「低血圧」とは?

関連ニュース

貧血?しゃがんで立つ時に立ちくらみが…鉄剤を飲んだ方が良い? - 01月19日(金)11:00 

立ちくらみの主な原因は、急に立ち上がった時に血圧が下がる起立性低血圧と言われますが、重度の貧血が原因で起こる場合もあります。産後立ちくらみが増えたママに、専門家はどのようにアドバイスしているでしょうか。 産後1年半のママからの相談:「貧血で、しゃがんだ後立つ時に立ちくらみがある。鉄剤が必要?」 『元々貧血で妊娠中は更に貧血の症状が出ていたので、サプリを飲んだり、鉄剤を処方されていました。産後は元の状態に戻ったかなと思っていましたが、最近数秒しゃがみこんだ後、立つ時には必ず立ちくらみがありますし、長い時間しゃがんだ後立つ時にはフラッと倒れそうになるか本当に倒れてしまいます。鉄剤を飲んだ方が良いでしょうか。それとも何か改善する方法はありますか。(20代・女性)』 酷い立ちくらみは貧血の可能性が…医師に相談を 専門家の意見では、産後は貧血になりやすいので、貧血が悪化して立ちくらみを起こしている可能性も考えられるようです。一度医療機関を受診し、貧血の程度をチェックしてみてください。 『本当に貧血によるものか、一度検査してください。貧血の自己チェックには、めまいや立ちくらみする・疲れやすい・味覚がおかしくなり口角炎を起こしやすい・爪が反り返っている・朝なかなか起きられない等があり、当てはまる項目が多ければ貧血の可能性は高いです。(医師)』 『産後は、出産時の出血...more
カテゴリー:

貧血ではないのに立ちくらみやめまい・・・原因はなに? - 01月14日(日)11:00 

立ちくらみやめまいに悩む女性は少なくありません。今回の相談者さんも若い頃から悩まされてきましたが、貧血を指摘された事はないようです。原因はいったい何なのでしょうか。専門家に聞いてみました。 立ちくらみについての相談:「貧血じゃないのに立ちくらみはなぜ起こる?」 『10代の頃から立ちくらみ・めまいに悩んでいます。学生の時や社会人になってからも血液検査で貧血と言われたことはありませんが、年に数回、立ち上がった時に世界が回る程の立ちくらみに襲われます。10数秒ほど我慢すれば普通に戻りますが、体調の悪い時は毎日起こるので気になります。食事の栄養バランスは悪くないとは思うのですが、もう少し鉄分の多い食材を摂った方が良いのでしょうか。(30代・女性)』 起立性低血圧や隠れ貧血の可能性アリ。原因を特定し対応を 立ちくらみやめまいの原因は、貧血以外にもあるようです。起立性低血圧ではないかとの声もありました。 『この場合は貧血ではなく「起立性低血圧」と思われます。起立性低血圧は貧血と同様に考えられがちですが、必ずしも貧血は関与していません。起立性低血圧の原因は貧血もありますが、急な起立で心臓の血液拍出量が付いていけず、一瞬脳への血液供給が不足することでも起こります。他にも原因はありますが、普段から運動を心掛け、心肺機能を高くすることで改善出来ます。生活に支障があるなら病院に相談...more
カテゴリー:

めまいや立ちくらみは貧血が原因?どうすれば改善出来る? - 01月15日(月)11:00 

めまいや立ちくらみに悩む女性は少なくありません。今回は30代の女性からの相談です。健康診断ではいつも貧血を指摘され、昔からめまいや立ちくらみに悩まされてきました。原因はやはり貧血でしょうか。どうすれば改善出来るのでしょうか。専門家に聞いてみました。 貧血についての相談:「めまいや立ちくらみの改善法は?」 『若い頃から、めまいや立ちくらみが悩みでした。体調が悪いわけではないのにクラクラして気持ち悪かったり、座っている状態から立ち上がると立ちくらみでふらついたりします。職場の健康診断で毎回、貧血でひっかかりますが、めまいや立ちくらみは貧血が原因なのでしょうか。不便という程ではないですが、めまいや立ちくらみがすると辛いですし、周りの人にも心配をかけたくないです。(30代・女性)』 貧血以外にも可能性アリ。病院で検査して原因の特定を めまいや立ちくらみの原因は様々です。病気が原因の可能性もありますから、一度病院で調べてみましょう。 『メニエール病も否定出来ませんが、以前から貧血の指摘があったようですので、貧血が原因と考えられます。他にも可能性としては心肺機能が低く、起立した瞬間に一時的に脳へ流れる血液が不足する起立性低血圧も考えられます。(看護師)』 『一般的に貧血になると、めまい・立ちくらみ・疲れやすい・顔色が悪い・爪が反り返る等の症状が現れ、酷くなると気を...more
カテゴリー:

ママの貧血は遺伝する?妊娠中の薬は赤ちゃんに影響する? - 01月11日(木)16:35 

貧血に悩む女性は多いですが、今回の相談者さんもそんな一人です。妊娠中は薬を服用し改善に努めました。子どもにも貧血は遺伝するのかと悩む彼女に、専門家からはどのような回答が寄せられたでしょうか。 ママからの相談:「ママの貧血は赤ちゃんに影響を与える?」 『私は中学でスポーツを始めて貧血の症状が出始め、薬を飲みながらスポーツは続けていました。去年妊娠し、1回目の貧血検査で正常値でしたが2回目で異常となり、鉄分の注射を打ち、1週間薬を飲みました。現在薬の服用はせず、母乳育児中です。我が子も貧血になりやすいでしょうか。妊娠中の治療は子どもに影響しますか。(20代・女性)』 先天性なら遺伝の可能性も。食事で鉄分を摂って改善を 先天性の貧血の場合、遺伝する場合もあるようです。鉄欠乏性貧血の場合は、鉄分豊富な食事を心掛けて改善しましょう。 『貧血が遺伝するかは原因によります。鉄不足による後天性の貧血でしたら遺伝しませんが、再生不良性貧血に分類されるファンコニ貧血や遺伝性鉄芽球性貧血、遺伝性球状赤血球症のように先天性のものでしたら、遺伝する場合があります。また後天性の貧血でも、食生活によって、子どもも貧血になることがあります。(産科・婦人科医師)』 『貧血はあまり遺伝的な因子が指摘されることはありませんが、絶対にないとも言い切れません。また、母乳の産生は血液中の鉄も関与...more
カテゴリー:

「低血圧」の画像

もっと見る

「低血圧」の動画

Wikipedia

低血圧(ていけつあつ)とは、血圧が正常範囲を下回っている状態である。治療の基準はなく、症状がある場合に治療の対象となる。

定義(診断)

高血圧日本高血圧学会にて基準が示されているが、低血圧には基準が存在しない高血圧・低血圧 日本心臓財団。おもに収縮期血圧(非専門用語で主に血圧の「上」と呼ばれる数値)で80mmHgを下回ると次のような症状が強く出やすい。世界保健機関(WHO)は世界共通の基準として、収縮期血圧100(mmHg)以下、拡張期血圧60(mmHg)以下を低血圧と定義している低血圧 愛知県薬剤師会。

分類

原因で分類すると、

  • 本態性低血圧症(一次性)
    • 特別な原因疾患を伴わずに血圧が慢性的に低い状態。
  • 症候性低血圧症(二次性)
    • 原因が明らか。大量出血、胃腸疾患による栄養不良、心臓疾患やホルモン異常などによって起きる。
  • 発病及び経過から下記に分類する事がある。

    • 急性低血圧
    • 慢性低血圧
    • 一過性低血圧
    • 起立性低血圧
    • 食後低血圧 - 後に生じる低血圧、高血圧症の合併症として現れることがある。
    • 透析低血圧 - 透析患者に起こる低血圧で、更に一過性...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる