「佐々木蔵之介」とは?

関連ニュース

ユーミン、荒井由美時代の楽曲軸にした舞台に意欲「今の実力で丁寧に歌いたい」 - 08月17日(木)16:30 

 シンガーソングライターの松任谷由実の楽曲と芝居が融合する東京・帝国劇場の舞台「朝陽の中で微笑んで」の製作発表が8月17日、都内で行われた。  由実と帝劇のコラボレーションは3年ぶり3度目。夫の松任谷正隆氏が荒井由美時代の1976年に発表したアルバム「14番目の月」に収録した楽曲をタイトルに脚本を書き下ろし、演出も担当する。  由実は同曲について、「永遠の中で一瞬の巡り合う2人を、バラードのメロディに乗せたかったのを覚えている。歌唱力を無視して作ったので、私の作品の中で最も歌うのが難しい曲」と苦笑い。それでも、「永遠や宇宙といったものを、初めて日本のポップスに取り入れたのは私だと自負している。歌を作った時の自分に戻れるよう、今の実力で丁寧に歌いたい」と抱負を述べた。  由実はストーリーテラーの役割も担い、生歌唱をバックに500年後の未来を舞台にした寺脇康文と宮澤佐江のラブストーリーを軸にしたファンタジックな物語が展開する。寺脇は「世界観が素晴らしくて、心が躍る。宇宙、死生観が大きなテーマとしてあって、設定は突飛なところもあるが差し引いても現実感がもてる。寺脇康文の新しい、ダークな側面が見ていただけると思う」と意欲を見せた。  宮澤はAKB48時代の2011年、NHK紅白歌合戦で由実が「春よ来い」を歌った際にバックで歌ったことがあり、「あの時が、一番テレビに映りたかった瞬間だ...more
カテゴリー:

友近・森川葵・前野朋哉も!中井貴一×佐々木蔵之介のコメディ『嘘八百』追加キャスト発表 - 08月16日(水)07:01 

(C)2018「嘘八百」製作委員会 日本映画界を代表する俳優・中井貴一×佐々木蔵之介のダブル主演で贈る『嘘八百』が、2018年1月より全国公開される。このたび追加キャストが発表され、友近、森川葵、前野朋哉、堀内敬子、坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣の出演が明らかになっ...
カテゴリー:

中井貴一&佐々木蔵之介が幻の茶器で一攫千金!?「嘘八百」予告編が完成 - 08月16日(水)07:00 

中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務めるコメディ映画「嘘八百」に友近、森川葵らが出演していることがわかった。あわせて、予告編が公開された。大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商の則夫(中井)と落ちぶ...
カテゴリー:

「ひよっこ」113話。田植えのやり方はカラダが覚えていた - 08月12日(土)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第19週「ただいま。おかえり。」第113回 8月11日(金)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎 博113話はこんな話雨の中、田植えがはじまった。手際よく苗を植える実(沢村一樹)を見て、家族は目を見張る。 笑って忘れる田植えだけで15分。この牧歌的なパターンは、「ひよっこ」では土曜日によくあること。113回は金曜日だが、祝日、3連休のはじまりの日なので、なっとくだ。家の傍らに、鯉のぼりがあって、5月らしさがそこにも出ていた。美術スタッフの細かい仕事が、故郷をより素敵なものに見せていた。「まだお父ちゃんには戻ってねえんだ」 そうちよ子(宮原和)が言うように、実は、弟の宗男(峯田和伸)のこともわからないし、きよ(柴田理恵)に初恋の相手だと冗談を言われても否定もできない。でも、自転車や水泳は一回覚えたら忘れないというのと同じく、田植えのやり方はカラダが覚えていた。「いいんだよ笑っちまえば」と豪快に笑い飛ばすきよ。「私だってさできることなら全部忘れちまいたよ、嫁に来てからのこと」と続ける君子(羽田美智子)。そういえば、以前、君子は、祭りの勢いで結婚してしまったらしきことをこぼしていたっけ。17話レビュー「強いね茨城の女は」とみね子がしみじみするが、女たちは、とにかく笑う。女たちの笑い声や...more
カテゴリー:

[明日のひよっこ]8月12日 第114回 みね子は再び東京へ! 喜ぶ鈴子&省吾に“ご報告” - 08月11日(金)13:00 

 有村架純さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」は第19週「ただいま。おかえり。」を放送。12日の第114回では、田植えを終え、帰京するみね子(有村さん)がすずふり亭に戻ると、喜ぶ鈴子(宮本信子さん)や省吾(佐々木蔵之介さん)らに、……
カテゴリー:

カチューシャにいまだ抵抗するも「早苗の、人の心や人生に踏み込んでいける勇気に憧れます」シシド・カフカ(久坂早苗)【「ひよっこ」インタビュー】 - 08月17日(木)08:30 

 NHKの連続テレビ小説「ひよっこ」で、ヒロイン谷田部みね子(有村架純)が暮らすあかね荘のユニークな住人の一人、久坂早苗を好演しているシシド・カフカ。歌手やドラマー、モデルの顔も持ちながら、近年はドラマや映画でドSキャラを演じることが定着したシシドが、本来の自分をさらけ出しながら、役への思いや撮影エピソードなどを語った。 -朝ドラ初出演ですが、オファーを受けた時の感想は?  最初に演技をさせていただいた時も驚きましたが、“朝ドラ”という自分から一番遠い場所に立つことを考えもしなかったので、「えっ? 私、出るんだ…」という感じでリアルではなかったです。 -実際に出演されてみて、気持ちは変わりましたか。  友人たちから連絡が来たりして、やっと現実と思えるようになりました。でも、途中参加だし、自分が出るまでの「ひよっこ」のファンでもあるので、ドラマを汚さないか本当に怖かった。だから最初は素直に見られなかったし、これからも不安は消えないと思います。 -早苗はズバズバものを言うことが災いして見合いを38回も断られている、謎多きオフィスレディーという設定ですが、今回も“Sキャラ”ですね。  最初は「また強い感じの女性か…」と思いましたが、詳しい人物像を知ってからは“強がっている”不器用な感じを表そうと、せりふのスピードや抑揚の付け方などを調整しました。ドラマでの強い女性役は3回目なの...more
カテゴリー:

中井貴一&佐々木蔵之介が幻の茶器で一攫千金!?「嘘八百」予告編が完成 - 08月16日(水)07:00 

 中井貴一と佐々木蔵之介がダブル主演を務めるコメディ映画「嘘八百」に友近、森川葵らが出演していることがわかった。あわせて、予告編が公開された。 ・【動画】「嘘八百」予告編  大阪・堺を舞台に、イカサマ古物商の則夫(中井)と落ちぶれた陶芸家の佐輔(佐々木)が、“幻の利休の茶器”で一発逆転の大勝負を仕掛ける姿を描く。賞レースを席巻した「百円の恋」の武正晴監督と脚本家・足立紳のコンビ、NHK連続テレビ小説などを手がける脚本家・今井雅子がチームを組んだ。  このほど出演が発表されたのは、佐輔(佐々木)の妻を演じる友近、則夫(中井)の娘を演じる森川のほか、前野朋哉、堀内敬子ら。坂田利夫、木下ほうか、塚地武雅、桂雀々、寺田農、芦屋小雁、近藤正臣らが脇を固める。  予告編では、骨董オークション会場で大御所鑑定士を相手に“幻の利休の茶器”という真っ赤なウソを吹き込む則夫が、偶然であった佐輔と一攫千金を企む様子が描かれ、ウソがウソを呼び、国をも巻き込む大騒動に発展していくさまがコミカルに展開される。則夫と佐輔が目の飛び出るような金額を盗み聞き、お互いの口をふさごうとするなど軽妙なやりとりが繰り広げられる。 【作品情報】 ・嘘八百 【関連記事】 ・【動画】「嘘八百」予告編 ・「百円の恋」監督&脚本が再タッグ!「嘘八百」主演に中井貴一&佐々木蔵之介 ・笑いと真摯に向き合った中井貴一×長澤まさ...more
カテゴリー:

【ひよっこ通信(20)】みね子、乙女寮メンバーと再会! クイズ番組にくぎ付け!? - 08月14日(月)07:15 

ついに実(沢村一樹)が奥茨城村に帰郷するという、歴史的瞬間を迎えた有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。前回の本通信で最高視聴率を更新したと伝えたばかりだが、早速その数字も超えて見せ、23.7%という数字をたたき出すなど、確実に日本列島は“ひよっこ熱”に包まれた感がある。(数字はビデオリサーチ調べ、関東地区) 【写真を見る】沢村一樹から有村架純へのぎこちない“頬ムギュ”シーンも大反響!/(C)NHK 8月7日からの第19週では、みね子(有村)と父・実が田植えの季節に合わせて奥茨城村に帰るというシーンが描かれた。実が茨城に戻ってすぐ、久々に乗車したバスでの車掌・次郎(松尾諭)とのやりとりや、実の父・茂(古谷一行)ら谷田部家の家族との久々の一家団らん。 そして、田植えシーンでの弟・宗男(峯田和伸)とのハグに、柴田理恵扮(ふん)する角谷きよによる「初恋の相手ネタ」など、谷田部家を取り巻く全ての人々による温かなまなざしと気遣いが実を優しく包み込み、みね子はもちろん、美代子(木村佳乃)も、そしてひよっこ記者も感激しきりだったべ。 本作のあらすじを毎週紹介する連載「ひよっこ通信」。今回は第20週『さて、問題です』の第115~119回までの1週間をまとめて予習する。 そんな中、ひよっこ記者が気になった人物は、みね子の妹&弟コンビ・ちよ子...more
カテゴリー:

[明日のひよっこ]8月12日 第114回 みね子は再び東京へ! 喜ぶ鈴子&省吾に“ご報告” - 08月11日(金)13:00 

 有村架純さん主演のNHK連続テレビ小説(朝ドラ)「ひよっこ」は第19週「ただいま。おかえり。」を放送。12日の第114回では、田植えを終え、帰京するみね子(有村さん)がすずふり亭に戻ると、喜ぶ鈴子(宮本信子さん)や省吾(佐々木蔵之介さん)らに、……
カテゴリー:

「ひよっこ」112話。お父ちゃん、帰郷して「谷田部実」という人生とに向き合う - 08月11日(金)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第19週「ただいま。おかえり。」第112回 8月10日(木)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:黒崎 博112話はこんな話明日は田植え。「新しい年のはじまりみてえなもんだ、明日は」実(沢村一樹)が良いタイミングで帰って来たと、茂(古谷一行)はあたたかい言葉をかける。田植えの日はあいにく雨だった「やっぱしお父ちゃんはお父ちゃんだよ。違う人になったわけじゃないよ」とみね子(有村架純)は美代子(木村佳乃)を励ます。浴衣はぴったりだし、好物のきんぴらごぼうを美味しく感じるし、実のカラダには記憶が残っている。みね子(有村架純)が実と再会した日は、土砂降りで(103話)、実が故郷に帰って田植えをする日も雨。世津子に拾われた日も雨で、やっぱり実は、記憶を失っている間は「雨男」なのか。おそらく、田植えのロケ日があいにくの雨で、でも他の日に変更ができないため、強行したと想像する。逆に、雨で自然がみずみずしく見えた上に、レインコートを着て作業する谷田部家の人たちに、いっそう愛おしさが募った。それに、雨もないと、作物は育たない。雨降って地固まるとも言う。今回の雨は、恵みの雨のような気がした。 実は故郷の良さを再認識する役割を担っている記憶喪失中、実は「雨男(あめお)」と呼ばれていた。田植えに出かける前、茂...more
カテゴリー:

もっと見る

「佐々木蔵之介」の画像

もっと見る

「佐々木蔵之介」の動画

Wikipedia

佐々木 蔵之介(ささき くらのすけ、1968年2月4日 - )は、日本俳優である。本名、佐々木 秀明(ささき ひであき)。京都府京都市出身。ケイファクトリー所属。神戸大学農学部卒業。

略歴

1968年、洛中に唯一残る京都市の造り酒屋・佐々木酒造の次男として生まれる。兄と弟がいる。

ノートルダム学院小学校京都市立二条中学校、洛南高等学校卒業。家業継承に向けて1988年、東京農業大学農学部に進学するも、3年次に神戸大学農学部に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる