「佐々木蔵之介」とは?

関連ニュース

中井貴一が坂田利夫を絶賛「チャーミングに歳をとりたい」 - 12月13日(水)13:49 

映画『百円の恋』の監督・武正晴と脚本家・足立紳が再びタッグを組んだ映画『嘘八百』の完成披露試写会が12月12日(火)大阪・TOHOシネマズなんばで行われた。舞台挨拶では主演の中井貴一と佐々木蔵之介が登壇した。 【写真を見る】満を持して登場した中井貴一 映画『嘘八百』は大阪・堺を舞台に大御所鑑定士に一杯食わされた古物商・小池則夫(中井貴一)と陶芸家・野田佐輔(佐々木蔵之介)がタッグを組んで「幻の利休の茶器」を仕立て、仕返しで一攫千金を狙うという物語。映画は来年1月5日(金)公開予定されている。 司会の紹介から壇上に上がった2人。ところがそこには中井の姿はなく、本作にも出演しているお笑い芸人・坂田利夫と佐々木が登場。坂田が「中井貴一でございます」と挨拶。贋作(がんさく)がテーマである本作にちなみ偽中井として観客の笑いを誘った。佐々木も「昨日からキャンペーンで一緒ですけど、何かが違いますね」と苦笑い。そして、「本物」の中井貴一も呼ばれて登壇し「芸歴36年のなかで師匠と共演できて最高でした」と挨拶すると、坂田は「心から『あーりがーとさーん』ですわ」とお馴染みのギャグで答えた。 本作の撮影で中井は「たくさんの先輩方と共演して『老いる』こともまんざら捨てたものじゃない。チャーミングに歳をとることを勉強させてもらった」と振り返る。坂田をアップで撮影しているときに、セリフを言うタイミングを陰から助...more
カテゴリー:

まるで本物?「嘘八百」で落ちぶれた陶芸家を演じた佐々木蔵之介の真剣陶芸シーン映像公開 - 12月13日(水)12:00 

名優・中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務めたコメディ「嘘八百」から、佐々木が見事な陶芸の腕前を披露している劇中シーンの映像が公開された。日本アカデミー賞で優秀作品賞と最優秀脚本賞を受賞した「...
カテゴリー:

「おんな城主直虎」48話。サラリーマン時代劇×戦国ミステリー=娯楽の極地 - 12月10日(日)09:45 

NHK 大河ドラマ「おんな城主 直虎」(作:森下佳子/毎週日曜 総合テレビ午後8時 BSプレミアム 午後6時)12月3日(日)放送 第48回「信長、浜松に来たいってよ」 演出:福井充広 素敵な幕開け駿河を手に入れた、チーム徳川が宴会しているときの忠次役、みのすけの踊りが、さり気なくいいノリをしている。青瓢箪的な忠次を素敵に演じているこの御仁は、ナイロン100℃の主要メンバーである一方で、音楽活動もやっていて、80年代は筋肉少女帯のメンバー(ドラムス)だったという、ユニークな経歴の持ち主。大人計画、グループ魂で演劇も音楽もやっている阿部サダヲ(家康役)に勝るとも劣らないというか、先輩格の実力派なのである。のっけから良いものを見せてもらった48回、本質は、明智光秀(光石研)による織田信長(市川海老蔵)暗殺計画が粛々と進行しているというハードさながら、表面的には、サブタイトル「信長、浜松に来たいってよ」にふさわしい、徳川による織田接待のドタバタ劇で見せる。歴史好きも、歴史はそんなに派も、両方楽しませてくれる。ついでに、なぜか、男たちのハダカがいっぱい出てくるサービスまで。最終回目前、テレビドラマという娯楽の名に賭けて、きちっと駆け抜けようと力が入っていることを感じる。 サラリーマン時代劇富士を拝んだり、遠江、三河の名所を見たりしたいという信長を、必死におもてなしする家康と家臣たちの姿を見...more
カテゴリー:

人の持つ気は目で見える!? 人気占い師が語る占い業界の常識とは? - 12月03日(日)20:00 

 どの世界にも常識といわれるものが存在するが、果たして私達の知らない占い業界の常識とは一体!? 11月27日(月)放送の“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、琉球風水志・シウマと魂の救済師・安沙蘭が一般的には知られていない占い業界のトリビアを紹介した。 ■“気”は人に宿ると目に見えるようになる!?   一般的に“気”はオーラのようなもので見える人にしか見えないと思われているが、シウマによると「“気”は単体では見えないが形あるものに宿ると誰にでも見えるようになる。」という。特に人に宿ると“気”は一気に見えるようになり、文字に表すと分かりやすい。病気、元気、活気など、挙げると日常で使っているものばかりだ。  また、シウマは「気さくな人、気難しい人など、私達は“気”で人を判断していることが多い。危ない場所や活気ある町なども、そこにいる人の雰囲気を見て判断している。」と語った。シウマの話を聞きMCの3人も「難しく考えすぎていた。勝手に見えないものだと思い込んでいたが、考え方が変わった。」と納得したようだ。 ■神社の鈴と夏の風物詩風鈴は同じ意味を持つものだった!?  安沙蘭によると「神社に下がっている鈴は神を呼ぶための呼び鈴ではない。自身に憑いている悪いものを祓って清めるためのもの。」だという。お参りの前に手を洗って口をゆすぐのと同じ意味合いなのだ...more
カテゴリー:

【芸能】<天海祐希と佐々木蔵之介>熱愛発覚か!?“熱愛疑惑”が再び浮上 - 11月20日(月)20:59  mnewsplus

あの大物女優と大物俳優の“熱愛疑惑”が再び浮上している。 「年明け1月に放送予定のスペシャルドラマで共演している天海祐希さんと佐々木蔵之介さんが、“やっぱり怪しい”と関係者の間で噂になっているんですよ。 2人の熱愛は2007年頃にもスポーツ紙などで報じられ、一部では『結婚秒読み』などと書き立てるメディアもありました。 しかし、昨年9月に放送された『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』(フジテレビ系)に佐々木さんがゲスト出演した際、2人は当時の騒動を振り返って、あくまで誤報だったことをネタにしていまし...
»続きを読む
カテゴリー:

まるで本物?「嘘八百」で落ちぶれた陶芸家を演じた佐々木蔵之介の真剣陶芸シーン映像公開 - 12月13日(水)12:00 

 名優・中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務めたコメディ「嘘八百」から、佐々木が見事な陶芸の腕前を披露している劇中シーンの映像が公開された。  日本アカデミー賞で優秀作品賞と最優秀脚本賞を受賞した「百円の恋」の監督・武正晴と脚本・足立紳が再タッグを組み、共同脚本にNHK連続テレビ小説などを手がける今井雅子も加わり送り出される今作は、大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商の小池則夫(中井)と落ちぶれた陶芸家の野田佐輔(佐々木)が、「千利休の幻の茶器」という真っ赤な嘘を仕立て上げ、一攫千金を狙うさまを描いた痛快エンタテインメント。  公開された映像は、佐々木演じる佐輔が茶器作りに熱中するシーンだ。人生に行き詰った則夫と佐輔の一発逆転の鍵となるのが、佐輔が作る利休の茶器の贋物で、佐輔を演じる佐々木は、多忙なスケジュールの中、たびたび鎌倉の陶芸家のもとまで通って指導を受け、練習を積み重ねたという。映像には、佐々木が力強く、手際よく土を練る姿が収められており、陶芸の腕前はもちろんのこと、時折アップで映し出される真剣なまなざしや腕の筋肉などから、佐々木の新たな魅力の一端も垣間見ることができる。  「嘘八百」は2018年1月5日から全国公開。 【作品情報】 ・嘘八百 【関連記事】 ・【動画】「嘘八百」佐々木蔵之介の陶芸シーン映像 ・贋作がとんでもない値段に!? 中井貴一×佐々木蔵之介「嘘八...more
カテゴリー:

中井貴一「最高に幸せ」坂田師匠から笑いの極意伝授 - 12月12日(火)19:49 

 中井貴一(56)と佐々木蔵之介(49)が12日、大阪市内で主演映画「嘘八百」(武正晴監督、来年1月5日公開)の舞台あいさつを行った。大阪・堺を舞台に目利きの古物商と落ちぶれた陶芸家が幻の利休の茶わんで一獲千金を狙うコメディー。スペシャ…
カテゴリー:

ワケアリイケメンが登場!! 占い進路相談でピタット解決!! - 12月04日(月)12:00 

 11月24日に放送された“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)内のコーナー、「ワケアリイケメン占い進路相談」では、さまざまなワケアリイケメンが登場し、悩みを相談した。今回登場したワケアリイケメンは、小学生の頃からモデルとして活動をしている大野将輝(20)だ。大野は、“恋愛ベタイケメン”で、「異性との距離感がつかめない」と悩みを相談した。 ■直感型の人は、空気を読む能力は高いが……  大野は、「すぐに友達にはなれるが、その先に発展しない」と話し、今後の恋愛運を相談。風水芸人・出雲阿国によると、大野は「直感型の人で察する能力が高い」と話し、「運はつかみやすいが、子どもっぽい性格」とのこと。「直感で動くことはいいことだが、待つことも大事」とアドバイスをした。本来、ノリが合わないと恋人に発展することは難しいものだが、直感型の人は深く考えずに、雰囲気で好きになってしまうことも多い。自分のノリをもっとアピールし、楽しみを共有できる人を見つけることが恋愛運アップに繋がるようだ。 ■今は初心にかえる時期!  ハッピーマイスター・クリスティーン デリコは、デリコ推命術の観点から「去年と今年は自分磨きの年」と解説した。また、モデルだけではなく役者や歌などでも活躍する大野に「どの仕事を深めていくか考えるのに、とてもいい時期」と話した。仕事を楽しむことで、恋愛も充実...more
カテゴリー:

最後の大物独身俳優 佐々木蔵之介が結婚間近? - 12月03日(日)19:00 

 福山雅治(48)が結婚した今、大物独身芸能人男性「最後の砦」とも称される佐々木蔵之介(49)。2018年にはついに50代に突入するが、いつまで「最後の砦」でいてくれるのだろう。“新感覚占いバラエティ”『ピタットTV』(占いTV:uranaitv.jp)では、佐々木の結婚について鑑定した。 ■佐々木の「運命の出会い」は40代に起きている  アラフィフになるまで独身を貫いてきた佐々木だが、決してモテないわけではない。過去には女優の小野真弓(36)と熱愛が報じられたし、その小野と破綻したのは佐々木が天海祐希(50)と浮気したからとウワサされたこともあった。そして天海とは、近ごろ「元サヤに収まった?」と再び熱愛報道が出た。佐々木が結婚するとしたら相手はやはり天海なのだろうか?  開運セラピストの紫月香帆は、「天海さんとは似たもの同士すぎて付き合うことはない。ただし今、天海さん以外に彼女がいそう」と占い結果をコメント。さらに、メンズ占い師ユニットnot for sale.のメンバーのHoshiは「佐々木さんは40代でいい出会いがあるはず。結婚自体はまだ先かもしれないけれど、運命の相手とはすでに出会っている可能性が高い。今が結婚のチャンス」と説明を加えた。  もし佐々木が結婚したら、福山の「ましゃロス」ならぬ「蔵ロス」に陥る女性が続出するだろう。『ピタットTV』(占いTV:uranaitv....more
カテゴリー:

「佐々木蔵之介」の画像

もっと見る

「佐々木蔵之介」の動画

Wikipedia

佐々木 蔵之介(ささき くらのすけ、1968年2月4日 - )は、日本俳優である。本名、佐々木 秀明(ささき ひであき)。京都府京都市出身。ケイファクトリー所属。神戸大学農学部卒業。

略歴

1968年、洛中に唯一残る京都市の造り酒屋・佐々木酒造の次男として生まれる。兄と弟がいる。

ノートルダム学院小学校京都市立二条中学校、洛南高等学校卒業。家業継承に向けて1988年、東京農業大学農学部に進学するも、3年次に神戸大学農学部に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる