告映像も解禁に - 04月24日(月)10:37 

小栗旬が主演、福田雄一が監督を務める映画『銀魂』(7月14日公開)の本編がついに完成。さらにこの度、WEB版の予告と本ポスターが解禁となった。本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きるさまざまな事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。今回解禁となったWEB版予告は、宇宙船が飛び交い、高層ビルが立ち並ぶ江戸の町の映像からスタート。新八の「その男は、侍と呼ぶにはあまりにも荒々しく、チンピラというにはあまりにまっすぐな目をした男だった」という言葉と共に、銀時と新八の出会いが映し出され、続々と、これまで明らかにされなかった各キャラクターの動画が短く挿入されている。さらには、銀時と薄赤く光る刀を手にした男が月に照らされる中、激しく剣を交える迫力あるアクションシーン、最後には新八と武市変平太(佐藤二朗)の激しい戦い(?)もコミカルに描かれている。また、同時...more
in English
カテゴリー:

【映画】実写『銀魂』主要キャラ陣の映像を初公開! 宇宙船&アクションシーンも - 04月24日(月)05:17 

[2017/04/24] 俳優・小栗旬主演の映画『銀魂』のWEB版ポスター&WEB版予告第1弾が24日、公開された。 同作は、漫画家・空知英秋が『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載中の同名コミックを原作に、『HK 変態仮面』シリーズやTVドラマ『勇者ヨシヒコ』シリーズなどで知られる福田雄一監督が実写化のメガホンをとる。 パラレルワールドの江戸を舞台に、宇宙からやってきた"天人(あまんと)”と侍・坂田銀時(小栗)の間に起こるさまざまな事件を描く。 今回となった映像では、宇宙船が飛び交い高層ビルが立ち並ぶ江戸の町の全貌が...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

実写「銀魂」予告&ポスター完成!小栗旬扮する銀時ら人気キャラが続々登場 - 04月24日(月)05:00 

 小栗旬主演、福田雄一の監督・脚本で空知英秋氏の人気漫画を実写映画化した「銀魂」のWEB版予告&本ポスターが、このほど完成した。映像では、主人公・銀時(小栗)が赤く光る刀を手にした男と激しく剣を交えるアクションシーンのほか、人気キャラクターが続々と登場する模様などが映し出されている。  累計発行部数5100万部を突破した同名漫画を実写化。宇宙からやってきた天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む銀時が、新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)らとともに、身の回りで起こる様々な事件に挑むさまをコミカルに描いている。  予告編は、江戸時代末期にも関わらず高層ビルが林立する独特の町並みからスタート。銀時と新八の出会いや、囚われの神楽が「銀ちゃんは?」と問いかける姿が切り取られ、最後は新八と武市(佐藤二朗)のコミカルな掛け合いで締めくくられている。さらにポスターは、凛々しくたたずむ銀時を中心に、桂小太郎(岡田将生)、近藤勲(中村勘九郎)、岡田似蔵(新井浩文)らが勢ぞろいしている。  「銀魂」にはほか、長澤まさみ、柳楽優弥、吉沢亮、早見あかり、ムロツヨシ、安田顕、菜々緒、堂本剛ら豪華な面々が共演し、主題歌は「UVERworld」が担当。7月14日から全国で公開される。 【作品情報】 ・銀魂 【関連記事】 ・【動画】WEB予告 ・実写「銀魂」主題歌はUVERw...more
in English
カテゴリー:

映画『追憶』 降旗監督と木村カメラマンは「静と動」の関係 - 04月19日(水)07:00 

 荒ぶる日本海、能登半島に沈む茜色の夕日、降りすさぶ雪。幼馴染み3人は誰にも言えない過去を抱え、それぞれの暮らしを送っていたが、刑事、容疑者、被害者として25年後に再会する──。  主演の岡田准一をはじめ、小栗旬、柄本佑、長澤まさみ、安藤サクラといった若手俳優陣が勢ぞろいした映画『追憶』(東宝系、5月6日公開)の完成披露会見が4月4日、東京国際フォーラムで行なわれた。 「若い人たちの元気をこの作品にいただき、あと1本や2本は撮れるかなと思っています。それに感謝し、この映画に興味を持っていただけるような記事を書いていただきたい」  この日、取材陣を前に巨匠・降旗康男監督(82)はこう口にして、会場の笑いを誘った。  降旗監督の映画と聞いて思い浮かぶのは、3年前に逝去した名俳優・高倉健(享年83)、ベテランキャメラマン・木村大作(77)と共に作り上げた作品群だ。『駅 STATION』(1981)に始まり、『居酒屋兆治』(1983)、『夜叉』(1985)、『あ・うん』(1989)、日本アカデミー賞監督賞・脚本賞を受賞した『鉄道員(ぽっぽや)』(1999)──これら数々の映像は、今なお色褪せることがない。  木村とタッグを組むのは、今回で16作目。降旗が映画を作る上で木村とこだわるのは“ポエジー(詩情)”を表現することだ。 「ポエジーとは、やはり人間の弱さに潜む美しさだと思います。本作もそ...more
in English
カテゴリー:

【テレビ】“ドラマに欠かせない名脇役”…木村文乃は佐藤二朗を挙げる 「とても忘れられない」 - 04月15日(土)05:27 

木村文乃、佐藤二朗を「とても忘れられない」“ドラマに欠かせない名脇役”に挙げる 2017.04.14 19:53 亀梨和也(KAT-TUN)と木村文乃が4月14日、お昼のバラエティ『ヒルナンデス!』(日本テレビ系)にゲスト出演した。亀梨が主演、木村がヒロインを演じるドラマ『ボク、運命の人です。』も15日からスタートするように春のドラマシーズンだ。 “超限定マーケティング”コーナーでは「ドラマに欠かせない名脇役」をテーマに取り上げた。 20代~40代の女性に「ドラマに欠かせない名脇役と言えば?」とアンケート調査した結果からTOP10を...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

実写『銀魂』期待高まる!ついに本編が完成 予告映像も解禁に - 04月24日(月)10:30 

小栗旬が主演、福田雄一が監督を務める映画『銀魂』(7月14日公開)の本編がついに完成。さらにこの度、WEB版の予告と本ポスターが解禁となった。本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きるさまざまな事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。今回解禁となったWEB版予告は、宇宙船が飛び交い、高層ビルが立ち並ぶ江戸の町の映像からスタート。新八の「その男は、侍と呼ぶにはあまりにも荒々しく、チンピラというにはあまりにまっすぐな目をした男だった」という言葉と共に、銀時と新八の出会いが映し出され、続々と、これまで明らかにされなかった各キャラクターの動画が短く挿入されている。さらには、銀時と薄赤く光る刀を手にした男が月に照らされる中、激しく剣を交える迫力あるアクションシーン、最後には新八と武市変平太(佐藤二朗)の激しい戦い(?)もコミカルに描かれている。また、同時...more
in English
カテゴリー:

『銀魂』WEB版予告解禁! キャスト集合ビジュアルも公開 - 04月24日(月)05:00 

 福田雄一が脚本と監督を務め、小栗旬が主演する話題の実写映画『銀魂』のWEB版予告編映像と、全キャラクターが総登場したポスターのビジュアルが解禁された。【関連】『銀魂』フォトギャラリー 本作の舞台は、高層ビルの建ち並ぶパラレルワールドの江戸末期。主人公・坂田銀時(小栗)や、ひょんなことから出会った志村新八(菅田将暉)、万事屋を営む神楽(橋本環奈)など、個性豊かなキャラクターたちの周りで起こる様々な事件が描かれる。 今回、解禁された予告編映像は、宇宙船が飛び交い、高層ビルが建ち並ぶ江戸の町の映像からスタート。新八の「その男は、侍と呼ぶにはあまりにも荒々しく、チンピラというにはあまりにまっすぐな目をした男だった」という言葉と共に銀時と新八の出会いが描かれているほか、鬼気迫る剣術のアクションシーンなど、作品の魅力が凝縮されている。 また、同じく解禁されたポスターには、凛々しい出で立ちの銀時を中心に豪華キャストが集結。万事屋のメンバーである新八や神楽、神楽の姉・妙(長澤まさみ)、攘夷浪士の桂小太郎(岡田将生)とそのペットである謎の地球外生命体・エリザベス、“攘夷過激派武装集団・鬼兵隊”のメンバーである岡田以蔵(新井浩文)や武市変平太(佐藤二朗)のほか、物語の鍵を握る刀鍛冶屋の鉄矢(安田顕)やその妹である鉄子(早見あかり)など、そうそうたる面々による“SF☓時代劇”の世界観が味わえる仕上がり...more
in English
カテゴリー:

実写『銀魂』小栗旬、菅田将暉らズラリ 豪華キャスト集結のポスター&予告編解禁 - 04月24日(月)05:00 

 空知英秋氏の人気漫画を実写化する映画『銀魂』(7月14日公開)のWEB版予告映像と本ポスターが24日、解禁された。 【動画】映画『銀魂』WEB版予告映像  福田雄一監督がメガホンをとった同映画の舞台は、天人(あまんと)と呼ばれる宇宙人に支配された江戸。主人公・坂田銀時(小栗)と、ひょんなことから出会った志村新八(菅田)と神楽(橋本環奈)が営む万事屋の周りで起こるさまざまな事件が描かれる。  WEB版ポスターは、凛々しい出で立ちの銀時を中心に、万事屋メンバーの新八と神楽を始め、新八の姉・妙(長澤まさみ)、攘夷浪士の桂小太郎(岡田将生)と桂のペットで謎の地球外生物のエリザベス、真選組の近藤勲(中村勘九郎)、土方十四郎(柳楽優弥)、沖田総悟(吉沢亮)らが集結。さらに、“攘夷過激派武装集団・鬼兵隊”のメンバーである岡田似蔵(新井浩文)、武市変平太(佐藤二朗)、来島また子(菜々緒)、物語の鍵を握る刀鍛冶屋の鉄矢(安田顕)&鉄子(早見あかり)の村田兄妹に、銀時が頼りにするからくり堂の店主・源外(ムロツヨシ)らも、それぞれ”キメ顔“でそろい踏みしている。  劇場掲出版の本ポスターでは、銀時や桂の幼なじみで、ともに天人を敵にまわし攘夷戦争時代を戦い抜いた盟友にして今は宿敵、鬼兵隊頭領の高杉晋助(堂本剛)がキャストたちの頭上に君臨している。  同時に解禁されたWEB版予告映像は、新八の...more
in English
カテゴリー:

尾野真千子、向井理の妻役を本人からのオファーと勘違いしてガッカリ - 04月18日(火)19:45 

向井理の祖母の半生記を映画化した『いつまた、君と 〜何日君再来(ホーリージュンザイライ)〜』(6月24日公開)の完成披露試写会が4月18日にスペースFS汐留で開催。尾野真千子、向井理、岸本加世子、成田偉心、脚本の山本むつみ、深川栄洋監督が舞台挨拶に登壇した。向井は「一役者としてこの仕事に携われたのはありがたいことです」と感謝した。 【写真を見る】尾野真千子、アースカラーのワンピースの全身ショット 原作の「何日君再来」は、向井が大学生の時に祖母の手記をパソコンで打ち直し、家族や親戚と共に自費出版をして、卒寿(90歳)を迎えた祖母に贈ったものだ。向井自身が7年前から映画化を熱望し、企画にも携わった。戦後の混乱期、夫・吾郎(向井理の祖父)と妻・朋子が、時代の波に翻弄されながら懸命に生きる姿を描く。 主人公・芦村朋子役の尾野は「きっと向井くんが私にオファーをしてくれたんだと思っていました。今日まで」とガッカリする。向井は「しておりません。キャスティング権は放棄していました。妻役をオファーするなんて気持ち悪いじゃないですか」とバッサリ。 尾野は「先程取材でそれを聞きまして……。あ、そうと。残念でした」と肩を落とし、会場の笑いを取った。 向井は尾野について「まさかこんなに3人も子どもがいるお母さん役がバッチリはまるとは。尾野さんしかできない。さすがです」と称えると尾野は笑顔を見せた。 尾野は芦...more
in English
カテゴリー:

おふっ 『斉木楠雄のΨ難』実写化きたー! 千年さんらが出演 燃堂のクオリティwwww - 03月15日(水)06:56 

麻生周一の異色の大人気ギャグコメディ漫画を山崎賢人主演で実写化する『斉木楠雄のΨ難』。この度、本作の新たな出演キャストとして橋本環奈、 新井浩文、吉沢亮、笠原秀幸、賀来賢人、ムロツヨシ、佐藤二朗の参加が決定。またキャストたちがそれぞれ扮したキャラクタービジュアルも到着した。 PK学園に通う高校生・斉木楠雄(さいきくすお)。ひとりで目立たず、普通に生きたいのに、彼が隠しているのはとんでもない超能力。 年に1度の文化祭「PK祭」の日、穏便にやり過ごしたいだけなのに、ワケありのクラスメートたちに囲まれて...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「佐藤二朗」の画像

もっと見る

「佐藤二朗」の動画

Wikipedia

佐藤 二朗(さとう じろう、1969年5月7日 - )は、日本俳優脚本家映画監督

フロム・ファーストプロダクション所属。A型。181cm。

来歴

愛知県春日井市生まれ、4歳から愛知県愛知郡東郷町で育った。信州大学経済学部卒業。

大学卒業後、新卒で大手広告代理店に入社したが、入社式の雰囲気に違和感を覚え、入社日と同日に退職・帰郷。その後、劇団附属の俳優養成所に入所。1年後の入団試験に落ちたため、別の劇団に入るも1年で辞めてしまう。俳優への適性がないと感じ、小さな広告代理店に再就職し、営業として部署トップの成績を残した。だが、俳優への思いを捨てきれず、1996年に演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし、全公演で作・出演を担当するほか、劇団「自転車キンクリート」の舞台に立つなど会社勤めをしながら俳優活動を行った...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる