「伊武雅刀」とは?

関連ニュース

『西郷どん』、松田翔太が一橋慶喜を演じるのは必然だった!? - 04月22日(日)08:30 

 鈴木亮平(35)が主人公の西郷吉之助を演じる大河ドラマ『西郷どん』は、いよいよ物語前半の佳境を迎えようとしている。第14回(4月15日)の放送は、これまで将軍継嗣問題から目をそらしてきた一橋慶喜(松田翔太/32)が、ついに将軍になる意思を示すという、重要な回だった。内容を振り返ってみよう。  しばしの帰郷を終えて、再び江戸にやってきた吉之助は、越前藩邸の松平慶永(津田寛治/52)を訪ねる。そこで徳川斉昭(伊武雅刀/69)の評判が落ちているということを聞くと、一橋派と南紀派の幕府内の政争を鎮めるため、後日、一橋慶喜に将軍になるよう迫った。  その後、島津斉彬(渡辺謙/58)から、慶喜を将軍にすべきという建白書が提出されると、吉之助は政敵である井伊直弼(佐野史郎/63)に招かれた。そこで井伊から斉彬の情報を渡す密告役になるよう求められるが、これを固辞する。  そして、ある夜、慶喜の命が狙われた。吉之助は刺客を討ち、涙ながらにその熱い想いを慶喜に伝える。翌朝、慶喜に連れられ、吉之助たちは井伊を訪問。慶喜は「紀州藩を渡す」という話を持ちかけた井伊に怒りを表し、ついに「俺が将軍になろう」と、決意表明をするのだった。  この回で演技が輝いていたのは、やはり一橋慶喜役の松田翔太だ。井伊直弼に怒りをぶつけるシーンは、見応え十分だった。松田は2008年の大河ドラマ『篤姫』で14代将...more
カテゴリー:

セレブの町で西郷どん発見! 大西郷の基礎を作った江戸の史跡めぐり! - 04月20日(金)18:00 

■ GWに回りたいNHK大河『西郷どん』名シーンの現場 薩摩屋敷跡の碑。この字を書いたのは、西郷吉之介の孫の西郷吉之助。ややこしいが、「吉之助」さんのほうは法務大臣も務めた昭和の政治家。 明治維新150周年の今年。今回はその立役者となった一人、西郷隆盛が若き日に過ごした、江戸の史跡をめぐって来ました! NHK大河ドラマ『西郷どん』でも描かれているあのシーンの現場は、現在こんな景色になっている! 安政元年(1854)、西郷吉之介(後の隆盛)は薩摩藩主・島津斉彬の参勤交代に従って、初めて江戸に出府。普段は藩の屋敷の庭で雑事をこなしながら、主君から声がかかった時には直接話をできるという、お庭方の役を命じられた。この役目を務めながら、斉彬から西洋の文物や幕府の政治、藩の近代化のことなどを吸収し、これが吉之介が田舎侍から“大西郷”に成長する基礎になった。 ゴールデン・ウィークはそんな吉之介にあやかって、今回ご紹介する史跡をめぐると大きく成長できるかも!? まずは薩摩藩の上屋敷から。都営地下鉄の三田駅からほど近く、巨大なビル群の一角に石碑が建っている。世界のケン・ワタナビこと渡辺謙こと島津斉彬や北川景子演じる篤姫が暮らした薩摩屋敷だ。幕末最終盤の慶応3年(1867)には、西郷の指令で江戸の町でテロを繰り返した集団・薩摩御用盗のアジトにもなり、幕府や庄内藩の攻撃を受けて鳥羽伏見の戦い勃発の一因に...more
カテゴリー:

「伊武雅刀」の画像

もっと見る

「伊武雅刀」の動画

Wikipedia

伊武 雅刀(いぶ まさとう、1949年3月28日 - )は、日本俳優声優ナレーターである。本名:室田 悟(むろた さとる)。東京都中野区出身。旧芸名:伊武 雅之(いぶ まさゆき)、伊武 雅乃、伊武 正己、伊武 専。現名の当初の読み方は「まさと」であった。血液型A型。身長175cm。現在の芸名の由来は、声優の井上瑤から伊武雅之時代に「名前の最後の字を2画の字にするといい」とアドバイスを受けたことによるもの。

来歴・人物

愛知県名古屋市にある私立東邦高等学校に進む。1学年下に後の俳優の奥田瑛二がいる。

映画スターに憧れ、新聞で目にしたNHK名古屋放送局制作のテレビドラマ高校生時代(後の中学生日記)のオーディションを受け、同ドラマの1967年度放送分に森本レオと共に出演した(森本もこのドラマで俳優デビューしており親交が深い)。これが転機となり、本格的に俳優を志すため同校を中退して東京へ戻り、現代演劇協会付属現代演劇研究所「...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる