「伊達直人」とは?

関連ニュース

【神奈川】藤井四段を名乗り、将棋セットとプリキュアグッズなどを横浜市の子どもたちに寄付 - 06月26日(月)19:04 

ANNニュース 2017/06/26 18:40 今注目の「あの人」を名乗る人物から寄付品が届きました。 24日、横浜市の鶴見区役所に史上最年少のプロ棋士・藤井聡太四段(14)とアニメ番組「プリキュア」のキャラクターを名乗る人物から 筆箱などグッズや将棋セットなど合わせて20点が入った紙袋が置かれているのを職員が見つけました。 区によりますと、「とてもつらいニュースが続いているので子どもたちに笑顔と思いおいてゆきます」と書かれた手紙が添えられていたということです。 去年も伊達直人などを名乗る人物から文具が寄付されて...
»続きを読む
カテゴリー:

飯伏幸太選手「ギリギリでした!」本人役で『タイガーマスクW』に出演 - 06月19日(月)17:45 

プロレスラーの飯伏幸太選手が、6月24日放送の『タイガーマスクW』(テレビ朝日系列、毎週土曜26:30~)の第37話「さらば虎よ」にて本人役で出演。アフレコ初体験したことがわかった。東映アニメーション創立60周年作品として制作され、「タイガーマスク」のその後を描いた本作は、正義の覆面レスラー・タイガーマスクこと伊達直人が残したマスクを引き継ぎ「新タイガーマスク」となる東ナオトと、自ら敵陣営に加わって内から組織を潰すため、黒の虎のマスクを手にし「タイガー・ザ・ダーク」となる藤井タクマといった、2人の若きプロレスラーが、復活したプロレス界の裏組織「虎の穴」に立ち向かう様子を描いている。昨年秋より3クールをかけて描かれてきたが、ついにクライマックスへカウントダウン。最終決戦となる第37話に本人役で登場する飯伏選手より、アフレコに臨んだインタビューと、主役の声を務める八代拓と梅原裕一郎との3ショット写真が到着した。さらに、本日6月19日(月)~24日(土)まで、飯伏選手のサイン入台本が3名に当たるツイッターキャンペーンも実施している。本人役での出演決定について、飯伏選手は「『タイガーマスクW』を初めて見た時、どこか懐かしさと現代のテイストがミックスされたアニメだと思いました。レスラーとして、もちろんアニメ『タイガーマスク』ことは知っていましたが、歴史ある『タイガーマスクW』という作品に本人...more
カテゴリー:

プロレスラー飯伏幸太「タイガーマスクW」でアフレコ初体験! - 06月19日(月)12:00 

6月24日(土)に放送されるアニメ「タイガーマスクW」(毎週土曜夜2:30-3:00ほか、テレビ朝日系)に、プロレスラーの飯伏幸太選手が本人役で登場することが決定。アフレコを初体験した飯伏選手のコメントが到着した。 【写真を見る】飯伏幸太選手本人にそっくりなキャラクター/(C)梶原一騎・辻なおき/講談社・テレビ朝日・東映アニメーション 同作品は、梶原一騎・辻なおきによるプロレスコミック「タイガーマスク」のその後を描いた物語。初代タイガーマスクの伊達直人が残した“タイガーマスク”を引き継いだ東ナオトと、報復のため自ら敵陣営に加わり内部から組織をつぶすため“タイガー・ザ・ダーク”となった藤井タクマの2人の若きプロレスラーが、プロレス界の裏の組織「虎の穴」に立ち向かっていく。 ■ 飯伏幸太選手コメント 初めて見た時、どこか懐かしさと現代のテイストがミックスされたアニメだと思いました。レスラーとして、もちろんアニメ「タイガーマスク」のことは知っていましたが、歴史ある作品に本人役として出演させていただけると聞いたときは、とてもうれしかったです。 アニメのアフレコは初めての経験だったので、とにかく緊張しました。話すこともあまり得意ではないので不安だったのですが、皆さん温かく迎えてくれてうれしかったです。 アフレコ中はオカダ・カズチカ役の森田成一さんが、話し方のスピードや、入るタイミングなど細か...more
カテゴリー:

「タイガーマスクW」最終決戦を終えてキャスト陣が心境を告白! - 06月23日(金)16:50 

クライマックスが迫る「タイガーマスクW」(毎週土曜夜2:30-3:00ほか、テレビ朝日系)の第37話アフレコ現場から、八代拓、梅原裕一郎、三森すずこ、田中亮一、柴田秀勝ら重要キャスト13人から、最終決戦を終えてのコメントが到着した。 【写真を見る】プロレスラー飯伏幸太もアフレコ初体験 同作品は、梶原一騎・辻なおきによるプロレスコミック「タイガーマスク」のその後を描いた物語。初代タイガーマスクの伊達直人が残した“タイガーマスク”を引き継いだ東ナオトと、報復のため自ら敵陣営に加わり内部から組織をつぶすため“タイガー・ザ・ダーク”となった藤井タクマの2人の若きプロレスラーが、プロレス界の裏の組織「虎の穴」に立ち向かっていく。 タイガーマスクを引き継いだ東ナオト役を務める八代は、「3クール続けて見てくださっていた皆さまには、本当に感謝しています。ナオトには仲間や応援してくれる人、そして戦う相手がいたので、見ていると心から熱くなれる作品だったと思います」と心境を明かした。 また、「実際に、僕も『タイガーマスクW』がきっかけでプロレスを好きになりました! プロレス会場で、実際に解説席に座らせていただいたのも良い思い出です」と振り返る。 タイガー・ザ・ダークとなった藤井タクマを演じる梅原は「作品を通して、男同士の友情やプロレスの熱いエネルギーを感じ取っていただけたと思っています。『タイガーマスク...more
カテゴリー:

飯伏幸太選手「ギリギリでした!」本人役で『タイガーマスクW』に出演 - 06月19日(月)17:40 

プロレスラーの飯伏幸太選手が、6月24日放送の『タイガーマスクW』(テレビ朝日系列、毎週土曜26:30~)の第37話「さらば虎よ」にて本人役で出演。アフレコ初体験したことがわかった。東映アニメーション創立60周年作品として制作され、「タイガーマスク」のその後を描いた本作は、正義の覆面レスラー・タイガーマスクこと伊達直人が残したマスクを引き継ぎ「新タイガーマスク」となる東ナオトと、自ら敵陣営に加わって内から組織を潰すため、黒の虎のマスクを手にし「タイガー・ザ・ダーク」となる藤井タクマといった、2人の若きプロレスラーが、復活したプロレス界の裏組織「虎の穴」に立ち向かう様子を描いている。昨年秋より3クールをかけて描かれてきたが、ついにクライマックスへカウントダウン。最終決戦となる第37話に本人役で登場する飯伏選手より、アフレコに臨んだインタビューと、主役の声を務める八代拓と梅原裕一郎との3ショット写真が到着した。さらに、本日6月19日(月)~24日(土)まで、飯伏選手のサイン入台本が3名に当たるツイッターキャンペーンも実施している。本人役での出演決定について、飯伏選手は「『タイガーマスクW』を初めて見た時、どこか懐かしさと現代のテイストがミックスされたアニメだと思いました。レスラーとして、もちろんアニメ『タイガーマスク』ことは知っていましたが、歴史ある『タイガーマスクW』という作品に本人...more
カテゴリー:

「伊達直人」の画像

もっと見る

「伊達直人」の動画

Wikipedia

  • 転送 タイガーマスク
  • ...

    ツイッター人気

    Yahoo知恵袋

    こんなの見てる