「伝統芸能」とは?

関連ニュース

約400年の歴史、徳島夏の風物詩「阿波踊り」…おこりや特徴を調べよう【夏休み自由研究】 - 08月17日(木)17:15 

 徳島県徳島市は8月12日から15日の期間、「徳島市阿波おどり」が開催された。阿波踊りは徳島県発祥の伝統芸能で、「日本三大盆踊り」のひとつに数えられるお祭りだ。 2017年も、お祭りのために日々練習を重ねた踊り子たちが徳島市に集い、楽器の生演奏とともに力強く艶やかに舞った。踊り子は約10万人が出場し、徳島市の街全体が熱気に包まれた。本番期間は8月12日から15日までの4日間。 本番前日の8月11日に行われた「選抜阿波おどり大会前夜祭」に続き、期間中は連日、昼と夜に分けて阿波踊りを開催。昼には「選抜阿波おどり大会」が行われ、屋内のステージで有名連の熟練した踊りが披露された。夜の阿波踊りは「徳島市阿波おどり」のメインイベントにあたり、演舞場を中心に徳島市のいたるところで阿波踊りが披露された。 夏休みも後半であることから、お祭りを題材とした研究に利用できるよう、阿波踊りの歴史や目的、お祭りとしての見どころなどを紹介する。◆阿波踊りの歴史◆阿波踊りの起源となる3つの流派「阿波踊り三大主流」◆豪快な「男踊り」と艶やかな「女踊り」◆阿波踊りに欠かせない楽器「鳴り物」◆「徳島市阿波おどり」の見どころ◆全国に広がる阿波踊り◆阿波踊りの歴史 阿波踊りの始まりは約400年前に遡り、その起源はおもに3つの説が有力とされている。 ひとつめは、徳島藩の武将が徳島城の城主となった際に、城下の町民が踊ったことを...more
カテゴリー:

<獅子踊り>集落に哀愁の響き 20年ぶりに仏間奉納 - 08月16日(水)06:05 

山形、福島県境の山あいにある米沢市綱木地区で15日、伝統芸能「綱木獅子踊り」が地元の寺跡に奉納された。今年は約20年ぶりに住民の家で仏間奉納が行われ、訪れた多くの見物客が、江戸時代以前から続くお盆の恒
カテゴリー:

歌舞伎のディナーショー? 敷居低くして楽しめるビギナー向け - 08月14日(月)07:00 

 日本の伝統芸能の代表、歌舞伎。でも何となく敷居が高い、難しそう、と躊躇する人が多い。そこでカジュアルディナーとともに歌舞伎を堪能できるKABUKI Dinner Show(ARYU CORPORATION・東京)が、この秋スタートする。【写真】関連情報を含む記事はこちら  歌舞伎初心者や、訪日外国人旅行者に向けた企画。ここ10年ほどのアンケート調査によると、8割の日本人が歌舞伎を「観たことがない」と回答。劇場が近場にない、敷居が高いなどのほか、知識がないと面白さが分からないと思う、などが足を遠のかせる理由になっている。海外からの訪日旅行者も同じで、日本の芸能に興味はあっても、理解できないかもしれないと躊躇してしまう人が多いのだそうだ。 そこで、カジュアルディナーを味わいつつ歌舞伎の面白さを伝え、演目を一部実演して歌舞伎に抱いているイメージの敷居を下げ、劇場への間口を広げようという試み。ディナーは着席ブッフェ形式、フリードリンクだ。【関連記事】 ・奇跡の絶景に出会う旅 今年の夏はどこに行く? ・モネからゴッホまで オルセー唯一公認の復元画
カテゴリー:

夏休みホンモノ体験 伝統芸能にチャレンジ - 08月12日(土)18:55 

夏休みホンモノ体験 伝統芸能にチャレンジ
カテゴリー:

小説家になろう人気作『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』TVアニメ化が決定、ティザービジュアル解禁 - 08月10日(木)15:40 

小説家になろうで連載されている人気作『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』のTVアニメ化が決定。ティザービジュアルが解禁され、制作スタッフなどの情報が明らかになっています。 その他の画像つき【元記事】を見る 愛七ひろさんが手がける小説『デスマーチからはじまる異世界狂想曲』は、異世界へ迷い込んだ男・サトゥーを主人公に、女の子達を助けたり、デートしたり、観光したり、美味しいものを食べたりと、夢のような旅に出かけるほのぼの異世界観光記。 アニメーション制作は『ブレイブウィッチーズ』『のんのんびより』などを手がけるSILVER LINK.が手がけ、監督には『ef -a tale of memories.』『バカとテストと召喚獣』などを手がけた大沼 心さんが起用されています。 発表にあわせて公式サイト・Twitterもオープン。詳しい放送時期やキャスト情報など、今後発表される情報が気になる人はフォローしておくと良いかも。原作となる「小説家になろう」の連載は現在も続いているので、アニメ放送を前にチェックしてみては。 【関連記事】 ・住野よる「君の膵臓をたべたい」劇場アニメ化、特報映像が解禁 ・【コスプレサミット2017】“世界代表コスプレイヤー”が大規模パレードを実施!写真満載レポート ・2.5次元「あんステ」伝統芸能を重んじる和風ユニット「紅月」のキャラクタービジュアル解禁 ・...more
カテゴリー:

郷土芸能で祝う 伊治城築城1250年 栗原・築館 - 08月17日(木)09:51 

大和朝廷が陸奥国経営の拠点とした伊治(これはり)城(宮城県栗原市築館)の築城1250年を祝う「ふれあい祭り」が15日、栗原市の旧富野小体育館であった。地域の伝統芸能が披露され、お盆休み中の家族連れでに
カテゴリー:

奥村兄弟、出雲、そしてルシフェルの姿も!舞台『青の祓魔師』島根イルミナティ篇キービジュアル解禁 - 08月15日(火)15:40 

漫画家・加藤和恵による人気漫画を原作とする、2.5次元作品「舞台『青の祓魔師』島根イルミナティ篇」のキービジュアルが解禁されました。 その他の画像つき【元記事】を見る 正十字学園祭のさなか、啓明結社イルミナティの総帥ルシフェルが突如現れ、正十字騎士團に宣戦布告。魔神を復活させ物質界と虚無界をひとつにすることを目論み、とある「計画」のために出雲が連れ去られてしまい。奥村雪男を隊長とする救出班が島根県へと向かい、そこで激闘を繰り広げるというのが今作のストーリー。 ビジュアルは主人公である奥村燐、奥村雪男のほか、イルミナティ総帥・ルシフェル、出雲ら、「島根イルミナティ篇」のカギを握るキャラクターたちが集結したデザインとなっています。 YouTubeには約15秒のCMも公開されており、各キャラクター個別のビジュアルは近日中に公開される予定です。 8月15日からチケットのオフィシャル先行受付がスタートするので、気になる人はチェックしておきましょう。 舞台『青の祓魔師』島根イルミナティ篇は2017年10月20日から29日まで、Zeppブルーシアター六本木にて東京公演が行われ、11月2日から5日まで、 新神戸オリエンタル劇場にて神戸公演が行われます。 舞台『青の祓魔師』島根イルミナティ篇 作品情報 <キャスト> 奥村 燐:北村諒、奥村雪男:宮崎秋人 勝呂竜士:山本一慶、志摩廉造:...more
カテゴリー:

復興祈願祭:「田植え踊り」に涙 福島・浪江で6年半ぶり - 08月12日(土)19:00 

 東京電力福島第1原発事故による避難指示が一部を除き今年3月に解除された福島県浪江町の請戸地区で12日、復興祈願祭が開かれ、同地区の伝統芸能「請戸田植え踊り」が6年半ぶりに古里で披露された。請戸地区は東日本大震災で壊滅的な被害を受け、その後に続いた避難指示で復興は遅れ今も荒れ地が広がる。変わり果てた古里で披露された伝統の舞に、涙を流す地元住民の姿も見られた。
カテゴリー:

【恋する歌舞伎】第25回:芸術に魂を売った男。瀕死の娘を前に父がとった驚きの行動とは… - 08月11日(金)00:00 

日本の伝統芸能・歌舞伎。興味はあるけどちょっと難しそう、わかりづらそう…なんて思ってない? 実は歌舞伎は恋愛要素も豊富。だから女子が観たらドキドキするような内容もたくさん。そんな歌舞伎の世界に触れてもらおうと、歌舞伎演目を恋愛の観点でみるこの連載。古典ながら現代にも通じるラブストーリーということをわかりやすく伝えるために、イラストは現代風に超訳してお届け。今回は、八月歌舞伎座で上演中の『修禅寺物語(しゅぜんじものがたり)』に注目します!◆【1】「いつか王子様が」を信じる長女の元にやってきたのは、本物のプリンス!ここは伊豆の修禅寺村にある面作師(おもてつくりし)・夜叉王(やしゃおう)の家。妻は亡くなり、忘れ形見の姉妹が父の仕事を手伝い暮らしている。姉妹といえども性格は真逆で、姉の桂(かつら)は上昇志向が高く、いつかは高貴な人に奉公をして、優雅な日々を送ることを夢見ている。反対に妹の楓(かえで)は現実主義で、父の弟子の春彦と結婚し、父親に似て職人気質なところがある。ある日この家へ、源頼家(よりいえ)が家臣を連れて訪ねてくる。高貴な身分の頼家が人里離れた村に自らやってきた理由は、半年前、夜叉王に「自分の顔に似せた面をつくれ」と命じたが、何度催促しても未だ出来上がってこないからだ。完成しない理由を尋ねると、「昼夜となく必死に面を打っているが、納得できる面が出来上がらず、作っては壊しを繰り返...more
カテゴリー:

世界蚊の日…? 蚊との闘いの歴史を考える - 08月09日(水)16:45 

 蚊に刺される、というのは、ニッポンの夏の日常。だが、マラリアという怖い病気も蚊が媒介する。日本でのマラリア制圧は1960年代だが、最近ではデング熱など、やはり蚊が媒介する病気が時折ニュースになる。世界蚊の日、8月20日を記念して日本で最後までマラリアが残った沖縄の、マラリア防遏の歴史を考えるトーク&ライブイベントが8月30日、に開催される。【写真】関連情報を含む記事はこちら  日本人と蚊との戦いの歴史は古い。平清盛の死因はマラリアという説もあり、明治期の北海道の開拓でも多くの人がマラリアによって命を落とした。第二次世界大戦期は、沖縄で「戦争マラリア」と呼ばれる悲劇もあった。その歴史を振り返る企画だ。長い歴史を証明するように、日本の伝統芸能でも蚊に関する演目があり、イベントでは、落語の演目「蚊相撲」も上演される。 桂歌助  ちなみに、8月20日は、インド医務官を務めていたイギリスの医学者・内科医 ロナルド・ロス(Ronald Ross)が、ハマダラカの胃からマラリアの原虫を発見したのを記念した日だそうだ。【イベント概要】開催日時:2017年8月30日(水)19時~21時(開場:18:30~)会場:Nagatacho Grid(東京都千代田区平河町2-5-3 Nagatacho GRID B1F)座席指定なし、一人2000円(ワンドリンク付)【関連記事】 ・在住経験者が教える、フィリ...more
カテゴリー:

もっと見る

「伝統芸能」の画像

もっと見る

「伝統芸能」の動画

Wikipedia

  • 転送 日本伝統芸能...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる