「佐藤二朗」とは?

関連ニュース

「東京03」×山下健二郎×山本舞香、Huluドラマ「漫画みたいにいかない。」で共演 - 09月19日(火)13:30 

 お笑いトリオ「東京03」の角田晃広、豊本明長、飯塚悟志、「三代目J Soul Brothers」の山下健二郎、若手注目女優の山本舞香が、10月31日からHuluで独占配信されるドラマ「漫画みたいにいかない。」に出演することがわかった。2018年春には、同じキャストでの舞台化も決定している。  ドラマは、漫画の制作事務所を舞台に、売れない漫画家の悲哀に満ちた日常を描くシチュエーションコメディ。人気バラエティ番組の放送作家として活躍しつつ、「素敵な選TAXI」「住住」などドラマの脚本も手掛ける鬼才オークラが脚本・演出を担当した。美術家のニイルセン氏が手掛けるアニメーションが役者陣の演技と融合し、独自の世界観を作り出す。  バツイチでうだつのあがらない中年漫画家・戸塚オサム(角田)とワケありなひとり娘のるみ(山本)、一緒に暮らすアシスタント荒巻弘彦(山下)、オサムの担当編集者・足立徹(豊本)、幼なじみで定食屋の店主・鳥飼昭雄(飯塚)が、人生の悲劇と喜劇を巻き起こしていく。  1カ月の撮影期間で全10話を撮りきったキャスト陣は、「濃厚な日々でした。ドラマって大変ですね」(豊本)、「濃かったです。セリフを覚えるのがとにかく大変な分、1話1話の思い出、完成した時の達成感というのが非常に大きかったです」(山下)と怒涛の日々を述壊。飯塚は、「10分15分長まわしするんですよ、大変でしたね。...more
カテゴリー:

一生禁止されるなら「肉禁止」vs「酒禁止」どっちを選ぶ? - 09月18日(月)18:30 

(golubovy/iStock/Thinkstock)近頃では、夏の暑さやストレス、夏バテを解消する目的で、「暑気払い」や「残暑払い」と称した飲み会を聞くことが多くなった。主に、体に溜まった熱気や暑さをうち払い、スタミナや体力を付けることを名目とした宴会を指すため、肉料理のような、精力をつける食べ物と共にお酒を楽しむ集まりとして、楽しみにしている人もいるだろう。■「肉」vs「酒」一生禁止されるならどっちを選ぶ?ここで究極の選択。もし、「肉」か「酒」のどちらかを一生禁止されてしまうとしたら、どちらを選ぶだろうか?しらべぇ編集部では、全国20~60代の男女1,348名を対象に調査を実施した。©sirabee.com一生「酒禁止」を選んだ人は75.3%。4人に3人が飲酒を我慢すると答えている。一方で、「肉禁止」を選んだのは24.7%と大きく差が開いた。■高所得者ほど「酒禁止」がツラくなる?年代別では各年代で大きな差はないが、年収別では違いがハッキリ現れている。年収300万未満で「酒禁止」よりも「肉禁止」がいいと答えたのは20.0%。年収が高くなるにつれて「肉禁止」を選んだ人の割合が増えていき、1,000万以上では45.9%と、25ポイントも多く、半数に迫る。年収が高いほど酒禁止をいやがるのは、普段から、高所得者に飲酒や酒の席を大事にする傾向があるからだと予想できる。©...more
カテゴリー:

カミナリ、ドラマ初出演でどつき漫才!? 木村多江主演『ブラックリベンジ』 - 09月17日(日)05:00 

 お笑いコンビのカミナリが、女優・木村多江主演の読売テレビ・日本テレビ系『ブラックリベンジ』(毎週木曜 後11:59)で、ドラマ初出演を果たすことが明らかになった。木村演じるヒロインの同僚役で、劇中ではかれらの芸風を思わせる「どつき漫才」風のやりとりもみせている。 【写真】髪を25センチカットした主演の木村多江  “週刊誌”の世界を舞台に木村演じる敏腕記者・沙織が夫を陥れた人間を次々と追い詰めていく痛快な復讐劇。カミナリが演じるのは、沙織が所属する週刊誌編集部の同僚・田村雄大(竹内まなぶ)と岡島まこと(石田たくみ)。編集部内の名コンビで、とぼけた発言をする田村を岡島がフルスイングで叩くという役どころだ。  スクープ獲得で張り詰める編集部員たちを和ませる存在として、ドラマを盛り上げることが期待される2人。まなぶは「めちゃくちゃうれしいです! ドラマの後半には、物語の伏線となるようなギャグを演じたいです…といっても、多分そんなことはないと思うので、クスッと笑えて謙虚なギャグを披露していきたいです」と意外にも控えめ?   「クランクアップした時に『そーいえば一回もNG出してねぇーな!』と出演者、スタッフの皆さんに突っ込まれたいです。そのくらい完璧な演技をする自分を楽しみにしてます! 木村多江さんから休憩中にこっそり小声で『お芝居もしっかりできるのね!』とほめてもらえたらうれしいで...more
カテゴリー:

五木ひろしの「家族思いぶり」が深い 『サワコの朝』で阿川佐和子も思わず涙 - 09月16日(土)16:00 

(画像はYouTubeのスクリーンショット)16日に放送された『サワコの朝』(MBS/TBS系)に人気演歌歌手・五木ひろしが出演。家族に対する思いを赤裸々に告白し、話題を呼んでいる。■母の姿を見たから今の自分がある母親のために家を建てたり、『ザ・ベストテン』(TBS系)を実家から中継するほど母親思いな五木。それには、子供の頃のエピソードが影響しているようだ。阿川が「小さい頃にお母様が1人で子供4人を育てた。だから同じような家庭にはしたくなかった?」と、尋ねると五木は思いを告白。「そんな両親の姿を見てそれが励みになり、自分がそういう立場になったときには子供たちにはそんな姿は見せたくないし、同じ思いをさせたくない。過去の気持ちが今の自分の人生に繋がっていて、それがなかったら今の自分はない。子供が3人いるけどお父さん誇りに思ってますとかメッセージをもらうのが一番嬉しい」この思いに、阿川も涙を浮かべた。五木は自分のためでなく、育ててくれた母や支えてくれる家族のために歌を頑張り続けるようだ。■ネット民も感動ネットでは、「五木ひろしの生き様に感動」など感動の声が目立つ。本日のサワコの朝に出演した、五木ひろしさんの今までの生き様の話に感動しました。長く歌手生活を続けて居られる理由がよく分かりました。これからも国民の心に残る人として、歌手生活を元気で続けて下さい。— 香風 (@EPqX...more
カテゴリー:

岡崎京子と小沢健二と水中、それは苦しい『下北沢ダイハード』今夜8話 - 09月15日(金)11:30 

毎回まったく違う物語が繰り広げられ、見るまで(回によっては見始めても)これがどんなジャンルのドラマなのかわからないおもしろさがある『下北沢ダイハード』。なかでも異色というべき第6話から第8話を振り返りたい。第6話の主役は"場"のエネルギー頭っからSFだったのが第6話「未来から来た男」。登場するのはいきなり全裸の佐藤二朗である。彼はシーモキーター。2037年、平和で合理的な世界を構築したスーパーコンピューター、mamazonによって過去に送り込まれた存在。この世界の抵抗勢力、サブカルゲリラの抹消のため、過去に遡ってその首謀者であるコヤマ・サラとサブカルとの出会いを防ぐのだ。と、ここまで要約を書いていても、突拍子もなさすぎて不安になる。だが、言ってしまえばこの回は「場」の物語だったように思う。主人公はサラでもシーモキーターでもなく、下北沢のヴィレッジヴァンガード、その場所だ。ガイドブックを握りしめて上京した田舎者が、ヴィレヴァンでサブカルという「上から抑圧されてきたカルチャー」に出会う。そこには新譜新刊に混じって、数十年前の音楽やマンガがあふれている。同じようにサブカルチャーを愛する人々が集う。そして片桐仁もいる。そんな場にあふれるエネルギー。これこそが下北沢の魅力なのだろう。90年代サブカルまみれサラがサブカルと出会うきっかけとなる一冊が、岡崎京子の『東京ガールズブラボー』だ。92年...more
カテゴリー:

DAIGO、BD役にやる気満々「どれだけブラックな存在になれるか」 - 09月19日(火)05:00 

 歌手で俳優のDAIGOが、10月5日からスタートする読売テレビ・日本テレビ系ドラマ『ブラックリベンジ』(毎週木曜 後11:59)に出演することが18日、わかった。腕利きの情報屋・城田純一を演じるDAIGOは「今回見せたいのはまさに『BD』、ブラックDAIGO。ブラックな役なので、どれだけブラックな存在になれるか。一日も早く、城田という役を演じるのではなく、感じたいです」と意気込んでいる。 【写真】髪を25センチカットした主演の木村多江  同ドラマは、主演の木村多江が演じる敏腕週刊誌ライター・沙織が、事実無根のスキャンダルで死に追いやられた夫を陥れた人間を次々と追い詰めていく復讐劇。DAIGO演じる城田は、沙織の上司である週刊誌編集長・天満(平山浩行)に雇われ、彼女の身辺を探ることに。沙織の正体に迫り、脅かす存在となっていく物語のキーパーソンだ。  「僕にとって、30代最後の作品になるかもしれない」と気合十分のDAIGOは「今回の役では、僕が普段使わない“とあるアイテム”を使うことになったので、とても楽しみです。皆さんもぜひ楽しみにしていてください」と予告。  「今作は、この現代に一石を投じる作品になるのではないでしょうか。木村多江さんとの共演は、とても光栄なことです。以前、多江さんが出演されていたドラマに僕も出たのですが、一緒のシーンがなかったのが悔しかったので、今作でリ...more
カテゴリー:

カミナリがまさかの連ドラレギュラー出演!「『そういえば一回もNG出してねぇ~な!』とツッコまれたいです」 - 09月18日(月)11:37 

10月4日(木)より、日本テレビ系にてスタートする新ドラマ「ブラックリベンジ」(毎週木曜夜11:59-0:54)。同ドラマで、主人公・沙織(木村多江)が所属する雑誌「週刊星流」編集部の一員として、カミナリが2人そろって出演することが明らかになった。 【写真を見る】木村多江演じる沙織とカミナリが、どのようなカラミを見せるのか注目!/(C)YTV スキャンダルを暴く週刊誌の世界を舞台とする本作は、捏造(ねつぞう)されたスキャンダルにより夫・圭吾(高橋光臣)を亡くした沙織が、週刊誌の記者となり夫を陥れた人物に次々とスキャンダルで復讐(ふくしゅう)していく物語。 その取材力から昨今“文春砲”として恐れられている、「週刊文春」の元エース記者・中村竜太郎氏が監修として参加。スキャンダル取材の進め方など、リアルな裏側も丁寧に描いていく。 カミナリの2人が演じるのは、沙織と同じ「週刊星流」の編集部員・田村雄大(竹内まなぶ)と岡島まこと(石田たくみ)。編集部内の名コンビで、とぼけた発言をする雄大をまことがフルスイングでたたくという、おなじみの「どつき漫才」を思わせるやりとりも披露。スクープ獲得で張り詰める編集部員たちを和ませる存在として、ドラマを盛り上げていく。 初めてのドラマにしてレギュラー出演という大抜てきに、まなぶは「めちゃくちゃうれしいです! ドラマの後半には、物語の伏線となるようなギャグを...more
カテゴリー:

高橋一生主演、齊藤工監督作「blank13」ウラジオストク国際映画祭で快挙! - 09月16日(土)17:30 

 俳優・斎藤工が「齊藤工」名義でメガホンをとった長編監督デビュー作「blank13」が9月16日、東京・台東区で開催中の「第10回したまちコメディ映画祭in台東」(通称:したコメ)のオープニング作品として上映され、齊藤監督をはじめ主演の高橋一生、共演の神野三鈴、金子ノブアキが浅草公会堂での舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】そのほかの画像はこちら  放送作家・はしもとこうじ氏の実話を基にした家族の物語。13年間行方不明だった父親と心の溝を埋められずにいた家族が、父の死後、葬儀の参列者が語る思い出話を通して“13年間の真実”を知る。高橋が主人公・松田コージ役を演じ、齊藤監督はコージの兄役で出演もしている。  4人が登壇するなり場内は大歓声に包まれ、高橋が「よろしくお願いします」と挨拶するだけで女性客から大声援が飛び交うなど、改めてその人気の高さを見せつけた。1分間限定で観客による写真撮影も許可され、登壇陣は客席に向かってにこやかに手を振り続けていた。  この日は齊藤監督の口から、コンペ部門に出品されたウラジオストク国際映画祭(ロシア)で、快挙を達成したことが明かされた。「昨日の深夜、ウラジオストック国際映画祭で、今作の高橋一生さんとリリー(・フランキー)さん、そしてなぜか僕もベストアクター賞を受賞しました。ロシアの方たちが奇妙な愛着を持ってくださったみたいで、何か賞を...more
カテゴリー:

高橋光臣『ブラックリベンジ』出演決定 木村多江を復讐へ駆り立てる - 09月16日(土)05:00 

 女優・木村多江が民放ドラマ初主演を飾る読売テレビ・日本テレ系『ブラックリベンジ』(毎週木曜 後11:59)に、俳優の高橋光臣が出演することが明らかになった。木村を復讐へと駆り立てる亡き夫を演じる。 【写真】髪を25センチカットした主演の木村多江  “週刊誌”の世界を舞台に木村演じる敏腕記者・沙織が夫を陥れた人間を次々と追い詰めていく痛快な復讐劇。高橋が演じるのは、沙織の亡き夫・寺田圭吾。5年前、将来を嘱望されながら、身に覚えのないスキャンダルが報じられて自ら命を絶った政治家で、死の直前に自分を陥れた3人の人物について告白する動画を残す。彼の怨念が、沙織を復讐に向かわせるきっかけとなり、物語が進につれ沙織も知らなかった圭吾の秘密が明かされていく。  高橋は「現実の政治の世界でも、政治と金、不倫、政治家同士の潰しあいが日々ニュースになっている昨今。私演じる寺田圭吾も、その部分においては最大限の注意を払っていたにも関わらず、最も信頼する同士にはめられ、裏切られ、地獄の底に突き落とされる。そして寺田圭吾は死に際に、最後の足掻き(復讐)を、最愛の人に託す。そんな歪んだ愛を、怨みの坩堝(るつぼ)の中で表現したいと思っています」と役ヘ気合十分。  共演の木村についても「この作品でご一緒して、ますます魅了されています。大人の静かな色気に品があってとても美しい方。いつも気さくに話してくださ...more
カテゴリー:

小栗旬「昔ケミカルジーンズ履いてた」デニムのスペシャリストと意気投合 - 09月14日(木)16:00 

 俳優の小栗旬が9月14日、東京・KDDIホールで行われた、イメージキャラクターを務めるカジュアルウェア専門店「ライトオン(Right-On)」の新CM発表会に出席した。 ・イベントの模様はこちら!  トークコーナーには、ジーンズのスペシャリストとして同社取締役・経営企画本部本部長の藤原祐介氏も登壇した。小栗が、「藤原さんのこだわりや、デニムのスペシャリストになるまでの歴史が聞きたいです」と興味津々で身を乗り出すと、藤原氏は「初めて買ったジーンズは、中1くらいだったと思うのですが、80年代当時流行っていたケミカルジーンズ。ダボダボのジーンズだった」と告白。これを受け、小栗も「僕とそこまで世代が変わらないと思うのですが、僕も昔ケミカルジーンズを履いていたなって思い出がありますね。むちゃくちゃ流行りましたもんね」と同調した。  同社の新ブランドコンセプト「JEANS PLANET」をCGで表現した新CM「ジーンズの惑星篇」は、同社オリジナルブランド「BACK NUMBER」のベーシックジーンズとデニムジャケットをまとった小栗が、“ジーンズの惑星”を歩く姿を映し出す。この日の小栗の衣装も、同ブランドによるデニムのセットアップ。「同ブランドを着た感想」を問われた小栗は、「僕は着心地にこだわってしまうので、ストレスなく着れる感じがいいと思います」とほほ笑んだ。  さらに、「ジーンズを...more
カテゴリー:

もっと見る

「佐藤二朗」の画像

もっと見る

「佐藤二朗」の動画

Wikipedia

佐藤 二朗(さとう じろう、1969年5月7日 - )は、日本俳優脚本家映画監督愛知県春日井市生まれ、愛知郡東郷町育ち。

フロム・ファーストプロダクション所属。身長181cm、体重75kg。血液型はA型。信州大学経済学部卒業。

人物・来歴

大学卒業後、新卒で大手広告代理店に入社したが、入社式の雰囲気に違和感を覚え、入社日と同日に退職して帰郷。その後、劇団附属の俳優養成所に入所するが、1年後の入団試験に落ちたため、別の劇団に入団するも1年で辞めてしまう。

「俳優への適性がない」と感じ、小さな広告代理店に再就職し、営業として部署トップの成績を残す。が、俳優への思いを捨てきれず、1996年に演劇ユニット「ちからわざ」を旗揚げし、全公演で作・出演を担当するなど、会社勤めをしながら俳優活動を開始。

28・9歳の頃、鈴木...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる