「伝統芸能」とは?

関連ニュース

「今やめたら存在価値がなくなる」23歳・天才三味線奏者の苦悩と覚悟 - 01月21日(日)11:00 

「私、天才だったんですよ(笑)」 そう笑うのは津軽三味線奏者・川嶋志乃舞(しのぶ)だ。近年、吉田兄弟がブレイクしたのを筆頭に、8人組ロックバンド「和楽器バンド」が話題になったり、津軽三味線を題材にした漫画『ましろのおと』が文化庁メディア芸術祭マンガ部門の優秀賞を受賞するなど、三味線に少しずつ注目が集まっている。 そんな中、川嶋は“キラキラシャミセニスト”として、邦楽とKawaiiをミックスさせた“ニッポンカワイイカルチャー”を提唱し、伝統文化の魅力を発信。昨年、東京藝術大学を卒業したばかりだが、日本文化を若い人々に伝える担い手として「日本の音楽の最先端を切り拓(ひら)いていく」と宣言している。 中学3年間、そして大学在学中に一度、全国大会で優勝するほどの実力を持つ川嶋だが、冒頭のセリフはまさにその通り。しかし、なぜそんな天才が“キラキラシャミセニスト”の肩書きで活動しているのか。その経歴とともに三味線の可能性を聞いた。 彼女が和楽器に触れたのは3歳の時だ。音楽一家どころか家族は誰ひとり音楽をやっていなかったが、和楽器の習い事をさせたかった両親が、邦楽の演奏を観に連れていったことがきっかけだという。 「舞台を観ていたら闘争心が湧いてきたんですよ。なんで私が...more
カテゴリー:

「夜の密会」「袋とじスクープ」 多摩動物公園のタヌキ展広告が「週刊○○」の中吊りっぽい - 01月18日(木)06:00 

電車に揺られているとき、ふと視線を上げると目に入るのが中吊り広告だ。週刊誌の中吊り広告などは、見出しを見ているだけでなかなか暇つぶしにもなる。「ずんぐりむっくりの体の秘密」「ガリガリ? ブヨブヨ? どっち?」と健康系のネタを思わせる見出しに続き、袋とじスクープでは「夜の密会 その撮影に成功!」。一体誰の話なのか、どの週刊誌なのか興味をそそられるが、実はこれすべてタヌキのこと。多摩動物公園(東京都日野市)で2017年12月7日から2018年3月13日まで開催されている、「企画展タヌキ 新年特別編──タヌキの真実が明らかに」のポスターなのだ。参考にした週刊誌は......「企画展タヌキ」のユニークな中吊り広告が見られるのは、高幡不動駅から多摩動物公園駅までを結ぶ京王動物園線の車内。ツイッター上では実際に目にしたユーザーから、面白いとの声が挙がっている。 多摩動物公園行きの電車の中吊り広告。なごみます。 pic.twitter.com/WgfRYDcKwK- 田村民子(伝統芸能の道具ラボ) (@TAMIKOTAMURA) 2017年12月18日 タヌキ展おもしろかったー!飼育員さんの目線カメラすごく良かったので常設か定期的に展示してほしいなあ。7頭もいるんですね...最大3頭しか見れてないわ。立ち上がったタヌキ写真超いいな。飼育員さんも気に入ってるとみた。#多摩動物公園 pic.twit...more
カテゴリー:

1月17日は2018年最初の山羊座新月 確実に結果を出せる1年を願おう! - 01月14日(日)20:30 

 1月17日は新月です。新月とは、月の満ち欠けのリズムに合わせて、約29日に一度、新しく月が生まれる日。このタイミングにお願いごとをすると、月の成長パワーが得られてかなうといわれています。 ■今回の「山羊座新月」の特徴は?  新月はどの星座の位置で起こるかによって、得意分野、エネルギーがあふれている分野に特徴があります。今回の新月の特徴を見ていきましょう。 【新月が起こる場所】山羊座 【新月になる時刻】1月17日11:17 【ボイドタイム】 1月17日15:31~17:33 【蠍座新月のキーワード】「社会性」「権威・権力」「合理性」「努力」「時間」……etc..  2018年最初の新月は、山羊座エリアに太陽と月のみならず、水星、金星、土星、冥王星と、なんと6つもの星が集中した状態で起こります。山羊座特有の「確実に結果を出す力」や「社会的評価を得る力」などが、よりパワフルに強調されます。特に金星は新月の近くに寄り添うため、金星が持つ「愛と美と豊かさ」も山羊座新月をサポートしてくれるでしょう。  また、新月が起こる部屋は、山羊座の定座ハウスでもある10ハウス。このハウスが象徴する「天職」や「自分の人生の目標」に関することも、かないやすい願いごととなります。「仕事での成功」や「好きなことを仕事にする」など、長いスパンでかなえるような大きな夢を願ってみましょう! ■「山羊座新月」にオススメ...more
カテゴリー:

「親子で楽しむ初めての日本舞踊」発表会 子どもたちが稽古の成果を発揮 観音寺市 - 01月13日(土)15:47 

日本の伝統芸能を次世代に広めていこうと、観音寺市内で「親子で楽しむ初めての日本舞踊」に参加した子どもらの発表会が13日、同市観音寺町のハイスタッフホールであった。
カテゴリー:

荘厳な能舞台の上をアジアの人気モデル達が華麗にウォーク! サクラコレクション 2017-2018 ファイナルイベント in宝生能楽堂 開催 - 01月09日(火)12:00 

新年あけましておめでとうございます。SAKURA COLLECTION (サクラコレクション) 2017-2018 実行委員会(事務局:株式会社Adventure JAPAN)は、2018年3月1日、東京・宝生能楽堂において、『SAKURA COLLECTION 2017-2018 ファイナルイベント』を開催いたします。今年度アジア5カ国で開催する『SAKURA COLLECTION ASIAN STUDENTS AWARDS』各国グランプリ作品を披露するとともに、アジア人気デザイナー達が日本の伝統素材を用いて制作したドレスによるファッションショー、日本の伝統芸能である能楽「高砂」の上演及び、ワークショップ(能楽トーク)を鑑賞できます。
カテゴリー:

「まさにガビチョス」稲垣吾郎のブログが読者数50万人を突破 - 01月19日(金)18:03 

稲垣吾郎が19日、自身のアメブロの読者が50万人を突破したことを報告した。 「感謝!」と題して更新したブログで、「昨日、ブログ読者数が50万人を突破しました。ありがとうございます。」と報告。「しかも「ガビチョス?」投稿でのタイミングで…笑 まさにガビチョス(使い方あってます?)」と草なぎ剛との2ショットを公開したブログでの達成に、草なぎが使い始めた“ガビチョス”という言葉を交えて驚きを表した。 50万人の読者に「50万人と言われても僕には想像のつかない数字ですが・・これだけ多くの人に興味を持っていただき、今この瞬間にも皆様と繋がっていると思うと・・胸が熱くなります。」と喜びを伝え「これからも皆様の日常にちょっとした微笑みや潤いのエッセンスをお届けすることが出来れば幸いです」と稲垣らしい抱負を語った。 この報告に「50万人突破おめでとうございます」「吾郎ちゃんの穏やかな感性、クスッと笑えるユーモラスなblogが大好きです」「いつも本当に素敵なお花と素敵な文章で心が癒されてます」「吾郎ちゃん!ガビチョス!」など1000件を超える祝福のコメントが寄せられている。 【関連記事】 ・感謝!(稲垣吾郎オフィシャルブログ) ・稲垣吾郎、親友・ヒロくんと初めて落語へ「日本の伝統芸能に感動した夜」 ・稲垣吾郎、親友・ヒロくんとの手料理を披露に「美味しそう」「盛り付けも綺麗」の声 ・ラジオ特番...more
カテゴリー:

まねたくなるツッコミ!東京ホテイソン結成きっかけはSNS - 01月15日(月)11:00 

(イラスト:ちたまロケッツ) 『お笑い』→『海外ドラマ』→『マンガ』→『ラジオ』の4ジャンルを週替わりで、そのスペシャリストが“最推し”を指南する『今週の萌えガタリ』。今週は『お笑い』ということで、『オモロー山下』として活動した元芸人で、現在はインタビュアー・ライターとして活動するインタビューマン山下さんが最推し芸人を紹介! 【最推し芸人】東京ホテイソン(たける・ツッコミ担当/ショーゴ・ボケ担当) 東京ホテイソンは、ボケのショーゴ君とツッコミのたける君の漫才コンビ。彼らの特徴は、「まねしたくなるツッコミ」です。歌舞伎の見えのような口調で両手を広げてツッコむ。この独特ツッコミで最近ネタ番組の出演を増やしています。 このスタイルになったのは、たける君が地元岡山弁でツッコんでいると周りから「それ千鳥のノブさんじゃん!」と言われてしまったから。方言なので別にいいのでは……? と思いきや、実はノブの岡山弁は、ノブ流に、マイルドにしているそうです。そこで、たける君が20年やっていた備中神楽という、歌舞伎のような伝統芸能の要素を取り入れ今の形になりました。 彼らはたける君が22歳、ショーゴ君が23歳という若いコンビ。2人がコンビを組んだきっかけも若さゆえでしょうか、SNSの相方募集掲示板で知り合ったという...more
カテゴリー:

新春彩る伝統の舞 白石・碧水園で舞台開き - 01月13日(土)20:28 

白石市古典芸能伝承の館「碧水園」能楽堂で7日、新春恒例の舞台開きがあり、伝統芸能のけいこに励む市民らが今年の初舞台を踏んだ。 舞台清め式の後、市内12団体の約80人が出演。大鷹沢大町地区で明治初期から
カテゴリー:

今年で10周年!お正月恒例の「ふるさと祭り東京」が、祭りも食も過去最大の規模で華やかに開催 - 01月13日(土)10:00 

東京ドームの「ふるさと祭り東京」は今年で10周年。今回、2018年1月12日(金)から21日(日)まで開催される「ふるさと祭り東京2018 ー 日本のまつり・故郷の味 ー 」は、各地に伝わるお祭りやグルメな食のコーナーなど、これまでの開催史上で最大規模のイベントとなる。迫力あるステージや全国各地の人気メニューで、いろんな「ふるさと」を満喫しよう!【前回上位組と予選突破組がNo.1ご当地どんぶりの座を競う人気企画】食の人気コーナー「全国ご当地どんぶり選手権」では、前回上位入賞の「シードどんぶり」3つと、昨秋の予選会を勝ち抜いた11の合計14どんぶりが、来場者の食べ比べ(1杯500円)と投票によって「NO.1ご当地どんぶり」の座を競い合う。また、過去の選手権で2度のグランプリに輝いた「うにめし丼」(北海道)と「八戸銀サバトロづけ丼」(青森県)は、「殿堂入りどんぶり(殿丼)」のため投票対象にはならないけれど、ここでしっかり味わえる。予選会を突破したチャレンジャーのどんぶりでは、「出雲炙りのどぐろ丼」(島根県)に使われている高級魚・のどぐろが初登場とか。このほか、富山の海の幸がいろいろ味わえる「富山白えびますとろ丼」をはじめ、山形牛や大分の寒ブリなど、ご当地の名産を使ったアイデアどんぶりが勢揃い。ぜひ、お気に入りの1杯に清き1票を!【10周年特別企画にアツアツのライブ感が活かせるサブサンド...more
カテゴリー:

海外通信員 新年の抱負〈上〉 沖縄と世界つなぐ ネットワークの輪 拡大 - 01月08日(月)10:37 

 グローバル化の進展に伴い、伝統芸能や音楽、文化、ビジネスなど世界各地で県出身者や県系人の活躍がますます広がっている。「第6回世界のウチナーンチュ大会」閉会式で制定された10月30日の「世界のウチナーンチュの日」では県人会などが新たな取り組みを行うなどウチナーネットワークの輪も拡大している。沖縄...
カテゴリー:

もっと見る

「伝統芸能」の画像

もっと見る

「伝統芸能」の動画

Wikipedia

  • 転送 日本伝統芸能...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる