「会計検査院」とは?

関連ニュース

イノシシ被害対策の電気柵 全国200か所以上で機能せず - 10月21日(土)01:00 

イノシシなど野生動物による農作物の被害を防ぐため、農林水産省の交付金を使って全国の自治体が設置した「電気柵」などの柵のうち、200か所以上で、正しく設置されずに隙間が生じるなどして、十分機能していないことが会計検査院の調べでわかりました。
カテゴリー:

【社会】国民年金の保険料 延滞金約4億7000万円徴収できず - 10月20日(金)04:53  newsplus

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20171020/k10011183501000.html 10月20日 4時37分 国民年金には全国の自営業者などおよそ1500万人が加入していますが、保険料の納付率は65%にとどまっていて、日本年金機構は一定の所得がある滞納者に対し、未納期間分の延滞金を請求するとともに、財産を差し押さえるなど強制徴収の手続きを進めています。 会計検査院が昨年度までの3年間に25の都道府県のおよそ150の年金事務所が行った強制徴収の手続きを調べたところ、延滞金およそ4億7000万円が徴収できていないことがわかり...
»続きを読む
カテゴリー:

訪問介護:1割負担利用で格差 検査院指摘、26億円 - 10月19日(木)21:40 

 老人ホームやサービス付き高齢者向け集合住宅に住む要介護者が併設された介護事業所の訪問介護サービスを受ける場合、1割の自己負担で利用できる回数が、入居していない人に比べて多くなる傾向にあることが、会計検査院の調べで分かった。検査院は19日、介護報酬の算定規定の運用に問題があるとして、所管の厚生労働省に改善を求めた。
カテゴリー:

災害時の電波監視システム、耐震不備 熊本地震で使えず - 10月19日(木)07:59 

 大規模災害時に消防や救急無線を妨害する電波の監視システム「DEURAS(デューラス)」の保管状況を会計検査院が調べたところ、総務省が導入した全国7カ所の総合通信局のうち、5カ所で耐震対策が不十分だっ…
カテゴリー:

再就職支援で5千万円が不適正 検査院、厚労省に改善要求 - 10月17日(火)18:20 

リストラした従業員の早期再就職に努めた中小企業などに奨励金を支払う厚生労働省の制度を会計検査院が調べ、2014~1...
カテゴリー:

【政治】国民年金の保険料 延滞金約4億7000万円徴収できず - 10月20日(金)12:32  bizplus

国民年金の保険料の滞納者に対する強制徴収の実施状況について、会計検査院が調べたところ、日本年金機構が文書で催促するなど適切な対応をしなかったために徴収できていない保険料の延滞金が、昨年度までの3年間でおよそ4億7000万円に上り、このうち1億7000万円余りが時効で回収できなくなっていることがわかりました。 国民年金には全国の自営業者などおよそ1500万人が加入していますが、保険料の納付率は65%にとどまっていて、日本年金機構は一定の所得がある滞納者に対し、未納期間分の延滞金を請求するとともに...
»続きを読む
カテゴリー:

国民年金の保険料 延滞金約4億7000万円徴収できず - 10月20日(金)04:37 

国民年金の保険料の滞納者に対する強制徴収の実施状況について、会計検査院が調べたところ、日本年金機構が文書で催促するなど適切な対応をしなかったために徴収できていない保険料の延滞金が、昨年度までの3年間でおよそ4億7000万円に上り、このうち1億7000万円余りが時効で回収できなくなっていることがわかりました。
カテゴリー:

訪問介護利用で不公平=施設入居者、上限多く-検査院 - 10月19日(木)17:09 

 有料老人ホームなどの施設に入居する要介護者が介護保険制度による訪問介護サービスを受ける際、施設に併設された事業者を利用すれば月間で保険が適用される回数の上限が多くなることが19日、会計検査院の調べで分かった。検査院は施設外の利用者との間で不公平が生じているとして、厚生労働省に改善を求めた。 訪問介護などを提供した事業者が請求する介護報酬は、サービスの種類や時間などによって定められた単位数に、回数と地域区分などに応じた単価を掛けて算出する。報酬の9割相当は介護保険で給付される。利用者が保険適用を受けて1カ月間に利用できる限度額も単位数で定められている。 施設と同じ建物にある事業者が入居者に訪問介護を行った場合、移動などの労力が軽くなるため、報酬の基になる単位数が9割に減らされる。利用者の1回当たりの単位数も9割となり、結果的に保険で月に利用できる回数の上限が多くなる。 【時事通信社】
カテゴリー:

再就職支援:不適切に助成金支給 国が企業に4400万円 - 10月18日(水)07:00 

検査院調査  企業が従業員の再就職支援を人材紹介会社に委託した場合に得られる国の助成金を巡って、少なくとも13都道府県の146人が委託先の支援を全く受けることなく再就職していたのに、国が企業側に計約4400万円を不適切に支給していたことが、会計検査院の調べで分かった。検査院は所管の厚生労働省に対し、再就職に至る一連の経過を十分確認するよう改善を求めた。
カテゴリー:

政府出資金32億円は国庫に返納を 会計検査院が中小企業基盤整備機構に指摘 - 10月17日(火)18:18 

 会計検査院は17日、経済産業省所管の独立行政法人中小企業基盤整備機構(東京都港区)が管理する資産のうち、政府出資分の約32億2千万円は機構が管理する必要のない資産と認め、機構と経産省に速やかに国庫に返納するよう求めた。
カテゴリー:

もっと見る

「会計検査院」の画像

もっと見る

「会計検査院」の動画

Wikipedia

会計検査院(かいけいけんさいん、、略称:BAJ)は、日本の国家機関の一つである。国や国の出資する政府関係機関の決算、独立行政法人等の会計、国が補助金等の財政援助を与えている地方公共団体の会計などの検査を行い、会計検査院法第29条の規定に基づく決算検査報告を作成することを主要な任務としている。作成された決算検査報告は内閣に送付され、内閣は送付された決算検査報告を国会に提出することとなっている。

地位

会計検査院は「行政機関」ではあるが、内閣に対し独立の地位を有する(日本国憲法第90条第2項、会計検査院法第1条)。また「行政機関」であるということは立法司法のいずれにも属しないということであり、結果として国会・内閣・裁判所の三権のいずれからも独立している。さらに会計検査院の検査権限は内閣及びその所轄下にある各機関のみならず、国会(衆・参議院)・最高裁判所...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる