「住民税」とは?

関連ニュース

【ZOOM東北】ふるさと納税返礼沈静化に戸惑い 「街おこしに水を差しかねない」 問われる地方創生の仕組み作り - 05月22日(月)13:55 

 応援したい自治体に寄付すると住民税などが軽減される「ふるさと納税」で、受け取る返礼品の価格を寄付額の「3割以下」とするよう総務省が各自治体に出した要請に波紋が広がっている。豪華な返礼品をめぐり過熱した競争を沈静化する狙いだが、東北からも「街おこしに水を差しかねない」と戸惑いの声が出ている。制度をきっかけとした地方創生の仕組み作りが問われている。
カテゴリー:

「掛け金が全額所得控除」とは? 税制優遇からみた個人型確定拠出年金の節税メリット - 05月21日(日)10:40 

 加入すると、3段階の税制優遇という節税メリットがある個人型確定拠出年金(愛称「iDeCo」イデコ)。そのなかでも最初に訪れるのが、毎月掛け金を積み立てる“拠出時”のタイミングでの節税メリットだ。実際のところ、どのくらいの節税につながるのか。そのメリットを検証する。 【図表2】個人年金保険の生命保険料控除額 ■所得控除の適用で所得税&住民税が軽減  個人型確定拠出年金として掛け金を積み立てると、その全額に「小規模企業共済等掛金控除」という名目の所得控除が適用される。これにより、課税対象となる所得金額が減るため、所得税と住民税が軽減される、という仕組みだ。  所得税は、給与収入から給与所得控除や各種所得控除をした「課税所得」の金額によって税率が変わる(図表1参照)。例えば、所得税の限界税率が10%の場合は、住民税(一律10%)と併せることになるので、掛け金の20%に相当する金額の節税対策ができる計算だ。  例えば、同じ条件で個人型確定拠出年金に、年間総額24万円の掛け金で積み立てた場合、節税できる額は24万円×20%=4万8000円となる。これを30年間続けたとすると、4万8000円×30年間=144万円となる。個人型確定拠出年金として積み立てるだけで、所得控除分だけでも、これだけの節税メリットが生まれるというわけだ。ちなみに、紹介した計算式は全て概算で、実際の節税額を保証...more
カテゴリー:

口やかましいだけのお役所は「国民の常識」を信じていないのか? - 05月17日(水)19:30 

最近話題の「ふるさと納税」ですが、商品券やパソコンを返礼品にする自治体まで出てきました。見かねた総務省は、各自治体に4月1日付で「返礼品は寄付金の3割が上限」と通達。また近年は「官製春闘」なる言葉も登場するなど、行政サイドがあらゆるところに口を挟む事態となっています。これらを受け、無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』の著者である嶌信彦さんは、「もっと民の常識を信じたらどうか」と、口を出しすぎる役所・役人に苦言を呈しています。 行政は口をはさみすぎる 最近、行政が企業や個人の活動に口をはさみすぎるのではないか。 典型的な例は官製春闘だ。給与や一時金は、各企業が業績をみながら従業員のやる気を引き出すために考えて出す極めて重要な個別企業戦略である。ところが、ここ2、3年、政権側は業界や、リーディング企業に対しても具体的数字をあげて要請している。 春闘やボーナス交渉は経営者と組合がそれぞれの個別事情から何度も交渉して決めるものだ。特に中小、零細企業などそれこそ事情は千差万別で、その数は日本の全企業の98%前後を占めている。大手に提示する数字など中小から見たらとんでもなく高く、中小の従業員はますます格差を感じよう。 これらだけではなく、総務省は3年にわたり「ふるさと納税」の返礼は納税額の3割以下に抑えるよう通達を出している。返礼品の過当競争に歯止めをかけるためだという。 ふ...more
カテゴリー:

「配偶者控除等の改正」ポイントを解説! 税制面で損をしない働き方とは? - 05月11日(木)09:20 

 2017年度予算と税制関連法が3月27日成立した。これにより、2018年以降、配偶者控除が受けられる給与収入が「103万円以下」から「150万円以下」となる。女性の働き方に影響を与えると言われる配偶者控除だが、結局のところどのように変わったのだろうか。そこで「夫婦のうち年収が高い方を夫、控除対象の配偶者をパート収入のみの妻」をモデルケースに、今回の改正について解説する。 【図表2】納税者本人の所得制限 ■2017年分は現行のまま  現行の「配偶者控除」では、給与収入103万円以下の配偶者がいる場合、本人が一定の金額の所得税控除を受けられる仕組みになっている。典型的な例が、夫がサラリーマン、妻がパート収入のみの場合で、妻の給与収入が103万円以下なら夫は自分の所得から38万円を控除できる。結果として、夫の所得税や住民税が安くなるというわけだ。  また、妻の給与収入が103万円を超えても141万円未満なら、夫は妻の所得に応じて一定金額の控除を段階的に受けられる「配偶者特別控除」があるため、夫の税金が急激に増えることはない。ただし、夫の合計所得金額が1000万円以下の場合しか配偶者特別控除は受けられない。 ■今回の配偶者控除等の改正は2018年分から適用される  今回の配偶者控除等の改正で大きく変わった内容は以下の3点だ(図表1,2参照)。  まず「配偶者控除」の面では、...more
カテゴリー:

【新税導入】「森林環境税」検討本格化…カギは都市部の理解、政府・与党は年末に結論 - 05月04日(木)10:06 

 4日は「みどりの日」。その「みどり」である森林について、保全や整備に必要な財源を確保しようと、政府が「森林環境税」(仮称)の創設に向けた検討を本格化させている。国が個人住民税(地方税)に上乗せする形で課税し、その税収を市町村に配分するという仕組みを想定。しかし負担増につながるだけに、特に都市部の住民の理解を得られるかがカギを握りそうだ。  「2018年度改正で結論を得る」。森林環境税に関し、自民、公明両党は昨年末にまとめた17年度の与党税制改正大綱に、こう明記した。  今年末に行われる18年...
»続きを読む
カテゴリー:

「坊主丸儲け」って実際問題どうなのか専門家に聞いてみた - 05月21日(日)20:00 

宗教法人には、法人税法上の規定により、宗教活動により得た収入には法人税が課税されないことになっている。法人税が課税されないということで、宗教法人には一切税金が課税されないと見なしている人は、意外と多いのではないだろうか。そこから宗教法人は「非課税=裕福」であるという考え方につながるかもしれない。「教えて!goo」でも「坊主丸儲けですか?」ということで、裕福な生活を送る実家の菩提寺について、疑問が提示されている。 ■なんやかんやでお金を徴収 質問には、親が檀家になっている菩提寺について、お布施を初めとした様々な名目で金銭を要求し、住職自身も教員と兼業であること、住職の家族も事業を営み、住職達はとても裕福な生活をしていることに納得がいかない旨が記されていた。これに対して、次のような意見があった。 裕福な生活を送っている菩提寺に対して納得がいかないという質問者に対して、それならば縁を切ればいいという応える回答者。さて読者の皆さんならばどう考えるだろうか。 ■「坊主丸儲け」って実際のところどうなの? 檀家が減少傾向にあるお寺は近年、「空き寺」や「後継者不足」「マンション坊主」などのさまざまな問題を抱えるようになった。そして収入が減ったことによって葬式仏教などとも揶揄されるようになってきたが、「坊主丸儲け」は実際のところ本当なのだろうか。今回は葬儀にまつわるさまざまな問題に詳しい、...more
カテゴリー:

給付奨学金、平成29年度もうすぐ締切り…日本学生支援機構 - 05月18日(木)12:45 

 日本学生支援機構は5月17日、平成29年度「給付奨学金」の募集についてWebサイトに掲載した。在学校からの推薦締切りが5月25日と目前に迫っていることから、申込みを検討・準備中の人に急いで手続きを進めるよう呼び掛けている。 給付型奨学金は、経済的に困難な状況にある低所得の学生の進学を後押しする制度で、貸与型奨学金と異なり、返還の必要がない。平成30年度以降の進学者を対象に本格導入されるほか、平成29年度進学者については特に経済的に厳しい状況にある学生を対象に先行実施される。 平成29年度「給付奨学金」の対象となるのは、平成29年度に大学(学部)、短期大学、専修学校(専門課程)に進学した人、および高等専門学校3年次から4年次に進級した人。このうち、「私立の大学などに自宅外から通学する住民税非課税世帯または生活保護受給世帯の人で、十分に満足できる高い学習成績を収めている人」「児童養護施設退所者など社会的養護を必要とする人」のいずれかに該当する人。 給付月額は、国公立3万円、私立4万円。国立で授業料の全額免除を受ける場合は、給付月額が2万円に減額。社会的養護を必要とする人には、別途一時金として24万円が支給される。 申込みは、在学校の奨学金窓口を通して実施。すでに募集を開始しており、5月25日に各学校から日本学生支援機構への推薦を締め切る。日本学生支援機構では、給付奨学金の希望者が申込...more
カテゴリー:

個人型確定拠出年金のメリットは3つの節税にあり - 05月16日(火)09:50 

 個人型確定拠出年金(愛称「iDeCo」イデコ)は、加入してから受け取りまでに3段階で節税メリットがある。まず拠出時の所得控除、次に運用中の運用益非課税、最後に受け取り時の退職所得控除と公的年金等控除だ。それぞれのタイミングで設けられている税制がどのような内容なのか、詳しくみていこう。 「公務員=老後生活が安定」は昔話に? “イデコ”活用への期待 【1】拠出時の“所得税控除”  加入時に、毎月いくらずつ積み立てるのか、掛け金を設定する。この掛け金を拠出するときに適用されるのが、「小規模企業共済等掛金控除」という名目の所得控除だ。掛け金は、月5000円からで、それぞれの職業によって定められた上限額までの金額を1000円単位で設定でき、全額を所得控除にできる。所得控除を受けることによって、課税所得が減るので、課税所得をもとに算出される所得税と住民税が安くなるというメリットだ。  これは、年収103万円以下のパート主婦や専業主婦を除き、所得のある人なら享受できる利益だ。 【2】運用中の“運用益非課税”  投資信託などへの投資で利益が出た場合、通常だと20%課税される。さらに、2037年までは別途「復興特別所得税」もかかる。それが、個人型確定拠出年金で運用益が出た場合は、課税されず、利益はそのまま全額元本に繰り入れられて運用される。もちろん、運用益マイナスでの元本割れもありえる...more
カテゴリー:

【大阪】ふるさと納税で私立高校生の学費補助増 大阪府が対策検討 - 05月11日(木)08:31 

 ふるさと納税などによる減税(控除)の影響で、私立高校生がいる世帯を対象にした国や大阪府の補助金を本来より高額に支給しているケースが多いとみて、大阪府が対策の検討を始めた。府の試算によると、控除で見かけ上の世帯年収が最大200万円減り、国と府の補助額が本来より最大計38万円増える。ネット上には補助額を増やす指南サイトもあり、府は同様の問題を抱える国にも見直しを働きかけている。  国は高校生がいる年収910万円未満(目安)の世帯を対象に「就学支援金制度」を設けている。大阪府は「授業料無償化」を掲...
»続きを読む
カテゴリー:

【長野】ふるさと納税 県は「赤字」減収が寄付上回る - 05月03日(水)10:35 

 県は2日、ふるさと納税制度で2016年度に2億9100万円の寄付金を集めたと発表した。15年度の1億4200万円と比べほぼ倍増した。ただ県民が他県などに寄付することによる16年度の県の「減収額」(県民税の控除額)は3億4300万円となり、寄付額を5100万円上回り、「赤字」となった。県税務課によると、少なくとも15年度は寄付額の方が多い「黒字」だった。  ふるさと納税は、一定額までは寄付額とほぼ同額が、寄付者の所得税と住民税(市町村民税と県民税)所得割額から控除される制度。寄付者から見ると、...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「住民税」の画像

もっと見る

「住民税」の動画

Wikipedia

住民税(じゅうみんぜい)は、日本の税金のうち、道府県民税市町村民税を合わせていう語。特に、個人に対する道府県民税市町村民税は、地方税法に基づき市町村(または特別区)が一括して賦課徴収することから、この2つを合わせて住民税と呼ぶ。

法人住民税については、道府県民税および市町村民税を参照。

賦課方法

その年の1月1日現在で居住しているところ(原則として住民票住所)で課税される。そのため、1月2日以降に他の市町村に転居した場合でも、1月1日現在で居住していた市町村に全て納付しなければならない。 この場合、その年の住民税は転居先の市町村から課税されることはない。

...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる