「伊藤沙莉」とは?

関連ニュース

新川優愛、初主演ドラマ『いつまでも白い羽根』は大人の青春物語 - 02月23日(金)17:16 

モデル・女優として活躍する新川優愛が、オトナの土ドラ『いつまでも白い羽根』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~、4月7日スタート)で、ドラマ初主演を務めることがわかった。共演には、伊藤沙莉、加藤雅也らを迎える。本作は、作家・藤岡陽子の同名小説を原作とし、新川は看護学校に通う主人公・木崎瑠美を演じる。“白は何色にも染まる”……人も年齢を重ね、いわゆる世間の常識のなかで様々な色に染まっていく。この物語はそんな「白いままでは生きていけない現実」を知っているオトナたちにおくる大人の青春物語だ。大学入試に失敗し、すべりどめの看護校通うことなった瑠美(新川) 。看護師になりたいわけでもく、むしろ人づきあの苦手自分が看護師になれるわけがない。いつ辞めようか、もう一度国立大受験しようかと迷いながらとりあえず実習に通う日々だった。そんな中、世代を超えた個性溢れる友人との出会いや、初恋そして命限りあ患者たち個性溢れる友人との出会いや、初恋そして命の限りある患者たちとの向き合いによって、瑠美は新しい自分に気付き、やがて看護師を目指しくことに……。今回の出演について新川は「人は、生きていると色々な事があり、もちろん楽しいことや嬉しいこともあるけれど、それだけではないと思います。 失敗や挫折を経験してこそ生まれる感情や考え方、そして人との接し方もあると思います。原作を読み、今回演じさせていただく...more
カテゴリー:

【ドラマ】新川優愛、ドラマ初主演決定! 4月スタート『いつまでも白い羽根』で看護学生役に - 02月23日(金)12:01  mnewsplus

女優の新川優愛が、4月スタートのオトナの土ドラ『いつまでも白い羽根』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)でドラマ初主演を務めることが決定した。 看護学生に扮する新川は「スタッフさん、他の出演者の皆さんと素敵な作品にしたいと思います」とコメントしている。 藤岡陽子による同名小説を基にする本作は、大学入試に失敗し、すべりどめの看護学校に通うことになった主人公・木崎瑠美(新川)が、 世代を超えた個性あふれる友人との出会いや、初恋、そして、命の限りのある患者たちとの向き合いによって、新しい自...
»続きを読む
カテゴリー:

深キョンの“義理の母”・高畑淳子に絶賛の声 『隣の家族は青く見える』 - 02月23日(金)10:12 

深田恭子が主演を務める連続ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系)の第6話が22日、放送された。 『隣の家族は青く見える』深キョンの義母・高畑淳子に賞賛 奈々(深田)と大器(松山ケンイチ)の家に、出産した琴音(伊藤沙莉)が聡子(高畑淳子)たちと一緒に娘の真奈を連れてやってきた。奈々は...
カテゴリー:

新川優愛、ドラマ初主演で白衣の天使「丁寧に演じていけたら」 - 02月23日(金)07:00 

 女優の新川優愛が4月7日から放送される東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『いつまでも白い羽根』(毎週土曜 後11:40)でドラマ初主演を務めることがわかった。看護学校を舞台にした青春群像劇で、新川はすべり止めで看護学校に通いながらも様々な出会いや出来事を通して、やがて本気で看護師を目指すこととなる主人公・木崎瑠美を演じる。このほか、伊藤沙莉、加藤雅也が脇を固める。 【写真スタイル維持の秘けつを語る新川優愛  同ドラマは藤岡陽子氏の小説(光文社文庫刊)が原作。瑠美と実習で同じ班になった不器用な山田千夏(伊藤)、主婦の佐伯典子、無口でミステリアスな遠藤藤香はそれぞれに事情を抱えていた。嫌われるとわかっていても思ったことは言わずにいられない瑠美はこの3人と助け合い、ぶつかり合いながら3年間を過ごすなかで成長していく。  新川は「人は生きているといろいろなことがあり、もちろん楽しいことやうれしいこともあるけれど、それだけではないと思います。原作を読み、今回演じさせていただく瑠美も、どこか人生が思い描いていたようにはいかなく、もがき、自分の在り方、存在価値を見つけ出そうとしている印象を受けました」と分析。「そんな彼女の考え方や人との接し方、繊細な部分を丁寧に演じていけたらと思います。スタッフさん、他の出演者のみなさんとすてきな作品にしたいと思います」と意気込んでいる。  不器用なが...more
カテゴリー:

深田恭子×松山ケンイチ『隣の家族は青く見える』不妊治療を知った姑の思いは… - 02月21日(水)18:57 

深田恭子と松山ケンイチが“妊活”に励む夫婦を演じる連続ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)第6話が、2月22日に放送される。本作は、様々な家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅・コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマ。コーポラティブハウスに住んでいるのは、スキューバダイビングのインストラクター・五十嵐奈々(深田)とおもちゃメーカーに勤務する大器(松山)夫妻、結婚を控えたバツイチのスタイリスト・川村亮司(平山浩行)とネイリストの杉崎ちひろ(高橋メアリージュン)のカップル、二人の娘を持つ小宮山真一郎(野間口徹)と深雪(真飛聖)夫妻、そして、若きバーテンダー・青木朔(北村匠海)を恋人に持つ建築士の広瀬渉(眞島秀和)だ。前回は、大器の妹・琴音(伊藤沙莉)がついに出産した。不妊治療中の奈々は出産に立ち会い、命が誕生する様子を目の当たりにして感動。そして、さまざまな思いを巡らせるのだった。そして今回は、奈々と大器のもとに、子どもが生まれたばかりの琴音が夫と共にやってくる。両親の聡子(高畑淳子)、健作(春海四方)と一緒にお宮参りに行っていたという。琴音の娘・真奈を抱かせてもらい、思わず涙ぐむ奈々。大器から不妊治療のことを打ち明けられていた聡子は、そんな奈々の姿を見ていられない。大器も、奈々に対して何もしてあ...more
カテゴリー:

新川優愛、初主演ドラマ『いつまでも白い羽根』は大人の青春物語 - 02月23日(金)17:00 

モデル・女優として活躍する新川優愛が、オトナの土ドラ『いつまでも白い羽根』(東海テレビ・フジテレビ系、毎週土曜23:40~、4月7日スタート)で、ドラマ初主演を務めることがわかった。共演には、伊藤沙莉、加藤雅也らを迎える。本作は、作家・藤岡陽子の同名小説を原作とし、新川は看護学校に通う主人公・木崎瑠美を演じる。“白は何色にも染まる”……人も年齢を重ね、いわゆる世間の常識のなかで様々な色に染まっていく。この物語はそんな「白いままでは生きていけない現実」を知っているオトナたちにおくる大人の青春物語だ。大学入試に失敗し、すべりどめの看護校通うことなった瑠美(新川) 。看護師になりたいわけでもく、むしろ人づきあの苦手自分が看護師になれるわけがない。いつ辞めようか、もう一度国立大受験しようかと迷いながらとりあえず実習に通う日々だった。そんな中、世代を超えた個性溢れる友人との出会いや、初恋そして命限りあ患者たち個性溢れる友人との出会いや、初恋そして命の限りある患者たちとの向き合いによって、瑠美は新しい自分に気付き、やがて看護師を目指しくことに……。今回の出演について新川は「人は、生きていると色々な事があり、もちろん楽しいことや嬉しいこともあるけれど、それだけではないと思います。 失敗や挫折を経験してこそ生まれる感情や考え方、そして人との接し方もあると思います。原作を読み、今回演じさせていただく...more
カテゴリー:

深田恭子にかけた、義母の優しすぎる言葉に号泣!『隣の家族は青く見える』第6話 - 02月23日(金)11:00 

 深田恭子と松山ケンイチが出演するドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系/毎週木曜22時)の第6話が23日に放送された。妊活がうまくいかず、一人重い気持ちを抱える奈々(深田)に対し、義母の聡子(高畑淳子)が「奈々ちゃんが大好き」「嫁に来てくれたことが本当に嬉しい」と思いをぶつけるシーンに視聴者が号泣。SNSでは「ほんといいドラマ。高畑淳子さん最高」「お義母さんとななちゃんの世界が優しくて好き。お義母さんの優しさに号泣」と絶賛する声が相次いだ。【写真】『隣の家族は青く見える』第6話場面写真ギャラリー 奈々と大器(松山)の元に、赤ちゃんを連れた琴音(伊藤沙莉)夫婦と大器の母親・聡子らがやってきた。奈々は赤ちゃんを抱いて思わず涙ぐむが、大器から不妊治療のことを聞いていた聡子は複雑な気持ちになる。一方、ちひろ(高橋メアリージュン)は、亮司(平山浩行)の息子・亮太(和田庵)とうまくコミュニケーションがとれないことを悩んでいた。そして、朔(北村匠海)は渉(眞島秀和)のために何かをしたいという思いが空回りし、失敗続き。そんな折、渉は、母親のふみ(田島令子)が骨折しても連絡すらしていなかったことを知り、久しぶりに実家に帰省することを決める。朔は事務所の後輩のふりをすると言って、半ば強引についていくが…。 妊活の苦悩や葛藤、悲しみを丁寧に描くとともに、各カップルのトラブルも映した今話。放送終了...more
カテゴリー:

新川優愛、ドラマ初主演決定! 4月スタート『いつまでも白い羽根』で看護学生役に - 02月23日(金)07:00 

 女優の新川優愛が、4月スタートのオトナの土ドラ『いつまでも白い羽根』(東海テレビ・フジテレビ系/毎週土曜23時40分)でドラマ初主演を務めることが決定した。看護学生に扮する新川は「スタッフさん、他の出演者の皆さんと素敵な作品にしたいと思います」とコメントしている。【写真】「新川優愛」フォトギャラリー 藤岡陽子による同名小説を基にする本作は、大学入試に失敗し、すべりどめの看護学校に通うことになった主人公・木崎瑠美(新川)が、世代を超えた個性あふれる友人との出会いや、初恋、そして、命の限りのある患者たちとの向き合いによって、新しい自分に気付き、やがて看護師を目指していく姿を描く。新川の出演とともに、伊藤沙莉が実習で瑠美と同じ班になる山田千夏を、加藤雅也が学園長の番匠光太郎を演じることも発表された。 本作でドラマ初主演を務める新川は「人は、生きていると色々な事があり、もちろん楽しいことや嬉しいこともあるけれど、それだけではないと思います。失敗や挫折を経験してこそ生まれる感情や考え方、そして人との接し方もあると思います」としたうえで、「原作を読み、今回演じさせていただく瑠美も、どこか人生が思い描いていたようにはいかなく、もがき、自分の在り方、存在価値を見つけ出そうとしている印象を受けました」とコメント。「そんな彼女の考え方や人との接し方、繊細な部分を丁寧に演じていけたらと思います。スタッ...more
カテゴリー:

深田恭子×松山ケンイチ『隣の家族は青く見える』不妊治療を知った姑の思いは… - 02月22日(木)05:00 

深田恭子と松山ケンイチが“妊活”に励む夫婦を演じる連続ドラマ『隣の家族は青く見える』(フジテレビ系、毎週木曜22:00~)第6話が、2月22日に放送される。本作は、様々な家族が自分たちの意見を出し合いながら作り上げる集合住宅・コーポラティブハウスに住む家族たちの葛藤と成長をハートフルに描くヒューマンドラマ。コーポラティブハウスに住んでいるのは、スキューバダイビングのインストラクター・五十嵐奈々(深田)とおもちゃメーカーに勤務する大器(松山)夫妻、結婚を控えたバツイチのスタイリスト・川村亮司(平山浩行)とネイリストの杉崎ちひろ(高橋メアリージュン)のカップル、二人の娘を持つ小宮山真一郎(野間口徹)と深雪(真飛聖)夫妻、そして、若きバーテンダー・青木朔(北村匠海)を恋人に持つ建築士の広瀬渉(眞島秀和)だ。前回は、大器の妹・琴音(伊藤沙莉)がついに出産した。不妊治療中の奈々は出産に立ち会い、命が誕生する様子を目の当たりにして感動。そして、さまざまな思いを巡らせるのだった。そして今回は、奈々と大器のもとに、子どもが生まれたばかりの琴音が夫と共にやってくる。両親の聡子(高畑淳子)、健作(春海四方)と一緒にお宮参りに行っていたという。琴音の娘・真奈を抱かせてもらい、思わず涙ぐむ奈々。大器から不妊治療のことを打ち明けられていた聡子は、そんな奈々の姿を見ていられない。大器も、奈々に対して何もしてあ...more
カテゴリー:

高視聴率ドラマ「BG」にどこまで迫れるか? 「隣の家族は青く見える」が4週連続で視聴熱第2位に【視聴熱】 - 02月16日(金)19:24 

2月15日の「視聴熱(※)」デイリーランキングで、同日に第5話が放送された「隣の家族は青く見える」(毎週木曜夜10:00-10:54、フジ系)が3838pt(ポイント)を獲得。ドラマ部門の第2位にランクインを果たした。 【写真を見る】「隣の家族は青く見える」第5話(2月15日放送)より。SNS上では、「松ケンめっちゃいい旦那!」など、松山ケンイチ演じる大器を絶賛する声が相次いだ/(c)フジテレビ 入居希望者たちが意見を出し合いながら造り上げる“コーポラティブハウス”を舞台に、子供が欲しくて妊活に取り組む奈々(深田恭子)&大器(松山ケンイチ)の夫婦ら、さまざまな事情を抱える入居者たちの姿を通じて、現代の“家族のかたち”を描き出す本作。第5話では、奈々と大器の夫婦が、ついに人工授精を決める一方で、大器の妹・琴音(伊藤沙莉)が急に産気づき、奈々が出産に立ち会うことに…というストーリーが展開。SNSでは、奈々の優しさや、そんな奈々にそっと寄り添う大器の姿に、「微笑ましい」「すてき」といった声が多数寄せられた。また、コーポラティブハウスの住人で設計者でもある渉(眞島秀和)は建築事務所からの独立を決意、真一郎(野間口徹)は長女がダンスに夢中になっていることに気付き、亮司(平山浩行)の元には名古屋から息子が上京し…と、コーポラティブハウスの住人それぞれに変化が訪れる展開にも注目が集まった。 第1...more
カテゴリー:

もっと見る

「伊藤沙莉」の画像

もっと見る

「伊藤沙莉」の動画

Wikipedia

伊藤 沙莉(いとう さいり、1994年5月4日 - )は、日本の女優(元・子役)。千葉県出身。アルファエージェンシー所属。

略歴・人物

趣味はカラオケ(ドラマ女王の教室劇中では「キューティーハニー」(倖田來未)と「DO THE MOTION」(BoA)をカラオケで歌っている)。特技はダンスで、2003年にはALL Japan Dance Contestの東京予選、およびサンリオダンスコンテストのキッズ部門でそれぞれ優勝するなどの記録を持つ。

兄と姉がいる。兄は吉本興業所属の芸人、オズワルド伊藤。

2003年にドラマ14ヶ月〜妻が子供に還っていく〜で芸能界デビュー。当時わずか9歳で演技未経験ながら、身体が少女に若返ってしまった女性研究員役をこなし、話題を集めた。2005年にはドラマみんな昔は子供だった...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる