「伊藤惇夫」とは?

関連ニュース

【政治】 内閣改造後の内閣支持率、軒並みアップ 各社が世論調査 - 08月12日(土)00:10  newsplus

3日の内閣改造・自民党役員人事を受けた報道各社による世論調査で、安倍晋三内閣の支持率が軒並み上昇に転じた。 調査手法などが異なるため、各社で水準にばらつきはあるが、内閣改造による一定の効果がみられ、支持率の下落傾向に歯止めがかかった。 ただ、共同通信を除く各社の不支持率は依然、支持率を上回っており、首相は引き続き厳しい政権運営を迫られそうだ。  各社の調査で支持率が最も高かったのは共同通信の44.4%で、7月の前回比で8.6ポイント増となった。朝日新聞と毎日新聞も35%と回復に転じた。 一方...
»続きを読む
カテゴリー:

今井絵理子に「世間に通用しない」と橋本氏妻 略奪不倫当事者たちへの取材 - 08月08日(火)08:01 

「息子が、この国に生まれてよかったと思えるような日本にしたい――」聴覚障害を持つ息子を女手一つで育てる今井絵理子・参院議員(33)はこう抱負を語り、昨年の参院選で当選を果たした。そんな彼女が熱愛の相手に選んだのは、妻子のある橋本健・神戸市議会議員だった。今井議員と橋本議員、そして橋本議員の妻は「週刊新潮」の取材に何と答えたか。  ***  今井議員のウリは「子育て」である。議員になって、彼女の忙しさは格段に増したはず。これまでと比べ、息子と触れ合う機会は数段減ったであろう。ならば、わずかな時間でもできれば、子どもと会おうというのが人情というもの。まして、子育ての苦労譚で票を取った彼女ならなおさら、だ。  ところが、 「橋本と不倫するようになって以来、絵理子はそっちに夢中で、子どものことはお母さんにまかせることが増えたという印象です」(今井議員とごく親しい芸能関係者)  実際、お泊りデートの際もそうだ。今井議員のそもそもの自宅は、国分寺市にあり、そこで母や息子と暮らしている。議員になった後、朝早い会議などもあるため、セカンドハウスとして千代田区三番町のマンションを借りた。しかし、それは建前なのか先の7月16日も橋本を招き入れている。これでは、仕事のためというより、橋本氏と会うための部屋と勘繰られても仕方ないのだ。 “公私混同”の指摘も  あるいは、この7月19日(水)にも、今井議員は...more
カテゴリー:

【サヨク御用達 大外れ】 政治アナリスト 伊藤惇夫のお話 「内閣改造で支持率は上がらない」 - 08月05日(土)18:41  seijinewsplus

政治アナリスト、伊藤惇夫氏の話 「支持率が上がりもしないが、下がりもしない陣容。手堅い印象で強いて名付けるなら“反省アピール内閣”か。 スキャンダルのあったポジションを代えることは刷新であると同時に、これ以上の追及を受けないよう問題を隠している印象も与える。 首相自身が責任を実感し、おごらず、国民に説明していかなければ巻き返しは果たせない。支持率回復には時間が必要。 民進党が瓦解(がかい)の方向にあり、政権交代の危機は回避できるが、憲法改正に取り組むならば予定の練り直しを迫られることになる」 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【加計問題】「1月20日」首相の不自然な説明、なぜ? 支持率低下の焦りからか - 07月27日(木)10:25  seijinewsplus

 加計学園問題を巡る24、25日の衆参予算委員会で、安倍晋三首相は同学園の獣医学部新設計画について、愛媛県今治市の国家戦略特区の事業者に決定した1月20日に初めて知ったと説明した。首相は学園理事長の加計孝太郎氏を「腹心の友」と広言しており、これまでの国会答弁とも矛盾する。不自然な説明を突然持ち出したのはなぜなのか。【福永方人、佐藤丈一】 【25日答弁の動画】「本当に1月20日に知ったのですか?」  「大臣規範に抵触しかねないとの判断があったのではないか」。こう分析するのは、上脇博之神戸学院大...
»続きを読む
カテゴリー:

【官邸ベッタリ】田﨑史郎から目が離せない『ひるおび!』――亀和田武「テレビ健康診断」 - 07月23日(日)11:21  seijinewsplus

田﨑史郎から目が離せない『ひるおび!』――亀和田武「テレビ健康診断」 7/23(日) 7:00配信 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170723-00003414-bunshun-pol  田﨑史郎はどうなるのか。支持率が急降下し、しかもその理由が、総理の人格を信頼できないという致命的なものだから、政権の今後は、まあ大体の予測はつく。  しかし政局がさらに混迷の度合を深めて、政権維持も困難と誰の目にも映ったとき、田﨑史郎は『ひるおび!』のスタジオで、なおも総理とその取り巻きを擁護し続けるのだろうか。それが知りたい。  と...
»続きを読む
カテゴリー:

【小林よしのり】安倍「加憲案」は一歩も二歩も後退する [08/10] - 08月10日(木)19:53  seijinewsplus

小林よしのり:2017年08月09日 15:16 産経新聞の「正論」欄で、百地章が安倍政権の改憲草案作りを粛々と進めよと言っている。 ものすごい勘違いだと思うのは、安倍内閣の支持率が下がったのは、「憲法改正の機運に危機感を抱いた」左翼メディアが「改憲つぶし」で、連日、安倍叩きを行なってきたせいだと書いている点だ。 これは全く違う。 ただ単に安倍首相が「正義と公平性」に反していると国民が思っているから、メディアの安倍批判が支持されているに過ぎない。 メディアは偏向報道と思われないように、必ず安倍信者の田崎...
»続きを読む
カテゴリー:

【でたらめ発言が多いサヨク御用達】 多角的に物事を見る伊藤惇夫のコメントは冷静かつ論理的~ 日刊ゲンダイ - 08月06日(日)19:13  seijinewsplus

多角的に物事を見る伊藤惇夫のコメントは冷静かつ論理的 テレビは“もり・かけ問題”を毎日のように報じているが、各局の番組に頻繁に出演しているのが政治アナリストの伊藤惇夫(68)。 学習院大法学部を卒業して出版社で働いていたが、73年、田中角栄に誘われ、自民党本部で広報を担当。 94年以降は新進党総務局長、太陽党事務局長、民政党同、民主党… https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/geino/210562 関連スレ 【サヨク御用達 大外れ】政治アナリスト 伊藤惇夫のお話 「内閣改造で支持率は上がらない」 htt...
»続きを読む
カテゴリー:

【次期首相】安倍氏退陣なら後継に麻生氏か メディアも麻生番増強へ - 08月01日(火)23:08  seijinewsplus

加計学園の獣医学部新設問題などをめぐり、国会で閉会中審査が行われ安倍政権は厳しい追及を受けた。 さらに陸上自衛隊の日報隠蔽問題で稲田朋美・防衛相が辞任した。 だが、この先も安倍政権への逆風が弱まることはない。 8月には獣医学部新設を巡って大学設置審議会が結論を出し、森友学園への国有地払い下げ値引きを巡る会計検査院の検査結果も出る。 「11月中旬までに憲法改正自民党案をまとめて2020年に新憲法施行という安倍首相の行程表は狂いはじめた。 自らの手で改憲という悲願の実現が難しくなれば、無理をして政権にし...
»続きを読む
カテゴリー:

山本大臣 「私は加計と言った事はない。そこは注意してきた」 ひるおび「って事は言ったんでしょうね」 - 07月23日(日)11:29  news

フジテレビ『バイキング』好調の裏でTBS『ひるおび!』低迷 室井佑月や志らくに酷評 フジテレビ『バイキング』松居一代や豊田真由子議員巡り坂上忍の発言など注目され好調 裏のTBS『ひるおび!』はMC恵俊彰が人気だが低迷、小池百合子都知事報道などで謝罪も 『ひるおび!』は偏向報道と指摘され、室井佑月や立川志らくには視聴者から酷評という フジテレビの昼の情報番組『バイキング』が好調だ。7月1週の平均視聴率が番組歴代最高の6.5%を記録し、 MCの坂上忍もホクホク顔だという。 昼の時間帯は過去5年にわたり、TBSの...
»続きを読む
カテゴリー:

文春「ひるおび田崎スシローのアクロバット擁護が酷い 降板させるべき」 - 07月23日(日)11:05  news

田﨑史郎から目が離せない『ひるおび!』 https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170723-00003414-bunshun-pol  ともかく時の権力者におもねり、媚びへつらう。田﨑史郎の印象といえば、これに尽きる。おまけに論旨は不明確だし、 滑舌は悪い。華もないのにエバッてる。  見ていて嫌ァな気分になるから、彼の顔がアップになると、テレビを消す。そんな習慣が変わったのは、加計学園疑惑が 過熱してからだ。  ある日。前川喜平氏の国会参考人招致が話題になった。官房長官が前川氏の人格攻撃をし、招致する必要はな...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「伊藤惇夫」の画像

もっと見る

「伊藤惇夫」の動画

Wikipedia

伊藤 惇夫(いとう あつお、1948年8月28日 - )は、日本政治評論家(政治アナリスト)。神奈川県葉山町出身。

人物

学習院大学法学部卒業後、出版社へ就職した後、1973年、時の総理・総裁田中角栄に誘われ自由民主党本部事務局に勤務。自民党では広報を担当し、1989年からは自民党政治改革事務局主査補として政治改革大綱を取りまとめる。その後、自民党を退職し、1994年末から新進党総務局、1996年12月から太陽党、1998年1月に民政党、4月から民主党の事務局に勤務。太陽党以後は、いずれも事務局長を務めた。

新党の結成に次々と立ち会ったことから「新党請負人」の異名を持つ。2001年12月に民主党を退職し、政治アナリストとして独立。執筆業の他、...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる