「伝統芸能」とは?

関連ニュース

新関ささら復活30年、記念誌発行 潟上市の保存会 - 04月25日(水)11:19 

 秋田県潟上市昭和新関(にいせき)地区の伝統芸能「新関ささら」(市無形民俗文化財)が復活して今年で30周年を迎え、地元住民らでつくる保存会(菅原金紀会長)が記念誌を発行した。ささらの起源や歴史、保存会…
カテゴリー:

【安倍総理夫人】昭恵夫人の「名誉職」独自調査 判明40件から浮かぶ“名誉職マニア”の顔 - 04月23日(月)11:28  seijinewsplus

■55件のうち40件が判明 安倍晋三首相(63)は、3月28日の参院予算委員会で、妻の昭恵氏(55)が就任していた「名誉職」が合計55件だったと明らかにした。毎日新聞などが報じている。  ***  その名誉職を改めて調べてみた。はっきりとした根拠のあるものに限ると、表の通り40件となる。 まずは、どんな縁があったのか、団体側に訊いてみた。 「お名前をいただいただけの関係で、お目にかかったのも1度だけ、お車代さえ出しておらず、私どもの活動にお越しくださったこともありません。お名前をいただいたことに感謝をして...
»続きを読む
カテゴリー:

NGT48、涙と笑いの2日間…新潟単独&北原里英卒業コンサート完全ルポ - 04月20日(金)08:32 

 4月13日、14日に新潟を拠点に活動するNGT48が朱鷺メッセで、県内では初単独コンサートとキャプテンを務めた北原里英の卒業コンサートを開催した。今まで東京都内では単独コンサートを2度おこなってきたNGT48だが、地元・新潟での大規模なコンサートは初開催ということもあり、新潟のファンを中心に2日間で14000人が集結。 本記事では、涙と笑いで溢れたNGT48にとって歴史的な2日間となったイベントの模様を振り返っていきたいと思う。 ◆新潟から全国へ!  1日目の「NGT48単独コンサート~朱鷺は来た!新潟から全国へ!~」では、まずオープニング映像で加藤美南と本間日陽が登場。グループ内で独特の絵を描くことで知られている加藤が公園で桜の絵を描いているが、モノクロで色がない。悲しそうな表情の加藤の手を本間が引っ張り、「みんなで色を探す旅に出ようよ!」という演出からスタートした。  最初のパートで「誇りの丘」や「みどりと森の運動公園」など、タイトルや歌詞に“緑”が入っている曲を歌うと、スクリーンに映し出されたモノクロの絵に緑が塗られていく。加藤は「春をテーマに絵を描かせてもらったんですけど、最初はモノクロで色がなかったんですね。今日は曲と色をリンクさせて楽しんでもらえたらなと思ってます!」と話すと、今まで見たことない演出にファンは大歓声を送る。 その盛りあがりに荻野も「本当に...more
カテゴリー:

GWの予定はコレで決まり!熊本の注目イベント5選[2018年4月27日(金)~5月6日(日)] - 04月18日(水)09:00 

■ イルミネーションイベント「光のファンタジー」 / 5月3日(祝)~5日(祝) 【写真を見る】個人戦と団体戦に分かれる本格的な金魚すくい選手権 第23回火の国長洲金魚まつり / 5月3日(祝)、4日(祝) 園内100ヶ所以上のイルミネーションスポットが登場! 広大な遊園地の中に散りばめられた光のファンタジーをお楽しみに!そのほか、「HUGっと!プリキュア」ショーも開催。ショー終了後には、写真撮影会(有料)やグッズ販売会もあり。ゴールデンウィークはグリーンランドにGO! [イルミネーションイベント「光のファンタジー」]熊本県荒尾市緑ヶ丘 グリーンランド / 5月3日(祝)~5日(祝) / 0968-66-1112(グリーンランド インフォメーション) ■ はな阿蘇美 春の阿蘇バラ祭り 2018 / 4月28日(土)~6月10日(日) 恒例の人気イベント、はな阿蘇美「春の阿蘇バラ祭り 2018」が今年も開催!西日本最大級のバラドームが世界各国のバラで彩られる。熊本地震以来、休業していたレストランもいよいよ4月から復活する。お楽しみのバラのオークションもあり。 [はな阿蘇美 春の阿蘇バラ祭り 2018]熊本県阿蘇市小里781 はな阿蘇美 / 4月28日(土)~6月10日(日) / 9:00~17:00 / 0967-23-6262(はな阿蘇美) ■ くぬぎの丘マルシェ2018・春の旅 ...more
カテゴリー:

新潟:各地の芸能一堂に「アート・ミックス」開催 - 04月15日(日)13:01 

 全国各地の伝統芸能を楽しむことのできる「アート・ミックス・ジャパン」が14日、新潟市中央区の市民芸術文化会館「りゅーとぴあ」などで始まった。同館や国登録有形文化財「燕喜館(えんきかん)」で狂言や落語、人形劇など計24公演が予定されている。15日まで。
カテゴリー:

池袋めんそ~れ祭り in サンシャイン60通り<5月27日(日)10:15~14:00(予定)> - 04月25日(水)11:00 

[株式会社サンシャインシティ] [画像1: https://prtimes.jp/i/20364/205/resize/d20364-205-766530-0.jpg ] [画像2: https://prtimes.jp/i/20364/205/resize/d20364-205-622821-1.jpg ] 本企画は、沖縄の伝統芸能“エイサー”を中...
カテゴリー:

表技協、プロジェクションマッピング、VR、AR、AIなど最先端の表現技術と日本の伝統文化の融合を図るプロジェクトを開始 - 04月20日(金)10:00 

一般財団法人最先端表現技術利用推進協会(表技協:東京港区 町田聡会長)は、「表技協伝統文化プロジェクト」を2018年3月より開始しました。 このプロジェクトは、伝統文化(能などの伝統芸能、建築物などの文化財、各地域の祭りなどの文化遺産)を対象に、最先端の表現技術で日本の伝統文化を普及させ、活性化に貢献することを目的としたプロジェクトです。
カテゴリー:

【GW2018】ラップや雅楽など「今日だけ、こどもパーク」代々木公園5/4・5 - 04月18日(水)14:15 

 渋谷公園通商店街振興組合はミクシィの特別協賛のもと、2018年5月4日と5日に「mixi GROUP presents 今日だけ、こどもパーク!」を代々木公園けやき並木で開催する。入場無料。さまざまなアーティストによるワークショップが楽しめる親子向けのイベントだ。 「今日だけ、こどもパーク!」は、「子どもの笑顔はみんなの笑顔」をテーマにした親子向けのイベント。2018年で8年目の開催を迎える。「身近にある素朴なものにちょっとだけアレンジを加えて、子どもたちとともに、笑顔と想像力あふれるハッピーな時間を共有したい」をコンセプトに開催される。 会場には、「メインステージ」「アートパーク」「運動パーク」「もぐもぐパーク」「音楽パーク」(4日のみ)を設置。アーティストやクリエイターが多数参加し、さまざまなワークショップが展開される。 メインステージでは、1日目は、ヒップホップミュージシャンの高木完、ラッパーのBose(スチャダラパー)、DJみそしるとMCごはんが講師となって「ラップワークショップ」を開催。そのほか、ニジノ絵本屋キャラバン(TheWorthless)による絵本の読み聞かせライブが行われる。2日目にはライブのほかに、日本の伝統芸能である雅楽演奏のパフォーマンスなども開催され、親子でさまざまなジャンルの音楽を楽しむことができる。 アートパークでは、クリエイターと一緒に楽しめる多...more
カテゴリー:

初心者でもわかりやすい伝統芸能。歌舞伎の楽しみ方が知りたい! - 04月17日(火)22:30 

日本人なら、一度は触れてみたい伝統芸能、歌舞伎の世界。でも、始めて観に行くとなると、やっぱり色々と気になることもありますよね!どんな服装をして行けばいいのか、マナーはどうなっているのか…今回は、初心者でもわかりやすい歌舞伎の楽しみ方について紹介させて頂きたいと思います♪歌舞伎って? KobbyDagan/Shutterstock.com 最近話題になることも多くなってきた、日本の伝統芸能である歌舞伎。何となく知っているような気がするけど、あまり詳しくはわからない…。そんな方たちのために、まずは簡単に歌舞伎についてご紹介していきますね! 古くから伝わる伝統芸能 1603年ごろからあったと言われている歌舞伎。とても奇抜な格好をして踊った阿波踊りが、歌舞伎のもととなっているとも言われています。派手な格好をしていることを「かぶく」と言っていたから…なんだそうですよ! 能楽も伝統芸能ですが、能楽よりもずっと派手で、若い人たちでも楽しめるような内容になっていることが多いようです。歌舞伎というのは、全国たくさんの場所で上演されているので、一年中楽しむことができますよ。 歌舞伎を見る時の服装は? FCG/Shutterstock.com 一度も行ったことがないという方が、まず初めに気になるの...more
カテゴリー:

日米ハーフの若き箏曲家・今野玲央が奏でる二十歳の音色とは? - 04月15日(日)05:00 

箏曲家の今野玲央が、4月15日放送の『情熱大陸』(MBS/TBS系ネット、毎週日曜23:00~)に出演する。伝統的な和楽器として古来より親しまれてきた“お箏(こと)”。正月に流れる穏やかな音色というイメージが強いが、それを根底から覆す爆発的な演奏と圧倒的な表現力、そして驚異のスピードとテクニックで、箏曲だけでなくジャズからクラシックまで多彩な曲を奏でる箏曲家として、今注目を浴びているのが今野だ。アメリカ人の父親と日本人の母親との間に生まれ、通っていたインターナショナルスクールの授業で箏に出会った今野は、16歳で日本を代表する邦楽コンクールに初出場ながら史上最年少で最優秀賞を受賞、一躍脚光を浴びた。その活躍がレコード会社の目に留まり、昨年「LEO」の名でCDデビュー。日本箏曲界の重鎮・沢井一恵氏も「ほとばしる感性。箏音楽をより深く、高い芸術性を探求しつつ、広い世界に発信し、翔いていって欲しい」と、その才能を高く評価する二十歳の新星だ。13本の弦を巧みに操り、従来の枠にはまらない自由な演奏が持ち味の今野だったが、昨年、東京藝術大学音楽学部邦楽科に入学し、日本伝統の“古典”箏曲を含め邦楽の基礎や礼儀作法を徹底的に学ぶことに。下積み期間である1年生の間は、学外の演奏会やアーティスト活動も制限される。インターナショナルスクール出身の今野にとっては全てが手探りで、伝統芸能の厳しさに打ちのめされ...more
カテゴリー:

もっと見る

「伝統芸能」の画像

もっと見る

「伝統芸能」の動画

Wikipedia

  • 転送 日本伝統芸能...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる