「伊藤惇夫」とは?

関連ニュース

【ガースー更迭危機】策士策に溺れた菅官房長官 危機管理が崩壊した全内幕 - 06月22日(木)11:00 

策士策に溺れた菅官房長官 危機管理が崩壊した全内幕 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170622-00522749-shincho-pol  安倍晋三総理(62)が変調を来たした原因の一つに、菅義偉官房長官(68)による危機管理の崩壊も挙げられる。まさしく、策士策に溺れ、安倍一強体制に亀裂を生じさせた。一時は、“影の総理”とまで持て囃された政権の重鎮に一体、何が起こったのか。  菅官房長官は一貫して、前川喜平前文科事務次官がリークしたとされる「総理のご意向文書」を「まったく怪文書みたいな文書」と切り捨て、再調査に応...
»続きを読む
カテゴリー:

【加計問題】 「文科省の文書と流出している文書は一部違っている」 玉木と前川、やらかした模様… - 06月13日(火)00:38 

@yoshio_v2012 今日の「ひるおび」で田崎さんの官邸情報によると、文科省の調査で該当文書は存在するが、民進党が公表した8枚のメールの文書と一部異なっているそうです。 子細は語りませんでしたが、ネット民の皆さんの言う通りに、民進党の8枚のメール文書に改竄の疑いが出てきました。政府の発表が楽しみです @_500yen 田崎史郎が「文科省にある文書と公表されてる文書の中身が違う可能性がある」と言った途端、 慌てたように伊藤惇夫が「文書の中身が違うことよりも総理のご意向があるかどうか」と民進党と玉木雄一郎を必...
»続きを読む
カテゴリー:

策士策に溺れた菅官房長官 危機管理が崩壊した全内幕 - 06月22日(木)05:59 

 安倍晋三総理(62)が変調を来たした原因の一つに、菅義偉官房長官(68)による危機管理の崩壊も挙げられる。まさしく、策士策に溺れ、安倍一強体制に亀裂を生じさせた。一時は、“影の総理”とまで持て囃された政権の重鎮に一体、何が起こったのか。  ***  菅官房長官は一貫して、前川喜平前文科事務次官がリークしたとされる「総理のご意向文書」を「まったく怪文書みたいな文書」と切り捨て、再調査に応じる姿勢も一切見せなかった。 「官邸内からも菅官房長官の対応を不安視する声が上がっていました」  とは、政治部デスク。 「とりわけ、今井総理秘書官は“長官が熱くなっちゃうと危機管理上、良くないんだよね”と不満を漏らしていた。再調査に方針転換する前日の8日にも番記者相手に、菅批判を繰り広げていました。曰く、“菅さんは感情的になっていて、おかしいよ”“俺も前川のことはムカつくけど、あんな言い方をしてはいけない”と。続けて、“総理や菅さんには、再調査して全部オープンにすべきだと言ったんだ”と明かしたのです」  今井総理秘書官の主張が功を奏したのか、安倍総理は直々に、松野博一文科相に対し、「総理のご意向文書」について再調査の指示を出した。つまり、菅官房長官は外されたというのだ。 ■成功体験  これまで、“政権の守護神”“策士”などと呼ばれた菅官房長官だったが、なぜ、加計問題では戦略を誤ったのか。 「官...more
カテゴリー:

「伊藤惇夫」の画像

もっと見る

「伊藤惇夫」の動画

Wikipedia

伊藤 惇夫(いとう あつお、1948年8月28日 - )は、日本政治評論家(政治アナリスト)。神奈川県葉山町出身。

人物

学習院大学法学部卒業後、出版社へ就職した後、1973年、時の総理・総裁田中角栄に誘われ自由民主党本部事務局に勤務。自民党では広報を担当し、1989年からは自民党政治改革事務局主査補として政治改革大綱を取りまとめる。その後、自民党を退職し、1994年末から新進党総務局、1996年12月から太陽党、1998年1月に民政党、4月から民主党の事務局に勤務。太陽党以後は、いずれも事務局長を務めた。

新党の結成に次々と立ち会ったことから「新党請負人」の異名を持つ。2001年12月に民主党を退職し、政治アナリストとして独立。執筆業の他、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる