「佐久間由衣」とは?

関連ニュース

加藤諒、ひと型ロボットに 地上波ドラマ初出演の竹達彩奈と共演 - 12月13日(水)22:25 

 俳優の加藤諒と声優・歌手の竹達彩奈が、NHK総合で28日に放送される『ちょい☆ドラ2017~人生でエモいことは10分で起こる~』(後10:00)に出演する。番組は、10分で「ちょい」と見られるドラマを5本まとめて放送する企画。加藤と竹達は、5本のドラマをつなぐミニドラマ「ロボカトー中島と花沢さん!」に登場する。竹達は、地上波ドラマに初出演となる。 【場面写真】ひと型ロボットを演じる加藤諒  人間の心を調べるために高田博士によって作られた超高性能ロボット「ロボカトー中島」(加藤)。ロボットである事を隠し、人間社会に潜り込んだ中島の高性能アンテナは、なぜか同僚の人間・花沢さん(竹達)の強い信号をキャッチ。そこで中島は気になる花沢さんを“宅飲み”に誘うのだった…。そして、12月28日、夜10時。食事もひと段落し、帰り支度をはじめる花沢さん。このまま花沢さんを帰したくない! 何か愉しいことを見つけなくては! そんな中島の検索にひっかかったのが『ちょい☆ドラ』だった。急いでテレビのスイッチを入れ、花沢さんの気持ちをつなぎとめようとする中島。バラエティー豊かな10分のミニドラマを一緒に見る中で、ロボカトー中島と花沢さんの仲はどこまで進展するのか。 ■『ちょい☆ドラ』ラインナップ ▼作品1「鼻歌ダンス」 日本版「ラ・ラ・ランド」を見せます!! でもここは日本。年末の飲み屋を舞台に、格差...more
カテゴリー:

【試写室】「明日の約束」食わず嫌いしていたら確実に後悔するドラマ - 12月12日(火)05:00 

「普通そうな人間が一番怖い」というのはかなり的を射た言葉な気がする。 【写真を見る】霧島(及川光博)の過去についても明らかに! ミッチーの表情が怖い…/(C)カンテレ それこそ見た目からして怖そうな人や見るからに怪しい人に限って実はいい人だったり、そういうフィルター越しに見ているからこそちょっとしたいいことをされただけで、「あ、あんちゃん…」と逆転でいい印象になったりする。 サスペンスでよく「こいつ犯人なんじゃない?」と最初に疑われる人は全然悪い人じゃなかったり、「ポロリ」という文字だけに釣られてよく読んだら「涙がポロリ」な話だったり、“ミスリード”やギャップって大事なんすよ。 各局で放送されているドラマやバラエティー、アニメなどを事前に完成DVDを見て、独断と偏見とジョークに満ちたレビューで番組の魅力を紹介する、WEBサイト・ザテレビジョン流「試写室」。 今回はいろいろな人が、「いい人に見えた人けど実は…」という裏の姿を見せてきた、毎週火曜夜9時から放送中の井上真央主演ドラマ「明日の約束」(フジ系)を取り上げる。 同ドラマは、井上演じる高校のスクールカウンセラー・藍沢日向が、ある不登校の男子生徒の不可解な死の原因を究明していくヒューマン・ミステリー。 “毒親”ともいえる過干渉な母親とのいびつな関係に悩んで育ってきた日向は、生徒の死からさまざまな問題と向き合い、人の心の闇と対峙(た...more
カテゴリー:

佐久間由衣がドラマ主演「楽しく笑いあふれた現場」 - 12月08日(金)17:56 

 女優佐久間由衣(22)が8日、埼玉県内で、主演するNHKBSプレミアム「越谷サイコー」(来年2月28日午後10時)のロケと会見を共演者の佐藤二朗、竹下景子と行った。祖母と暮らす主人公が、家の古い蔵に住む先祖の幽霊と出会うホームコメディ…
カテゴリー:

「明日の約束」8話。ほんのわずかな希望が見えたが、工藤阿須加だけは救われる気がしない、ミッチーは怖い - 12月12日(火)09:45 

フジテレビ系「明日の約束」(火曜21時~ 制作カンテレ)8話。真紀子(仲間由紀恵)の放置児・英美里(竹内愛紗)が、真紀子から離れるという選択をした。これは、第1話の希美香(山口まゆ)のときと同じケースだ。1話の希美香を振り返る「明日の約束」1話で、希美香は母親を捨てた。希美香の母・麗美(青山倫子)は離婚後、男遊びに夢中で希美香を放置していた。ネグレクトというやつだ。希美香は、母親に構ってもらいたくて万引きをして注意を引こうとするが、失敗。最終的に選んだのは、「母親を捨てる」という選択肢だった。これを正解と言い切るのは難しいが、希美香がポジティブになれたのは、間違いなくこの選択をしたからだ。希美香からの影響英美里は、物語を大きく動かすとんでもない行動に出た。母・真紀子が死んだ圭吾(遠藤健慎)の部屋を盗聴し、さらには圭吾の行動を縛っていた証拠の音声を週刊誌の記者・小嶋(青柳翔)に売ったのだ。これで真紀子の援護をしていた「鎌倉からイジメを根絶する会」は、この件から手を引く。ネット上は、真紀子の悪評で溢れた。「もう児童相談所にはメールした。母親はネグレクト、父親は愛人作って別居状態。こんな家じゃまともに生きていけません。結局、私のことは見てくれなかったし、声も聞いてくれなかった」英美里が両親に向けて言ったセリフ。全てをぶち撒けるという、真紀子の視界に入るための最後の賭けだ。現時点で真紀子に...more
カテゴリー:

【ドラマ】埼玉発地域ドラマ 「越谷サイコー」の制作発表 NHK 来年2月28日午後10時からBSプレミアムで放送予定 - 12月09日(土)04:12  mnewsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171208/k10011251421000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_058 (リンク先に動画ニュースあり) 12月8日 18時20分 埼玉県越谷市を舞台にNHKさいたま放送局が制作する地域ドラマ、「越谷サイコー」の制作発表がさいたま市で行われました。 地域ドラマ「越谷サイコー」は、江戸時代に日光街道の宿場町として栄えた越谷市を舞台に、主人公の女性と祖母、そして古い蔵に居ついた先祖の幽霊が織りなすホームコメディーです。 8日はさいたま市岩槻区の撮影現場で制作発表が行われ、主...
»続きを読む
カテゴリー:

佐久間由衣、ドラマ初主演でNHKに帰還「自分にできることをやっていけたら」 - 12月08日(金)13:26 

 女優の佐久間由衣が8日、埼玉県内で行われたBSプレミアムNHK埼玉発地域ドラマ『越谷サイコー』(2月28日、後10:00)の取材会に出席した。今年、連続テレビ小説『ひよっこ』の時子役でブレイクした佐久間が、ドラマ初主演作として同局に“帰還”。「緊張だったりワクワクもあるんですけど、『ひよっこ』で関わらせて頂いたスタッフの方や共演者もいらっしゃるので、そういう方たちにたくさん力を借りて自分にできることをやっていけたら」と気持ちを新たにした。  越谷市の住宅販売会社に勤める加奈子(佐久間)は雑貨店を営む古い家に祖母・良枝(竹下景子)と2人暮らし。ある日、加奈子は古い蔵のなかで先祖の幽霊・伝助(佐藤二朗)と出会う。伝統ある家から出たい加奈子は伝助を利用して自分の家を売ろうとする…という“越谷発”ホームコメディー。  現在も「まだ少しだけ『ひよっこ』の余韻といいますか、『時子ちゃんだよね』と話かけていただいたりまだ心の中にある」と、その影響力の大きさを実感する佐久間。「今回の加奈子という役は違って、普通の女の子に近いというか一般的な考え方を持っている」と今回演じる加奈子役を分析。「私のなかでチャレンジです」と“等身大”の役柄に奮起した。  取材会では77歳のおばあちゃんを演じる竹下と、江戸時代の幽霊の扮装をした佐藤も参加。佐藤は「350年、蔵のなかにいるので、言葉は『拙者』とか『ご...more
カテゴリー:

「佐久間由衣」の画像

もっと見る

「佐久間由衣」の動画

Wikipedia

佐久間 由衣(さくま ゆい、1995年3月10日 - )は、日本ファッションモデル、女優。愛称は、さくちゃん神奈川県出身。プラチナムプロダクション所属。

略歴

2013年、ファッション雑誌ViViの専属モデルオーディションにマネージャーの薦めで応募。同年9月28日、Girls Award'13A/W(於:国立代々木競技場第一体育館)内で行われた公開オーディションでグランプリに選ばれ、同年10月23日発売の同誌12月号で紹介された。本人いわく「ViViモデルになれなかったら海外に移住しようかと思った」そうである。

モデル業の傍ら2014年には映画人狼ゲーム ビーストサイドに出演、自身初の女優活動となった。

2015年にはフジテレビ系土ドラトランジットガールズでドラマ初主演を飾っている。

2017年前期NHK...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる