「佐々木蔵之介」とは?

関連ニュース

映画「花戦さ」 佐藤浩市が語った「父・三國連太郎」と「利休」の因縁 - 06月29日(木)08:03 

■映画「花戦さ」公開記念 佐藤浩市が語る「三國連太郎」と「利休」の因縁(上)  俳優・佐藤浩市(56)を見ていると、年を経る毎に父・三國連太郎(享年90)と風貌が似てきたことを感じてしまう。その佐藤が「千利休」役に挑んだのが、現在公開中の映画「花戦(はないく)さ」だ。これを機に、作品の舞台裏、そして、亡父との“因縁”について語ってもらった。  *** 「『利休』になるために、お茶の作法の稽古を、1回2時間を3回、延べで5〜6時間しましたね。表千家の先生に教えを乞いまして。撮影現場にも先生がいらっしゃって、モニターを見て納得される声が聞こえてきたので、うまくやれたかな、と思っていました」 〈そう語る、佐藤浩市。確かに、利休に扮したお茶の所作は美しく、「吹き替え」ではないかと疑ってしまうほどだが、実際は自らの手によるものだ。〉 「そうなんですよ。手元のアップだけでなく、引いて全身を撮るなり、カメラをパンするなりしてくれると、僕が本当にやっているとお客さんにわかってもらえるんですが、一切やってもらえなかったんで……(笑)」 〈6月3日に公開された、映画「花戦さ」は、戦国時代末期を舞台にした、京都の花僧(=仏に花を供える僧侶たち)・池坊専好(いけのぼうせんこう)の戦いの物語である。  織田信長の前で松をいける機会を与えられたものの、大失態を演じた専好。命を救ったのは、末席にいた秀吉であ...more
カテゴリー:

【視聴熱】貴族探偵、最終回ですべての謎が明らかに!? エンドロールに隠されたメッセージにファン、歓喜の声 - 06月27日(火)13:21 

相葉雅紀主演のドラマ「貴族探偵」(フジ系)が6月26日に最終回を迎え、「視聴熱(※)」デイリーランキングで73480pt(ポイント)を獲得し、ドラマ部門で第1位を記録した。 喜多見切子を演じた井川遥の妖艶で美しい姿に視聴者もうっとり/(C)フジテレビ 最終回では、具同家の別荘に招待された愛香(武井咲)は、跡取りの弘基(桐山漣)と共に招かれた葉子(南沢奈央)の遺体を発見する。愛香も何者かに襲われ、駆け付けた貴族探偵(相葉雅紀)が手当てを行う。愛香は事件を調べようとするが、貴族探偵から休むよう止められ、弘基が貴族探偵を知っていたため貴族探偵を疑うという展開に。 終盤では、愛香の師匠・喜多見切子(井川遥)の死の真相など、さまざまな謎が明かされた。ラストは貴族探偵と愛香の「アバンチュール」を思わせるシーンで終演。ツイッター上では「アバンチュール」がトレンド入りするなど賑わいをみせた。また、エンドロールでは、フランス語で「また会いましょう」を意味する「A un de ces quantre」が流れたことにより、「続編があるのでは?」とツイッター上で期待の声がつぶやかれた。 【関連記事】 ・【視聴熱】嵐が“熊本がもっと元気になる3つの課外授業”を提唱! 6/25デイリーランキング ・【視聴熱】自己最高視聴率更新の“あなそれ”最終回が視聴熱でも1位に! 6/19-25ウィークリーランキング ・...more
カテゴリー:

【ひよっこ通信(13)】みね子の前にあの爽やか好青年再び! - 06月26日(月)07:15 

個性豊かな登場人物たちによるコミカルなやりとりが話題を呼ぶ、有村架純主演の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)。 【写真を見る】純朴な好青年“ヒーロー”が久々に登場!/(C)NHK 6月19日からの第12週では、“跳ねっ返り娘”こと島崎遥香演じる由香が登場し、これまでの「ひよっこ」にはない異質の存在感を放った。 本作のあらすじを全156回分毎週全話紹介する連載「ひよっこ通信」。今回は第13週『ビートルズがやって来る』の第73~78回までの1週間を予習する。 ちなみに、“ひよっこ記者”的に第12週で注目した人物は、何と言ってもぱるること島崎だっぺなあ。 「由香は自分で演じていても、『何なんだこの子は』って思います(笑)」とぱるる本人が語るほど、個性強めというか、どことなくの“積木くずし感”というか、ヨーヨーを駆使しそうなスケバン感のようなものを漂わせ、あのTHE純情娘・みね子(有村)をもちょっとイラッとさせた。 父・省吾(佐々木蔵之介)のバーでのフォローがなかったら、一触即発のバトルが繰り広げられ、“豆腐プロレス”ならぬ“ひよこプロレス”に発展したんでない?と、妄想を膨らませてしまったべ。 さ~て、第13週の「ひよっこ」は…? ■ 第73~78回/6月26日(月)~7月1日(土)放送 1966年4月、みね子の妹・ちよ子(宮原和)が中学生に...more
カテゴリー:

『ひよっこ』、竜星涼演じる綿引が久々に登場 父・実の秘密がついに語られるか - 06月25日(日)11:00 

 NHK連続テレビ小説『ひよっこ』。先週放送では、みね子はすずふり亭の仕事に慣れてきて、あかね荘でもみんなで食事するなど住人たちと打ち解けていた。あるとき、みね子は省吾(佐々木蔵之介)と鈴子(宮本信子)から別々に「内緒で」と届け物を頼まれる。その相手は両方、省吾の娘・由香(島崎遥香)。二人はお金を由香に渡していた。初対面の由香の態度にみね子は「感じ悪い」と思うが、省吾から亡くなった妻のことや由香が店を嫌いになった理由を打ち明けられる。みんないろんなことを抱えながらそれでも笑って生きているんだと思うみね子だった。【関連】「有村架純」フォトギャラリー 1966年4月、みね子の妹・ちよ子(宮原和)は中学生になった。通学かばんをプレゼントしたみね子は、お礼の手紙をもらい、ますます仕事へのやりがいを感じていた。ある日、警察を辞めて茨城に帰っていた綿引(竜星涼)が突然すずふり亭を訪れる。行方不明の父・実(沢村一樹)のことで何か分かったら教えてくれと同僚に頼んでおいたところ、新しい情報が入ったという。鈴子ら店の仲間が見守るなか、実に起こった出来事を聞く。 母・美代子(木村佳乃)との電話を聞かれ、父が行方不明だと島谷(竹内涼真)らあかね荘の住人に知られたみね子。早苗(シシド・カフカ)は今まで黙っていたことに腹を立て、理由を説明するよう迫る。みね子はなぜ打ち明けられなかったのか、初めて本音を漏らす。...more
カテゴリー:

「ひよっこ」71話。驚愕。悪魔の種明かし、早過ぎ! - 06月24日(土)08:30 

連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK 総合 月〜土 朝8時〜、BSプレミアム 月〜土 あさ7時30分〜)第12週「内緒話と、春の風」第71回 6月23日(金)放送より。 脚本:岡田惠和 演出:渡辺哲也71話はこんな話省吾(佐々木蔵之介)に次いで、鈴子(宮本信子)にまで、由香(島崎遥香)への使いを頼まれたみね子。またしても感じ悪い目に合う。 「お父さん、悪魔です」1度目は、ミックスサンドと珈琲代を払わされたので、2度目は用心して、何も注文しないみね子。70話で由香の分まで支払わされたときの衝撃の回想で、「ミックスサンドと珈琲」というつぶやきにかすかにエコーを聞かせることで、みね子のショックの大きさが痛いほど伝わってくる。だが、敵もさるもの。話の途中、お腹が痛くなってトイレに行く・・・と見せかけて、由香は逃亡してしまった。「お父さん、悪魔です」チョコレートパフェを食べてないからではなく、人生で一度も食べたことないのに、代金だけ払わされて、相当腹を立てたみね子は、薬局のマスコットいちこを思わず殴ってしまう。でもすぐ我に返って「ごめんね、いちこ」と謝るのだった。 「嘘はダメですね、ごめんなさい」結局、みね子が支払わされた喫茶代は、鈴子が払ってくれた。みね子は、嘆かず、自ら、請求すればよかったのだ。その際、みね子は鈴子に「元気でやってます、って鈴子さんに伝えてくださいって言ってました」とつい嘘...more
カテゴリー:

菅野美穂×岡田惠和×朝ドラ…「ちゅらさん」タッグが再び実現! - 06月29日(木)08:00 

放送中の連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)に、菅野美穂の出演が決まった。 【写真を見る】困り顔もかわいい! 有村架純演じるみね子は苦労が絶えず…/(C)NHK “菅野×朝ドラ”と言えばことし4月1日まで放送されていた連続テレビ小説「べっぴんさん」が記憶に新しいが、「ひよっこ」で脚本を務める岡田惠和と“朝ドラ”でのタッグといえば、やはり「ちゅらさん」だろう。 「ちゅらさん」は、2001年度上半期に64作目の連続テレビ小説として放送されて以来、シリーズ化もされた人気作。菅野はヒロインの住むアパートの住人でメルヘン小説家・真理亜を演じていた。 菅野は岡田脚本の「イグアナの娘」(1996年、テレビ朝日系)に主演するなど、岡田作品とともに役者人生を歩んできたとも言える女優だ。 2作連続での“朝ドラ”出演という異例の抜てきだが、岡田は「どうしても戦友である菅野美穂さんに演じていただきたくて、かなり早い段階でお願いしました。その時すでに『べっぴんさん』への出演は決まっていたのですが、無理を承知で。それくらい菅野美穂しか考えられなかったので」と、熱烈なオファーをしたことを明かした。 菅野は今作で、人気女優・川本世津子を演じる。世津子は客として「すずふり亭」を訪ねてみね子(有村架純)と出会い、のちに2人は不思議な縁で結ばれる。物語の展開にも大きく関わる...more
カテゴリー:

「第17回テレビ朝日新人シナリオ大賞」の受賞作が決定! - 06月27日(火)06:00 

第17回「テレビ朝日新人シナリオ大賞」の決定発表記者会見と授賞式が東京・六本木のテレビ朝日本社で開催された。 【写真を見る】井上由美子氏が大賞を受賞した池田有佳里氏にトロフィーを授与/(C)テレビ朝日 数多くのシナリオライターを輩出してきた同賞は、2016年からテレビドラマ、オリジナル配信ドラマ、映画の3部門に分けて募集する形態に一新している。 第2回大賞受賞者は、映画「ALWAYS 三丁目の夕日」(2005年ほか)やドラマ「リーガルハイ」(2012年、フジ系)を手掛けた古沢良太氏など、数多くの脚本家が羽ばたくチャンスとなっている。 全3部門で1544篇の応募があり、第1次選考は日本脚本家連盟に所属する脚本家たちが行い、218篇が通過した。第2次、第3次選考は、テレビ朝日のプロデューサー、ディレクターなどで構成された“社内選考委員会”によって審査が行われ、10篇にまで絞り込まれた。 5月26日には、選考委員の脚本家の井上由美子、岡田惠和、両沢和幸の3氏による最終選考会をテレビ朝日本社で行い、大賞および優秀賞、計3作品が決定した。 今回は、事前に大賞が誰に送られるのか知らされておらず、会見で発表。大賞に輝いたのは、テレビドラマ部門に応募した池田有佳里氏の「ヒマワリの向いていない方」。また、優秀賞には湊寛氏の「さかのぼり郵便局」、小林千晶氏の「みんな大切な私」(共にテレビドラマ部門)の...more
カテゴリー:

佐々木蔵之介も真っ青!?「ひよっこ」すずふり亭のレシピを公開! - 06月25日(日)19:13 

ドラマ24「孤独のグルメ Season6」(毎週金曜夜0:12-0:52ほか、テレビ東京系)や「みをつくし料理帖」(毎週土曜夜6:05-6:43NHK総合)、「幕末グルメ ブシメシ!」(毎週土曜夜8:15-8:44NHK総合)に「孤食ロボット」(毎週月曜夜0:59-1:29日本テレビで放送)、そして「連続ドラマW 宮沢賢治の食卓」(毎週土曜夜10:00-11:00WOWOWプライム)と、現在大にぎわいの“グルメ”ドラマ。 【写真を見る】実はこんなにおしゃれ! 秀俊(磯村勇斗)が作るフレンチトースト/(C)NHK そんな中、連続テレビ小説「ひよっこ」(毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)でも、ヒロイン・みね子(有村架純)が洋食店「すずふり亭」で働き始め、朝から食欲をそそる料理の数々が映し出されている。 「ひよっこ」で料理監修を務めるのは、フードコーディネーターの住川啓子氏。これまでに、テレビドラマだけでも160本以上の作品に携わっており、6月26日(月)に最終回を迎える「貴族探偵」(毎週月曜夜9:00-9:54フジテレビ系※最終回は15分拡大)でもフードコーディネート、テーブルデコレーションを手掛けている。 そんな同氏が作成したレシピが、「ひよっこ」公式ホームページで公開されている。 第1弾は、5月13日放送にて、みね子が初めて自分で稼いだお金で食べた“ビーコロ”こ...more
カテゴリー:

高畑充希が浴衣で登場 「オールフリー」新CMの撮影でも発表会でもテンション上がりっぱなし!? - 06月24日(土)10:48 

サントリー「オールフリー」の新CMに出演する高畑充希が、新CM発表会に浴衣姿で登場。「今日は浴衣姿で、髪型もキレイにしていただきました。このまま花火大会にでも行きたいです」とうれしそうにコメント。 【写真を見る】うなじをチラ見せ 浴衣SHOT集&CM写真 CM出演については「テレビで見ていて、なんて清々しいCMなんだと思っていたので、自分が出演することになってびっくりしました。ビール好きの両親も喜んでくれました。とっても酒飲みな両親なので(笑)」とご満悦の様子だった。CMでは、前シリーズから引き続き登場する佐々木蔵之介と共に軽快な掛け合いを見せている。佐々木が氷のジョッキを自作する「氷でキンキン」編と、高畑がキャンペーンで当たる“ずっとキンキンジョッキ”で「オールフリー」を味わう「ずっとキンキンジョッキ」編の2パターンあり、いずれもセリフは「ヘイ!」のみ。 「撮影に入る前は、『ヘイ!しか台詞がないんだ! 難しいのでは?』と思いましたが、『ヘイ!ヘイ!』言っていると楽しい気分になってきました。『ヘイ!ヘイ!』言いながら、『オールフリー』も飲めて、テンション上がりっぱなしで楽しかったです!」と高畑。また、佐々木も現場入りから皆に「ヘイ!」と挨拶したり、カメラが回っていないところでも「ヘイ!」だけでやり取りをしようとするなど、“ヘイ!縛り”の現場を楽しんでいたそう。 発表会では、CM内で...more
カテゴリー:

ぱるる演じるわがまま娘・由香、なぜそうしまったのか明らかに - 06月24日(土)07:00 

有村架純を主演に迎えて放送中のNHK連続テレビ小説『ひよっこ』(NHK総合、月~土曜8:00)。6月19日から第12週「内緒話と、春の風」が放送中。ぱるるの愛称で人気の島崎遥香が演じる牧野由香の登場シーンで、みね子に対する“塩対応”がインターネット上で話題に。24日の放送では、なぜ由香がわがまま娘になってしまったのか、父親・省吾(佐々木蔵之介)の口から語られる。果たしてその理由は?由香の登場シーンについてネット上では「いい感じに感じ悪かったなあ♪ 跳ねっ返り娘由香ちゃん」「平和な朝ドラにようやくヒール役! 由佳、感じ悪いけど可愛いし、まだそんなにイライラしない。これからかな?」「ぱるるの演技、よかった! 絶妙に感じ悪いところ(笑)がうまく表現できていたと思う」「母親は誰なのか?」といった声があがっており、その存在感は視聴者にも強烈な印象を残したようだ。島崎はキャスト発表会見で、「初めて見たときは、“なんだこの嫌な女”って思うかもしれないんですけれども、どうか最後まであたたかい目で見ていただけたらうれしいです」と語っていただけに、そのキャラクターにも注目したい。<6月24日のあらすじ>みね子(有村)は省吾(佐々木)に連れられて、邦子(白石美帆)が切り盛りするバー「月時計」を訪れていた。省吾は娘・由香(島崎)がなぜわがまま放題になってしまったのか、ゆっくりとこれまでのいきさつを語る。一...more
カテゴリー:

もっと見る

「佐々木蔵之介」の画像

もっと見る

「佐々木蔵之介」の動画

Wikipedia

佐々木 蔵之介(ささき くらのすけ、1968年2月4日 - )は、日本俳優である。本名、佐々木 秀明(ささき ひであき)。京都府京都市出身。ケイファクトリー所属。神戸大学農学部卒業。

略歴

1968年、洛中に唯一残る京都市の造り酒屋・佐々木酒造の次男として生まれる。兄と弟がいる。

ノートルダム学院小学校京都市立二条中学校、洛南高等学校卒業。家業継承に向けて1988年、東京農業大学農学部に進学するも、3年次に神戸大学農学部に...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる