「伽羅」とは?

関連ニュース

『西郷どん』、松田翔太が一橋慶喜を演じるのは必然だった!? - 04月22日(日)08:30 

 鈴木亮平(35)が主人公の西郷吉之助を演じる大河ドラマ『西郷どん』は、いよいよ物語前半の佳境を迎えようとしている。第14回(4月15日)の放送は、これまで将軍継嗣問題から目をそらしてきた一橋慶喜(松田翔太/32)が、ついに将軍になる意思を示すという、重要な回だった。内容を振り返ってみよう。  しばしの帰郷を終えて、再び江戸にやってきた吉之助は、越前藩邸の松平慶永(津田寛治/52)を訪ねる。そこで徳川斉昭(伊武雅刀/69)の評判が落ちているということを聞くと、一橋派と南紀派の幕府内の政争を鎮めるため、後日、一橋慶喜に将軍になるよう迫った。  その後、島津斉彬(渡辺謙/58)から、慶喜を将軍にすべきという建白書が提出されると、吉之助は政敵である井伊直弼(佐野史郎/63)に招かれた。そこで井伊から斉彬の情報を渡す密告役になるよう求められるが、これを固辞する。  そして、ある夜、慶喜の命が狙われた。吉之助は刺客を討ち、涙ながらにその熱い想いを慶喜に伝える。翌朝、慶喜に連れられ、吉之助たちは井伊を訪問。慶喜は「紀州藩を渡す」という話を持ちかけた井伊に怒りを表し、ついに「俺が将軍になろう」と、決意表明をするのだった。  この回で演技が輝いていたのは、やはり一橋慶喜役の松田翔太だ。井伊直弼に怒りをぶつけるシーンは、見応え十分だった。松田は2008年の大河ドラマ『篤姫』で14代将...more
カテゴリー:

【萌え】「刀剣女子」が武士の魂・日本刀に心酔する理由…ブーム拡大、〝非日常の美しさ〟に萌える - 03月25日(日)07:50  newsplus

名刀を擬人化したオンラインゲーム「刀剣乱舞」をきっかけに、約3年前に火が付いた刀剣ブームがさらに広がりを見せている。人気を支えるのは「刀剣女子」と呼ばれる若い女性たち。展覧会などが各地で計画され、現在開催中の奈良市の春日大社や薬師寺の刀剣展にも女性たちがこぞって詰めかけている。ブームを通して鑑賞眼を養い、知識を深めていく刀剣女子。彼女たちはなぜ日本刀に魅了されるのか。(岩口利一) 国宝・重文の名刀に熱い視線  2月24日。薬師寺境内はいつもとは違う雰囲気に包まれていた。  同寺聚宝館で開催さ...
»続きを読む
カテゴリー:

「伽羅」の画像

もっと見る

「伽羅」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT沈香...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる