「企画展」とは?

関連ニュース

THE GALLERY企画展 中谷吉隆写真展「蠢く街 新宿 What 1955-2017」開催のお知らせ - 01月22日(月)13:00 

[株式会社ニコンイメージングジャパン] [画像: https://prtimes.jp/i/16573/168/resize/d16573-168-476043-0.jpg ] ●展示概要 「大都会東京の中でも新宿はたえず何かが蠢(うごめ)き、じっとせずに変貌し続けている。整然としたビル群と喧騒と猥雑感が...
カテゴリー:

中学生、ラップで「平和」 川崎でイベント ...「見た目日本人、中身韓国人 当たり前に立てる中指と暴言...」 - 01月22日(月)08:35  seijinewsplus

1/22(月) 6:30配信 カナロコ by 神奈川新聞  「平和って何、よくわからない」「ピースを叫べよマイライフ」-。若者に人気のラップで平和のメッセージを伝えるイベントが21日、川崎市平和館(中原区木月住吉町)で開かれた。地元在住のラッパー・FUNIさん(34)を招いたワークショップ「へいわのためのリリック へいわのためにラップ」。中学生ら4人が参加し、それぞれの思いを軽快なビートに乗せて表現した。  「リリック」は歌詞という意味で、同館は2月3日から3月4日まで、「へいわのためのリリック」と題した企...
»続きを読む
カテゴリー:

【芸能】安倍総理が牛耳る芸能界「“闇”コネクション」 米倉涼子や佐々木希らの顔も - 01月20日(土)10:54  mnewsplus

新年早々、有名芸能人たちと銀座で会食をして上機嫌な笑みを浮かべた安倍晋三総理。 今年は宿願である「憲法改正」を実現させるため、党の改正案の取りまとめに動く一方、 国会の外では「闇」コネクションを使って大物芸能人の囲い込みを始めていた! 総力取材で判明した、知られざる野望とは──。 1月5日、自民党の新年仕事始めで挨拶をした安倍晋三総理(63)は憲法改正について触れると、 「時代に対応した国の姿、理想の形をしっかり考え、議論するのは私たちの歴史的使命だ」 と、あらためて強い意気込みを見せた。 その同...
»続きを読む
カテゴリー:

関西人がチャウチャウを見たら何て言うの? - 01月19日(金)21:59  news

松本のギャラリーで「縁起物展」 干支やだるま、招き猫などのアイテム80点 こま犬の張り子のお面は、木型も一緒に展示する  松本市のギャラリーカフェ「Gargas(ガルガ)」)で現在、企画展「縁起物展」が開催されている。  今年の干支(えと)「戌(いぬ)」をはじめ、だるまや招き猫など縁起の良いものをテーマに、お面、オブジェ、ポストカードなど約80点を展示する。 出展は、おっとぼけ美術館、ごっこ社(相澤和典さん、小口緑子さん、金井三和さん、野村剛さん)、小沢夏美さん、田路恭子さん、mauve(モーヴ)・山本葵...
»続きを読む
カテゴリー:

全国で20万人以上が来場したクリエイターズ・ファイル企画展“YOKO FUCHIGAMI プチブティックIN 静岡PARCO”の開催が決定!! - 01月19日(金)15:00 

[株式会社パルコ] [画像1: https://prtimes.jp/i/3639/691/resize/d3639-691-422443-11.jpg ] YOKO FUCHIGAMI プチブティック IN 静岡PARCO 会場:静岡パルコ 2F特設会場 静岡県静岡市葵区紺屋町6-7 期間:2018年2月2日(金)...
カテゴリー:

被災土蔵から芸術発信 気仙沼の国文化財「小野健商店」で地元の陶芸家が初の企画展 - 01月22日(月)10:50 

宮城県気仙沼市の国登録有形文化財・小野健商店土蔵で、同市の陶芸家斎藤乾一さん(75)の作品展が開かれている。土蔵は東日本大震災で被災し、修復後は漁業資料館として公開しており、企画展は初。魚問屋である同
カテゴリー:

業界初!人気声優によるテレビ番組「江口拓也の俺たちだっても~っと癒されたい!」から生まれたイラストを一挙に展示する番組企画展「俺癒展」 - 01月20日(土)21:00 

[産経新聞社] [画像: https://prtimes.jp/i/22608/231/resize/d22608-231-776922-0.jpg ] 【番組内で江口拓也、西山宏太朗が描いたイラスト約150点などを展示】 2016年1月から始まった「俺癒」シリーズの番組中に江口拓也、...
カテゴリー:

「エヴァ新幹線」5月13日で運行終了―京都鉄道博物館で特別展を開催 - 01月20日(土)00:20 

2015年から運行していたJR西日本の「エヴァ新幹線」こと「500 TYPE EVA」が、2018年5月13日をもって運行終了する。これに先立ち京都鉄道博物館で特別展が開催予定だ。 【画像が掲載された記事、より大きな画像、その他の画像など】 500 TYPE EVAは山陽新幹線の全線開業から40周年、人気アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のテレビ放送開始から20周年を記念して2015年11月より山陽新幹線の一部として運行している。以前から2018年の終了を発表していたが、このほど正式に5月13日を最後にすると発表があった。 これに先立ち2月9日~5月6日の期間、京都鉄道博物館2階の企画展示室で特別展を開催。海洋堂のフィギュア展示や外装をデザインした山川いくと氏による500 TYPE EVA原画の展示。フォトスポットの設置などを予定している。【関連記事】・「エヴァ新幹線」のツアー専用列車が初運行―いつもはいけない場所で降車可能・恐怖の「ギャラクティカマグナム伝説」―害虫は殺虫剤にあっというまに強くなる・アマゾンの独自ドラマ「チェイス」、新潮社が配信中止求める―書籍と類似の指摘・JR北海道、スマホに表示して使う「スマホ定期券」発売
カテゴリー:

アニメやマンガやキャラクターを活用したコラボ事例を表彰する「第2回アニものづくりアワード」 - 01月19日(金)15:15 

「第2回アニものづくりアワード」 アニメビジエンス編集部とガリガリ編集部が運営するアニものづくりアワード実行委員会は、「第2回アニものづくりアワード」を2018年5月に開催予定。2018年3月9日(金)まで、公式Webサイトにてエントリーを受け付けている。「アニものづくりアワード」は、アニメ作品やマンガ作品、キャラクターなどを活用した企業のコラボレーション事例を表彰する企画。各部門の入賞作品は、5月上旬に徳島で開催される「マチ★アソビ」にて発表され、授賞式が実施される。 2017年に開始された「アニものづくりアワード」は、第1回で延べ120作品の応募があった。第2回となる2018年は、「テクノロジー・イノベーション部門」と「インターナショナル部門」を新設。「アニメーションCM部門」「コンテンツコラボ部門」「オリジナルコンテンツ部門」「クラフトデザイン部門」と合わせて、より幅広い異業種コラボレーションの取り組みを募集し、上記カテゴリーの中から優れたものに対して贈される総合グランプリも用意されている。 原則として自薦による応募とし、各部門への重複応募は可能。第1回の応募作品は審査対象外とされる。ただし、アニメCMやコラボ商品などでシリーズ新作の発売 / 公開などが第2回の応募期間内に含まれる場合は応募可。また「アニメ×異業種」がテーマであるため、たとえばアニメ会社や新作アニメCM、出版...more
カテゴリー:

人物を猫化した作品など約100点を展示販売するイラストレーター山中玲奈氏の初個展「猫色の人生」 - 01月19日(金)10:30 

「フリーダ・カーロ×CAT」 フリーダ・カーロの肖像を元に“猫化”した作品 2018年1月19日(金)から1月28日(日)まで、代官山SISON GALLERy(シソンギャラリー)にて、山中玲奈氏の個展「猫色の人生」が開催される。CM制作、出版 / デザイン、印刷会社での勤務を経て2015年からフリーランスとして活動している山中氏は、人物やシーンを軽妙に描くことを得意とするイラストレーター / アーティスト。今回の展覧会は、山中氏にとって初の個展開催となる。時間は12:00〜20:00で、会期中の休廊日は1月22日(月)。 山中玲奈氏は、雑誌「an・an」などの女性誌でのイラストレーションをはじめ、広告や公共施設の壁画まで幅広く活躍している。幼い頃から美術教師である母の傍絵画に親しみ、独学で絵画を学んだ。独自の視点から描かれる軽妙なタッチと鮮やかな色彩を特徴としている。 本展は「猫色の人生」をテーマとしているが、これは「もしも好きな人物が猫だったらどんな表情や動作をしているのだろう」という人物の“猫化”から生まれたもの。そのほか、ポートレートのイラストレーションも含め、約100点の作品の展示および販売が行われる。会期中の作家在廊予定日は、1月19日(金)〜1月21日(日)、1月24日(水)、1月27日(土)〜1月28日(日)。会場では、ポートレートの個人オーダーも受け付ける。 ■期...more
カテゴリー:

もっと見る

「企画展」の画像

もっと見る

「企画展」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる