「伝統工芸」とは?

関連ニュース

日本の「こけし」が海外でブームに。「日本の職人芸すごすぎ」の声も - 11月18日(土)08:00 

日本を訪問する外国人観光客が増加する中で、日本の伝統工芸品が改めて海外で評価されつつあります。その中でも、海外で人気を集めているのが「こけし」です。なぜ今、こけしが海外で「クール!」ともてはやされているのでしょうか。こけし発祥の地である宮城県鳴子温泉にある「桜井こけし店」の勇気あるチャレンジを紹介します。※本記事はジモトのココロに掲載された記事です(2017年11月8日)   今、KOKESHI DOLLが海外でも人気! 街を歩くと目にする大勢の外国人観光客の姿ももはや珍しいものではなく、日常の風景となりつつあります。彼らがいったい日本のどんなものを喜び、何をお土産に買っているのか、日本人としてはとても興味がありますよね。私たちにとって何でもないものでも、ときに彼らには超「COOL!」に映るようで、その感性の違いに新たな日本を発見することも少なくありません。そんな外国人に人気のグッズでへぇぇぇ〜と思ったのが「こけし」です。   昔はどこのおうちにでも飾られていたものかもしれませんが、正直今はあまり見かけないなぁと……。と言っても日本人ならこけしを知らない人はいないだろうし、言うならばそこにあってもなくても特に気にしたことがないようなモノという感じでしょうか。こけしファンの方やコレクターの方もいらっしゃるので、そんなことを言ったら怒られそうですが。   と言いましたが、実は日本でも...more
カテゴリー:

佐々木希、地元紙編集長就任で早速しょっつる鍋を食リポ「しったげ、うめな」 - 11月18日(土)04:00 

 女優の佐々木希が、故郷・秋田の地方紙「秋田魁新報」の「秋田の魅力発信」編集長に任命され11月17日、都内で就任式に臨んだ。 ・【フォトギャラリー】佐々木希、その他の写真はこちら  「今でもしょっちゅう帰っていて、私にとっての温かい場所。秋田でパワーチャージして、東京でのお仕事を頑張っています」と郷土愛たっぷりの佐々木。2010年からは「あきた美の国大使」を務めており、「古里のために何かできないか」という思いを、実家でも購読している同紙が受け止めた。  14年に同紙が創刊140年を迎えた際には8ページを使った等身大広告に登場した縁もあり、「まだ話していないけれど、家族もものすごく喜んでくれること間違いなし」と笑顔。委嘱状と名刺、腕章を受け取り「まだまだ知らないことや詳しく調べていないこともあるので、秋田の魅力をどんどん伝えていきたい」と抱負を述べた。  取材は12月から開始し、紙面掲載だけでなく電子版やSNSでのライブ配信も予定しているという。既に食や観光資源などの取材候補が挙がっており、「曲げわっぱなどの伝統工芸は、インスタグラムで検索してもけっこう使っている人が多いのでもっと広めていきたい。農業も、枝豆が実は出荷量が2年連続日本一で収穫体験や作り手の方の思いを聞いて学びたい」と意欲を見せた。  その予行演習とばかりに、この日は地元の名産ハタハタの魚しょうを使ったしょっ...more
カテゴリー:

ドイツ人が感動した、究極の日本文化「金継ぎ」 - 11月17日(金)16:59 

四半世紀に渡ってヨーロッパ暮らしをしているというジャーナリストの片野優さんと、ライターの須貝典子さん夫婦。彼らは雑誌の取材でヨーロッパ中を駆け巡り、そこで日本が好きだという現地人に多く出会ったそうです。そんな彼らの共著『ヨーロッパ人が来て見て感じて驚いた! 不思議の国のジャパニーズ』(宝島社)では、ふたりが出会ったフランス人、イギリス人、オランダ人、デンマーク人などから聞いたという、「日本で体験したユニークな出来事」が描かれています。ここで紹介するのは、あるドイツ人が伝統工芸を実体験した際のエピソード。体験したのは「金継ぎ」北国出身のエッちゃんは、ドイツ人の男性と結婚してから、かれこれ10年ほどドイツで暮らしています。夫のマティアスはおおらかで、日本の文化を愛してやみません。一般的に、ドイツ人は誠実で正直。理詰めで哲学的な思考回路を持つゆえ、理性で感情をコントロールしようとします。四角四面の石頭で融通がきかず、白黒をはっきりさせないと気がすみません。しかしマティアスは、そんなステレオタイプのドイツ人とは違って、内向的で強い自己主張もなく、フレキシブルな人物です。マティアスに「一番好きな日本語は?」と尋ねると「キンツギ」という言葉が返ってきました。恥ずかしながら日本人の私(著者)も知らなかった言葉です。キンツギは「金継ぎ」と書きます。茶の湯が盛んな室町時代に始まったもので、割れたり、...more
カテゴリー:

ピーチ、楽天市場にオンラインショップ開設 グッズなど販売 - 11月17日(金)12:41 

ピーチ(Peach)は、楽天市場にオンラインショップ「ShopPeach online」を11月15日にオープンした。 ピーチカラーでデザインされた京都伝統工芸の京組紐のイヤリングや手捺染の風呂敷、キーリング、ラッゲージタグなどのピーチグッズを取り扱う。 支払いはクレジットカード(Visa、マスター、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナース)、楽天バンク、代金引換に対応する。配送はヤマト運輸が行う。店舗の運営は営業統括本部ビジネスディベロップメント部が担う。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

<きみがらスリッパ>伝統工芸品製作に一役 三本木農高生が材料の畑片付けに汗 - 11月17日(金)12:14 

青森県十和田市の伝統工芸品「きみがらスリッパ」の材料となる飼料用トウモロコシ「デントコーン」栽培に協力している三本木農高(十和田市)の生徒が14日、市内の畑約46アールで今年3回目の作業に取り組んだ。
カテゴリー:

佐々木希、故郷秋田のしょっつる鍋に「うんめえ~」 - 11月18日(土)07:24 

 佐々木希(29)が17日、秋田魁新報の「秋田の魅力発信編集長」に就任し、都内で会見を行った。地元秋田の魅力を発信すべく、食や伝統工芸、無形民俗文化財などの取材をし、同紙やウェブを通して発信していくという。  この日は編集長の初仕事とし…
カテゴリー:

佐々木希、記者初体験「光栄でした」 編集長として秋田の魅力を全力取材 - 11月17日(金)18:21 

 秋田魁新報社の「秋田の魅力発信」編集長・就任式が17日、東京都内で行われ、秋田市出身の佐々木希が出席した。 同社の小笠原直樹代表取締役社長から委嘱状を贈られた佐々木は「私の大好きな故郷、秋田のPRができること、大変うれしく思います」と笑顔を見せ、名刺と腕章を受け取ると「わ~、うれしい!」と目を輝かせた。 18歳まで秋田で過ごした佐々木は、「自身にとってどんな場所?」と尋ねられると、「一言で表すのは難しいですが、帰るとホッとする温かい場所。しょっちゅう帰っているのですが、秋田でパワーチャージをして、東京で仕事を頑張っています」と明かした。 秋田の好きな食べ物については「いっぱいありますが、東京でよく食べるのは“きりたんぽ”や“いぶりがっこ”。特にいぶりがっこは冷蔵庫によく入っています」とコメントした。 「秋田竿燈まつり」「大曲の花火」などの大きな祭りも有名だが「家族や友達とよく行きました。竿燈祭りは毎年行っていました」と懐かしそうに振り返った。 今回の編集長就任は、まだ家族には伝えていないそうだが「うちも魁を取っているのですごく喜んでくれると思います」とにっこり。 取材対象として「東京でもはやっている(伝統工芸品の)曲げわっぱ」などに興味があるといい「(製作を)体験してみたい。あとは、秋田は枝豆2年連続日本一(の取扱量)になっているので、収穫を体験したり、作り手さんの思いも聞いてみ...more
カテゴリー:

村岡さんがこけしを制作。頬を赤らめたかわいらしい表情 - 11月17日(金)13:10  news

来年は「戌」 姫路独楽職人が干支こけし制作 2017/11/  伝統工芸品「姫路独楽」職人の村岡正樹さん(51)=兵庫県姫路市飾磨区玉地1=が、来年の干支「戌」をかたどった創作こけしを作った。こまの制作に用いるろくろ技術などで丸みを帯びた愛らしい形に仕上げた。同市南駅前町の「播産館」で販売している。  村岡さんは2年前から干支こけしの制作を開始。同市在住の絵付け作家中川久子さんと共同で取り組み、今回が第3弾となる。  木材は米ヒバを使用。加工しやすく、木地が白く絵付けもしやすいという。こけしの腹に「...
»続きを読む
カテゴリー:

ピーチ、楽天市場にオンラインショップ開設 グッズなど販売 - 11月17日(金)12:41 

ピーチ(Peach)は、楽天市場にオンラインショップ「ShopPeach online」を11月15日にオープンした。 ピーチカラーでデザインされた京都伝統工芸の京組紐のイヤリングや手捺染の風呂敷、キーリング、ラッゲージタグなどのピーチグッズを取り扱う。 支払いはクレジットカード(Visa、マスター、JCB、アメリカン・エキスプレス、ダイナース)、楽天バンク、代金引換に対応する。配送はヤマト運輸が行う。店舗の運営は営業統括本部ビジネスディベロップメント部が担う。 ⇒詳細はこちら
カテゴリー:

EXPOCITYにクリスマスマーケットがやってくる!限定ラベルビールも登場 - 11月17日(金)12:04 

EXPOCITY(吹田市千里万博公園2-1)空の広場で、2017年11月18日から12月25日まで、「EXPOCITY CHRISTMAS MARKET」が初開催されます。 ソーセージからスープまで幅広く販売 ヒュッテ(木の小屋)が6棟並び、ドイツ直輸入の「ジャーマンソーセージプレート」(2800円)、「シュトーレンスライス」(500円)、「クラムチャウダー」(600円)等のスープまで幅広いフードが販売されます。ドリンクも本場ドイツの地ビール・ビアカクテルに加え、「定番グリューワイン」(800円)、限定商品「オリジナルラベルビール」(800円)が登場。ドイツのクリスマス伝統工芸品「くるみ割り人形」やフォトジェニックウォールの設置などクリスマス感あふれたブースも。 開催時間は11時から21時まで、土日祝のみ22時まで、ラストオーダーは閉場30分前です。 関連記事 渋谷で幻想的なイルミ散歩 人気イベント「青の洞窟」今年も開催 新そばの季節がやってきた! そば処20店、地酒100種が渋谷に大集合 ...more
カテゴリー:

もっと見る

「伝統工芸」の画像

もっと見る

「伝統工芸」の動画

Wikipedia

伝統工芸(でんとうこうげい)は、長年に亘り受け継がれている技術や技が用いられた美術工芸のこと。伝統工芸を用いて作られる工芸品を伝統工芸品という。

伝統工芸の特徴
  • 熟練した技が必要
  • 手工業である
  • 日常生活で使われている
  • 代々長い歴史がある
  • 伝統工芸の問題点
  • 若い後継者の不足
  • :技術の習得にとても長い時間がかかるため、以前は深刻だった。しかし、この問題点は、昨今の生きがい探求の風潮により、改善傾向にある。多くの伝統産業、地場産業の地に、若い後継者が訪れ、労働賃金に関わらず、彼らの生きがい探しの受け皿となっている。
  • 原材料の不足
  • :国産の物は高く、外国産の原料に圧されている。国産原材料は長年の円高により競争力を喪失し、供給自体が細ってしまっている場合もある。
  • 値段が高い
  • :先進国である日本の人件費を考慮すると、競合となる発展途上国産の手工芸品との比較においてはかなり高額とならざるを得ない。ただし、アジア製の手工芸品が一定浸透した現在の日本市場においては、普及品は発展途上国産、高級品は国産・欧州産という棲み分けがなされている。
  • 革新と挑戦意識の低下
  • :長い時間をかけ、改善と工夫によって変化してきた伝統工芸だが、近年では国や自治体か...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる