「伝統芸能」とは?

関連ニュース

台湾の食や文化が楽しめる祭典 上野で「日本台湾祭り」開催 - 06月26日(月)12:14 

台湾の食と文化の祭典「日本台湾祭り2017」が2017年7月7日から9日までの3日間、上野恩賜公園で開催されます。 過去最大規模の45ブースが出店 今年で3回目となる同イベントには、過去最大規模となる45ブースが出店。ローカルフード「ルーロー飯」や夜市で人気の「クワパオ」など台湾ならではの食が楽しめる飲食ブースや、雑貨や食品などが購入できる販売ブースなどが集まります。 ステージでは原住民の踊りや人形劇などの伝統芸能、人気バンドのパフォーマンスなども行われます。 また、開催が七夕(台湾では恋人の日)に重なることもあり、会場には「縁結び」をテーマに台北市の繁華街「迪化街(てきかがい)」に祀られている縁結びの神様「月下老人」が安置されます。「月下老人」はアジア最強との呼び声も高く、その縁結びのパワーを求めて世界各国の観光客が集まることでも知られています。日本に安置されるこの機会にお参りをしてみては? 開催時間は7日が12時から22時、8日が11時から21時、9日が11時から17時まで。入場料は無料。 詳細は、公式サイトへ。 寿司×クラフトビールの新感覚イベント 代官山で2日間開催 ...more
カテゴリー:

【テレビに出すな!】桂歌丸の裸芸人批判真意「テレビに出す側も責任ある」アキラ100%を念押し批判へ - 06月25日(日)19:02 

6月14日に退院してから、酸素吸入器を付けて高座や『もう笑点』(日本テレビ系)への復帰を果たすなど、精力的に活動を続ける歌丸。本誌の取材中も時折咳き込み、苦しそうだった。 それでも歌丸が表舞台に立ち続けるのは、落語の素晴らしさ、そして日本の伝統芸能を後世に残したいという思いがあるからだ。そんな歌丸だからこそ、若手芸人の“芸”に苦言を呈さずにはいられなかった。 「言っちゃ失礼ですけど、裸でお盆を持って出て何が芸なんですかね。あれを日本の文化だと思われたら困るんですよ。あんなのは酔っ払いがお座敷でや...
»続きを読む
カテゴリー:

忘れてはならない日。天皇陛下と沖縄県民の「知られざる」心の交流【評論家・江崎道朗】 - 06月21日(水)08:53 

【江崎道朗のネットブリーフィング 第14回】 トランプ大統領の誕生をいち早く予見していた気鋭の評論家が、日本を取り巻く世界情勢の「変動」を即座に見抜き世に問う! ◆米軍統治下での沖縄県民の苦しみ  6月23日は、沖縄戦終結の日。  今からおよそ30年前の学生時代、沖縄に何度も訪れたことがある。  沖縄戦、基地問題を沖縄の人たちがどう考えているのか、訊いて回ったのだ。  多くの出会いがあったが、そのなかで今でも鮮明に記憶している人がいた。それは那覇市内の繁華街「国際通り」で沖縄の衣装「かりゆし」をつくって販売しているお店を営むTさんだ。この方は両親と妹を沖縄戦で亡くしていた。Tさんは遺されたもう一人の妹を抱えて戦後、生き抜いてきたのだが、学生だった私にこう語ったのだ。 「江崎さん、私は米軍に両親と妹を殺されたんだ。それが戦争に負けて沖縄は米軍の統治下に置かれたんだ。その苦しみは本土の人にはわからないだろう」 「どういう意味ですか?」 「肉親を殺した仇である米軍にニコニコと笑いながら頭を下げて、かりゆしを買ってもらって生き延びてきた。その苦しみが本当にわかるのか? 目の前にいる仇に笑顔で売らないと自分と妹は食っていけなかったんだぞ」  その方は日本に復帰すれば、米兵に媚を売らなくて済むと期待していたそうだが、米軍はそのまま残り、強い失望と怒りを覚えたと語った。  ...more
カテゴリー:

『カレーライス進化論』――日本のカレーを外国人の視点で眺めると実は異様? - 06月20日(火)10:00 

スパイス&カレーの専門家として約20年にわたって全国各地のイベントでライブクッキングを行ない、レシピ本から食べ歩き本までカレーに関する本を40冊以上執筆。 カレーを軸とした活動で幅広く活躍する水野仁輔(みずの・じんすけ)氏。彼が新たに書き下ろした『カレーライス進化論』は、独自の進化を遂げた日本のカレーの魅力を海外の視点から広く探求した一冊だ。 * * * ―今回、日本のカレー文化を論じた本を出すことになったのは東京オリンピックの決定が契機になったとか。 水野 そうです。4年前、たまたまテレビで決定した瞬間を見てて、これはヤバいぞと思ったんですよね。 ―ヤバい? 何がですか? 水野 世界中の人々が東京に集まるにもかかわらず、もし誰も日本のカレーに関心を持たなかったらどうしよう、寂しいだろうなって。すぐにでも日本のカレー文化の素晴らしさを伝えなきゃと思ったら、じっとしていられなくなっちゃって。 そこから外国人の視点で日本のカレーを眺めるようになったんですけど、するとそれまで当たり前だと思ってた日本のカレーが実は異様なことに気づいたんです。高級レストランから街の食堂までメニューにカレーがあり、各家庭には独自の...more
カテゴリー:

中村獅童 結婚3年目…がん手術リハビリ支えた妻が悲願の妊娠 - 06月20日(火)00:00 

梅雨晴れとなった6月15日。神奈川・八景島シーパラダイスに、仲むつまじく手をつなぐひと組の夫婦の姿があった。肺腺がんの手術からわずか16日。中村獅童(44)は妻の沙織さん(33)と一緒だった。 施設内を散策しながら、獅童は自分の体より、沙織夫人の一挙手一投足を注意深く見守っていた。少し重たそうに、段差に気をつけながら歩く沙織さん。獅童がいつくしむように見ている彼女のおなかには、新しい命が宿っていた――。 「獅童さんはこの9日前、6月6日に東京都内の病院を退院なさいました。その日は都内の名刹(めいさつ)で、ある伝統芸能の家元の方の発表会があったのですが、獅童さんご夫妻にも案内状を送っていました。入院中と聞いていたので、いらっしゃれないと思っていたのです。ところが、沙織さんは獅童さんを自宅に送り届けた後、わざわざ来て下さいました」(歌舞伎関係者) その席で、沙織さんのおなかの膨らみが話題になったという。 「当日は松竹の社長や財界の重鎮、日本舞踊の大御所に俳優さんら、そうそうたる面々がいらしていたので、直接本人に尋ねるような下品なまねはできません。何より本当におめでたなら報告があるだろうと、そこで話は終わったんです」(前出・歌舞伎関係者) 松竹関係者は、こう語る。 「妊娠後、獅童さんのがんが発覚したので、発表することを控えていたのではないでしょうか。歌舞伎は世襲の世界。まして...more
カテゴリー:

【芸能】桂歌丸「アキラ100%は笑われているだけ。ああいう方をテレビに出す方が間違い。」 - 06月25日(日)19:20 

桂歌丸が語る裸芸批判の真意「起用する側にも責任ある」 6/25(日) 16:00配信 「入退院を繰り返して、“肺炎”な騒ぎになっておりました」「入院中も欠かさず『笑点』は見ていました。必ず私の悪口が出る。油断できない」「声が出なけりゃミイラと同じですから」──。  左肺炎慢性呼吸不全の急性増悪で休養していた落語家・桂歌丸(80)は高座に復帰するや、相変わらずの“歌丸節”で人々に笑いを届けている。そんな歌丸が、入院中、現在の芸能界にどうしても見過ごせない違和感を覚えたという。本誌の独占インタビューに語った。 「ま...
»続きを読む
カテゴリー:

組織委主催で「学園祭」=芸術競い12大学参加-東京五輪 - 06月24日(土)19:21 

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は24日、五輪教育推進や大会の機運醸成を目指し、連携協定を結ぶ首都圏の大学の学生らを集めて「TOKYO2020学園祭」を東京都港区の明治学院大学白金キャンパスで開催した。 首都圏の12の大学から16団体が参加。ダンスや伝統芸能、歌や演舞などで競い、来場者の投票などで東海大のダンスチームがベストパフォーマンス賞を獲得した。代表を務める4年生の横堀美咲さん(21)は「日本の和や文化を美しく表現できた」と喜びを語った。運営は明治学院大生で組織する「五輪・パラリンピックプロジェクト実行委員会」がボランティアで担った。 イベントは、かつて近代五輪で絵画や彫刻、音楽などを採点で競った「芸術競技」を現代風にアレンジし、組織委の文化プログラムの一環として行われた。 [時事通信社]
カテゴリー:

伝統芸能専用劇場「ソウル南山国楽堂」改修へ  - 06月20日(火)11:15 

【ソウル聯合ニュース】ソウル市は20日、南山韓屋村内にあるソウル南山国楽堂の改修工事を行うと発表した。来年2月までに完了する計画だ。  ソウル南山国楽堂はソウル初の伝統芸能専用劇場。オープンか
カテゴリー:

【芸能】中村獅童 結婚3年目…がん手術リハビリ支えた妻が悲願の妊娠 - 06月20日(火)00:03 

梅雨晴れとなった6月15日。神奈川・八景島シーパラダイスに、仲むつまじく手をつなぐひと組の 夫婦の姿があった。肺腺がんの手術からわずか16日。中村獅童(44)は妻の沙織さん(33)と 一緒だった。 施設内を散策しながら、獅童は自分の体より、沙織夫人の一挙手一投足を注意深く見守っていた。 少し重たそうに、段差に気をつけながら歩く沙織さん。獅童がいつくしむように見ている彼女の おなかには、新しい命が宿っていた――。 「獅童さんはこの9日前、6月6日に東京都内の病院を退院なさいました。その日は都内の名刹 (めい...
»続きを読む
カテゴリー:

トワイライトEX「瑞風」が終点の下関に到着 ホームでは1500人が歓迎 - 06月19日(月)08:22 

 JR西日本の豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス瑞風」の一番列車が18日午後、終点の下関駅(山口県下関市)に到着した。出迎えに約1500人が集まり、歓迎の式典では地元の住民団体が伝統芸能「平家踊り」などを披露した。
カテゴリー:

もっと見る

「伝統芸能」の画像

もっと見る

「伝統芸能」の動画

Wikipedia

  • 転送 日本伝統芸能...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる