「低消費電力」とは?

関連ニュース

スマホに搭載できる超小型の原子時計、NICTなどが開発 | IT Leaders - 01月23日(火)18:25 

情報通信研究機構(NICT)、東北大学、東京工業大学の3組織は2018年1月23日、スマートフォンに搭載できるくらいの超小型の原子時計システムの開発に成功したと発表した。原子共鳴の周波数に同調動作できる発振器を開発したことで、これまで必要だった水晶発振器や周波数逓倍回路を省略し、大幅な小型・低消費電力化を実現したという。
カテゴリー:

スマートフォンからサーバへ進出するARMプロセッサ(前編) - 01月18日(木)06:00 

モバイルCPUで圧倒的なシェアを持つARMだが、その低消費電力性などの特徴を生かしてサーバに利用する試みが進められてきた。前編ではその歴史を解説する。
カテゴリー:

日立、地盤や構造物の微小振動を高感度で検出できるMEMS加速度センサー開発 - 01月23日(火)17:47 

日立製作所(以下、日立)は、MEMS1技術と回路技術を高度に融合することで、地盤や構造物からの微小振動を高感度かつ低消費電力で検出できるMEMS加速度センサーを開発したことを発表した。
カテゴリー:

【自動車】復活ルネサスが挑む「自動運転半導体」の戦い トヨタも認めた技術力で米国勢に対抗 - 01月15日(月)07:01  newsplus

http://toyokeizai.net/articles/-/204497 2018年01月15日 藤原 宏成 : 東洋経済 記者 「自動運転では圧倒的な強みがある」。半導体大手ルネサスエレクトロニクスの呉文精社長は今、自信を深めている。 車載半導体に強いルネサスの業績は、自動ブレーキなど複雑な処理を必要とする運転支援機能の普及を追い風に拡大中だ。2017年12月期は売上高7710億円と、前年同期と比べて約2割増を見込む。大規模なリストラを経て、ようやく復活が見えてきた。 今後のカギとなるのが、冒頭の自動運転だ。1月9日から米ラスベガスで開催された家...
»続きを読む
カテゴリー:

「低消費電力」の画像

もっと見る

「低消費電力」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる