「伝統芸能」とは?

関連ニュース

【夏休み2017】水環境の大切さを学ぼう、東京都下水道施設見学ツアー - 05月25日(木)18:15 

 東京都下水道局は7月22日と8月19日、下水道施設見学ツアーを開催する。都内在住の小学生とその保護者を対象に、江東幹線工事現場や有明再生センターなどの施設見学を通して、下水道の役割や水環境の大切さを学ぶ。参加費は無料。 下水道見学ツアーでは、普段目に触れることの少ない江東幹線工事現場や有明再生センターを見学。江東幹線工事現場は「浸水対策」を目的とした、内径最大6,000ミリメートルの下水道管のシールド工事を行っている。また、下水道の役割や水環境の大切さを楽しみながら学べる体験型施設「東京都虹の下水道館」も見学し、最後に水上バスに乗船。下水道の働きで綺麗になった隅田川を水上バスから眺める。 対象は都内在住の小学生とその保護者。各日60名を募集する。往復はがきに必要事項を記入し、みんなの下水道サポートセンターまで送付する。申込締切は、7月22日開催分は6月30日、8月19日開催分は7月21日まで。いずれも必着。当日は、都議会議事堂南側・NSビル向かい側のふれあい通りに集合し、水上バス下船地の「浅草(二天門)」にて解散となる。集合時間については、当選はがきにて通知される。◆下水道施設見学ツアー開催日:2017年7月22日(土)・8月19日(土)9:00~16:00 (予定)※雨天決行、集合時間は当選はがきにて通知対象:都内在住の小学生とその保護者※保護者の同伴必須、乳幼児など対象者以外...more
カテゴリー:

初音ミク×中村獅童「超歌舞伎 花街詞合鏡」ニコ生コメつきでEテレ放送決定!6/9放送 - 05月24日(水)15:30 

2017年4月に行われたイベント「ニコニコ超会議2017」にて披露された超歌舞伎『花街詞合鏡(くるわことばあわせかがみ)』が、6月9日に放送されるNHK-Eテレ「にっぽんの芸能」でTV放映されることが発表されました。 その他の画像つき【元記事】を見る 「花街詞合鏡」は歌舞伎俳優・中村獅童と、電子の歌姫「初音ミク」による、伝統芸能と最新技術が融合した作品。超歌舞伎と題して2016年から「ニコニコ超会議」の目玉となっており、会場での観覧のほか、ニコニコ生放送でのリアルタイム配信なども行われ盛り上がりをみせていました。 今回のTV放送では、ニコニコ生放送に書き込まれたユーザーたちのコメントも含めたものとなるそうで、公演時の空気がリアル・ネットの両方をあわせて楽しめそうですね。 【関連記事】 ・テレビちゃんも美少女化!? 「ニコニコ超会議2017」コスプレ特集vol.3/FateGO、SAO、けもフレほか ・やっぱり僕が一番かわいいですね!「ニコニコ超会議2017」痛車もすごいコスプレ特集vol.2/幼女戦記、東北ずん子、デレマスほか ・ウシっ娘から和風までバリエーション豊富!「ニコニコ超会議2017」コスプレ美女コンパニオン特集vol.1 ・ペンギンにキツネに吸血鬼も?「ニコニコ超会議2017」フレンズいっぱいコスプレ特集vol.1/エロマンガ先生、キルラキル、けものフレンズ...more
カテゴリー:

戦国武将になりきる!伝統芸能「剣舞」にトライ - 05月24日(水)12:45 

京都・三条の「サムライ剣舞シアター」では、侍さながらの衣装を身に着け、刀や扇を持って勇壮に舞う伝統的な舞「剣舞」を習うことができる。 【写真を見る】フルレッスンでは扇の使い方もマスターできる! レッスンは英語が中心だが、日本語サポートもあるので安心してトライ!侍の歴史や剣舞についての基礎知識を学んだあとは、先生の指導のもと、刀の使い方を習得。レクチャーが終われば、金屏風の前で侍に成りきって撮影を行う。 着物と袴は、豊富な柄や色から好みを選べるのも嬉しい。「ライトレッスン」は7000円、「フルレッスン」は9000円(衣装なし各3000円引き)、「剣舞鑑賞」は3000円で実施している(ライトレッスンは所要時間約60分、電話・WEBで要予約)。【ウォーカープラス編集部】 【関連記事】 ・創業210余年の京都和菓子店で“上生菓子作り”を体験! ・カラフルな200着からレンタル!アンティーク着物で祇園を散歩 ・枝豆にたこ焼き!?居酒屋メニューそっくりのスイーツが登場 ・5年目迎える東京スカイツリーの社長を直撃!「東京タワーとのコラボ予定は?」
カテゴリー:

【恋する歌舞伎】第22回:天真爛漫か、奔放な小悪魔か。己を過信した女に待ち受ける悪夢 - 05月24日(水)00:00 

日本の伝統芸能・歌舞伎。興味はあるけどちょっと難しそう、わかりづらそう…なんて思ってない? 実は歌舞伎は恋愛要素も豊富。だから女子が観たらドキドキするような内容もたくさん。そんな歌舞伎の世界に触れてもらおうと、歌舞伎演目を恋愛の観点でみるこの連載。古典ながら現代にも通じるラブストーリーということをわかりやすく伝えるために、イラストは現代風に超訳してお届け。今回は、六月歌舞伎座で上演予定の『名月八幡祭(めいげつはちまんまつり)』に注目します!◆【1】ダメ男に貢いでその日暮らし。今が楽しければいいじゃない!?美代吉(みよきち)は売れっ子の芸者だが、博打好きの船頭・三次(さんじ)を間夫にしている。ヒモ同然の三次は今日も金の無心に来るが、美代吉は大事なお祭りが控えており、その支度金にも困っているので金を渡すことができないと断る。それに対し三次は「最近、縮屋の新助といい仲になっているからだろ」と言いがかりをつけるので、新助と会っているのはお金を借りるためで相手にするはずもないと説明する。縮屋新助とは、純朴で仕事に真面目な商人だが、田舎から出てきた地味な男のこと。しかし新助は美代吉に惚れており、金まで貸している。このころ新助は、仕事を終え国元へ帰るため得意先に挨拶に来ていた。そこへ通りかかったのは、美代吉の乗った猪牙舟(ちょきぶね)。その行き先が三次の本田と聞いて内心嫉妬をするが、美代吉の後ろ...more
カテゴリー:

【夏休み2017】横浜能楽堂「こども狂言ワークショップ」募集開始 - 05月22日(月)10:15 

 横浜能楽堂では、夏休み期間中の8月に「こども狂言ワークショップ~入門編~」を開催する。狂言の公演鑑賞と一流講師による実技指導で本格的な狂言体験ができる。対象は小学1年生~中学3年生。6月30日まで、はがきまたはWebサイトで申込みを受け付ける。 ワークショップ前半は、8月5日に狂言の公演「人間国宝・山本東次郎先生の狂言の時間」を鑑賞する。狂言の名門・山本東次郎家による演目「附子(ぶす)」と「首引(くびひき)」を子どもにもわかりやすい解説付きで鑑賞する。後半は、8月7日~9日までの3日間、狂言の実技体験を行う。講師は、旭日双光章などを受章している山本東次郎家の山本則俊氏。「足の運び」「扇の使い方」などの狂言の基礎から始め、狂言小舞「盃」を稽古する。実技最終日には国語の教科書にも掲載されているの「柿山伏」の一部の演技に挑戦する。 ワークショップでは、狂言に触れる、伝統芸能を知る、というだけでなく礼儀作法が自然と身に付くことも特徴。稽古に来たらまずは正座して挨拶をする、ということが自然と身に付く場になっているという。 また、今回の「入門編」修了後、希望者は2018年の春に開催される「こども狂言ワークショップ~卒業編~」(有料)で10回にわたる本格的な稽古に参加することが可能。「卒業編」を受講すると、発表会「横浜こども狂言会」に参加し、狂言を一曲演じるというより本格的な内容に挑戦できる。...more
カテゴリー:

食と芸能大祭典、26日開幕 無形遺産3行事が集結 - 05月25日(木)10:39 

 秋田県内各地の伝統芸能やご当地グルメなどが集まる「これが秋田だ!食と芸能大祭典」が26日から3日間、秋田市の広小路など4会場で開かれる。昨年、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の無形文化遺産「山・鉾(…
カテゴリー:

【夏休み2017】東京国立博物館で親子イベント、ワークショップも - 05月24日(水)15:15 

 東京国立博物館(トーハク)は7月4日~9月3日の期間、親と子のギャラリー「びょうぶとあそぶ 高精細複製によるあたらしい日本美術体験」を開催する。日本を代表する屏風の高精細な複製と映像がコラボした新たなアート体験を提供する。 イベントでは、安土桃山時代に描かれた日本水墨画の傑作である国宝「松林図屏風」や金屏風が華やかな尾形光琳による「群鶴図屏風」の複製と映像を組み合わせ空間全体をアート作品として演出。絵師が屏風に描いた世界観に入り込み五感で楽しむことができる新感覚の体験型展示だ。 屏風の複製画は、キヤノンと京都文化協会による「綴プロジェクト」が高精細画像により制作したものを使用。映像はイベント向けに新たに制作したオリジナルを使用する。「松林図屏風」の世界を体感する「松林であそぶ」では、大型スクリーンに映し出される映像と高精細複製画を、畳に座って観るという屏風本来の鑑賞スタイルで鑑賞。松林の風と匂いをリアルに体感できる。 「群鶴図屏風」の世界を体感する「つるとあそぶ」では、大きなスクリーンで鶴が羽ばたき金屏風に鶴が降り立つ不思議な世界を演出。鑑賞者の動きに合わせて鶴が動くインタラクティブな演出や、金屏風の美しさを引き出す光の演出など、子どもから大人まで楽しめる展示となっている。 会期中は、屏風のミニチュアを用いて屏風について楽しく学べるハンズオンコーナーや、絵を描いて自分だけの屏風を...more
カテゴリー:

【歌手】元AKB48高橋みなみ、小池都知事座長“東京未来ビジョン懇談会”でプレゼン「エンタメシティ構想」提案 - 05月24日(水)11:10 

小池百合子東京都知事が座長を務める『東京未来ビジョン懇談会』は、東京都における政策推進や政策形成などに新たな発想を取り入れるため、様々な分野で活躍する若手を中心にしたメンバーと意見交換を行う場である。 その第3回懇談会が5月23日の16時30分頃から開催された。 今回は歌手でタレントの高橋みなみが「Tokyo Entertainment City 構想」などについて、森永製菓健康事業本部マーケティンググループ・国際フェンシング連盟理事の太田雄貴氏が「スポーツ応援文化を作る」をテーマに、渋谷区長・長谷部健氏が「渋谷区クリエイテ...
»続きを読む
カテゴリー:

子どもたちの創造性を高める「もとまち こども大学」神戸に開校 - 05月22日(月)12:45 

 大丸神戸店と神戸学院大学は6月より、小学生とその保護者を対象にさまざまな学びの機会を提供する「もとまち こども大学」を開校する。参加費は無料だが、材料費などがかかる場合もある。Webサイトより、先着順で申込みを受け付けている。 もとまち こども大学は、「未来をつくる子どもたちの創造性を高めたい」という想いが込められた取組み。阪神・淡路大震災の再出発から20年を迎え、これからの「神戸」とともに歩む思いを新たにした大丸神戸店と、震災を教訓に地域に根差した活動を推進している神戸学院大学が協働で行う。 講座は、6月初旬より随時開講。「めざせ!健康博士!!ココロもからだも元気になる食育レッスン」では、神戸学院大学栄養学部の太田淳子氏を講師に迎え、6月3日にさつまいもの苗を植える農業体験、11月11日にさつまいもの収穫体験を行う。◆もとまち こども大学対象:小学生とその保護者 ※必ず保護者同伴で参加する参加費:無料(材料費などがかかる場合がある)【めざせ!健康博士!!ココロもからだも元気になる食育レッスン】募集期間:2017年5月20日(土)~28日(日)開催日時:第1回2017年6月3日(土)13:00~14:00第2回2017年11月11日(土)10:30~14:00※いずれも雨天順延(翌日)場所:8階みどりの広場、大丸アネックス10階文化教室定員:先着20名申込方法:Webサイトの応募...more
カテゴリー:

【夏休み2017】親子で文楽特別公演、大阪市が優待7/22-8/8 - 05月18日(木)18:45 

 大阪市は、7月22日~8月8日に国立文楽劇場で開催される文楽特別公演を優待価格で鑑賞できる優待券を発行する。大阪市内に在住・在学の中学生以下の子どもを含むグループが対象で、価格は大人1名・子ども1名のペアで2,800円。 文楽特別公演「親子劇場」鑑賞優待事業は、大阪の伝統芸能である「人形浄瑠璃文楽」を、青少年を中心とした市民に身近に親しんでもらうことが目的。 特別公演では、恐ろしい「大グモ」が村の若い娘をいけにえに差し出させている、と聞いた金太郎が、得意のマサカリを振るって大ぐもと勇ましく戦う「金太郎の大ぐも退治」と、正直で働き者のおやじが登場する「赤い陣羽織(じんばおり)」の2作品が上演される。 優待券の申込みは、はがきや大阪市電子申請・オンラインアンケートシステムより受け付ける。定員は2,800名。締切りは7月28日(必着)だが、定員に達した時点で受付を終了する。鑑賞するには、受け取った優待券を使って国立劇場チケットセンター電話予約や国立文楽劇場チケット売場でチケットを購入する。 優待価格は、大人1名・子ども1名のペアで2,800円。ペア以外の同行者は、大人2,300円、学生1,150円、子ども(18歳以下)900円。未就学児は保護者のひざ上で鑑賞する場合は無料だが、席が必要と判断された場合は子ども料金が必要となる。◆文楽特別公演「親子劇場」鑑賞優待公演日:平成29年7月22...more
カテゴリー:

もっと見る

「伝統芸能」の画像

もっと見る

「伝統芸能」の動画

Wikipedia

  • 転送 日本伝統芸能...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる