「佐渡裕」とは?

関連ニュース

【舞台】小栗旬、父・哲家さんと初“共演”  哲家さんは「気恥ずかしくて、は、は、は」 - 10月19日(木)05:59  mnewsplus

2017年10月18日 / 11:39 小栗旬、父・哲家さんと初“共演”  哲家さんは「気恥ずかしくて、は、は、は」  師走の風物詩、ベートーベンの「交響曲第9番」、通称「第九」を1万人が合唱するコンサート「サントリー1万人の第九」。1983年に始まり35回目を迎える今年、朗読ゲストとして俳優の小栗旬が出演することが、18日分かった。  「サントリー1万人の第九」は、小栗の父で舞台監督の小栗哲家(てつや)さんが演出を務める。哲家さんは、99年(第17回)から「サントリー1万人の第九」の演出を担当。ともに活躍中...
»続きを読む
カテゴリー:

小栗旬『1万人の第九』で朗読 父・哲家氏演出のステージに初出演 - 10月18日(水)10:32 

 俳優の小栗旬(34)が、年末恒例『サントリー1万人の第九』に今年の朗読ゲストとして出演することが18日、明らかになった。舞台監督の父・哲家(てつや、68)氏が演出するコンサートに初出演を果たす。 【写真】小栗旬、妻・山田優の手料理&愛娘と親子ショット  1983年に始まり、今年35回目となる同イベントは、ベートーヴェンの「交響曲第9番」、通称「第九」を1万人が合唱するコンサートで、世界的指揮者の佐渡裕が総監督・指揮を務める。合唱団は一般人から参加者を募り、各地でのレッスンを経て本番に挑む。毎年12月の第1日曜日に行い、今では年末に欠かせない行事の一つ。2013年から始まった “詩の朗読”では、第4楽章で合唱されるシラーの詩「歓喜に寄せて」を翻訳した「よろこびのうた」を朗読ゲストが1万人の前で読み上げ、これまで仲間由紀恵、井川遙、栗山千明、佐々木蔵之介が朗読を務めてきた。  今年の朗読を担当する旬と演出の哲家氏が、同じ舞台で仕事をするのは今回が初。旬は「自分と同じ月日を生きてきている公演に、参加させていただけることに運命的なことを感じています。35回目の公演に少しでも花を添えられるように頑張りたいと思います」と意気込み。一方の哲家氏は「ビックリしています。どのような顔をして打ち合わせしていいのか。気恥ずかしくて、は、は、はです。しかしながら、少し心配です」と息子との“初共演”...more
カテゴリー:

小栗旬、父・哲家さんと初共演  哲家さんは「気恥ずかしくて、は、は、は」 - 10月18日(水)11:39 

 師走の風物詩、ベートーヴェンの「交響曲第9番」、通称「第九」を1万人が合唱するコンサート「サントリー1万人の第九」。1983年に始まり35回目を迎える今年、朗読ゲストとして俳優の小栗旬が出演することが、18日分かった。  「サントリー1万人の第九」は、小栗の父で舞台監督の小栗哲家(てつや)さんが演出を務める。哲家さんは、99年(第17回)から「サントリー1万人の第九」の演出を担当。ともに活躍中の2人だが今まで同じ舞台に立ったことはなく、今回“親子共演”が初めて実現することになった。総監督・指揮は、世界的指揮者の佐渡裕さん。   2013年から始まった “詩の朗読”では、第九の第四楽章で合唱されるシラーの詩「歓喜に寄せて」を翻訳した「よろこびのうた」を、朗読ゲストが1万人の前で読み上げる。これまで、仲間由紀恵、井川遙、栗山千明、佐々木蔵之介などが朗読ゲストを務めてきた。  小栗は「自分と同じ月日を生きてきている公演に参加させていただけることに、運命的なことを感じています。35回目の公演に少しでも花を添えられるように頑張りたいと思います」、哲家さんは「ビックリしています。どのような顔をして打ち合わせしていいのか。気恥ずかしくて、は、は、はです。しかしながら、少し心配です」とちゃめっ気たっぷりのコメントを寄せている。【関連記事】 ・小栗旬、デニムのこだわり明かす 重要視するのは「着心地...more
カテゴリー:

SKO きょう初公演 沖縄市民会館 県内ジュニアオケ参加 - 10月08日(日)05:00 

 【沖縄】8日開催の世界的指揮者の佐渡裕さんが指導する小中高生による「スーパーキッズ・オーケストラ(SKO)」の沖縄初公演(主催・琉球新報社、共催・沖縄市、まちづくりNPOコザまち社中、協賛・沖縄ツーリスト)に向けた合同練習が7日、公演会場の沖縄市民会館であった。小学4年から高校3年までのSKO...
カテゴリー:

「佐渡裕」の画像

もっと見る

「佐渡裕」の動画

Wikipedia

佐渡 裕 (さど ゆたか、1961年5月13日 - )は、日本指揮者京都府京都市出身。兵庫県立芸術文化センター芸術監督、シエナ・ウインド・オーケストラ及びウィーン・トーンキュンストラー管弦楽団首席指揮者。

来歴・人物

京都市立堀川高等学校音楽課程(現京都市立京都堀川音楽高等学校)を経て京都市立芸術大学音楽学部フルート科卒業。

京都市立芸術大学...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる