「伊藤歩」とは?

関連ニュース

ルビー・モレノ、16年ぶりに地上波ドラマに出演 - 04月15日(日)11:15 

1992年にフジテレビで放送されたドラマ『愛という名のもとに』で、一躍日本中にその存在感を知らしめたルビー・モレノが、4月15日(日)に放送される、沢村一樹主演のドラマスペシャル『CHIEF~警視庁IR分析室』(テレビ朝日系、21:00~)に出演することがわかった。地上波ドラマの出演は実に16年ぶりになるという。沢村主演の本作は、防犯カメラ、GPS追跡装置などを駆使し、被疑者や参考人を追跡・監視しながら捜査を進めるといった “情報”に対応する警視庁の架空の新設部署「IR分析室」を舞台にした新感覚の刑事ドラマ。本来の設立趣旨とは異なり、実際は捜査一課のサポート役、つまり“下請け”のようなポジションを担う日々だが、元捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」の主任(=チーフ)である深町功太郎(沢村)が、バディを組む部下・泉本乃梨子(伊藤歩)と共に、情報とテクノロジーを駆使した捜査と、刑事らしい足を使った捜査で、事件の真相を暴いていく。事件の裏に隠された2人の女性の物語。それを探る深町にある重要な情報をもたらすことになるのが、ルビーが演じる女性だ。今作でどのような存在感を見せるのか、注目が集まる。今回の出演に、ルビーは「16年ぶりの地上波ドラマでキャスティングしていだき、監督の和泉聖治さんには感謝しております。映画『修羅の伝説』以来26年ぶりの再会でした。とても楽しかったです。お芝居をもっ...more
カテゴリー:

永瀬匡、「こんな時代だからこそ、芝居では人間味を強く出したい」 - 04月15日(日)07:00 

沢村一樹と伊藤歩が初タッグを組んだ「ドラマスペシャル CHIEF~警視庁IR分析室~」(テレビ朝日系)が、4月15日(日)に放送。 【写真を見る】永瀬の役作りは「崩す」ところから始まる!? 本作は、現代社会において武器にも身を守る手段にもなりうるツール“情報”に対応するべく、警視庁が立ち上げた「IR分析室」の活躍を描く刑事ドラマだ。 元捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」の主任(=チーフ)である深町功太郎(沢村)と、部下で“バディ”の泉本乃梨子(伊藤)が、情報とテクノロジーを駆使して捜査に挑む。 今回、「IR分析室」のメンバー・稲見彰を演じる永瀬にインタビューを行い、作品への思いや見どころについて聞いた。 ■ “はぐれ者”感を強調して演じました ―永瀬さんが演じる稲見彰について教えてください。 稲見は、尾美(としのり)さんが演じられる加治さんと二人三脚で外回りをする刑事です。尾美さんとは年齢も離れているので、若者とベテランのバランスがいい具合に出せていると思います。演じていてもすごく楽しかったですね。 アドリブの多い現場で、尾美さんがデスクの引出しに入れていたおにぎりを、本番で急に食べだしたのが印象的でした(笑)。 ――おにぎりですか?(笑) はい(笑)。離れたところから撮影するシーンが多かったので、僕のリアクションもちゃんと映るんです。監督の和泉(聖治)さんは、カットを細かく...more
カテゴリー:

ルビー・モレノ、沢村一樹主演ドラマで16年ぶりに地上波ドラマ出演! - 04月15日(日)05:00 

4月15日(日)放送の「ドラマスペシャル CHIEF~警視庁IR分析室~」(テレビ朝日系)で、ルビー・モレノが16年ぶりに地上波ドラマに出演することが分かった。 沢村一樹、初タッグ・伊藤歩の役作りに感激! 本作は、最先端のIT捜査を武器に、次々と犯人を検挙していく捜査集団「IR分析室」の活躍を描く刑事ドラマだ。 元捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」の主任(=チーフ)である深町功太郎(沢村一樹)と、部下で“バディ”の泉本乃梨子(伊藤歩)が事件の解明に奔走する。 都内の路上で建設会社社長が銃殺された事件を発端に、その目撃者の男性の妻が5年前に事故死していたことを知った深町。だが、男性は亡くなったはずの妻が生きているかもしれないと主張。男性の妻の消息を追う、という殺人事件とは無関係の捜査に乗り出した深町は、やがてその妻だった女性が、ある人物に“なりすましていた”ことをつかむ…。 一見無関係に思えた、殺人事件と5年前の事件。それが捜査を進めていくうち、意外な接点が次々と浮かび上がってくる。「IR分析室」という最先端部署にありながらも、刑事として自分の足を使い事件に向き合う深町たち。その先には衝撃の結末が待ち受ける。 1992年にフジテレビで放送されたドラマ「愛という名のもとに」で一躍日本中にその存在感を知らしめたルビー・モレノ。事件の裏に隠された2人の女性の物語を探る深町にある重要な...more
カテゴリー:

ルビー・モレノ、16年ぶり地上波ドラマ出演「お芝居もっとやりたい」 - 04月15日(日)05:00 

 俳優の沢村一樹が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『CHIEF~警視庁IR分析室』(15日 後9:00~11:05)に、フィリピン出身の女優ルビー・モレノが出演していることがわかった。1992年にフジテレビで放送されたドラマ『愛という名のもとに』で一躍、日本中にその存在感を知らしめた彼女だが、日本の地上波ドラマに出演するのは16年ぶりとなる。 【写真】主演の沢村一樹とバディを演じる伊藤歩  同ドラマは、最先端のIT捜査を武器に、次々と犯人に検挙していく、警視庁の新設部署「IR分析室」を舞台に、主任(=チーフ)にして、元捜査一課のエース刑事だった深町功太郎(沢村)が、部下で“バディ”の泉本乃梨子(伊藤歩)とともに事件の解明に挑んでいく。  都内の路上で建設会社社長が銃殺された事件を発端に、その目撃者の男性の妻が5年前に事故死していたことを知った深町。しかし男性は亡くなったはずの妻が生きているかもしれないと主張する。男性の妻の消息を追う、という殺人事件とは無関係の捜査に乗り出した深町は、やがてその妻だった女性が、ある人物に“なりすましていた”ことを掴む。一見無関係に思えた、殺人事件と5年前の事件。しかし捜査を進めていくうち、意外な接点が次々と浮かび上がってくる。  事件の裏に潜む2人の女性を探る深町にある重要な情報をもたらす人物を演じたルビー・モレノは「今回16年ぶりの地上...more
カテゴリー:

永瀬匡、沢村一樹との共演に「“在り方”が本当に凄い」 - 04月13日(金)12:52 

『仮面ライダーウィザード』(テレビ朝日系、2012年~2013年)の“仮面ライダービースト”で注目を集め、数々のドラマや映画、舞台などでも活躍する永瀬匡が、4月15日(日)放送のドラマスペシャル『CHIEF~警視庁IR分析室~』(テレビ朝日系、21:00~)に若手刑事・稲見彰役で出演する。この放送を直前に控え、本作の見どころを語ってもらった。沢村一樹が主演するこの作品は、防犯カメラ、GPS追跡装置などを駆使し、被疑者や参考人を追跡・監視しながら捜査を進めるといった“情報”に対応する警視庁架空の新設部署「IR分析室」を舞台にした新感覚の刑事ドラマ。本来の設立趣旨とは異なり、実際は捜査一課のサポート、つまり“下請け”のようなポジションを担っている。しかし、元捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」の主任(=チーフ)である深町功太郎(沢村)が、バディを組む部下・泉本乃梨子(伊藤歩)と共に、情報とテクノロジーを駆使した捜査と、刑事らしい足を使った捜査で、事件の真相を暴いていく。IR分析室で一番年下の刑事・稲見役で登場する永瀬は、今回の作品について「IR分析室は、比較的はぐれものの集まりです。一課にも二課にもなれなかった人たちなのか、それとも特殊部隊的な存在なのかは描かれていませんが、GPSの追跡装置を初めとした最新技術を使って、犯人を追い詰めていくような部署になります。事件になる前でも事前...more
カテゴリー:

ルビー・モレノ、16年ぶりに地上波ドラマに出演 - 04月15日(日)11:14 

1992年にフジテレビで放送されたドラマ『愛という名のもとに』で、一躍日本中にその存在感を知らしめたルビー・モレノが、4月15日(日)に放送される、沢村一樹主演のドラマスペシャル『CHIEF~警視庁IR分析室』(テレビ朝日系、21:00~)に出演することがわかった。地上波ドラマの出演は実に16年ぶりになるという。沢村主演の本作は、防犯カメラ、GPS追跡装置などを駆使し、被疑者や参考人を追跡・監視しながら捜査を進めるといった “情報”に対応する警視庁の架空の新設部署「IR分析室」を舞台にした新感覚の刑事ドラマ。本来の設立趣旨とは異なり、実際は捜査一課のサポート役、つまり“下請け”のようなポジションを担う日々だが、元捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」の主任(=チーフ)である深町功太郎(沢村)が、バディを組む部下・泉本乃梨子(伊藤歩)と共に、情報とテクノロジーを駆使した捜査と、刑事らしい足を使った捜査で、事件の真相を暴いていく。事件の裏に隠された2人の女性の物語。それを探る深町にある重要な情報をもたらすことになるのが、ルビーが演じる女性だ。今作でどのような存在感を見せるのか、注目が集まる。今回の出演に、ルビーは「16年ぶりの地上波ドラマでキャスティングしていだき、監督の和泉聖治さんには感謝しております。映画『修羅の伝説』以来26年ぶりの再会でした。とても楽しかったです。お芝居をもっ...more
カテゴリー:

【ドラマ】ルビー・モレノ、沢村一樹主演ドラマで16年ぶりに地上波ドラマ出演! - 04月15日(日)05:04  mnewsplus

4/15(日) 5:00 ルビー・モレノ、沢村一樹主演ドラマで16年ぶりに地上波ドラマ出演! 4月15日(日)放送の「ドラマスペシャル CHIEF~警視庁IR分析室~」(テレビ朝日系)で、ルビー・モレノが16年ぶりに地上波ドラマに出演することが分かった。 沢村一樹、初タッグ・伊藤歩の役作りに感激! 本作は、最先端のIT捜査を武器に、次々と犯人を検挙していく捜査集団「IR分析室」の活躍を描く刑事ドラマだ。 元捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」の主任(=チーフ)である深町功太郎(沢村一樹)と、部下で“バディ”の泉本乃梨子(伊藤歩)...
»続きを読む
カテゴリー:

永瀬匡、沢村一樹との共演に「在り方が本当に凄い」 - 04月15日(日)05:00 

『仮面ライダーウィザード』(テレビ朝日系、2012年~2013年)の“仮面ライダービースト”で注目を集め、数々のドラマや映画、舞台などでも活躍する永瀬匡が、4月15日(日)放送のドラマスペシャル『CHIEF~警視庁IR分析室~』(テレビ朝日系、21:00~)に若手刑事・稲見彰役で出演する。この放送を直前に控え、本作の見どころを語ってもらった。沢村一樹が主演するこの作品は、防犯カメラ、GPS追跡装置などを駆使し、被疑者や参考人を追跡・監視しながら捜査を進めるといった“情報”に対応する警視庁架空の新設部署「IR分析室」を舞台にした新感覚の刑事ドラマ。本来の設立趣旨とは異なり、実際は捜査一課のサポート、つまり“下請け”のようなポジションを担っている。しかし、元捜査一課のエース刑事にして「IR分析室」の主任(=チーフ)である深町功太郎(沢村)が、バディを組む部下・泉本乃梨子(伊藤歩)と共に、情報とテクノロジーを駆使した捜査と、刑事らしい足を使った捜査で、事件の真相を暴いていく。IR分析室で一番年下の刑事・稲見役で登場する永瀬は、今回の作品について「IR分析室は、比較的はぐれものの集まりです。一課にも二課にもなれなかった人たちなのか、それとも特殊部隊的な存在なのかは描かれていませんが、GPSの追跡装置を初めとした最新技術を使って、犯人を追い詰めていくような部署になります。事件になる前でも事前...more
カテゴリー:

沢村一樹、刑事ドラマの醍醐味「加齢さえも役作りに」 - 04月14日(土)10:00 

 俳優の沢村一樹が主演するテレビ朝日系ドラマスペシャル『CHIEF~警視庁IR分析室~』が15日(後9:00~11:05)に放送される。そのわずか4日後には、刑事役でレギュラー出演する新ドラマ『未解決の女 警視庁文書捜査官』(毎週木曜 後9:00)がスタート。3月にもアガサ・クリスティ原作のドラマスペシャル『大女優殺人事件~鏡は横にひび割れて~』で一風変わった刑事を演じていた沢村。本人が決めたわけではないにしても、「刑事役が続きますね」とそのままの感想を告げると、沢村も「多いですね、刑事役」と声を出して笑った。 【場面写真】IR分析室のメンバーが大集合 ――刑事役が続きますね。 【沢村】多いですね、刑事役(笑)。同じようなことをやっているな、って思われる方もいらっしゃるでしょうが、作品によってキャラクター設定も扱う事件も全体的なテイストも異なるので、演じる身としてはまったく同じことをしているな、と思うことはないです。自分自身、年を重ねて変わっていくので、加齢さえも役作りになる。刑事役の時はひげを生やしていることが多いんですが、気付きました? ――作品ごとに演じ分けるのはさほど難しいことではない? 【沢村】刑事役に限らず、謎解きものはさすがに演じ慣れているな、と自分でも思います。浅見光彦シリーズは10年やっていましたからね。ミスリードを誘うような言い方や仕草、伏線になるよう...more
カテゴリー:

ビュッフェを堪能…マツコ効果でニューオータニのHPが一時サーバーダウン!? - 04月13日(金)09:52 

マツコ・デラックスが、毎回あてもなく気ままに夜の街を徘徊し、そこで出会った人々と交流をする『夜の巷を徘徊する』(テレビ朝日系24:15~ ※一部地域を除く)。4月12日の放送では、先週に引き続き、東京・千代田区にあるホテルニューオータニへ潜入した模様が放送された。同ホテルの回転展望レストラン「VIEW & DINING THE Sky」へ訪れたマツコ。戦艦大和の主砲を回す技術が応用されて回転しているとのことで、席に着くと「意外と動く」と驚く。90種類のメニューが楽しめるビュッフェがあることが紹介されたのだが「私、こう見えて恥ずかしがってビュッフェには行けないタイプなの」と言い「勇気を振り絞って行く」と重い腰を上げた。まず、マツコはサラダやスープなどをチョイス。「せっかくこういうところへ来ているのにブロッコリーに手がいく……やっぱり私ってカワイイわよね」と自画自賛した。いざ食してみるとドレッシングの美味しさに驚くも「でもまだ“ニューオータニ”に来た感はないわね」とポロリ。「ここからですよ」とスタッフに煽られたが「私、こういうところに来ると普段不健康な食生活をしている分、異様に野菜を食う女になるのよ」と明かした。せっかく来たのだからと促され、他の料理も見に行くことになり、まずはお寿司コーナーへ。にしんやマグロなどを注文していると、サプライズで誕生日のお祝いをする団体に遭遇する。一緒にお...more
カテゴリー:

もっと見る

「伊藤歩」の画像

もっと見る

「伊藤歩」の動画

Wikipedia

伊藤 歩(いとう あゆみ、1980年4月14日 - )は、日本の女優。

東京都練馬区出身。セブンス・アヴェニュー所属。

略歴

6才のころから雑誌のモデル等の仕事を始める。

9才の時にクラシックバレエを始める。

1993年、大林宣彦監督の映画水の旅人-侍KIDS-でデビュー。

1996年、岩井俊二監督の映画スワロウテイルに出演。本作の演技が高く評価され、当時16才でありながら、第20回日本アカデミー賞において新人俳優賞および優秀助演女優賞を受賞した。

1999年、広末涼子主演のドラマリップスティックにメインキャストとして出演する。

2001年、元JUDY AND MARYのYUKI、CHARA、THE THRILLのテナーサックス・YUKARIE、ソロミュージシャンのちわきまゆみと共に女性5人でバンド「Mean Machine」(ミーン・マシーン)を結成...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる