「佐々木健介」とは?

関連ニュース

大家志津香 どぶろっく作曲の「外見に自信がない女」が図星 - 06月23日(金)12:06 

AKB48の大家志津香(25)が自身のブログで、福岡県人会に参加したことを報告している。 「不定期で行われる、福岡県人会!! 今回も参加させていただきました! 陣内さんがいつも声をかけてくださいます。光栄です!」 と報告し、集合写真を公開した大家。お笑いコンビの博多華丸・大吉やパンクブーブー、女優の吉田羊(年齢非公表)、タレントの佐々木健介(50)など、様々なジャンルで活躍中の面々が集まったようだ。 大家は、パンクブーブーの黒瀬純(42)には「県人会の女神」、博多華丸(47)には「生まれ変わったらお嫁さん」と言われるといい、 「県人会に行くと、1日で一生分くらい持ち上げてくれます。 理由はきっと、空いたグラスにすぐお酒を作るからです。笑 褒めれば率先して動く性質を見抜かれたのでしょう。 豚もおだてりゃ木に登るのです。」 とコメント。ちなみにそんな献身的な大家について、バッドボーイズ・佐田正樹(38)は「県人会のホステス」と呼ぶのだといい、大家は「ス、ストレート…!!」と苦笑い。 そして、嬉しかったこととして、博多大吉(46)がどぶろっく・江口直人(39)に「大家ちゃんで曲作って」と“と無茶振り”をし、江口が実際に作ってくれたことだったと報告。 「「女~女、女、女、女、女~ 外見に自信がない女は~あぁああ~ ピアスで自己主張する~」 っていう曲を頂きました!!!嬉しい!...more
カテゴリー:

「いい人なんてどこにいるんだよ?」と毒づいたホーク――フミ斎藤のプロレス読本#024【ロード・ウォリアーズ編9】 - 06月15日(木)08:51 

 199X年 「ファッキン・ビッチFucking bitch!」 「カントCunt!」 「ワラ・ホアーWhat a whore!」  思いつく限りの罵詈雑言を並べて、ホークが鼻の穴をふくらませた。仲よくしている女の子とケンカをしたらしい。  ガールフレンドといえばガールフレンドなのかもしれないが、どうもオフィシャルな彼女ではなさそうだ。  だいたい、“恋人認定証”をつくってしまうと、大ごとにしなくてもいいようなささいなことが哲学上の大問題に発展したりしかねないし、なんの気なしに口にしたことで、けっこうわずらわしい事務処理を背負わされたりする。  ホークの機嫌の悪さからみて、新しいガールフレンドとは知り合ってからごく数週間といったところだろう。  ファッキン・ビッチくらいならまだしも、カントとホアーはまずい。アメリカだったら、職場で使ったら解雇、女性に対して使ったら裁判沙汰になってもおかしくない単語である。  彼女のことがまだよくわからなかったり、どこかに迷いや疑いがあるから、ひょっとしたらそのうち大切な人になるかもしれない相手を口汚く非難してしまったりすることがある。  ホークは、たまたまそこにいた女性と前後の見境なくすぐに近い関係になったりするタイプではない。プロレスラーの標準値から判断しても、どちらかといえば堅ブツに近い。バツイチになってから2年が過ぎたが、...more
カテゴリー:

ホークとアニマルはベスト・フレンズ――フミ斎藤のプロレス読本#030【ロード・ウォリアーズ編エピソード15】 - 06月23日(金)08:51 

 1997年  ロード・ウォリアーズは、ホークとアニマルのふたりでロード・ウォリアーズである。いちど解散したチームがまたいっしょにやっていくことになったのだから、ここから先は再結成以後の活動ということになる。  ホーク、39歳。アニマル、36歳。初めてコンビを組んだのは14年まえ。あれからずっとヘアスタイルはモヒカン、逆モヒカンのままだ。  “解散”はお別れで、“再結成”は仲なおり。ふたりは時間をかけてベスト・フレンズになった。ベスト・フレンズとは、なんでも話せる相手、どんなときでもそこにいてくれる友だちのことだ。  ロード・ウォリアーズは、年間300試合のツアー・スケジュールをまる9年間もつづけたあと、それぞれ別べつの道を歩むことを選択した。  チームとしての最後の試合は、1992年8月のスーパーイベント“サマースラム”ロンドン大会でのWWE世界タッグ選手権だった。  WWE在籍時のチーム名はLOD(リージョン・オブ・ドゥーム)。ロード・ウォリアーズというチーム名の著作権・版権・知的所有権はロード・ウォリアーズのもので、リージョン・オブ・ドゥームはタイタン・スポーツ社(WWEの親会社=当時)の商標登録。  ホークとアニマルは“LOD”というイニシャルがプリントされたおそろいのロングタイツをはいていた。 「こんなとこにはいられない」といってさっさと荷物をまとめて出て...more
カテゴリー:

【芸能】ラブラブな有名人夫婦ランキング…藤井隆&乙葉、DAIGO&北川景子、ヒロミ&松本伊代、爆笑問題・田中&山口もえ - 06月08日(木)10:46 

最近の芸能界は結婚ブーム。有名人同士で結婚した夫婦も少なくありません。 中には不仲説がささやかれている夫婦もいますが、いつになってもラブラブで羨ましい夫婦も存在します。 そこで今回は、ラブラブで羨ましい有名人夫婦について探ってみました。 1位 藤井隆&乙葉 2位 DAIGO(BREAKERZ)&北川景子 3位 ヒロミ&松本伊代 4位 佐々木健介&北斗晶 5位 りゅうちぇる&オクヒラテツコ(ぺこ) 6位 渡部建(アンジャッシュ)&佐々木希 7位 唐沢寿明&山口智子 8位 田中将大(ニューヨーク・ヤンキース)&里田ま...
»続きを読む
カテゴリー:

「佐々木健介」の画像

もっと見る

「佐々木健介」の動画

Wikipedia

佐々木 健介(ささき けんすけ、1966年8月4日 - )は、日本の元プロレスラー男性タレント、本名同じ。福岡県福岡市南区出身。東福岡高校卒業IWGPヘビー級王座三冠ヘビー級王座GHCヘビー級王座と合わせて、初のメジャー3大タイトルを戴冠する快挙を成し遂げた。 2014年2月13日、現役引退を発表し、28年のプロレス生活にピリオドを打った電撃引退!佐々木健介のプロレスラーとしての実像。 健介オフィス所属で主にタレント活動を行っている。妻は、全日本女子プロレス出身の元プロレスラーで健介オフィス代表取締役の...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる