「佐藤二朗」とは?

関連ニュース

武田玲奈が好きなのは弾力がある「●●●●!」 「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」独占インタビュー - 11月18日(土)09:00 

MBS/TBSにて放送中のドラマ「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」。おおひなたごうの同名コミックを、青柳翔主演で実写ドラマ化した作品だ。劇中で声優を目指す女の子・亜希を演じる武田玲奈さんにインタビューを行った。 【写真を見る】あの白い部分? 武田玲奈が“逆目玉焼き”ポーズ!?全21カット取り下ろし!!/撮影=masa ■ ――現在放送中のドラマ「目玉焼きの黄身 いつつぶす?」はどんな作品ですか? 武田:食べ方に着目した、シュールで面白いドラマです。普段あまり食べ方を気にしたことはなかったんですけど、撮影していくうちにどんどん気になっちゃいました。 ■ ――タイトルにある『目玉焼きの黄身 いつつぶす?』。玲奈さんはいつつぶしますか? 武田:私はいつつぶすかなぁ。最後の方につぶして、白身を黄身につけて食べます。ドラマでは、目玉焼きに何をかけるかも論点になるんですけど、私は醤油派です! でもたまにソースもかけるかも! ■ ――玲奈さんが演じる亜希ちゃんはどんな女の子ですか? 武田:ドラマの登場人物のキャラクターがすごく濃い中で、亜希ちゃんは唯一普通の女の子です! 声優を目指しているので、ちょっとアイドルチックなんです。夢に向かってゆるキャラステージのお姉さんをしています! ■ ――亜希を演じる上で気をつけていることはありますか? 武田:監督から「一番普通でいてほしい」って言われたんです(笑...more
カテゴリー:

「ゲス不倫だからママ死んじゃうの?」子どもの涙ながらの訴えに胸が痛む『ブラックリベンジ』 - 11月17日(金)21:20 

木村多江主演の連続ドラマ『ブラックリベンジ』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)11月16日放送の第7話では、木村演じる今宮沙織の妹・綾子(中村映里子)が“不倫”で週刊誌に載ったことをきっかけに、周囲から非難の的となった。その息子・悠斗に至っては「ゲス不倫で生まれた子」といじめられ、Twitterでは「かわいそうすぎる」「残酷……」「不倫の一番の被害者は子ども」などの声があふれた。沙織は、5年前に週刊誌編集長・福島勲(佐藤二朗)による捏造記事で政治家の夫・圭吾(高橋光臣)とお腹の子を亡くした女性。捏造に協力した者たちに同じ方法で復讐するため身分を偽り、編集部の記者として働き始める。前回、沙織は福島への復讐に失敗。逆に「圭吾の不倫相手が沙織の妹である」という記事を掲載され、地獄に突き落とされた。注目の第7話は、綾子の息子が圭吾との子であることを知った沙織が身も心もボロボロとなり、廃人と化してしまったシーンから始まった。これまで復讐をしてきた意味や、自らが生きている理由を見失ってしまう。一方、福島は「旬のネタは味がなくなるまでしゃぶり尽くす」と次週の記事の作成を続ける。ネタはもちろん圭吾と綾子の“不倫”だ。福島は、編集部の記者たちに綾子の元へ取材に行かせる。そこで繰り広げられていたのは、近所の主婦たちの好奇な視線の嵐、幼稚園の友達からのいじめであった。わけがわからず「ねえ...more
カテゴリー:

佐藤二朗のつぶやきまとめた書籍第2弾、12月発売決定 福田雄一監督からコメントも - 11月17日(金)18:00 

個性派俳優・佐藤二朗によるTwitterのつぶやきをまとめた書籍第2弾「のれんをくぐると、佐藤二朗」が、12月6日に発売されることがわかった。佐藤は「『今回の本』には多少、実用性があるかね。うん...
カテゴリー:

実写映画『銀魂』パート2の制作が決定、銀さんはムロツヨシに? - 11月17日(金)14:02 

小栗旬が主演、福田雄一が監督を務めた大ヒット映画『銀魂』のブルーレイ&DVDリリース記念トークイベントが16日、秋葉原UDX THEATERにて開催。そこで、2018年夏公開予定で『銀魂パート2』(仮)の制作決定が発表された。最終興行収入38.4億円の大ヒットを記録し、2017年の邦画実写映画No.1となった本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きる様々な事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。イベントでは、銀時の髪型が地毛の時とカツラの時のシーンがあると明かされ、それについて福田監督は「シーンによって10段階ほど髪の量が違う」と告白。また、ブルーレイ&DVDに収録されている「NG集」の話になり、中村勘九郎(近藤勲役)の全裸を前に、柳楽優弥(土方十四郎役)が何度も笑ってしまうシーンについて回顧。勘九郎を全裸にする事については福田監督も躊躇したそ...more
カテゴリー:

佐藤二朗のツイートまとめ本、福田雄一監督が映画化? - 11月16日(木)22:55 

個性派俳優・佐藤二朗の切なくも笑える秀逸なTwitter投稿をまとめた前作「佐藤二朗なう」から早1年強。その間、TVやインターネットで話題が続き、公式Twitterはついに70万フォロワーを超え、1投稿に1万リツイートを連発するなど大人気となっている。 【写真を見る】佐藤の日々のツイートに、自身でツッコミを入れる“自作自演本” そんな大反響を受けて、前作を超える135のツイートに、佐藤本人のツッコミをつけた“自作自演本”「のれんをくぐると、佐藤二朗」が12月6日(水)に発売されることが決定した。 ■ 自作自演一例 【ツイート】例の本が、ある本屋さんでは「実用書」の分類に置かれていたらしい。著者として言う。例の本に「実用性」は、ない。まるで、ない。強いて言うなら、うん、ごめん、まったくない。 【ツッコミ】「今回の本」には多少、実用性があるかね。うん、ないね。 佐藤の何気ない日常での気付きや感想の他、佐藤本人が“佐藤二朗というやつ”について独白。芝居論、家族のこと…。佐藤ならではの「笑い」のエピソードはもちろん、時に熱くて、時に切ない、爆笑必至なのに思わず「心が揺さぶられて」しまう、そして、読むうちになぜか元気になれる、まさに「二朗ワールド」全開のエッセイが満載だ。 また、あとがきには、「勇者ヨシヒコ」シリーズや「銀魂」の脚本・監督であり、劇団ブラボーカンパニーの座長、福田雄一が「ツイ...more
カテゴリー:

「ゲス不倫だからママ死んじゃうの?」子どもの涙ながらの訴えに胸が痛む『ブラックリベンジ』 - 11月17日(金)21:23 

木村多江主演の連続ドラマ『ブラックリベンジ』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)11月16日放送の第7話では、木村演じる今宮沙織の妹・綾子(中村映里子)が“不倫”で週刊誌に載ったことをきっかけに、周囲から非難の的となった。その息子・悠斗に至っては「ゲス不倫で生まれた子」といじめられ、Twitterでは「かわいそうすぎる」「残酷……」「不倫の一番の被害者は子ども」などの声があふれた。沙織は、5年前に週刊誌編集長・福島勲(佐藤二朗)による捏造記事で政治家の夫・圭吾(高橋光臣)とお腹の子を亡くした女性。捏造に協力した者たちに同じ方法で復讐するため身分を偽り、編集部の記者として働き始める。前回、沙織は福島への復讐に失敗。逆に「圭吾の不倫相手が沙織の妹である」という記事を掲載され、地獄に突き落とされた。注目の第7話は、綾子の息子が圭吾との子であることを知った沙織が身も心もボロボロとなり、廃人と化してしまったシーンから始まった。これまで復讐をしてきた意味や、自らが生きている理由を見失ってしまう。一方、福島は「旬のネタは味がなくなるまでしゃぶり尽くす」と次週の記事の作成を続ける。ネタはもちろん圭吾と綾子の“不倫”だ。福島は、編集部の記者たちに綾子の元へ取材に行かせる。そこで繰り広げられていたのは、近所の主婦たちの好奇な視線の嵐、幼稚園の友達からのいじめであった。わけがわからず「ねえ...more
カテゴリー:

佐藤二朗のつぶやきまとめた書籍第2弾、12月発売決定 福田雄一監督からコメントも - 11月17日(金)18:00 

 個性派俳優・佐藤二朗によるTwitterのつぶやきをまとめた書籍第2弾「のれんをくぐると、佐藤二朗」が、12月6日に発売されることがわかった。佐藤は「『今回の本』には多少、実用性があるかね。うん、ないね」と自虐する一方で、盟友・福田雄一監督(「銀魂」など)は「ツイッターを読めば読むほど、佐藤家の成長の物語が描かれており、ほんと、ここまで来ると映画にでもした方がいいんじゃね? と思うほど面白い」とコメントを寄せている。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  佐藤がTwitter上に投稿した、切なくも笑える117のつぶやきを本人のツッコミ付きで掲載した初著書「佐藤二朗なう」に続く第2弾。今回は135ツイートが載せられており、何気ない日常での気づきや感想、芝居論、家族についてなど、時に熱く時に切ない“二朗ワールド”を心ゆくまで堪能することができる。  ある書店では、前作が実用書のコーナーに置かれていたそうで、佐藤は「著者として言う。例の本に『実用性』は、ない。まるで、ない。強いて言うなら、うん、ごめん、まったくない」と語っている。なお佐藤のTwitterアカウント(@actor_satojiro)は、71万フォロワーを誇っている。 【作品情報】 ・銀魂 【関連記事】 ・佐藤二朗、初著書で夢の印税生活目論むも「養育費に充てます」 ・「銀魂」舞台裏に壮絶ドラマ&攻防戦!...more
カテゴリー:

佐藤二朗のツイートまとめ本、第2弾発売 福田雄一「映画にでもした方がいいんじゃね?」 - 11月17日(金)18:00 

 俳優・佐藤二朗(48)のツイッター投稿をまとめた書籍第2弾『のれんをくぐると、佐藤二朗』(山下書店)が、12月6日に発売されることが16日、わかった。前作『佐藤二朗なう』の117ツイートを超える135のツイートに本人のツッコミをつけて掲載した“自作自演本”。あとがきには、佐藤も出演する『勇者ヨシヒコ』シリーズや『銀魂』の脚本・監督であり、劇団ブラボーカンパニーの座長、福田雄一氏のコメントが掲載される。 【画像】『のれんをくぐると、佐藤二朗』 挿絵  「なぜだ。なぜ本になる。なぜ酔いどれ中年オヤジ俳優のどーでもいい呟きが本になる」と嘆いた前作の発売から1年強。現在70万フォロワーを持つ佐藤の“金言”が、またもや書籍化される。  本の内容は、何気ない日常での気づきや感想、自身で「佐藤二朗という奴」について独白、芝居論について、家族のことなど。佐藤ならではの笑いのエピソードはもちろん、思わず心が揺さぶられ、読むうちになぜか元気になれる“二朗ワールド”が詰まっている。  味わい深いつぶやきの数々に、福田氏は「ツイッターを読めば読むほど、佐藤家の成長の物語が描かれており、ほんと、ここまで来ると映画にでもした方がいいんじゃね?と思うほど面白い」とコメントを寄せた。 【関連記事】 佐藤二朗、バラエティーは“素”で勝負「お芝居はしたくない」 (16年12月19日) 福田雄一監督、海外...more
カテゴリー:

実写映画『銀魂』パート2の制作が決定、銀さんはムロツヨシに? - 11月17日(金)14:00 

小栗旬が主演、福田雄一が監督を務めた大ヒット映画『銀魂』のブルーレイ&DVDリリース記念トークイベントが16日、秋葉原UDX THEATERにて開催。そこで、2018年夏公開予定で『銀魂パート2』(仮)の制作決定が発表された。最終興行収入38.4億円の大ヒットを記録し、2017年の邦画実写映画No.1となった本作は、累計発行部数5,000万部を超える、週刊少年ジャンプの人気同名コミックス(集英社刊/空知英秋)が原作。パラレルワールドの江戸を舞台としたギャグとアクション、そして人情を詰め込んだ“痛快エンターテイメント”だ。宇宙からやってきた「天人(あまんと)」の台頭と廃刀令により、かつて隆盛を極めた侍は衰退の一途をたどっていた。そんな時代に侍魂を堅持するちょっと変わった男・坂田銀時(小栗)と、銀時とひょんなことから出会った仲間の志村新八(菅田将暉)、神楽(橋本環奈)たちの身に起きる様々な事件を描く、笑いあり感動ありの物語となっている。イベントでは、銀時の髪型が地毛の時とカツラの時のシーンがあると明かされ、それについて福田監督は「シーンによって10段階ほど髪の量が違う」と告白。また、ブルーレイ&DVDに収録されている「NG集」の話になり、中村勘九郎(近藤勲役)の全裸を前に、柳楽優弥(土方十四郎役)が何度も笑ってしまうシーンについて回顧。勘九郎を全裸にする事については福田監督も躊躇したそ...more
カテゴリー:

実写「銀魂」続編の公開が決定!小栗旬&福田雄一監督が発表「主演ムロツヨシかも」 - 11月16日(木)16:30 

 空知英秋氏の人気漫画を実写映画化した「銀魂」のDVD&ブルーレイリリース記念トークイベントが11月16日、東京・秋葉原UDXシアターで行われ、主演の小栗旬とメガホンをとった福田雄一監督が出席。2人の口から、続編にあたる「銀魂パート2(仮題)」の公開決定が発表された。 ・【フォトギャラリー】小栗旬、その他の写真はこちら  続編は2018年夏に封切られる予定。ガッツポーズを見せた福田監督は「今年の夏くらいから台本を書けと言われていた。でも全然書けなくて」と苦笑しつつも、「ようやく、僕的には満足できる脚本が書けた」と自信をのぞかせる。一方で小栗は「なるべく、自分の出番が少ないといいなと思う」とネガティブな希望を明かし、「本当に(地毛を)銀髪にしたくないんですよ。(撮影後にバッサリ)切らないといけなくて、来年は長めの髪で勝負したかったのに」とぼやいていた。  物語などの詳細は明かされなかったが、小栗は「主役が僕じゃなくなっているかも」とジョークを飛ばす。福田監督も「銀ちゃんがムロツヨシになっているかも」と乗っかりながらも、「12月16日から開催のジャンプフェスタという最高の場で、何かしら言えるんじゃないかと思っています」と含みを持たせていた。  「銀魂」は宇宙からやってきた天人(あまんと)が台頭するパラレルワールドの江戸を舞台に、万事屋を営む銀時(小栗)が、新八(菅田将暉)、神楽...more
カテゴリー:

もっと見る

「佐藤二朗」の画像

もっと見る

「佐藤二朗」の動画

Wikipedia

佐藤 二朗(さとう じろう、1969年5月7日 - )は、日本俳優脚本家映画監督愛知県春日井市生まれ、愛知郡東郷町育ち。

フロム・ファーストプロダクション所属。身長181cm、体重75kg。血液型はA型。信州大学経済学部卒業。

人物・来歴

大学卒業後、新卒で大手広告代理店に入社したが、入社式の雰囲気に違和感を覚え、入社日と同日に退職して帰郷。その後、劇団附属の俳優養成所に入所するが、1年後の入団試験に落ちたため、別の劇団に入団するも1年で辞めてしまう。

「俳優への適性がない」と感じ、小さな広告代理店に再就職し、営業として部署トップの成績を残す。が、俳優への思いを捨てきれず、1996年に演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし、全公演で作・出演を担当するなど、会社勤めをしながら俳優活動を開始。

28・9歳の頃、鈴木...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる