「住民税」とは?

関連ニュース

伊達市、住民税を誤徴収 - 06月21日(水)09:41 

福島県伊達市は20日、住民税を年金受給者10人から誤って徴収していたと発表した。2016年9月の確定申告などに伴い税額変更があったにもかかわらず、変更を日本年金機構などに送付しなかったのが原因。16年
カテゴリー:

【経済】年収1,000万円 vs. 貯金1,000万円 - 06月17日(土)21:15 

1,000万円の大台。年収にしても貯金にしても1,000万円は多くの人が一つの目標としている数字ではないでしょうか。では、年収と貯蓄で1,000万円を達成するのはどれくらい難しいのでしょう? 今回は、それぞれどの程度の人が達成しているのかを見ていきたいと思います。 年収1,000万円超は全国に約200万人 2016年9月に国税庁より公開された「民間給与実態統計調査」によれば、1年を通じて勤務した給与所得者4,794万人のうち、年収が1,000万円超の人は全体の4.3%の約200万人です。 「年収が1,000万円を超えるのが200万人もいるのか!...
»続きを読む
カテゴリー:

奨学金、大学生の5割 「年収1000万円」家庭でも11.0%が受給 - 06月13日(火)11:50 

学費が足りないために進学をあきらめる学生は、少なくない。そんな学生たちの「頼みの綱」となるのが奨学金。いまや大学生の半数以上が受給している。 「大学学部生」51.3%、「大学院博士課程」62.7% 日本学生支援機構の「2014年度 学生生活調査」(2017年3月29日発表、全国の大学学部、短期大学、大学院に在籍する学生を対象に調査。有効回答数は4万5577人、隔年調査)によると、「大学学部生」における受給率は51.3%、「短期大学生」は52.9%、「大学院修士課程」は55.4%、「大学院博士課程」は62.7%、「大学院専門職学位課程」は51.8%となっている。 家庭の年間平均収入額は、「大学生」の家庭が824万円。「短期大学」は658万円、「大学院修士課程」は791万円、「大学院博士課程」が734万円、「大学院専門職学位課程」が799万円だった。 大学生が奨学金を受給している割合を、家庭の年間収入別にみると、受給率が最も高いのは「年収500万円~600万円」の世帯で12.7%。以下、「年収600万円~700万円」の世帯が12.4%、「年収400万円~500万円」が11.1%、「年収700万円~800万円」が10.9%、「年収300万円~400万円」が10.1%と続く。いずれも、2ケタ台だった。 また、「年収200万円未満」の家庭の受給率は8.2%、「年収1000万円以上」の受給率で...more
カテゴリー:

【生活の知恵】子どもや夫の服を売って「フリマアプリ」で稼ぎたい 確定申告の必要はあるの? - 05月30日(火)16:24 

ちょっとしたお小遣い稼ぎができる、フリマアプリでの売買。 最大手「メルカリ」での不適切な売買が問題視されたこともあったが、雑貨や子供服など、不要になったものを格安で販売するのは、売る側、買う側にとってもメリットが大きい。 しかし、個人でやる人にとっては、確定申告をどうするべきかという課題もある。 税理士ドットコムの税務相談コーナーにも、様々な相談が寄せられている。 「服も子供服や主人の物など、たくさんあって、意外と買っていただけて、振り込み申請で12万ほどメルカリから振り込みをしてもらいました」...
»続きを読む
カテゴリー:

ふるさと納税を贈り物ギフトにできるの知ってる? ふるさと納税ポータルサイト『さとふる』がお中元特集を公開 - 06月19日(月)12:00 

「お中元やギフト選び、なんだかいつも迷ってしまうなぁ……、ちょっとでもポイントでお得になるほうがいいなぁ?」なーんて悩んでしまう方。ふるさと納税の制度を使って“お得”に贈り物ができるのをご存知でしょうか。 ふるさと納税を贈り物ギフトで活用する人が増加! ふるさと納税とは、自分自身で好きな地域を選んで寄付ができる制度。寄付した金額は確定申告をするとその年の所得税より還付、翌年度の個人住民税より控除されます。さらに、自治体によっては、寄付先の地域からお礼として様々なお礼品を受け取ることができます。このふるさと納税のお礼品の送付先は自宅以外を指定可能。ふるさと納税を利用して贈り物をすることもOKなのです。 ふるさと納税サイトを運営する『さとふる』が集計したところ、自宅以外をお礼品の送付先として指定する寄付は年々増加傾向に。2016年では寄付件数のうち約10%が、ふるさと納税のお礼品を贈物として利用した寄付と推定されるそうです。身近な人へのお中元や贈り物に美味しい“ふるさと”グルメを贈るのも素敵ですよね。 ふるさと納税ポータルサイト『さとふる』について ふるさと納税ポータルサイト『さとふる』は、ふるさと納税を推進し地域活性化を促進するための総合サイト。応援したい自治体やお礼品情報をすぐに探すことができ、ふるさと納税の申し込みを簡単な手続きで行えます。 お礼品選びも人気ランキングや特集の...more
カテゴリー:

北谷で給付型奨学金 来春入学生、沖縄県内市町村で初 - 06月14日(水)10:34 

 【北谷】北谷町議会(田場健儀議長)は13日、町育英会条例の第1条に「給付」の文言を追加する一部改正案を全会一致で可決した。町育英会は5月の理事会で、住民税非課税世帯で大学などに進学する学生を対象に、返還の必要がない給付型奨学金の導入を了承しており条例の変更はその一環となる。給付型奨学金は、町育...
カテゴリー:

「持ち家or賃貸」問題!総コストがほぼ同じなら…何で判断すべきか - 06月12日(月)21:00 

家族をもつと、これから先の暮らしを考えたときに立ちはだかるのが“持ち家or賃貸”問題。永遠のテーマとでも言えそうな話題ですが、どのように考えると正解が見えるのでしょうか? 今回は不動産のコンサルティングを行うハイアス・アンド・カンパニーの川瀬太志さんと矢部智仁さんに伺った話をもとに、持ち家と賃貸の選び方についてお伝えします。持ち家と賃貸はどっちがお得? 生涯賃貸なのか、はたまたマイホームを購入するのか、多くの方が「どっちのほうがお得なんだろう?」という視点で考えるのではないでしょうか。 話題になりやすいこのテーマ、実際のところを聞いてみました。 川瀬「実は支払総額として捉えたときにトータルコストはそんなに変わらないです。むしろ変わるのは“支払いペース”です。賃貸を選ぶのであれば、どの立地でいくらの家賃のところに住むのか、いつ住み替えるのかなどは、トータルコストよりもライフスタイルによるところも大きいです」 “支払いペース”というのは、仮に75歳までのコストが同じだとすると、戸建ては65歳に住宅ローンを終えるとして、以降は維持費など少額で推移していきます。一方、賃貸の場合、75歳まで住み替えにより月々の料金は上下しますが、その後も同じように続いていきます。 つまり、賃貸と持ち家の大きな違いは、その総コストよりも住居費負担を“どのように考えるか”というところなのですね。 収入のあるうち...more
カテゴリー:

【仮想通貨】「ビットコイン急騰で儲かった」の落とし穴 利益が3割になることも? - 05月28日(日)20:59 

ビットコインの急騰が注目を浴びている。昨年秋の大統領選を境目に急上昇、この1年で価格が4倍近くになった。この高騰の波の乗れた投資家が売却益を得たり、新たにビットコイン売買に着手する人が急増している。 ただし他の投資と同様に注意したいポイントがある。それは「すべての利益には必ず税金がかかる」ということだ。そして、儲けが大きければ大きいほど税金がかかる。そのため、最悪、納税の結果、利益が3割程度にとどまってしまうことにもなりかねない。 ビットコインは仮想通貨のうちもっとも取引量が多くなっている。仮想...
»続きを読む
カテゴリー:

「住民税」の画像

もっと見る

「住民税」の動画

Wikipedia

住民税(じゅうみんぜい)は、日本の税金のうち、道府県民税市町村民税を合わせていう語。特に、個人に対する道府県民税市町村民税は、地方税法に基づき市町村(または特別区)が一括して賦課徴収することから、この2つを合わせて住民税と呼ぶ。

法人住民税については、道府県民税および市町村民税を参照。

賦課方法

その年の1月1日現在で居住しているところ(原則として住民票住所)で課税される。そのため、1月2日以降に他の市町村に転居した場合でも、1月1日現在で居住していた市町村に全て納付しなければならない。 この場合、その年の住民税は転居先の市町村から課税されることはない。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる