「伽羅」とは?

関連ニュース

猪野広樹、舞台『刀剣乱舞』出演に「夢が叶った」 キャラクターを生きる決意明かす - 06月17日(土)07:20 

 6月1日から上演中の舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜に大倶利伽羅役で出演する俳優・猪野広樹。これまで数々の舞台を経験しキャリアを積んできた猪野だが、近年はドラマ等での活躍も目立つ。そんな彼が本舞台にかける思いや、俳優としての今後について語った。【関連】「猪野広樹」フォトギャラリー ストレートプレイからミュージカルまで、さまざまな舞台で活躍中の猪野。ゲームからスタートした『刀剣乱舞』はこれまで数々のメディアミックス展開をしてきたが、「1年前にやっていた初演舞台がとても素晴らしく、映像も見させていただいたのですが、すごく格好よくて、機会があったら『是非出たい』と思っていた作品だったんです」と語る。 そんな作品からの出演オファーに「いいんですか?」と咄嗟に答えてしまったという猪野。「めちゃくちゃ前傾姿勢でした」と当時を振り返ると「夢が叶った気分。気合の入れ方が半端なかったです」と思いを語る。原作ゲームファンも非常に多く、キャラクターへの思い入れも強い作品だが「もちろんプレッシャーもありますが、とにかく真剣にキャラクターと向き合うこと。そこで自分なりに答えを出して、しっかりとキャラクターを生きる。それが原作ファンへの恩返しだと思うんです」とキャラクターとの向き合い方を明かす。 稽古を重ね、本作の魅力がより実感できたという猪野。「戦のシーンは、血みどろの合戦シーンも生々しいですが、結構な人...more
カテゴリー:

テレビ「愛知県おかざき市...」 岡崎市民→「イントネーションが違う!」「ももクロと同じ」「マラソンだよ」「手羽先です」 - 06月12日(月)21:00 

愛知県岡崎市のイントネーションをめぐって、ツイッター上でちょっとした話題になっている。発端は、2017年6月11日に放送された「ザ!鉄腕!DASH!!」(日本テレビ系)で、岡崎市の石工品についてのコーナーの際に、「おかざき」が標準語のイントネーションで読み上げられたことで、実際の発音はどの単語と同じ、といった指摘が地元民から上がっているのだ。「お↓か↑ざ↓き↓」ではなく「お↓か↑ざ→き→」番組で岡崎市が取り上げられたのは、「DASHご当地PR課」のコーナー内。特産の御影石で水切り用の石を作り、岡崎市をアピールするという内容だった。しかし、番組冒頭で岡崎市の紹介のナレーションが入ったところ、地元民はその内容よりもイントネーションの違いについて盛り上がり始めた。 ツイッターには、聞き慣れた地名を聞き慣れないイントネーションで発音されることに違和感を覚えた地元の人々により、岡崎の発音はあの単語と同じだ、という例が数多く投稿されている。 岡崎のイントネーションが違うんだな一。お↓か↑さ"↓き↓じゃなくてお↓か↑ざ→き→なの。ももクロと同じなの。#鉄腕DASH- まっちゃん (@pearlsawake) 2017年6月11日 全国区の番組で岡崎の読み方が愛知県民が聞くと違和感があるって言うのがツイートされてて、ホントにその通りなんですよ。愛知県民的には岡崎のイントネーションは手羽先...more
カテゴリー:

「伽羅」の画像

もっと見る

「伽羅」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT沈香...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる