「佐々木健介」とは?

関連ニュース

オーエン・ハート 悲劇の天才レスラー――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第82話> - 05月23日(水)08:31 

 オーエン・ハートはハート家の12人兄弟の末っ子として生まれた。父スチューが50歳のときに誕生したいちばん下の男の子で、一家のベイビーとしてカルガリーの丘に立つお屋敷で育った。  長男スミスとは15歳もトシが離れていたし、オーエンがティーンエイジのころには兄、姉たちはもうおとなになっていたから、いつも必ず家にいるのは八男坊オーエンだけだった。  父スチュー、母ヘレンとだれよりも長い時間を過ごし、両親といちばん仲がよかった息子といわれるが、それは親子というよりはおじいちゃん、おばあちゃんと孫のような関係だった。  オーエンは少年時代からプロレスラーになることを心に決めていた。ハイスクールでアマチュア・レスリング部に入ったのは父親を喜ばせるためで、アマチュア・ルールのレスリングそのものはそれほど好きではなかった。  地元のカルガリー大学でもレスリングをつづけ、CIAU全カナダ選手権で3位(177ポンド級)の成績を収めたこともあったが、大学は3年の途中でやめた。  学生時代からリング・クルーとして家業を手伝い、急にケガ人が出たり、カードに穴が開いたりすると“正体不明のマスクマン”としてよく試合に出場していた。  正式なデビューは1986年5月で、ルーキー時代のライバルはマスクマンのベトコン・エキスプレスとしてスタンピード・レスリングで武者修行中だった馳浩、ハート家にホームステ...more
カテゴリー:

世界で運動会を開催したら…バナナマンら「またいい企画が生まれた」と自信 - 05月14日(月)12:34 

テレビ東京系ほかでは、5月14日(月)夜8時より「運動会! ザ・ワールド~世界でニッポンの運動会やってみたらどーなる!?~」を放送。MCのバナナマンと、ゲストの木下優樹菜、畠山愛理が取材会に出席した。 【写真を見る】日本人の大縄跳びの動画を見て練習に励むグアテマラの子供たち/(C)テレビ東京 同番組は、日本人にとってはなじみ深いが、世界では類を見ない文化「運動会」を、世界各国の子供たちが挑戦する姿に密着。 今回、中米・グアテマラとアフリカ・マラウイの学校の生徒たちが、力を合わせて競技に取り組む。子供たちは現地にあるもので、玉入れ用の玉やカゴなどの運動会に必要な道具を自作する。 そして日本から現地の子どもたちのサポートとして、グアテマラへは北斗晶が、マラウイへは佐々木健介が向かう。 収録を終えた日村は、「大声で『頑張れ!』って言って見てましたね。まじで声枯れちゃった。誰一人知らない異国の子どもたちの『運動会』なのに、こんなに本気で応援できるのかっていうくらい、面白いし、感動もするし、ぜひ家族みんなで見て欲しいです」とアピール。 また、木下は自身の運動会の思い出を聞かれ、「中学生のとき問題のある子だったんですけど、授業は出ないのに体育祭になると一人で燃え上がって『朝練やりましょう』とか言うタイプでした(笑)。 “ムカデ競争”とかみんなで一致団結して、一つもズレちゃいけない競技が好きで、...more
カテゴリー:

スタイナー・ブラザース 仲よし兄弟のおそろいのプロレス――フミ斎藤のプロレス講座別冊レジェンド100<第78話> - 05月17日(木)08:31 

 顔はあまり似ていないけれど、体つきとレスリング・スタイルはうりふたつの正真正銘の兄弟コンビ。  ごついアゴひげをたくわえて髪をクルーカットにしているほうが兄リック(身長180センチ、体重127キロ)で、背がちょっとだけ高くて髪が長いほうが弟スコット(身長185センチ、体重125キロ)。  1990年代を代表するタッグチームで、WCW、新日本プロレス、WWEの日米メジャー3団体でタッグ・チャンピオンとして活躍した。  仲のいい兄弟らしく、いつもおそろいのアマチュア・レスリング式のシングレットを身につけていた。  ミシガン州ベイシティー出身のスタイナー兄弟はミシガン大アマレス部出身で、ふたりともオール・アメリカン選抜選手。スコットはNCAA選手権6位(190ポンド級=1986年)。  プロレス転向は兄リックのほうが1年早く、ミネソタ州ミネアポリスでエディ・シャーキーのコーチを受けるはずだったが、「この選手はすぐにでもデビューできる」と判断したシャーキーが、元オリンピック代表選手でプロレスラー兼コーチのブラッド・レイガンズに“補習”だけを依頼したという。  弟スコットは、ミシガン大在学中に地元デトロイトでザ・シークからプロレスの“つぼ”とプロフェッショナルとしての心がまえをコーチされた。  リックはルーキー時代はAWA、カナダ・モントリール、ミッドサウス地区(ルイジアナ、...more
カテゴリー:

運動会はニッポンの文化 海外の子どもたちがやってみた - 05月14日(月)12:00 

 お笑いコンビ・バナナマン(設楽統、日村勇紀)が、MCを務めるテレビ東京系『運動会!ザ・ワールド 世界でニッポンの運動会をやってみたらどーなる!?』が14日(後8:00~9:54)に放送される。 【写真】グアテマラ&マラウイの子どもたちなど  最近では、5月が運動会シーズン。日本人にとってはなじみ深い「運動会」だが、実は世界では類を見ない。生徒が皆で一緒に力を合わせ競技に取り組み、チームワークを育み、感動もある運動会は、“ニッポン文化”とも言えるものだ。そんなニッポンの運動会を世界各国の学校で開催してみたら、一体どうなるのか。番組では、中米・グアテマラとアフリカ・マラウイの学校に通う子どもたちがニッポンの運動会に挑戦する姿に密着した。  現地にあるもので運動会に必要な道具を自作し、競技練習に取り組むマラウイの子どもたち。一方、日本の運動会の「大縄跳び」の動画を観て、「機械みたいに揃っている!」と驚くグアテマラの子どもたちは、「大縄跳び」を成功させることができるのか。さらに、子どもたちの自宅を訪問して、その国ならではの暮らしぶりも覗いてみる。  現地の子どもたちのサポートをしに出向いたのは、グアテマラは北斗晶、マラウイは佐々木健介。北斗は現地のお母さんたちに「鬼嫁エプロン」を配布し、協力してニッポンのカレーを子どもたちに振る舞い、佐々木はプロレス技を披露して子どもたちから「ケ...more
カテゴリー:

「佐々木健介」の画像

もっと見る

「佐々木健介」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる