「佃典彦」とは?

関連ニュース

今夜放送「1942年のプレイボール」の主人公は元祖・二刀流。4兄弟と野球と戦争と - 08月12日(土)10:00 

夏の甲子園、昨日の第1試合では中京大中京(愛知)が、広陵(広島)に敗れた。中京大中京は、中京商業学校だった戦前からの強豪校で、戦後、名称を中京商業高校、中京高校、現在の中京大学付属中京高校と変えながら、夏の大会ではこれまでに優勝7回、春のセンバツも含めると11回を数え、全国最多を誇る。なかでも1931年から33年にかけて達成した夏の甲子園3連覇は、いまなお大会唯一の記録だ。この記録が達成された1933年の大会は、明石中学(兵庫)との準決勝で、中京商業のエース吉田正男が延長27回を投げ切り、決勝進出を決めたことで記憶される。このとき捕手として出場し、吉田とバッテリーを組んだのは野口明という後年プロでも活躍した選手である。中京商業が次に夏の甲子園で優勝したのは1937年。翌38年春の選抜大会にも優勝する。この2大会ではエース野口二郎が快投、とりわけ38年春は全4試合4完封という活躍ぶりを見せた。ここにあげた野口明と野口二郎は兄弟である。彼らにはさらに昇、渉という弟がいた。4人はいずれも中京商業出身で、プロに進んでいる。今夜7時半からNHK総合で放送される土曜スペシャルドラマ「1942年のプレイボール」(名古屋放送局制作)では、この野口兄弟の青年時代が、次男の二郎を主人公にして描かれる。この記事では、二郎と明を中心に、彼らの横顔を紹介してみたい。ドラマのネタバレになるような記述もあるかも...more
カテゴリー:

「佃典彦」の画像

もっと見る

「佃典彦」の動画

Wikipedia

佃 典彦(つくだ のりひこ、1964年3月25日読売年鑑 2016年版(読売新聞東京本社、2016年)p.550 - )は、日本の劇作家演出家俳優愛知県名古屋市生まれ。名城大学商学部卒。劇団B級遊撃隊主宰。

概要

1985年名城大学演劇部を中心に神谷尚吾らと劇団B級爆弾を創設、1986年B級遊撃隊と改名、1989年東京進出。

現在は日本劇作家協会東海支部長を務める。

受賞歴
  • 1995年 名古屋市芸術奨励賞
  • 1996年 第2回日本劇作家協会優秀新人戯曲賞KAN-KAN
  • 1996年 第4回読売演劇大賞優秀作品賞KAN-KAN
  • 2000年 第6回日本劇作家協会優秀新人戯曲賞精肉工場のミスターケチャップ
  • 2001年 第5回松原英治・若尾正也記念演劇賞満ち足りた散歩者
  • 2006年 第50回...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる