「住友不動産」とは?

関連ニュース

三菱地所、常盤橋街区再開発プロジェクト本格始動--高さ日本一のビル等も - 04月19日(水)10:01 

三菱地所は4月17日、東京駅日本橋口前に位置する常盤橋街区(東京都千代田区大手町2丁目他)にて開発を進めている「大手町二丁目常盤橋地区第一種市街地再開発事業」において、最初の工事となるD棟新築の地鎮祭を実施。これをもって、東京駅前で10年超の長期プロジェクトが始動された。 同プロジェクトは、東京駅周辺で最大となる3.1haの敷地に、10年超の事業期間をかけて段階的に4棟のビル開発を進めるというもの。D棟はその第一弾となり、2016年4月より解体工事をスタートし、2017年4月末に着工、竣工は2021年12月末を予定している。今後、2018年1月には高さ200m超のA棟の新築工事着を、2023年には東京の新たなランドマークとなる高さ約390mのB棟の新築工事着工を、それぞれ予定。同社は2027年度の街区全体竣工に向け、同プロジェクトを推進しいく。 街区北側に位置するD棟は、地下及び低層階に下水ポンプ所を新設する。これは、都心の重要インフラとして昭和39(1964)年に日本ビル地下に合築して設けられた東京都下水道局銭瓶町ポンプ所に替わるものであり、将来の更新も見据え同プロジェクトにて別棟化した上で、機能更新を図る。竣工後は東京都下水道局の所有となり、地上階は主に東京都下水道局の事務所となる予定。館内空調は下水熱を利用した空調システムを採用し、環境負荷の低減を目指す。 また、2階テ...more
in English
カテゴリー:

「住友不動産」の画像

もっと見る

「住友不動産」の動画

Wikipedia

住友不動産株式会社(すみともふどうさん)は、本店を東京都新宿区西新宿2丁目に置く住友グループの大手不動産会社で、住友グループ広報委員会にも参加する企業である。

概説

三井不動産三菱地所に並ぶ大手総合デベロッパーである。分譲・賃貸などリテール事業に強い。2014年のマンション供給戸数ランキングでは全国1位(6,308戸)、首都圏1位(5,190戸)、近畿圏8位(677戸)。また都内を中心に200を超えるビルを保有・運営している。

住友直系企業グループ(白水会)の中でも旧・住友本社を継承しているという点で、他の住友系企業とは違った特別な存在意義を持っている。「住友家」の不動産資産を継承しており、そのため以前は住友家当主・第16代住友吉左衛門友成が住友不動産の筆頭株主であった。また住友家評議員会の事務局が、住友不動産内に置かれていることからも、旧・住友本社的な性格を持っていることが窺える。

沿革
  • 1949年 - 財閥解体により旧住友本社の不動産部門を譲り受け、泉不動産株式会社を設立する。第16代住友吉左衛門が株式13.9%を保有する筆頭株主となる。
  • 1957年 - 住...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる