「会計検査院」とは?

関連ニュース

事故加害者への請求せず=国保保険者の市区町村など-検査院 - 03月24日(金)17:03 

 交通事故の負傷者らが国民健康保険(国保)や後期高齢者医療制度で診療を受けた際、保険者の市区町村などが加害者に保険給付額を損害賠償請求する事務が実施されていない例があることが24日、会計検査院の調べで分かった。検査院は厚生労働省に対し、適切な方策の検討などを求めた。 本来は事故被害者らが加害者に直接請求する診療費に関し、国保などでは保険者が被害者らに保険給付した上で、この分の損害賠償請求権を取得。加害者に請求する。 ただ、交通事故では被害者の過失割合の調査や加害者との協議など、専門知識が必要な場合もあるため、保険者は各都道府県にある国民健康保険団体連合会(国保連)に求償事務を委託できる。 しかし、検査院によると、調査対象とした22都道府県の国保連のうち19国保連は不十分な実施体制などを理由に、自動車損害賠償責任保険などの対象にならない加害者らへの直接の求償事務の全部や一部を受託事務の範囲外としていた。この19国保連の管内の143保険者のうち88保険者は、国保連が求償事務を受託しなかった案件の9割超で自ら求償をしていなかった。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

森友学園問題で露呈した「行政の無謬性」の壁安倍首相が会計検査院に調査を委ねたワケ - 岐路に立つ日本の財政 - 03月20日(月)06:00 

今通常国会は森友学園問題で持ちきりだ。そもそもの発端は、学校法人森友学園が大阪府豊中市にある約8770…
in English
カテゴリー:

【経済】各自治体で販売されたプレミアム商品券 買占めや趣旨に合わない利用相次ぐ 買占め100万円以上の買い物にも - 03月16日(木)05:29 

広く消費を喚起し地域経済を活性化しようと、各地の自治体で発行された「プレミアム付き商品券」の利用状況について会計検査院が調べたところ、一部の利用者による買い占めなど本来の趣旨に合わない使われ方が相次いでいたことがわかりました。 購入価格よりも高い金額の買い物ができるプレミアム付き商品券は、平成26年度から翌年度にかけて全国の大半の自治体で国の交付金を使って発行されました。 ところが会計検査院が調べたところ、1回の支払いでの利用額に上限を設けていなかった33の自治体では一部の利用者が商品券を大量...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

車検やガス代に商品券 会計検査院、効果検証求める - 03月15日(水)18:03 

地方創生の一環で新たな消費を呼び起こそうと各地で発行された「プレミアム付き商品券」について、交付金を支出した国の想...
in English
カテゴリー:

【森友学園】自民党、船田氏「特別な力学が働いた」 - 03月11日(土)12:26 

 学校法人「森友学園」(大阪市)への国有地売却問題をめぐり、学校経営者として教育に関わる船田元・衆院議員(自民)は9日、朝日新聞の取材に対し、森友学園の幼稚園教育について「ある意味で洗脳だ」と批判した。売却の不透明さも指摘し、籠池(かごいけ)泰典理事長の参考人招致について「国会で参考人を呼ぶことも一つの手段」と述べた。  船田氏は、栃木県内で幼稚園や高校などを運営する学校法人「作新学院」(栃木県)の学院長。6日付のブログで、大学設置認可や国有地売却をめぐる自身の苦労話を紹介したうえで、「特別の...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

政治から読み解く【経済と日本株】民進・原口氏 :財務省は自らの正当性を国民に説明する資料を捨ててどう説明するのか? - 03月21日(火)13:41 

民進・原口氏は「国有地払い下げ問題で会計検査院が調査をすると言う。
in English
カテゴリー:

プレミアム商品券:自治体の6割で車検など目的外 検査院 - 03月16日(木)07:28 

 国の景気対策として全国の自治体が発売した「プレミアム付き商品券」の使い道について会計検査院が調べたところ、約6割の自治体で、「消費の喚起」という本来の目的に沿わない「自動車の車検代」に利用されたケースがあったことがわかった。検査院は15日、制度をつくった内閣府に対し、同種事業をするにあたっては制度の趣旨に沿って利用されるよう自治体を支援することを求めた。
in English
カテゴリー:

プレミアム商品券 趣旨に合わない利用相次ぐ - 03月16日(木)05:22 

広く消費を喚起し地域経済を活性化しようと、各地の自治体で発行された「プレミアム付き商品券」の利用状況について会計検査院が調べたところ、一部の利用者による買い占めなど本来の趣旨に合わない使われ方が相次いでいたことがわかりました。
in English
カテゴリー:

消費喚起しない利用多数=プレミアム商品券、違法事例も-検査院 - 03月15日(水)17:17 

 政府の緊急経済対策として、全国で発行された「プレミアム付き商品券」の利用状況を会計検査院が調べたところ、対象とした248自治体の約68%に当たる169自治体で、本来の目的である「新規の消費喚起」に沿わない商品・サービス購入に使われた例があったことが15日、分かった。 プレミアム付き商品券は、購入時に支払った額を1~4割程度上回る買い物ができる商品券。国の2014年度補正予算に盛り込まれた交付金を受けた自治体が14~15年度、地元の商工会などに補助や委託をして発行した。 検査院は、このうち248県・市区町村に商品券を扱った店舗の一部への調査を依頼。150自治体で自動車の車検費用、46自治体でプロパンガス使用料、24自治体で医療保険が適用される診察料や薬代の自己負担分に使われ、交付金の趣旨に沿っていなかった。 また、神奈川県平塚市など8自治体で、たばこ事業法に基づく定価以外での販売が禁じられているたばこの購入に利用され、法令に違反していた。島根県雲南市では、商品券の対象とならないパチンコ店で使われていた。制度を設計した内閣府は「指摘は真摯(しんし)に受け止める」としている。 【時事通信社】
in English
カテゴリー:

【森友学園】賃料滞納…予算委で政府明かす 国有地購入前 - 03月07日(火)02:40 

政府は6日の参院予算委員会で、大阪市の学校法人「森友学園」の国有地取得問題で、学園側が国有地を2016年6月に購入する前の賃貸期間中、賃料の滞納があったことを明らかにした。  辰巳孝太郎氏(共産)が学園の財務状況を追及。学園は購入前、月額227万5000円で国有地を借り受けていたが、 国土交通省の佐藤善信航空局長は「支払期日までに払われなかった月もあった。その後、延滞金も含めて全額支払い済みだ」と語った。  また、辰巳氏は国有地の売却などを審査する「国有財産近畿地方審議会」に滞納を通知したか...
»続きを読む
in English
カテゴリー:

もっと見る

「会計検査院」の画像

もっと見る

「会計検査院」の動画

Wikipedia

会計検査院(かいけいけんさいん、)は、日本の国家機関の一つ。国や国の出資する政府関係機関の決算、独立行政法人等の会計、国が補助金等の財政援助を与えている地方公共団体の会計などの検査を行い、会計検査院法第29条の規定に基づく決算検査報告を作成することを主要な任務としている。作成された決算検査報告は内閣に送付され、内閣は送付された決算検査報告を国会に提出することとなっている。

地位

会計検査院は「行政機関」ではあるが、内閣に対し独立の地位を有する(日本国憲法第90条第2項、会計検査院法第1条)。また「行政機関」であるということは立法司法のいずれにも属しないということであり、結果として国会・内閣・裁判所の三権のいずれからも独立している。さらに会計検査院の検査権限は内閣及びその所轄下にある各機関のみならず、国会(衆・参議院)・最高裁判所をも含むすべての国家機関...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる