「会津小鉄会」とは?

関連ニュース

【京都】銭湯で入れ墨を見せつける 山口組淡海一家ナンバー2ら逮捕 京都府警 - 05月17日(水)22:00 

http://www.sankei.com/west/news/170517/wst1705170090-n1.html  銭湯で客に入れ墨を見せつけるなどして業務を妨害したとして、京都府警は17日、威力業務妨害容疑などで指定暴力団山口組系淡海(おうみ)一家若頭、上野隆容疑者(55)=滋賀県守山市古高町=ら組員4人を逮捕した。上野容疑者ら3人は「行ったかどうか思い出せない」などと容疑を否認し、1人は黙秘している。  4人の逮捕容疑は2月10日夕、京都市北区の銭湯に4人で押しかけ、風呂場で客に入れ墨を見せつけるなどして業務を妨害したとしている。  府警...
»続きを読む
カテゴリー:

山口組分裂で注目 最強の武闘派組織「山健組」の歴史 - 05月08日(月)07:00 

 4月30日、六代目山口組を飛び出して発足した神戸山口組から、山健組の傘下だった約30団体が脱退「任侠団体山口組」を旗揚げした。今回の分裂劇は、神戸山口組の中核団体である山健組が割れたことに衝撃が走った。山健組といえば、かつて〈山健にあらずんば、山口組にあらず〉とまで言われた最強の武闘派組織である。  三代目山口組・田岡一雄組長の秘書兼ボディガードを務めていた山本健一氏が山健組を結成したのは1961年のこと。山本氏は田岡組長の寵愛を受け、1971年には三代目山口組の若頭に就任。それ以来、山健組は山口組抗争の先頭に立ち続けた。  特に有名なのが、大阪・松田組との「大阪戦争」だ。1978年、田岡組長が京都のクラブ「ベラミ」で松田組系組員から銃撃されたことで、山本氏の怒りが爆発。保釈中の身でありながら、松田組に対し容赦のない攻撃指令を出した。渡辺芳則・健竜会会長ら山健組の幹部が、松田組系組員を次々と銃撃。渡辺会長の子分だった井上邦雄・健竜会理事長補佐は、和歌山市内で2人を射殺した事件の首謀者として、懲役17年の服役生活を送った。  こうした“戦績”から山本氏は田岡組長の後の四代目山口組を継ぐと目されていたが、1981年に田岡組長が逝去すると後を追うように翌年、肝臓疾患で病死。しかし残された山健組幹部らは山口組の主要ポストを占め、山健組を継いだ渡辺氏は五代目山口組組長まで上り詰めた。  と...more
カテゴリー:

3つの山口組抗争が開始、離脱派最高幹部の挑発独演会の様子 - 05月09日(火)07:00 

 一度分裂した組織はさらなる分裂を繰り返し、より過激な内ゲバを繰り広げる―日本最大の暴力団である山口組は、最初の分裂から2年も経たずに再び分裂、ついに「山口組」を名乗る組織が3つも並び立つ異常事態を迎えた。行き着く先は、やはり血で血を洗う抗争しかないのか。フリーライターの鈴木智彦氏が報告する。  * * *  4月30日、“山菱の代紋”が再分裂した。  六代目山口組を飛び出して発足した神戸山口組の最前線指揮官と言われていた織田絆誠(よしのり)若頭代行を中心に、山健組の傘下から約30団体が脱退。真鍋組、古川組なども合流し、兵庫県尼崎市の古川組事務所で「任侠団体山口組」を旗揚げしたのだ。代表となった織田氏は、神戸山口組の井上邦雄組長の出身母体、山健組の副組長だった。  これによって山口組は3つに割れ、大組織の分裂抗争としては極めて珍しい状況が生まれた。いまのところ古巣である六代目山口組に戻るという話は聞かない。六代目山口組も暴力団である以上、これほど絶好のチャンスを見逃すはずはないが、こう言い放つ。 「あれは神戸山口組、言わば山健組の内紛だ。あちらは謀反をおこし、山口組から絶縁された人間の集まりだから同じに語って欲しくない。うちの親分にやった非道が、そっくり自分に戻ってきたわけで因果応報としか言いようがない」(六代目山口組幹部)  結成式当日、古川組事務所の前はマスコミのカメラでごった...more
カテゴリー:

「会津小鉄会」の画像

もっと見る

「会津小鉄会」の動画

Wikipedia

会津小鉄会(あいづこてつかい)は、京都府京都市に本部を置く指定暴力団。構成員は、約160人(2014年12月時点)

略歴 初代
  • 1868年、上坂仙吉は、会津小鉄を結成した。
  • 1886年、会津小鉄上坂仙吉は、病死した。
二代目
  • 1886年、上坂卯之松(上坂仙吉の実子)は、会津小鉄二代目に襲名した。
  • 1935年、会津小鉄二代目上坂卯之松は、死去した。
三代目
  • 二代目中島会会長図越利一は、中島連合会を結成した。
  • 1975年03月、三代目会津小鉄会会長に襲名した。
四代目
  • 1986年07月、三代目会津小鉄会理事長高山登久太郎(姜外秀)は、四代目会津小鉄会会長に襲名した。
  • 四代目会津小鉄会から会津小鉄四代目に改称した。
  • 1997年02月、会津小鉄四代目高山登久太郎(姜外秀)は、引退した。
五代目
  • 1997年02月、図越利次(図越利一の実子)は、会津小鉄五代目に襲名した。
  • 1998年12月、会津小鉄五代目から五代目会津小鉄会に改称した。
六代目
  • 2008年11月、五代目会津小鉄会理事長四代目中川組組長馬場美次は、六代目会津小鉄会会長に襲名した。
歴代
  • 初代:上坂仙吉
  • 二代目:上坂卯之松
  • 三代目:図越利一
  • 四代目:高...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる