「伊東四朗」とは?

関連ニュース

上川隆也、テレビ東京連ドラ初主演 完璧すぎる執事が事件を解決 - 12月13日(水)07:00 

 俳優の上川隆也が、来年4月期にテレビ東京系金曜8時のドラマ枠放送される『執事西園寺の名推理』に主演することが早々と発表された。舞台、テレビ、映画と幅広く活躍し、シリアスな役からコミカルな役までさまざまな役を演じてきた上川が、テレビ東京の連続ドラマで初主演、また執事役も初めての挑戦となる。「2018年の春は、僕にとって待ち遠しいものになりました。皆さんもどうか、いましばらくお待ちください」と期待をふくらませている。 【写真】執事設定の番組がほかにも  中川順平プロデューサーは「日本で本物の執事と出会う機会は、めったにありません。でも、小説やコミックでは『執事モノ』として一つのジャンルになるほど人気です。執事とは、実態はよく分からないけど、どこか憧れの存在です。もしも上川隆也が、私だけの執事だったら…そんな願望(妄想?)から生まれた企画です」と説明。  執事でありながら、名推理で事件をも解決する主人公・西園寺一を演じる上川は「執事という役柄には初めて取り組む事になりますので、まず一から勉強なのは間違いありませんが、原作のないオリジナル作品なので、思いつく限りのいろいろな要素を盛り込んで、その上で西園寺という男を造形していきたいと思います」と意気込んでいる。  上川が演じる執事は、常に“奥様”のために誠心誠意尽くす執事。その驚くほど幅広い知識と経験、冴えわたる観察眼、空気を読み...more
カテゴリー:

YOSHIKI、GACKTの5年越しのラブコールに応え『格付けチェック』出演 - 12月12日(火)11:30 

YOSHIKIとGACKTが、2018年1月1日(月)18時から放送される『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ! 2018 正月スペシャル』(ABC・テレビ朝日系)に出演することがわかった。同番組は、2005年より正月恒例の特番として放送され、芸能人の真の姿をあぶりだしてきた大人気バラエティー。一流のプライドとメンツをかけて味覚や音感などのジャンルごとの「格付けチェック」に挑む。格付けマスターは、今回も浜田雅功と伊東四朗が務める。今回最大の注目は、なんといっても個人51連勝中の GACKT。その GACKT自ら「5年前からずっと一緒に出てくれとお願いしてたんですけど、断られ続けていて……やっとですよ!」と語る通り、まさに悲願を叶える形での登場となった、格付け初参戦となるYOSHIKI。GACKTとチームを組んでの出場だけに、“格付けマスター”の浜田から早速「あなたが落ちると、GACKTも一緒に落ちていくんですよ」とプレッシャーをかけられるが、「それはそれでいいかも知れない」と余裕を見せる。そして「私も満を持してやって参りました……落ちるなんてありえません」と意気込むのは浅野ゆう子。「チーム仲良し」としてタッグを組む高島礼子も「これまでおいしいものを沢山ごちそうになったりしてきたので、ここで自分の新たな才能に巡り会えるのでは」と自信をのぞかせる。さらに「この番組は好きでずっと見...more
カテゴリー:

望月歩、時代劇でドラマ初主演「緊張とドキドキでいっぱいでした」 - 12月11日(月)12:00 

 2015年公開の映画『ソロモンの偽証』で俳優デビューした望月歩(17)が、BSジャパンで放送中の『池波正太郎時代劇 光と影』第6話「断金の友」(12日 後8:00~8:54)で初主演を務める。放送を目前に控えて、「最初は『主役か…!』とすごく意識してしまいました。初めてのことですし、自分を囲む人々はどんな感じだろう、自分が頑張らないと作品がダメになるから、などいろいろ考えて、緊張とドキドキでいっぱいでしたが、逆にどんな作品になるんだろう、という楽しみもありました」とコメントを寄せた。 【場面写真】『池波正太郎時代劇 光と影』第6話「断金の友」より  時代小説の巨匠、時代小説の傑作を多数発表した池波正太郎(1923-90)の選りすぐりの短編12編を一話完結で映像化するシリーズ。これまで、片岡愛之助、高橋光臣、でんでん、筧利夫、祐真キキが出演し、「善悪が同居する人間の矛盾」を巧みな構成で描き出してきた。  第6話「断金の友」は、備中松山の池田家の当主・池田出雲守(柴田善行)の寵愛を受けていた小姓・鷲見左門(望月)。それは、出雲守自身が、幼少期に病弱だった自分と華奢でひ弱な左門とを重ねていただけのことで、そうとは知らず左門に嫉妬する者もいた。そんな中、左門と武芸に長け頭の切れる小姓・千本九郎(大和孔太)とは、互いに尊敬し合い、“断金”(固い金属をも断ち切るほど堅い友情)を誓い合っ...more
カテゴリー:

YOSHIKI、GACKTの5年越しのラブコールに応え『格付けチェック』出演 - 12月12日(火)11:52 

YOSHIKIとGACKTが、2018年1月1日(月)18時から放送される『芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ! 2018 正月スペシャル』(ABC・テレビ朝日系)に出演することがわかった。同番組は、2005年より正月恒例の特番として放送され、芸能人の真の姿をあぶりだしてきた大人気バラエティー。一流のプライドとメンツをかけて味覚や音感などのジャンルごとの「格付けチェック」に挑む。格付けマスターは、今回も浜田雅功と伊東四朗が務める。今回最大の注目は、なんといっても個人51連勝中の GACKT。その GACKT自ら「5年前からずっと一緒に出てくれとお願いしてたんですけど、断られ続けていて……やっとですよ!」と語る通り、まさに悲願を叶える形での登場となった、格付け初参戦となるYOSHIKI。GACKTとチームを組んでの出場だけに、“格付けマスター”の浜田から早速「あなたが落ちると、GACKT も一緒に落ちていくんですよ」とプレッシャーをかけられるが、「それはそれでいいかも知れない」と余裕を見せる。そして「私も満を持してやって参りました……落ちるなんてありえません」と意気込むのは浅野ゆう子。「チーム仲良し」としてタッグを組む高島礼子も「これまでおいしいものを沢山ごちそうになったりしてきたので、ここで自分の新たな才能に巡り会えるのでは」と自信をのぞかせる。さらに「この番組は好きでずっと...more
カテゴリー:

YOSHIKIがGACKTに口説かれ「格付けチェック」に初参戦! GACKT「5年前からずっと断られ続けていて、やっとですよ!」 - 12月12日(火)11:00 

2018年1月1日(月)夜6時放送の「芸能人格付けチェック!これぞ真の一流品だ!2018正月スペシャル」(テレビ朝日系)に、YOSHIKIが初参戦することが分かった。 【写真を見る】YOSHIKI&GACKTの最強チームには、特別ルールが!? 同番組は、一流芸能人たちがチームを組み、味覚や音感など6つの格付けチェックに挑戦。間違えるごとに、一流から普通、二流、三流、そっくりさん、そして最後には“映す価値なし”として実際に画面から消滅してしまうという元祖格付けバラエティー。浜田雅功、伊東四朗、ヒロド歩美アナがMCを務める。 個人記録としては51連勝中のGACKTが、「5年前からずっと一緒に出てくれとお願いしていたんですけど、断られ続けていて…。やっとですよ!」と悲願をかなえる形でYOSHIKIが登場。 格付けマスターの浜田から「あなたが落ちるとGACKTも一緒に落ちていくんですよ」とプレッシャーを掛けられるも、YOSHIKIは「それはそれでいいかもしれない(笑)」と余裕を見せる。 そんなGACKTとYOSHIKIには、今回特別ルールを導入。回答者が正解を待つ“AB部屋”にGACKTチームが入った瞬間、他のチームが正解したかのような気になってしまうことから、各チェックの最後まで2人がどちらを選んだか分からないように専用の部屋が用意された。 さらに、「私も満を持してやって参りました! 落...more
カテゴリー:

「伊東四朗」の画像

もっと見る

「伊東四朗」の動画

Wikipedia

伊東 四朗(いとう しろう、1937年6月15日 - )は、日本コメディアン伊東本人は「喜劇役者」という肩書を自称している。、俳優タレント、司会者。日本喜劇人協会相談役。本名は伊藤 輝男(いとう てるお)。 東京都台東区出身。 五人兄弟(兄2人、姉1人、妹1人)の三男2011年10月2日NHKラジオ第一ラジオ深夜便インタビュースペシャルより。

オルテ企画所属(「オルテ」は、本名「てるお」の逆読み)。兄は教育評論家の伊藤竹三。次男は俳優・タレントの伊東孝明

たいとう観光大使。

来歴 生い立ち

東京府下谷区竹町(現在の台東区台東)にてスポーツニ...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる