「住宅」とは?

関連ニュース

【悲報】生活保護 18年度から減額へ 「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」 - 01月21日(日)18:27  news

1/21(日) 13:10配信  国が昨年末、生活保護受給額を2018年度から減額する方針を示したことで、青森県内の受給者に不安が広がっている。減額基準の詳細はまだ示されていないが、 都市部を中心に10月以降、食費や光熱水費に充てる「生活扶助」や、ひとり親家庭を対象とした「母子加算」が減額される見込み。 前回の13年度の見直しから連続削減となり、県内の受給者からは「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」と悲痛な声が上がっている。  青森市の早川美由紀さん(48)=仮名=は、以前住んでいた福島県いわき市...
»続きを読む
カテゴリー:

国交省、戸建て団地の改修費補助 老人ホーム・子育て施設転用なら - 01月21日(日)16:58 

一戸建て住宅が並ぶタイプの団地にある空き家を老人ホームや保育所などに転用すれば、国と自治体が原則として改修費の3分...
カテゴリー:

【青森】生活保護 18年度から減額へ、青森県内受給者に不安広がる... 「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」★3 - 01月21日(日)15:45  newsplus

1/21(日) 13:10配信  国が昨年末、生活保護受給額を2018年度から減額する方針を示したことで、青森県内の受給者に不安が広がっている。減額基準の詳細はまだ示されていないが、都市部を中心に10月以降、食費や光熱水費に充てる「生活扶助」や、ひとり親家庭を対象とした「母子加算」が減額される見込み。前回の13年度の見直しから連続削減となり、県内の受給者からは「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」と悲痛な声が上がっている。  青森市の早川美由紀さん(48)=仮名=は、以前住んでいた福島県いわき市で、夫...
»続きを読む
カテゴリー:

6歳長男の首をコードで絞める…母親逮捕 1/21 14:14更新 - 01月21日(日)14:14 

20日夜、愛知県名古屋市北区の住宅で、6歳の長男の首を電気コードで絞めて殺害しようとしたとして、43歳の母親が逮捕された。
カテゴリー:

【青森】生活保護 18年度から減額へ、青森県内受給者に不安広がる... 「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」 - 01月21日(日)13:18  newsplus

1/21(日) 13:10配信  国が昨年末、生活保護受給額を2018年度から減額する方針を示したことで、青森県内の受給者に不安が広がっている。減額基準の詳細はまだ示されていないが、都市部を中心に10月以降、食費や光熱水費に充てる「生活扶助」や、ひとり親家庭を対象とした「母子加算」が減額される見込み。前回の13年度の見直しから連続削減となり、県内の受給者からは「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」と悲痛な声が上がっている。  青森市の早川美由紀さん(48)=仮名=は、以前住んでいた福島県いわき市で、夫...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森】生活保護 18年度から減額へ、青森県内受給者に不安広がる... 「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」★4 - 01月21日(日)17:43  newsplus

1/21(日) 13:10配信  国が昨年末、生活保護受給額を2018年度から減額する方針を示したことで、青森県内の受給者に不安が広がっている。減額基準の詳細はまだ示されていないが、都市部を中心に10月以降、食費や光熱水費に充てる「生活扶助」や、ひとり親家庭を対象とした「母子加算」が減額される見込み。前回の13年度の見直しから連続削減となり、県内の受給者からは「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」と悲痛な声が上がっている。  青森市の早川美由紀さん(48)=仮名=は、以前住んでいた福島県いわき市で、夫...
»続きを読む
カテゴリー:

【貧困と生活保護】低所得化に合わせて基準を下げてよいのか★2 - 01月21日(日)16:43  newsplus

2018年1月19日  生活保護の8種類の扶助のうち、主たる生活費である生活扶助の基準の見直しを厚生労働省が昨年12月に決めました。2018年10月から20年10月にかけ、3段階に分けて実施されます。  見直しの影響は、世帯の人数、年齢構成、居住地域によって異なり、今より基準額が増える世帯もありますが、減る世帯のほうがはるかに多く、最大では5%下がります。生活扶助の総額で見ると、1.8%のマイナスです。13年8月から15年4月にかけて平均7.3%(最大10%)の大幅引き下げが行われたのに続くダウンに...
»続きを読む
カテゴリー:

【青森】生活保護 18年度から減額へ、青森県内受給者に不安広がる... 「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」★2 - 01月21日(日)14:23  newsplus

1/21(日) 13:10配信  国が昨年末、生活保護受給額を2018年度から減額する方針を示したことで、青森県内の受給者に不安が広がっている。減額基準の詳細はまだ示されていないが、都市部を中心に10月以降、食費や光熱水費に充てる「生活扶助」や、ひとり親家庭を対象とした「母子加算」が減額される見込み。前回の13年度の見直しから連続削減となり、県内の受給者からは「これ以上、切り詰められない」「死ねということか」と悲痛な声が上がっている。  青森市の早川美由紀さん(48)=仮名=は、以前住んでいた福島県いわき市で、夫...
»続きを読む
カテゴリー:

【貧困と生活保護】低所得化に合わせて基準を下げてよいのか - 01月21日(日)13:53  newsplus

2018年1月19日  生活保護の8種類の扶助のうち、主たる生活費である生活扶助の基準の見直しを厚生労働省が昨年12月に決めました。2018年10月から20年10月にかけ、3段階に分けて実施されます。  見直しの影響は、世帯の人数、年齢構成、居住地域によって異なり、今より基準額が増える世帯もありますが、減る世帯のほうがはるかに多く、最大では5%下がります。生活扶助の総額で見ると、1.8%のマイナスです。13年8月から15年4月にかけて平均7.3%(最大10%)の大幅引き下げが行われたのに続くダウンに...
»続きを読む
カテゴリー:

グリーン・ツーリズム:福岡で研修会「農村民泊のススメ」 - 01月21日(日)13:04 

 6月の民泊新法(住宅宿泊事業法)施行を控え、農村民泊への理解を広げようと、福岡県京築地区の実践農家らを対象にした農村民泊推進研修会が20日、みやこ町豊津公民館であった。行政や農業団体などによる京築地域農業・農村活性化協議会(会長=山田正秀・県行橋農林事務所長)が初めて開き、約40人が参加した。【荒木俊雄】
カテゴリー:

もっと見る

「住宅」の画像

もっと見る

「住宅」の動画

Wikipedia

住宅(じゅうたく)は、人の居住を用途とする建築物。「住居」とも言う。周囲の環境から居住者の快適な生活を守るものであり、生活範囲となる環境を含める場合もある。

ここで言う“周囲の環境”とは、気候(雨、風、雪、暑さ、寒さ、湿気など)、騒音異臭、他人の視線や聞き耳(→プライバシーの保護)、天敵猛獣猛禽害虫など)など、立地条件によって異なるものであり、住宅に求められる対応もそれによって異なる。

ひとつの敷地に一世帯が居住する「一戸建(て)」(戸建(て)、個人住宅とも言う。建築基準法においては専用住宅)と、複数世帯が居住する「集合住宅」(建築基準法においては共同住宅)とに大別される...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる