「会社員」とは?

関連ニュース

ニイハオ! 沖縄でもタクシーの運ちゃんが中国人だと安心アルネ、割高だけど → 白タクだったので逮捕 - 06月29日(木)14:12 

白タク営業容疑の中国人再逮捕へ *ソース元にニュース画像あり* http://www3.nhk.or.jp/lnews/okinawa/5094688681.html ※NHKローカルニュースは元記事が消えるのが早いので御注意を 在留資格で許可されていないにもかかわらず、客を観光地などに車で連れてまわる業務を行ったなどとして、 逮捕されていた中国人の男2人について、警察は、国の許可を得ずに金をもらって客を運ぶ いわゆる白タク営業をしていたとして、29日再逮捕する方針です。 いずれも中国国籍で、那覇市の会社員劉洋容疑者と、中城村の旅行業を営む喬治...
»続きを読む
カテゴリー:

静岡・乳児殺害:事件直前に物音、子どもの泣き声 - 06月29日(木)13:24 

 静岡県沼津市で生後2カ月の長女が暴行を受けて死亡し、父親の会社員、郷家郁也(ごうけ・ふみや)容疑者(23)が殺人容疑で逮捕された事件で、事件直前の昨年11月末、郷家容疑者のマンションの部屋から大きな物音がした後、子どもの泣き声が聞こえていたことが近所の住民への取材で分かった。県警沼津署は、女児への日常的な虐待がなかったか慎重に調べている。
カテゴリー:

2カ月女児を日常的に虐待か 静岡、父親逮捕の殺害事件 - 06月29日(木)12:15 

静岡県沼津市で生後2カ月の女児が暴行を受け死亡し、殺人の疑いで父親の会社員郷家郁也容疑者(23)が逮捕された事件で...
カテゴリー:

頭部に複数の損傷 生後2カ月の女児死亡、父親が暴行か - 06月29日(木)11:49 

 生後2カ月の長女を殺害したとして、静岡県沼津市大手町2丁目、会社員郷家郁也容疑者(23)が殺人の疑いで逮捕された事件で、長女の頭部に複数の損傷があることが捜査関係者への取材でわかった。沼津署は日常的…
カテゴリー:

生後2か月の赤ちゃん殺害 23歳父親逮捕 6/29 10:23更新 - 06月29日(木)10:23 

去年12月、静岡・沼津市で生後2か月の赤ちゃんを殺害したとして、警察は父親の会社員・郷家郁也容疑者(23)を殺人の疑いで逮捕した。犯行当時、妻は外出中で、郷家容疑者は赤ちゃんを病院に連れていき「子どもを落としてしまった」と話していたという。
カテゴリー:

中国籍男性2人〝白タク〟容疑で再逮捕 許可得ずに観光客送迎 - 06月29日(木)13:32 

 沖縄県警交通指導課と那覇署は29日午前、国土交通大臣の許可を得ずに自家用乗用車を使用し、観光客を送迎などした疑いで中国籍の男2人を道路運送法(無許可一般旅客運送事業経営)違反容疑で再逮捕した。  逮捕されたのはいずれも中国籍の会社経営の男(38)と会社員の男(31)の2人。逮捕容疑は今年4月2...
カテゴリー:

【若者のみそ汁離れ】街頭調査で「1、2カ月飲まない」と答えた若者も・・・日本の伝統食に何が起きてるのか - 06月29日(木)13:09 

かつて食事になくてはならない存在だった「みそ汁」が、食卓から遠のいている。大阪の街頭で、若者を中心に30人に「みそ汁を週に何回飲むか」と尋ねたところ、11人が2回以下と回答した。 このうち、「1、2カ月くらい飲んでいない」など月1回以下とした回答が4人を占め、だしをとることを知らない人もいた。一般家庭の消費も減少しており、1世帯あたりのみその年間購入量は約30年で半分以下になった。 大手みそメーカーのマルコメは若者のみそ離れを食い止めようと、世界的なモデルやアイドルをCMに起用するなど対策に乗...
»続きを読む
カテゴリー:

職場で『方言』を使ったことがありますか? - 06月29日(木)12:00 

本部長・マンボウやしろと秘書・浜崎美保が、リスナーのみなさんと「社会人の働き方・生き方」を一緒に考えていくTOKYO FMの番組「Skyrocket Company」。6月28日の「社会人意識調査」のテーマは「職場で『方言』を使ったことがありますか?」。はたして、その結果は……? (TOKYO FM「Skyrocket Company」2017年6月28日放送より) 番組パーソナリティの本部長・マンボウやしろ(右)と秘書・浜崎美保(左) Q.職場で方言は出ますか? はい  35.6% いいえ 64.4% (回答数:385票) ◆「はい」派の意見 「岡山から上京して、早15年。すっかり地元の方言は抜けちゃって標準化してしまいました。だけど、感情的になったときは方言爆発。ぼっけー(すごい)、きょーてー(恐ろしい)、しねー(しなさい)などが炸裂です。特に、だらだらしている後輩に仕事を早くさせたいときに『さっさとシネー!』とかいうと、『そこまで言うなんてひどい……』って言われて、毎回言い直してます(笑)」 (神奈川県 33歳 男性 公務員) 「ここ、そこ、あそこの『あそこ』のことを『あこ』と言っていましたが、それが方言だということを関東に来て5年経って気づきました! 会社の倉庫で『あこにある物が〜』と言っていたら『あこ(笑)』と少し笑われたので、場所がわからないのかなと思って...more
カテゴリー:

トレーラー横転、運転の男性死亡 三重の名阪国道 - 06月29日(木)11:43 

 29日午前3時50分ごろ、三重県亀山市加太向井の名阪国道上り線で、兵庫県姫路市網干区、会社員山本保雄さん(43)運転の大型トレーラーが、中央分離帯に衝突した後、下り車線側に横転した。山本さんは全身を…
カテゴリー:

サラリーマンが200万円かけて入れ墨を消す理由「仕事で出世できないと言われたので…」 - 06月29日(木)08:55 

 2020年東京オリンピック開催を前に、外国人の施設利用規制問題や無免許彫師の逮捕騒動を見てもあきらかなように、「入れ墨・タトゥー」に対する我が国の姿勢は依然として固いままだ。  “入れ墨を彫る=反社会的行動”と認識している人々も少なくなく、入れ墨に対して負のイメージが深く根付いてしまっているのが我が国の現状と言わざるを得ない。  そんな中、入れ墨を彫ったはいいものの社会的生活が困難になり「消す」という選択をした人々も存在する。  今回、日刊SPA!取材班では、そんな入れ墨を消す選択をした男性2人に会い、入れ墨を彫った動機、入れてからの生活、そして入れ墨を消した動機について深く話を聞いてみた。 ◆「出世できない」と言われて消した。全身和彫りの足枷  一昨年末より、高瀬良平氏(仮名・20代・男性・建設業)は全身に彫られた和彫りを消す為の貯金を始めた。目標金額は200万円。長い道のりになると高瀬氏は語った。 「16歳の夏のことです。当時暴走族に所属していた私は、周りの先輩の影響もあり、入れ墨を彫り始めました。最初は手から、次に胸、腕、足と時間はかかりましたが、ちょくちょく合間を縫って彫師のところに通いました。自分の墨を鏡で確認して、『仕上がってきたな』と1人で喜んでいましたよ(笑)」  しかし、暴走族から足を洗い、19歳で仕事を始めると入れ墨への想いは徐々に薄れていったと...more
カテゴリー:

もっと見る

「会社員」の画像

もっと見る

「会社員」の動画

Wikipedia

  • REDIRECT サラリーマン...
  • ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる