「伊良部大橋」とは?

「伊良部大橋」の画像

もっと見る

「伊良部大橋」の動画

Wikipedia

伊良部大橋(いらぶおおはし)は、沖縄県宮古島市宮古島伊良部島とを結ぶ。2006年3月18日に起工し、2015年1月31日16時に供用開始。全長3,540mで、新北九州空港連絡橋(全長2,100m)を上回り、通行料金を徴収しない橋としては日本最長である。総事業費は380億円。

概要

宮古島の平良港トゥリバー地区と伊良部島東南部の長山の浜近辺を結ぶ橋で、沖縄県道252号平良下地島空港線の一部である。

橋梁の構造は一般部がPC連続箱桁橋、主航路部が鋼床版箱桁橋とされ、本橋部分の全長は3,540mに及ぶ。また、取付道路は2,960mで、伊良部島側取付道路の一部は600mの海中道路とされる予定。本橋部分と取付道路を合計すると、全長は6,500mとなる。

橋梁の幅員は8.5mで、幅3mの片側1車線道路の両側に幅1.25mの路肩が設けられる。主航路部は船舶の通航のため、支間長180m、クリアランス27mとされる。

伊良部大橋の開通により、観光の促進や流通コストの削減が見込まれる。また、宮古島の地下ダムから農業用水や生活用水が大橋に併設された導水管を通って供給されるため、水道のコストも削減される。

諸元

諸元は以下の通り;

<...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる