「佐々木蔵之介」とは?

関連ニュース

神木隆之介と染谷将太は相思相愛!?『3月のライオン』舞台挨拶 - 03月19日(日)10:01 

 『3月のライオン』の【前編】が18日東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで公開初日を迎え、主演の神木隆之介、共演の有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、板谷由夏、中村倫也、新津ちせ、そして大友啓史監督が舞台挨拶に立った。
in English
カテゴリー:

神木隆之介、倉科カナから「こたつで寝ている姿が愛らしい」と言われて大照れ! - 03月18日(土)16:22 

羽海野チカの大ベストセラーコミックを実写映画化した『3月のライオン 前編』の初日舞台挨拶が3月18日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、板谷由夏、中村倫也、新津ちせ、大友啓史監督が登壇。倉科から「かわいらしい」と言われた神木が、「どうも」と大照れの様子を見せた。 【写真を見る】倉科カナ、イエローのノースリーブドレスがセクシー!有村架純はストライプのドレスをセレクト 本作は、17歳のプロ棋士・零が近隣の町に住む3姉妹や数々の対局を通して成長していく姿を描く物語。この日は“愛”を描く映画にちなみ、撮影中に「この人、愛おしいなと思ったエピソード」を披露することとなった。 倉科は「神木くんがこたつでポカポカ寝ている姿は愛らしいなぁと思った。どこでも寝ているんです」と撮影現場での神木の様子を報告しつつ、「ポカポカオーラをすごい出してらっしゃって、かわいらしかったです」とにっこり。神木は「ああ、どうも…」と照れ笑いを見せていた。 その神木は「染谷将太が愛らしいと思います!愛おしいです!」と元気に告白。劇中で染谷は零のライバルにして親友の二海堂を演じていたが、神木は「いつもは僕が『染めちゃん、染めちゃん』と行く方なんですが、映画のなかではそれが逆だった。がっつり肩とか組んで、すごいうれしかった。二海堂の人間...more
in English
カテゴリー:

【映画コラム】主人公・零を取り巻く個性豊かな群像劇『3月のライオン 前編』 - 03月18日(土)16:21 

 本作は、17歳の将棋のプロ棋士、桐山零(神木隆之介)と、彼をめぐる人々の物語。羽海野チカの原作漫画は先にテレビアニメ化されたが、今回は、大友啓史監督が『るろうに剣心』に続いて二部作として映画化した。 幼いころに事故で両親と妹を失い、父の友人の棋士(豊川悦司)の家に引き取られ…という過酷な運命を背負った零が、三姉妹をはじめとする、下町の人々の人情に触れて癒やされていく姿が印象的。その絶望と希望のコントラストの妙が本作の見どころの一つになる。月島など東京の下町の風情が残る街でのロケも効果的だ。 それに加えて、本作は零の将棋に懸ける情熱やライバルたちとの関係を描き込んでいく。羽生善治、村山聖をモデルにしたとも思える、宗谷(加瀬亮)や二階堂(染谷将太)が登場するため、昨年公開された『聖の青春』とイメージが重なる部分があるのは否めない。 ところが、『聖の青春』が羽生と村山の関係に絞って描いていたのに対して、本作は零と相対する複数の棋士の存在を際立たせているため、個性豊かな群像劇を見ているような気分にさせられる。 特に対局シーンは表情やしぐさで状況を表現する役者の腕の見せどころ。神木、伊藤英明、佐々木蔵之介らが健闘を見せ、将棋のルールを知らなくても、彼らが必死に戦う姿に思わず興奮させられ、盤上の格闘技とも呼ばれる将棋の真髄を垣間見る思いがする。 それぞれに心の傷や屈託を持った登場人物たちが、...more
in English
カテゴリー:

神木隆之介&染谷将太、相思相愛!「3月のライオン」初日に互いを「愛らしい」 - 03月18日(土)12:50 

 羽海野チカ氏の人気漫画を実写映画化した「3月のライオン 前編」が3月18日、全国293スクリーンで公開初日を迎え、主演の神木隆之介をはじめ共演の有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、板谷由夏、中村倫也、子役の新津ちせちゃん、大友啓史監督が東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズでの舞台挨拶に出席した。 ・【フォトギャラリー】神木隆之介、有村架純、染谷将太らが出席した舞台挨拶、その他の写真はこちら  幼いころに家族を亡くした高校生プロ棋士・零(神木)が、東京の下町に住む川本3姉妹(倉科&清原&ちせちゃん)、ライバル棋士らと心を通わせ、切磋琢磨し合うなかで成長する姿を描いた。初日に寄せ、神木は「楽しみな気持ち、不安な気持ちありましたが、この日を迎えられて幸せだなと思います」としみじみと語り、大友監督は「テレビから映画に移って8作目。映画では初号試写や完成披露などで『おめでとうございます』と言ってもらえる。ドラマでは、ないことでした」とご機嫌だ。  作品のテーマである“愛”にちなみ、登壇陣には「愛らしいと思った人は?」との質問が。神木は「二海堂を演じた染谷将太が、愛おしいです!」と即答し、「いつも僕が『染ちゃん、染ちゃん』と言う方なんですが、今回の映画ではそれが逆で! ガッツリ肩とか組んで来てくれて、嬉しかったですねえ」とニヤケっぱなしだ。一方の染谷も...more
in English
カテゴリー:

『3月のライオン』初心者へ向けた神木隆之介=桐山零の再現度を解説 - 03月18日(土)10:34 

神木隆之介が少年プロ棋士を演じる映画『3月のライオン 前編』が、いよいよ本日から公開!マンガ原作の実写作品には原作ファンからの賛否両論がつきまとうのが常だが、本作は今年で連載スタートから10年を迎える羽海野チカのベストセラー・コミックが原作だけにその注目度も実に高い。 【写真を見る】川本3姉妹&桐山零の癒し系ショットはこちら/[c]2017 映画「3月のライオン」製作委員会 中でも、本作の主人公・桐山零役を務める神木はその“因襲”から免れ、「再現度がすごい!」と話題に。今回は「映画は見たいけど原作は未読…」という初心者に向けて、神木による“零”への見事ななり切りっぷりを解説したい。 まず、再現度に繋がる一番の理由は、神木のビジュアルが原作の零とそっくりであること。細身で小柄ということはもちろん、零のトレードマークである“黒髪と黒ブチメガネ”が似合うことは容易に想像がつく。劇中の髪型は「零は身ぎれいに整えないであろう」というヘアメイクスタッフの案で、神木が自身でカッティング。スタイリストの手はほとんど入っていない状態で、ややモサっとした零のビジュアルが完成している。 しかし、ただの見掛け倒しで終わっていないのは、子役時代から培ってきた神木の演技力ゆえ。現在23歳の神木だが、10代である零の思春期ならではの危うさや不安定さを、微かな表情やセリフの言い回しで表現する演技力には圧倒されるは...more
in English
カテゴリー:

有村架純、魔女と呼ばれるも天才子役にメロメロ!「天使です」 - 03月19日(日)07:00 

2017年最大の話題作ともいわれる映画「3月のライオン」の前編が、3月18日に東京・TOHOシネマズ六本木ヒルズで公開初日を迎え、主演の神木隆之介、共演の有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、板谷由夏、中村倫也、新津ちせ、そして大友啓史監督が舞台あいさつを行った。 【写真を見る】神木隆之介、有村架純らが玉入れ対決で真剣勝負!/(C)2017 映画「3月のライオン」製作委員会 “愛”がテーマの作品にちなんで「いとおしいと思った共演者」を聞かれ、神木は即答で「染谷将太がいとおしい。普段は僕からカラミに行く方だけど映画では逆。染ちゃんが演じた二海堂の人間性がすてき。泣いてくれたり喜んでくれたり、それを演じる染谷将太がいとおしい」と熱烈ラブコールを送る。 一方、染谷は「台本に書かれていた事だからね」とクールに受けながらも「もちろん僕も神木くん。相思相愛。現場に着くと笑顔で迎えてくれてリラックスする。心も落ち着く」と返礼。すると、神木は「良かった、良かった、相思相愛で」と胸をなで下ろし、隣の有村から「場所変わる?」と気遣われていた。 その有村は、新津の名前を挙げ「演じている役柄にちなんで私は“魔女”と呼ばれていて、さっきも“魔女~!”と抱き付いてきた。一気にほわっと気持ちが安らいだ。天使です」と天才子役の無邪気さにメロメロ。その新津は清原がいとおしいそうで「...more
in English
カテゴリー:

神木隆之介、倉科カナから「こたつで寝ている姿が愛らしい」と言われて大照れ! - 03月18日(土)16:22 

羽海野チカの大ベストセラーコミックを実写映画化した『3月のライオン 前編』の初日舞台挨拶が3月18日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、豊川悦司、前田吟、板谷由夏、中村...続きを読む
in English
カテゴリー:

神木隆之介「染谷将太がいとおしいです」 豊川悦司「神木くんはすごい役者になる」 - 03月18日(土)14:29 

 映画『3月のライオン』前編初日舞台あいさつが18日、東京都内で行われ、出演者の神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、豊川悦司ほかが登場した。 本作は、17歳の将棋のプロ棋士・桐山零(神木)と、彼をめぐる人々の終わりなき冒険の物語。 本作のテーマの一つである「愛」にちなみ、「撮影期間中に、いとおしいなと思った出演者は誰?」と聞かれると、神木は「僕は染谷将太がいとおしいです」と回答。 神木は、零のライバルであり“心友”の棋士を演じた染谷に対し「いつもは僕が『染ちゃん、染ちゃん』って行く方なんですけど、映画の中ではそれが逆で。がっつり肩とか組んでうれしかったし、桐山のために泣いてくれたり、喜んでくれたり、悲しんでくれたり…。それを演じている染谷が僕はいとおしいです」と告白した。 一方の染谷も「もちろん神木くんですよ。現場に着くといつも笑顔で迎えてくれて、リラックスするんですよ。心が落ち着くし」と思いを明かすと、神木も「相思相愛で良かったよ~」とご満悦の様子だった。 また、豊川は神木について「神木くんが小学生のころに『妖怪大戦争』っていう映画で戦ったことがあるんですけど、あのころは天才子役って呼ばれていて。今は“子役”って字が取れて、天才ペラペラ役者になっていますけど、現場では素晴らしい座長感を持って、一人一人に笑顔を向けて、すごいなって思いました」と絶賛した。 さらに「神木くんが、...more
in English
カテゴリー:

豊川悦司、神木隆之介の成長ぶりに感慨「天才ペラペラ俳優になった」 - 03月18日(土)12:40 

 俳優の豊川悦司が18日、都内で行われた映画『3月のライオン』【前編】初日舞台あいさつに登壇。同作で主人公・桐山零を演じた神木隆之介を「神木くんが小学生頃に『妖怪大戦争』っていう映画で戦ったことがあるんですけど、その頃は『天才子役』って呼ばれていた。今は、子役という字が取れて『天才ペラペラ役者』になっています」と絶賛した。  神木の主役としての佇まいにも言及し「本当に座長感をもって、現場でもスタッフやキャストみんなに笑顔を向けて、何かスゴいなって思いましたね」としみじみ。「現場で神木くんと有村(架純)が楽しそうに話をしていて、その時に神木くんが『誕生日なのにひとりぼっちっで、コンビニでチョコを買って食べた』っていう話を聞いて、コイツはスゴい役者になるなと…」と笑顔で話すと、神木も「めっちゃ笑っているじゃないですか! でも、ありがたい言葉ですね」とツッコみながら喜びをかみしめていた。  羽海野チカ氏のベストセラーコミックを原作にした同作は、17歳の将棋のプロ棋士ながら孤独を抱える桐山零(神木)を中心に、彼のまわりの人々の交流や将棋の厳しい世界を描く。舞台あいさつにはそのほか、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、前田吟、板谷由夏、中村倫也、新津ちせ、大友啓史監督も登壇。同作の後編は4月22日より公開される。 【関連記事】 【写真】『君の名は。』新海誠監督の娘…...more
in English
カテゴリー:

【映画】野村萬斎主演「花戦さ」の予告解禁、豊臣秀吉、織田信長、千利休、前田利家ら登場 - 03月17日(金)20:00 

http://natalie.mu/eiga/news/224981 2017年3月17日 15:00 野村萬斎の主演作「花戦さ」の予告編がYouTubeにて解禁。あわせてポスタービジュアルも公開された。 篠原哲雄がメガホンを取った本作は、戦乱で荒れ果てた京都を舞台にした時代劇エンタテインメント。 花を生けることで人々の心に平穏をもたらす花僧・池坊専好を萬斎が演じ、そのほかキャストには市川猿之助、中井貴一、佐々木蔵之介、佐藤浩市らが名を連ねる。 このたび公開された予告編では、専好をはじめ豊臣秀吉、織田信長、千利休、前田利家が映し出されていく。 ...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「佐々木蔵之介」の画像

もっと見る

「佐々木蔵之介」の動画

Wikipedia

佐々木 蔵之介(ささき くらのすけ、1968年2月4日 - )は、日本俳優である。本名、佐々木 秀明(ささき ひであき)。京都府京都市出身。ケイファクトリー所属。神戸大学農学部卒業。

略歴

1968年、洛中に唯一残る京都市の造り酒屋・佐々木酒造の次男として生まれる。兄と弟がいる。

ノートルダム学院小学校京都市立二条中学校、洛南高等学校卒業。家業継承に向けて1988年、東京農業大学農学部に進学するも、3年次に神戸大学農学部に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる