「低燃費」とは?

関連ニュース

【自動車】スズキ独自のHV、マニアックな魅力 スイフトに新車種 - 08月18日(金)00:02  newsplus

2017年8月17日16時3分 スズキがこのほど、主力小型車の「スイフト」にハイブリッド車(HV)を追加した。電動モーターによるHV機構と組み合わされるトランスミッションは、主流のCVT(無段変速機)ではなく、昔ながらのマニュアルトランスミッションを2ペダル化したAGS(オートギアシフト)。トヨタ自動車の「アクア」や日産自動車の「ノートe―POWER」といった人気HVがひしめくコンパクトハッチ市場で、最後発となる異色のHVを試した。 ■「キビキビとした走りを実現」  スイフトはスズキの世界戦略車。軽快な...
»続きを読む
カテゴリー:

マツダ、究極のガソリンエンジンを開発!他社が成し得なかった偉業を達成 - 08月13日(日)19:17  news

マツダの次世代エンジンが注目されています。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を兼ね備え、 しかも使用状況で燃費がそれほど左右されないという夢のようなエンジンです。 これまでも次世代エンジンとして期待されていた「HCCI」方式が乗り越えられなかった“壁”を、 マツダは「プラグを使う」ことでブレークスルーし、研究を重ねてそれを実用化の域まで昇華させました。 モータージャーナリストの池田直渡氏は「ガソリンエンジンにディーゼルの燃焼システムを持ち込んだ」ことがポイントと指摘します。 この次世代エン...
»続きを読む
カテゴリー:

“究極のエンジン”誕生か マツダの「SKYACTIV X」はどうスゴい? (THE PAGE) - Yahoo!ニュース - 08月13日(日)14:28 

“究極のエンジン”誕生か マツダの「SKYACTIV X」はどうスゴい? (THE PAGE) - Yahoo!ニュースマツダの次世代エンジンが注目されています。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を兼ね備え、それでいて低燃費で、かつ使用状況で燃費がそれほど変わらないという夢のようなエンジンです。これまでも次世代エンジンとして期待されていた「HCCI」方式が乗り越えられなかった“壁”を、マツダは「プラグを使う」ことでブレークスルーし、研究を重ねてそれを実用化の域まで昇華させました。モータージャーナリストの池田...
カテゴリー:

マツダが新型ガソリンエンジン発表 世界初の圧縮着火技術で燃費30%向上 - 08月08日(火)18:55  news

自動車メーカーのマツダは、燃費性能を最大30%向上させたガソリンエンジンを発表し、世界的に電気自動車の開発を強化する動きが広がる中で、引き続きエンジンの燃費向上などに力を入れていく考えを強調しました。 マツダは8日都内で開いた説明会で、再来年から燃費を大幅に向上させた新型のガソリンエンジンを導入すると発表しました。 新たなエンジンは、より少ない燃料で燃焼させることができる独自の方式を実用化したことなどにより、これまでと比べて燃費性能を最大で30%向上させたということです。 http://www3.nhk....
»続きを読む
カテゴリー:

【かっけえ】ホンダ・インサイト復活の可能性、これにはks千葉怒りのコーションラベル - 08月07日(月)20:36  news

打倒 プリウス、ホンダ インサイト 4年ぶり復活か…東京ショーでお披露目の可能性も https://s.response.jp/article/2017/08/03/298249.html 2017.8.3 Thu 15:30 1996年に初代を発売、2009年に登場した2代目ではトヨタ『プリウス』との熾烈な価格・燃費競争を繰り広げたホンダ『インサイト』。 販売の低迷から2014年に生産を終了したインサイトだが、2018年に3代目として復活する可能性が浮上した。 レスポンスの兄弟サイトSpyder7が、開発中のプロトタイプの姿をスクープすることに成功した。 今回捉えたプロトタイプは、日本...
»続きを読む
カテゴリー:

「ゴム」が急に破れる仕組みを解明 お茶の水女子大 - 08月15日(火)20:37  news

「ゴム」一気に破ける仕組み解明 タイヤなど耐久性向上へ お茶の水女子大学などは8月14日、ゴムに生じた亀裂(破れ)の広がる速度が、ある時点を超えると急激に 速まる現象「速度ジャンプ」のメカニズムを解明したと発表した。耐久性や省燃費性を向上させたゴムタイヤなどの 開発が期待できるという。 ゴムに生じた亀裂(破れ)の広がる速度が、ある時点を超えると急激に速まる現象「速度ジャンプ」 速度ジャンプとは、ゴムに生じた亀裂の進む速度が、秒速1ミリ未満の低速から秒速1メートル以上の高速へと 急激に変わる現...
»続きを読む
カテゴリー:

“究極のエンジン”誕生か マツダの「SKYACTIV X」はどうスゴい? | THE PAGE(ザ・ページ) - 08月13日(日)15:01 

“究極のエンジン”誕生か マツダの「SKYACTIV X」はどうスゴい? | THE PAGE(ザ・ページ)[写真]次世代エンジン『SKYACTIV X』を発表するマツダの小飼社長(ロイター/アフロ) マツダの次世代エンジンが注目されています。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を兼ね備え、それでいて低燃費で、かつ使用状況で燃費がそれほど変わらないという夢のようなエンジンです。これまでも次世代エンジンとして期待されていた「HCCI」方式が乗り越えられなかった“壁”を、マツダは「プラグを使う」ことで...
カテゴリー:

【車】「他の真似を決してしない」 究極エンジン導入、なぜマツダはそこまで内燃機関にこだわるのか - 08月09日(水)16:22  newsplus

■「ほかの真似を決してしない」、「世の中の流れに簡単に乗らない」という軸  2019年に燃費を従来比で最大20―30%高めた新型エンジンを導入することを明言したマツダ。小飼雅道社長は8日の会見で「内燃機関の徹底的な理想追求を行うことで世界一を目指し、内燃機関の可能性を追求する」とし、電動車両化の流れが加速する中で、内燃機関にかける思いを強調した。  新型エンジン「スカイアクティブ・エックス」の肝になるのは、「HCCI(予混合圧縮自動着火)」という技術で、非常に薄い混合気をディーゼルエンジンのように自己着火さ...
»続きを読む
カテゴリー:

【テクノロジー】マツダ、ガソリン初の圧縮着火エンジン「SKYACTIVE-X」実用化 - 08月08日(火)16:40  bizplus

 マツダは8月8日、ガソリンエンジンとしては世界で初めて「圧縮着火」の実用化に成功した「SKYACTIVE-X」を開発し、2019年から導入すると発表した。ガソリンエンジンとディーゼルエンジンの長所を融合し、燃費率とトルクの向上を実現するなど、環境性能と動力性能を両立できるという。  一般にガソリンエンジンの場合、ガソリンと空気の混合気をシリンダー内で点火プラグの火花で着火する。これに対し、ディーゼルエンジンはシリンダー内のピストンで圧縮して高熱になった空気に軽油を噴射することで自己着火させる仕組みで、点火...
»続きを読む
カテゴリー:

「低燃費」の画像

もっと見る

「低燃費」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる