「佐々木健介」とは?

関連ニュース

深夜のフリーウェイをTOKYOへ――フミ斎藤のプロレス読本#009【Midnight Soul編4】 - 05月25日(木)08:51 

 1992年  いつのまにかバスは数百人のファンに取り囲まれていた。前方のウインドーから外を見わたすと、体育館の裏口と日本人選手用のバスとこのバスとを結んでちょうど正三角形のような形で群集ができあがっていた。まるでぎゅうぎゅうづめの満員電車のような状態だ。 「なあ、サイトーよぉ、これがあるから、みんなやめられないんだよな。ああ、うるせえなあって思う日もあるけどさ、引退しちゃったら、だれも寄ってきやしないんだもん。だから、やめられないんだよ」  「はあ、そうですか」彰俊は、越中のことばにていねいにうなずいた。  アリーナの通用門のところでは、人気者の武藤敬司が足止めを食っていた。ちょっと離れたところには蝶野正洋もいる。これだけの数のファンがおしくらまんじゅうをはじめたら、いくら体が大きくて力が強いプロレスラーだって身動きがとれない。  べつのところでは、メインイベントの試合を終えたばかりの馳浩の姿もみえた。若手グループと警備員がファンの集団のまえにロープを張って選手たちをバスのところまで誘導しようとしているが、まったく効果がない。 「おお、ガイジンはどうしたんだよー、ガイジンは。もう10時だぜ。夜が明けちまうよ」  越中がいら立っている。そういえば、とっくに試合を終えているはずの外国人選手たちがいっこうにバスに乗ってこない。  日本人選手たちのほとんどが無事にバスに乗...more
カテゴリー:

アレク 歯の治療にトータル100万円、「手術嫌」と泣き言も - 05月22日(月)18:45 

モデルのアレク(34)が自身のブログで、歯の治療に100万円かけていることを明かした。 アレクは、 「のんちゃん歯が 歯医者怖いよ、、、 歯の手術嫌だよ?」 とコメントし、歯の治療を受けている最中の写真を公開。妻の川崎希(29)に 「やらなきゃだめ?」 と訴えたところ、金銭感覚がシビアな川崎からは 「そうよ 全部で100万かかるんだからね!! やらないとダメよ」 と言われたというやりとりとともに、歯の治療に100万かけていることを明かした。 妻で元AKB48の川崎希はもうすぐ妊娠7か月。最近は、子供を迎える新生活に向けての準備に忙しいようで、川崎のブログでは、 「アレクが車を買いたいみたい 前に買ったランボルギーニは2シーターで子どもと乗れないから買いかえたいみたい」 と新車購入を検討していることを明かし、 「試乗させてもらったよ 大きい車もそろそろ検討してみるよ~」 と、親子3人の生活に胸を膨らませているようだ。 【関連記事】 ・「歯の手術 ぎゃー 怖いよ 歯の手術100万円の巻」(アレクオフィシャルブログ) ・「試乗したよ」(川崎希オフィシャルブログ) ・土屋アンナ 息子たちとの3ショット公開「イケメン過ぎ」と称賛 ・佐々木健介 幼少期の白黒写真を公開「時代を感じる」 ・岡田祐佳 娘・結実とイロチ 2ショット公開「どんどん綺麗になる」
カテゴリー:

武藤敬司の自分をつくっていくという発想――フミ斎藤のプロレス読本#003 - 05月17日(水)08:51 

 199X年  いきなり“文学的表現”なんていってもちょっとわかりにくいかもしれない。どんなことをどこまでしゃべったらいいのか、その加減がわからないからインタビューは嫌いだといっていた武藤敬司がポロッと――もちろん本人はそんなことを意識せずに――文学的表現を使ったので、ぼくはハッとさせられた。  WCWでグレート・ムタに変身してスティングとさかんに闘っていたころのエピソードを話してもらったときのことだ。武藤はこんな感じでぼそぼそとしゃべった。 「オレがWCWに入ったときはね、スティングはすでにスターだったんですよ。こっちはグレート・ムタってものをこれからつくっていかなくちゃならないときだったんで、彼とオレのあいだには大きな開きがありましたよ」  自分を“つくっていく”なんてフレーズをプロレスラーの口から聞かされたのはそのとき初めてだったので、ぼくはすっかり呆気にとられ、そのセンテンスだけが妙に耳に残った。  武藤はコトバでプロレスファンを説明、解説するたぐいのレスラーではない。どちらかといえば、学校の成績でいえば体育だけが“5”でほかの学科はいまイチというタイプだろう。  武藤が口にした“つくる”は、もちろん“作る”ではなくて“創る”だ。大げさにいえば、自分のあり方、自分のキャラクター、自分が表現したいものをいかにクリエイトしていくかということである。  プロレスラー...more
カテゴリー:

安藤なつ 「馬鹿よ貴方は」平井“ファラオ”光とウサギカフェ - 05月15日(月)14:55 

お笑いコンビ「メイプル超合金」の安藤なつ(36)が、自身のブログで、お笑い芸人の平井“ファラオ”光(33)との「デート」について報告している。 平井“ファラオ”光はお笑いコンビ「馬鹿よ貴方は」のボケ担当。2014年のTHE MANZAI 2014 で決勝に進出している。芸名のファラオは古代エジプト好きであることから来ている。 安藤は自身のブログで、 「草間彌生さんの展示会。馬鹿よ貴方はファラオ氏と。」 「草間さん的に言うと消滅してまいりました。」 などとコメントし、草間彌生(88)の作品の前で、ファラオと真顔で直立する写真を公開した。また、ウサギカフェにも寄ったようで、 「ウサギカフェでハリネズミの針のにおいかぐファラオ」 とコメントし、ハリネズミを大事そうに手のひらに乗せるファラオの写真を投稿。 その他、ファラオが電池パックを交換せずに10年間ガラケーを愛用していることを暴露するなど、一緒にいる時間で、さまざまな話が展開された様子。この2人の様子には、「ファラオさんとお出掛けして、カズさんに嫉妬されませんでしたか?(笑)」などといったコメントが寄せられたほどだった。 【関連記事】 ・「真夏日と梅雨前の底冷えと回覧板」(安藤なつオフィシャルブログ) ・土屋アンナ 息子たちとの3ショット公開「イケメン過ぎ」と称賛 ・佐々木健介 幼少期の白黒写真を公開「時代を感じる...more
カテゴリー:

北斗晶、がん闘病中に「もっと労われよ!」いつもと変わらない日常に救われる - 05月14日(日)13:13 

阿川佐和子が、毎回各界で活躍する著名人とトークを展開する『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)。5月13日は、タレントの北斗晶がプロレスラーになったきっかけや乳がんの闘病秘話を語った。タレントの北斗晶は、元女子プロレスラー。曾祖母の影響で小さいころからテレビのプロレス中継を見て育ったが、当時は「プロレスは怖い」という印象だったとか。ところが、高校時代に友人に誘われて、近くの道場で行われていたプロレスの練習を見に行ったことが人生の転機に。すっかりプロレスの魅力にハマり、プロを目指すため高校を中退した。その後、3500人のオーデションを勝ち抜いて全日本女子プロレスからデビュー。一躍、人気女子レスラーとなった。“デンジャラスクイーン”と呼ばれるヒール役への転向は、メキシコでのプロレス興行がきっかけ。もともと悪役をやりたかったものの、顔が怖くないという理由から“善玉キャラ”で奮闘していた当時の北斗は、お客さんが呼べないと事務所から思われていたようで「ほとんど島流しのようなもの」と、メキシコ行きについて振り返った。プロレスが盛んなメキシコでは、日本人というだけで悪役的存在に。「ひどい時は石を投げられたりもしましたけど、段々楽しくなってきた」と、自分の新しいプロレス人生に手応えを感じたらしい。そんな北斗の“記憶の中できらめく1曲”は、遠藤京子の「輝きたいの」。女子プロレス...more
カテゴリー:

たかまつなな 男性芸人調査「女芸人美人ランキング」ビリに不満 - 05月22日(月)18:57 

お笑い芸人のたかまつなな(23)が自身のブログで、“女芸人美人ランキング”にツッコミを入れている。 たかまつによると、中野・新宿の若手男性芸人40名による「女芸人美人ランキング」調査で、1位から順に、 スパイク小川(27) 紺野ぶるま(30) 石出奈々子(32) 山崎ケイ(34) 中村涼子(31) ツジカオルコ(34) スパイク松浦(32) ニッチェ近藤(34) ゆにばーすはら(27) たかまつなな だったとのこと。 最下位の10位だったたかまつは、 「メガネとったら、もしかしてって 思えないぐらいのブス」 といった自分へのコメントを公開し、 「そんな悪口ございます?!」 と唖然としたり、 「中にはお褒めの言葉も! メガネ好きですって! 嬉しゅう。 と思いきや、順位は8位?! まぁ!なんと!」 と、ランキングとコメントの温度差に不満を漏らしたりしながら、 「こんなランキング、お時間の無駄ざますわよ!! 統計学上有意かどうかも検証しなくてはなりませんしね。」 と突っ込み、スルーを決め込んだようだ。ただしランキング1位であった、お笑いコンビ・スパイクの小川には“モテ写真の撮り方”を伝授されたとのことで、 「終わった後に1位の小川さまにインスタグラムにのせられる おしゃれな写真をプロデュースいただきました。 まずは被写体のお手本を松浦さまが!」 「真似してやって...more
カテゴリー:

プロレス・マスコミは日本にしか存在しない仕事――フミ斎藤のプロレス読本#005 - 05月19日(金)08:51 

 199X年  プロレスの世界では、ありとあらゆる情報があっというまに広まる。ニューヨークで起きたことが一瞬にしてアトランタに伝わり、そのまた次の瞬間にはそれが東京まで飛んでくる。ケータイもインターネットもなかった時代からずっとずっとそうだった。  ブルーザー・ブロディがプエルトリコで非業の死をとげたときは、その死に対する驚きと同じくらい、プロレスラーとプロレスラーの情報ネットワークの速さに驚かされた。  ぼくはあの日(1988年7月17日)、たまたまテキサス州ダラスにいたが、プロレスとまったく関係のない要件で電話をかけた知人からその知らせを聞いた。  半信半疑だったぼくは、それから3、4人のアメリカ人の友人たちに電話をしてみたら、奇妙なことにいずれの番号も“話し中”だった。しばらくしてからもういちどトライすると、受話器の向こうから聞こえてきた第一声は異口同音に「ブロディのこと? ほんとうらしいよ」だった。  翌日、こんどは試合の取材でダラスからテネシー州メンフィスに向かうと、ミッドサウス・コロシアムのバックステージに着いたとたん、ジェリー・ローラーが「聞いただろ、ひでえはなしだなTerrible, huh」と立ち話をしている場面に出くわした。  その夜、ホテルから週刊プロレス編集部に電話を入れると、もうその件に関してはぼくよりも編集部のみんなのほうがはるかに詳しくなっ...more
カテゴリー:

みんながみんなそれぞれにプロレスの定義を探している――フミ斎藤のプロレス読本#002 - 05月16日(火)08:51 

 199X年  藤波辰爾がこんなことをポツリともらしたのを聞いたことがある。 「プロレスって、いったいなんなのかなあって考えちゃうことがありますよ」  藤波さんのような大ベテランがそうなのだから、プロレスとはこうこうこういうものであるという“定義”を理路整然と説明できる人なんて、この世にいないのではないだろうか。  かつて、旧ソ連から初のプロレスラーが誕生することになったとき、アントニオ猪木はモスクワのアマチュア・レスリング関係者にプロレスというジャンルについてこう説明したとされる。  プロのレスリングは4つの要素から構成されている。まずはじめに「攻撃」。ふたつめが「受け身」。それから「感性と表現力」。そして最後に「信頼」。  まだプロレスというものをいちども観たことがなかった旧ソ連サイドがこの4つの概念をどんなふうに受け止め、どういったレベルでそれを理解したのかはいまとなってはわからない。  これはプロレスを“やる側”の先輩が、これからそれを“やる側”になるアスリートたちに伝えた心がまえのようなものだったのだろう。  プロレスにかかわっている人たちは、みんながみんなそれぞれにプロレスの定義を探していて、みんながみんなそれぞれのプロレス観(らしきもの)を身につけている。  じっさいにプロレス(の試合)を体感できない“観る側”は、実生活のなかでのもろもろの体験――原...more
カテゴリー:

北斗晶 グーグルアースで息子の留学地、バンクーバーをウロウロ - 05月15日(月)14:52 

タレントの北斗晶(49)が自身のブログで、グーグルアースを使って遠隔プチ旅行をすることにハマっていることを明かした。 北斗の長男・健之介くん(18)は今年高校を卒業し、4月下旬に留学のためカナダへと出発。北斗も新生活準備を手伝うため同行していたが、ゴールデンウィークにカナダ入りした夫・佐々木健介(50)と次男と一緒に親子4人の時間を楽しんだ後、長男と別れ帰国した。 母の日には健之介くんからメッセージが来たという北斗は自身のブログで、 「特別なものなんて何もいらないもんよ 元気で笑ってくれていれば、それが私にとっての… 真っ赤なカーネーション」 といいつつ、おやつに「551」の豚まんを食べていたとき、 「豚まんが大好きな健之介に食べさせてやりたくなって… なんだか急に淋しくなってしまった」 と告白。そこで、「近頃、メチャメチャハマりまくってる」というGoogleearthにて、 「健之介のいる場所にひとっ飛び カナダバンクーバーカナダに飛んで行って、健之介のいる場所の周りをウロウロ それだけで、近くにいるみたいで嬉しくなる。 この景色を健之介も見てるんだろうなーって思ってね。 本当に凄い時代だよね?」 とコメント。 これを見たファンからは、 「私の母も私が横浜へ上京した時、実家でいつも地図を眺めていたそうです。」 「私も寂しくなったら Googleで娘のいるところ...more
カテゴリー:

北斗晶、がん闘病中に「もっと労われよ!」いつもと変わらない日常に救われる - 05月14日(日)13:10 

阿川佐和子が、毎回各界で活躍する著名人とトークを展開する『サワコの朝』(MBS/TBS系ネット、毎週土曜7:30~)。5月13日は、タレントの北斗晶がプロレスラーになったきっかけや乳がんの闘病秘話を語った。タレントの北斗晶は、元女子プロレスラー。曾祖母の影響で小さいころからテレビのプロレス中継を見て育ったが、当時は「プロレスは怖い」という印象だったとか。ところが、高校時代に友人に誘われて、近くの道場で行われていたプロレスの練習を見に行ったことが人生の転機に。すっかりプロレスの魅力にハマり、プロを目指すため高校を中退した。その後、3500人のオーデションを勝ち抜いて全日本女子プロレスからデビュー。一躍、人気女子レスラーとなった。“デンジャラスクイーン”と呼ばれるヒール役への転向は、メキシコでのプロレス興行がきっかけ。もともと悪役をやりたかったものの、顔が怖くないという理由から“善玉キャラ”で奮闘していた当時の北斗は、お客さんが呼べないと事務所から思われていたようで「ほとんど島流しのようなもの」と、メキシコ行きについて振り返った。プロレスが盛んなメキシコでは、日本人というだけで悪役的存在に。「ひどい時は石を投げられたりもしましたけど、段々楽しくなってきた」と、自分の新しいプロレス人生に手応えを感じたらしい。そんな北斗の“記憶の中できらめく1曲”は、遠藤京子の「輝きたいの」。女子プロレス...more
カテゴリー:

もっと見る

「佐々木健介」の画像

もっと見る

「佐々木健介」の動画

Wikipedia

佐々木 健介(ささき けんすけ、1966年8月4日 - )は、日本の元プロレスラー男性タレント、本名同じ。福岡県福岡市南区出身。東福岡高校卒業IWGPヘビー級王座三冠ヘビー級王座GHCヘビー級王座と合わせて、初のメジャー3大タイトルを戴冠する快挙を成し遂げた。 2014年2月13日、現役引退を発表し、28年のプロレス生活にピリオドを打った電撃引退!佐々木健介のプロレスラーとしての実像。 健介オフィス所属で主にタレント活動を行っている。妻は、全日本女子プロレス出身の元プロレスラーで健介オフィス代表取締役の...

出演番組

今後の出演番組

過去の出演番組

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる