「低燃費」とは?

関連ニュース

2017年上半期にフルモデルチェンジ新型軽自動車5台を総ざらい - 10月08日(日)09:50 

2017年上半期にフルモデルチェンジ“新型軽自動車”5台を総ざらい  全国軽自動車協会連合会の発表によると、2017年1月から6月までの軽自動車新車販売台数は前年を上回り、3年ぶりのプラスとなった。今年に入り、軽自動車の売れ行きは好調だった模様。軽自動車ならではの「小回りが利く」「燃費が良い」といった従来の評価もさることながら、最近は安全性能の充実も注目されている。そこで、今年の上半期にフルモデルチェンジした軽自動車5台をピックアップ。どのように進化しているのか、その内容を紹介する。 車に友人を乗せるなら要確認! 事故時にケガを補償する“3つの保険” ■<スズキ>マイルドハイブリッドを搭載 外観デザインも刷新した新型「ワゴンR」(2月1日発売)  軽自動車ならではの室内の狭さを克服した先進的なモデルとして一世風靡した「ワゴンR」。新型モデルでは、デザインを大幅に刷新し、機能性とデザイン性を両立。たとえば、ワゴンR(FA、HYBRID FX)では、四角をモチーフとしたフロントマスクを採用し、カラーバリエーションも、新色の黄色「サニーイエローメタリック」やオレンジ色「リフレクティブオレンジメタリック」をはじめ、全10色を揃えている。  また、減速エネルギーを活用して発電し、加速時にはモーターでエンジンをアシストする「マイルドハイブリッド」を搭載。軽ワゴンNo.1の低燃費33....more
カテゴリー:

【トヨタ】日本最高級車「センチュリー」3代目を公開!21年ぶりフルモデルチェンジ ハイブリッドエンジン搭載 2018年発売予定★2 - 10月05日(木)19:00  newsplus

トヨタは同社の最高級セダン「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジし、 3代目となる新型センチュリーを初公開した。 日本の皇族公用車にも使われているトヨタ センチュリーだが、「匠の技」「高品質のものづくり」を 3代目となる新型センチュリーへ伝承しつつ、昨今の市場ニーズに合わせ、高い環境性能や搭乗者の快適性を追求したパッケージを実現。 新たな内外装デザイン、ショーファーカーとしての先進装備・快適装備の採用に重点を置き、開発されたという。 現行モデルに搭載されているセンチュリー専用のV12エンジ...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】日産 シルビア 15年振り復活へ…次世代「VC-T」エンジン搭載★3 - 09月25日(月)23:11  newsplus

かつて一世を風靡した日産のスペシャリティ・2ドアクーペ『シルビア』がコンセプトモデルとして、10月の東京モーターショーに出展される可能性が浮上した。 シルビアは1965年、2ドアノッチバッククーペとして初代が登場。1979年に登場した3代目を筆頭に、デートカーとしての地位を築いた。惜しまれながらも2002年に生産終了したシルビアだが、レースやスポーツ走行のベース車として今も人気の高いモデルとなっている。 そんなシルビアが、生産終了から15年の時を経て、2018年にシルビアとして復活、発売される可能性があるという。そ...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】日産 シルビア 15年振り復活へ…次世代「VC-T」エンジン搭載★2 - 09月25日(月)15:10  newsplus

かつて一世を風靡した日産のスペシャリティ・2ドアクーペ『シルビア』がコンセプトモデルとして、10月の東京モーターショーに出展される可能性が浮上した。 シルビアは1965年、2ドアノッチバッククーペとして初代が登場。1979年に登場した3代目を筆頭に、デートカーとしての地位を築いた。惜しまれながらも2002年に生産終了したシルビアだが、レースやスポーツ走行のベース車として今も人気の高いモデルとなっている。 そんなシルビアが、生産終了から15年の時を経て、2018年にシルビアとして復活、発売される可能性があるという。そ...
»続きを読む
カテゴリー:

【バイク】スズキ GSX-Sシリーズ新型モデル「GSX-S125・ABS」を発売へ 国内125ccにABSを初採用★2 - 09月21日(木)22:29  newsplus

GSX-S125 ABS 10月11日発売 スズキは、ストリートスポーツバイク「GSX-Sシリーズ」に125ccのエントリーモデル『GSX-S125 ABS』を追加し、10月11日より発売する。 GSX-S125 ABSは、124cc水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを軽量・高剛性フレームに搭載。GSX‐Rシリーズの解析技術を用いた燃焼室の最適化や、吸気効率の向上、燃料噴射の最適化などにより、最高出力11kW、最大トルク11Nmを発揮するとともに、48.2km/リットル(60km/h定地燃費)の低燃費を達成。ショートホイールベースと、133kgの軽量・スリムなボディにより、街乗りにお...
»続きを読む
カテゴリー:

【車】トヨタ、新型「センチュリー」はV8 5.0リッター+THS IIのハイブリッド仕様に。2018年発売 - 10月07日(土)14:34  bizplus

トヨタ、新型「センチュリー」はV8 5.0リッター+THS IIのハイブリッド仕様に。2018年発売 - Car Watch http://car.watch.impress.co.jp/docs/news/1084601.html 東京モーターショー2017で初公開 編集部:小林 隆2017年10月5日 14:03  トヨタ自動車は10月5日、「第45回東京モーターショー2017」(会期:2017年10月27日~11月5日)に新型「センチュリー」を公開すると発表した。新型センチュリーは2018年年央に発売を予定する。  3代目となる新型センチュリーは、高い環境性能や搭乗者の快適性を追求したパッケージの実現、...
»続きを読む
カテゴリー:

【トヨタ】日本最高級車「センチュリー」3代目を公開!21年ぶりフルモデルチェンジ ハイブリッドエンジン搭載 2018年発売予定 - 10月05日(木)15:16  newsplus

トヨタは同社の最高級セダン「センチュリー」を21年ぶりにフルモデルチェンジし、 3代目となる新型センチュリーを初公開した。 日本の皇族公用車にも使われているトヨタ センチュリーだが、「匠の技」「高品質のものづくり」を 3代目となる新型センチュリーへ伝承しつつ、昨今の市場ニーズに合わせ、高い環境性能や搭乗者の快適性を追求したパッケージを実現。 新たな内外装デザイン、ショーファーカーとしての先進装備・快適装備の採用に重点を置き、開発されたという。 現行モデルに搭載されているセンチュリー専用のV12エンジ...
»続きを読む
カテゴリー:

【日産】 シルビア 復活!!S16爆誕へ - 09月25日(月)19:10  news

かつて一世を風靡した日産のスペシャリティ・2ドアクーペ『シルビア』がコンセプトモデルとして、10月の東京モーターショーに出展される可能性が浮上した。 シルビアは1965年、2ドアノッチバッククーペとして初代が登場。1979年に登場した3代目を筆頭に、デートカーとしての地位を築いた。 惜しまれながらも2002年に生産終了したシルビアだが、レースやスポーツ走行のベース車として今も人気の高いモデルとなっている。 そんなシルビアが、生産終了から15年の時を経て、2018年にシルビアとして復活、発売される可能性があるという...
»続きを読む
カテゴリー:

【自動車】日産 シルビア 15年振り復活へ…次世代「VC-T」エンジン搭載 - 09月25日(月)12:16  newsplus

かつて一世を風靡した日産のスペシャリティ・2ドアクーペ『シルビア』がコンセプトモデルとして、10月の東京モーターショーに出展される可能性が浮上した。 シルビアは1965年、2ドアノッチバッククーペとして初代が登場。1979年に登場した3代目を筆頭に、デートカーとしての地位を築いた。惜しまれながらも2002年に生産終了したシルビアだが、レースやスポーツ走行のベース車として今も人気の高いモデルとなっている。 そんなシルビアが、生産終了から15年の時を経て、2018年にシルビアとして復活、発売される可能性があるという。そ...
»続きを読む
カテゴリー:

【バイク】スズキ GSX-Sシリーズ新型モデル「GSX-S125・ABS」を発売へ 国内125ccにABSを初採用 - 09月20日(水)19:48  newsplus

GSX-S125 ABS 10月11日発売 スズキは、ストリートスポーツバイク「GSX-Sシリーズ」に125ccのエントリーモデル『GSX-S125 ABS』を追加し、10月11日より発売する。 GSX-S125 ABSは、124cc水冷4バルブ単気筒DOHCエンジンを軽量・高剛性フレームに搭載。GSX‐Rシリーズの解析技術を用いた燃焼室の最適化や、吸気効率の向上、燃料噴射の最適化などにより、最高出力11kW、最大トルク11Nmを発揮するとともに、48.2km/リットル(60km/h定地燃費)の低燃費を達成。ショートホイールベースと、133kgの軽量・スリムなボディにより、街乗りにお...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「低燃費」の画像

もっと見る

「低燃費」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる