「伊藤歩」とは?

関連ニュース

真木よう子、読者モデル役に共感!吉瀬美智子、長谷川京子ら美人女優が“狂演” - 05月24日(水)12:39 

真木よう子主演のドラマ『セシルのもくろみ』(毎週木曜22:00~)が、フジテレビ系列で7月よりスタートすることが決定。吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子といった豪華女優陣が集結し、“もくろみ”うごめくファッション業界を舞台にした“オンナたちの狂演”が実現する。 本作は、ファッション雑誌業界を舞台に専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなど様々な立場の女性たちがぶつかり合いながらも幸せを探していく女性たちの物語で、ファッション誌「STORY」で連載された直木賞作家・唯川恵による同名小説が原作。運命のいたずらで読者モデルとなった女性が一流のモデルとして成功の階段を駆け上っていく姿が、嫉妬、野心、友情といったテーマと共に描かれるパワフル&クレイジーな群像劇。真木が演じるのは、夫と息子との3人暮らしで、贅沢はできないけれど、日々の小さな幸せが自分の幸せだと満足している専業主婦の宮地奈央。そんな彼女が、女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスクにたまたま読者モデルとしてスカウトされたことから、生活が一変。自分にはまったく水の合わない表層的な世界だと毛嫌いしていた場所に足を踏み入れることになる。しかし、タッグを組むことになった崖っぷちライターや、プロのトップモデルらと接していくうちに新たな価値観を知っていく……。それは、“いつまでも美しくありたい”、“いつまでも愛されたい”と願う、女性...more
カテゴリー:

真木よう子、美人女優たちとオトナのオンナバトル 連ドラ『セシルのもくろみ』主演 - 05月24日(水)09:47 

 女優の真木よう子が、フジテレビ系7月期ドラマ『セシルのもくろみ』(毎週木曜 後10:00)に主演する。平凡だけど夫と息子とともに幸せに生きていたパート主婦が女性ファッション誌の読者モデルにスカウトされ、嫉妬・見栄・経済格差など“オンナの世界”でもがきながら、一流モデルへ成長していく姿を描く。共演陣には吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子ら美人女優が勢ぞろいした。 【写真】吉瀬美智子、長谷川京子ら共演陣も発表に  原作は主婦層に支持されるファッション誌『STORY』で2008年から10年に連載された直木賞作家・唯川恵氏の同名小説。タイトルの“セシル”とは、フランスの小説家のフランソワーズ・サガンの名作『悲しみよこんにちは』の主人公名が由来。原作では、かわいい顔をして恐ろしい“もくろみ”をもった少女が抱く女性の悩み、葛藤、思惑など女性自身の中に潜む“オンナ”という意味で使われている。  自分を着飾ることに興味がなく、日々の小さな幸せに満足している主婦・奈央(真木)は、ファッション誌『ヴァニティ』の編集者にたまたまスカウトされたことから生活が一変。“自分を美しく見せること”自体に抵抗を感じていた奈央だったが、タッグを組むことになった崖っぷちライターや、美しさとプロ意識で他を圧倒するトップモデルらと接していくうち、徐々に新たな世界の扉が開いていき、それまで感じたことがなかった価...more
カテゴリー:

斎藤工「言葉でなくても通じ合えた」  上戸彩と『昼顔』で2年ぶりに再会 - 05月12日(金)11:43 

 映画『昼顔』のファンミーティングが11日、東京都内で行われ、出演者の上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、西谷弘監督が登壇した。 2014年夏に放送された連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の劇場版。ドラマ版では、それぞれ夫や妻がいる身でありながらも、激しく引かれ合った男女が“禁断の愛”に溺れていく様子を描き、大きな反響を呼んだ。 ドラマ版の最終回で、北野(斎藤)と別れた紗和(上戸)だったが、その3年後を舞台とした本作で2人は再会。約2年ぶりの撮影に上戸は「容姿もそうですが、紗和に戻れるだろうかという不安は当日まですごくありました」と述懐。 それでも「ドラマでは校内放送で北野先生の声を聞いて別れているので(映画版の撮影の)段取りで、北野先生の声が聞こえた瞬間に、2年前の気持ちが一瞬にしてフラッシュバックして涙が止まらなくなりました」と明かし「その時に自分の中にいた紗和がよみがえったし、自分の中には北野先生が生き続けていたことを実感しました」としみじみ振り返った。 斎藤も「久々の再会でもあったのですが、あまりなれ合った話をしたりせず、実際にある距離を保って撮影をしていました。お互いにそれを口約束をしたわけでもなく、自然と空気も映り込む作品だと分かっていたので、言葉でなくても通じ合えるのが居心地がよかったです」と明かすなど、上戸との息はぴったりだったようだった。 この日は、映画の...more
カテゴリー:

上戸彩、2年ぶりの『昼顔』現場で気持ちがフラッシュバックし号泣! - 05月12日(金)09:02 

映画『昼顔』のファンミーティングが5月11日に六本木ヒルズアリーナで行われ、上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、西谷弘監督が500人のファンの前でトークを展開した。
カテゴリー:

斎藤工の現場和ませ術は巻き髪作り!平山浩行も「本当に優しい」と気配りに惚れ惚れ - 05月11日(木)20:33 

禁断愛を描き社会現象にもなったドラマのその後を描く映画『昼顔』(6月10日公開)の完成披露舞台挨拶が5月11日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、西谷弘監督が登壇。現場を和やかにする斎藤の気配りが明かされ、キャスト陣が「本当に優しい」と惚れ惚れとした思いを語った。 【写真を見る】上戸彩、シースルーのドレスから美脚を大胆披露! 本作の舞台は、ドラマ「昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜」の3年後。過去を忘れるように海辺の町で暮らしていたヒロインの前に偶然、かつての禁断愛の相手が現れ、再び衝動的な愛に身を焦がしていく姿を描く。 撮影現場ではスタッフが次第に疲れてくるもの。上戸曰く「(スタッフの)みなさんも睡魔との戦い。だんだんお肌もボロボロになって女子じゃなくなっていく」とのこと。そこで上戸がメイクを担当し、斎藤がヘアを担当する「バーバー上戸」が現場にできたそう。上戸が「工さんが髪を巻き巻きする」と話すと、斎藤は「とにかく巻きたいんです。みんなアルフィーの高見沢(俊彦)さんみたいな髪型になっていった。テーマは気品」と女性スタッフを巻き髪スタイルに変身させていったことを明かした。 伊藤も「思いやりがある。本当に優しい方。スタッフを気遣う。現場を和ませる」と斎藤の気配りを絶賛。平山は「本当に優しい。ドイツ土産でこれをいただきました」とスーツに忍ばせていたサ...more
カテゴリー:

真木よう子、読者モデル役に共感!吉瀬美智子、長谷川京子ら美人女優が狂演 - 05月24日(水)12:30 

真木よう子主演のドラマ『セシルのもくろみ』(毎週木曜22:00~)が、フジテレビ系列で7月よりスタートすることが決定。吉瀬美智子、伊藤歩、板谷由夏、長谷川京子といった豪華女優陣が集結し、“もくろみ”うごめくファッション業界を舞台にした“オンナたちの狂演”が実現する。 本作は、ファッション雑誌業界を舞台に専業主婦・独身・共働き・シングルマザーなど様々な立場の女性たちがぶつかり合いながらも幸せを探していく女性たちの物語で、ファッション誌「STORY」で連載された直木賞作家・唯川恵による同名小説が原作。運命のいたずらで読者モデルとなった女性が一流のモデルとして成功の階段を駆け上っていく姿が、嫉妬、野心、友情といったテーマと共に描かれるパワフル&クレイジーな群像劇。真木が演じるのは、夫と息子との3人暮らしで、贅沢はできないけれど、日々の小さな幸せが自分の幸せだと満足している専業主婦の宮地奈央。そんな彼女が、女性ファッション誌「ヴァニティ」の編集デスクにたまたま読者モデルとしてスカウトされたことから、生活が一変。自分にはまったく水の合わない表層的な世界だと毛嫌いしていた場所に足を踏み入れることになる。しかし、タッグを組むことになった崖っぷちライターや、プロのトップモデルらと接していくうちに新たな価値観を知っていく……。それは、“いつまでも美しくありたい”、“いつまでも愛されたい”と願う、女性...more
カテゴリー:

【ドラマ】女たちのもくろみ!真木よう子主演ドラマで豪華女優陣がぶつかり合う『セシルのもくろみ』 - 05月24日(水)05:07 

女たちのもくろみ!真木よう子主演ドラマで豪華女優陣がぶつかり合う サンケイスポーツ 5/24(水) 5:00  女優、真木よう子(34)が7月スタートのフジテレビ系「セシルのもくろみ」(木曜後10・0)に主演することが23日、分かった。ファッション雑誌業界を舞台に女性たちがぶつかり合いながら幸せを探していく物語で、吉瀬美智子(42)ら豪華女優陣が共演。 2年ぶりのドラマ主演となる真木は「本当に美しく格好の良い人間は、どう己の道を歩んでいくのかをお見せできれば」と張り切っている。  さまざまな“もくろみ”が...
»続きを読む
カテゴリー:

上戸彩、題材が不倫なだけに迷いも  「そういうモードになれない時期もあった」 - 05月12日(金)11:09 

 映画『昼顔』の完成披露舞台あいさつが11日、東京都内で行われ、出演者の上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、西谷弘監督が登壇した。 2014年夏に放送された連続ドラマ『昼顔~平日午後3時の恋人たち~』の劇場版。ドラマ版では、優しい夫がいるにもかかわらず、妻のいる北野(斎藤)と恋に落ちてしまった紗和(上戸)の姿が描かれた。 今回は、ドラマ版のクライマックスで北野との別れを選んだ紗和が、3年後に北野と偶然再会するところから物語が展開。再び“禁断の愛”に溺れていく紗和を演じた上戸は、満席の会場を見渡し「こうして皆さんに笑顔で迎えられることがふさわしい作品なのかどうか…」と不安を吐露しつつ、「皆さんの心にこのストーリーが響くことを信じています」とあいさつした。 不倫を描いたドラマ版は、当時、社会現象になるほど話題となったが、上戸は「こうして3年たっても“熱”が冷めなかったご時世がすごく複雑ではあります」と神妙にコメント。「映画化を予想していたか?」と聞かれた際には「連ドラで出し切ったし、続編の話も何回か頂いてうれしかったけど、やっぱり自分がそういうモードになれない時期もあって」と悩んだ過去を打ち明けつつ、「2年たってもこうして声を掛けてくださるスタッフの皆さんがいて(映画化が実現し)本当に感謝しています」としみじみと語った。 一方、相手役の北野を演じた斎藤は、ドラマ版を振り返り「可能性を秘め...more
カテゴリー:

上戸彩、2年ぶりの『昼顔』現場で気持ちがフラッシュバックし号泣! - 05月11日(木)22:16 

映画『昼顔』のファンミーティングが5月11日に六本木ヒルズアリーナで行われ、上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、西谷弘監督が500人のファンの前でトークを展開した。約2年ぶりに撮影に臨んだ上戸は「撮影期間が空いていたので、紗和に戻れるか不安でしたが、ドアの向こうから(斎藤演じる)北野先生の声が聞こえてきた瞬間、2年前の自分の気持ちが一瞬でフラッシュバックして涙が止まりませんでした」と当時を振り返った。 本作は、2014年夏に放送された連続ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』の劇場版。上戸演じる紗和と禁断の恋を展開する斎藤扮する北野との衝撃の愛の結末を描く。 そんな上戸の気持ちに斎藤は「言葉を交わしたわけではなかったのですが、お互いある程度の距離を持って現場に入れたのが、とても心地よい時間でした」と語ると、人気を博したドラマが映画化されたことに「いろいろな解釈ができるラストだったので、ドラマで終わりというのもありなのかなという気持ちもありました」と率直な意見を述べる。 そのことについて、メガホンをとった西谷監督は「最終回の放送が終わったあと『紗和はあのままでいいのか』という文句を言う人が多かったんです」と苦笑いを浮かべ、「だから続きが描ければいいなとは思っていました」と心情を吐露。続けて「ドラマを見ていなくても、独立した作品として楽...more
カテゴリー:

斎藤工の現場和ませ術は“巻き髪作り”!平山浩行も「本当に優しい」と気配りに惚れ惚れ - 05月11日(木)20:33 

禁断愛を描き社会現象にもなったドラマのその後を描く映画『昼顔』(6月10日公開)の完成披露舞台挨拶が5月11日にTOHOシネマズ六本木ヒルズで開催され、上戸彩、斎藤工、伊藤歩、平山浩行、西谷弘監督が登壇。現場を和やかにする斎藤の気配りが明か...続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「伊藤歩」の画像

もっと見る

「伊藤歩」の動画

Wikipedia

伊藤 歩(いとう あゆみ、1980年4月14日 - )は、日本の女優。

東京都練馬区出身。セブンス・アヴェニュー所属。

略歴

6才のころから雑誌のモデル等の仕事を始める。

9才の時にクラシックバレエを始める。

1993年、大林宣彦監督の映画水の旅人-侍KIDS-でデビュー。

1996年、岩井俊二監督の映画スワロウテイルに出演。本作の演技が高く評価され、当時16才でありながら、第20回日本アカデミー賞において新人俳優賞および優秀助演女優賞を受賞した。

1999年、広末涼子主演のドラマリップスティックにメインキャストとして出演する。

2001年、元JUDY AND MARYのYUKI、CHARA、THE THRILLのテナーサックス・YUKARIE、ソロミュージシャンのちわきまゆみと共に女性5人でバンド「Mean Machine」(ミーン・マシーン)を結成...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる