「企画展」とは?

関連ニュース

【新潟】上越のサメ食文化のルーツを探る 江戸中期にはサメ漁 市公文書センターが企画展開催中 - 11月18日(土)16:42  newsplus

新潟県上越地域では昔からサメを食べる習慣があり、特に山間部では正月料理の煮こごりや煮付け、フライなどとして食べられている。庶民の身近な魚として親しまれているが、いつ頃から食べられているのだろうか──。上越地域のサメ食文化をテーマに上越市所有の古文書などを展示した同市公文書センター出前展示会「資料から探る上越地域のサメ食の起源」が高田図書館(同市本城町)で開かれている。資料調査を担当した同センターの武石勉センター長に聞いた。 江戸中期にはサメ漁の記録 越後のサメ漁や利用法について記した最古の資料...
»続きを読む
カテゴリー:

押井守監督の8作品上映 ソウルで25日から企画展 - 11月16日(木)15:13 

【ソウル聯合ニュース】日本アニメーション界の巨匠、押井守監督の作品を上映する「21世紀ジャパニメーション企画展―押井守監督展」が25日から29日まで、ソウルの映画館アートナインで開催される。主催の日本・国際交流基金ソウル日本文化センターなどが16日、伝えた。
カテゴリー:

昭和の川崎駅前がジオラマでよみがえる 川崎市市民ミュージアムで「ヒストリー展」 - 11月15日(水)17:56 

 川崎市市民ミュージアム(神奈川県中原区等々力1の2)で、写真や映像などを通して昭和30~40年代の川崎市を紹介する企画展「川崎ヒストリー展」が開かれている。
カテゴリー:

名作同士の関係は?共通する社会背景は? 4月に企画展 - 11月13日(月)21:09 

 國華(こっか)社と朝日新聞社などが13日、東京・上野の東京国立博物館で開く「名作誕生―つながる日本美術」展の概要を発表した。日本・東洋美術史の研究誌「國華」創刊130周年と、同誌刊行を支援する朝日新…
カテゴリー:

アジアのノーベル賞マグサイサイ賞受賞の石澤教授 記念講演会を開催 - 11月13日(月)11:15 

11月6日、「アジアのノーベル賞」と呼ばれるラモン・マグサイサイ賞を受賞した石澤良昭教授による“受賞記念講演会”が上智大学で開催された。講演会では、アンコール・ワット遺跡群の保存修復に取り組んできた活動などを中心に、石澤教授が行ってきた取り組みについて紹介された。マグサイサイ賞とは?フィリピンのラモン・マグサイサイ大統領を記念して創設された賞で、毎年アジア地域で社会貢献などに傑出した功績をあげた個人や団体に対し、ラモン・マグサイサイ賞財団から贈られるもの。これまでにインドの故マザー・テレサや元国連難民高等弁務官の緒方貞子氏らも受賞しており、昨年は国際協力機構(JICA)の青年海外協力隊が日本の団体として初受賞している。長年に渡ってアンコール・ワットの保存修復を行う石澤教授は、2017年8月31日にマグサイサイ賞を受賞。長年に亘るアンコール・ワット遺跡群の保存修復および同遺跡を守るカンボジア人専門家の人材養成に尽力したこと、そしてその貢献によってカンボジア人が自国の固有文化遺産に対する誇りを取り戻すきっかけを与えたことなどが高く評価された。石澤教授が最初にカンボジアを訪れたのは1960年頃。上智大学の神父に連れられてアンコール遺跡を研修で訪ねたところ、不思議な遺跡の形に圧倒され「ここに残りたい」と強く思ったという。ところが、内戦が続いていた当時のカンボジアはポル・ポト派によりカンボジ...more
カテゴリー:

福岡で一番アツイ街!六本松のイチオシスポット5選 - 11月17日(金)12:55 

「学生街」から「法曹と科学の街」へ変わりつつある福岡市中央区六本松。九大跡地は再開発され、2017年9月には複合商業施設「六本松421」がオープンした。いま、福岡市で最も注目を集める“アツイ街”のイチオシスポットをご紹介!<※情報は九州ウォーカー冬号(2017年10月25日発売号)より> 【写真を見る】東京・代官山店の理念を継承する新店舗。およそ700坪の売場に18万冊の蔵書を誇る ■ 堂々オープン!『六本松 蔦屋書店』 九州の旗艦店として誕生した「六本松 蔦屋書店」。六本松が福岡でもっとも住みたい街となるよう「GOOD LOCAL」をスローガンに、さまざまなジャンルの書籍や音楽、映画などを取りそろえる。店内には「旅」「食」「音楽」「子育て」「ファッション」「アート」の6ジャンルそれぞれに特化したコーナーのほか、200席のカフェスペース、さらにはオープンスタイルが目新しいスターバックスコーヒーや九州初出店となるサンドウィッチ専門店「BUY ME STAND」、スープとスムージーの「Maazel Maazel」などの飲食店も併設。ゆっくりとしたひと時を過ごすことができる。 [六本松 蔦屋書店]福岡県福岡市中央区六本松4-2-1六本松421 2F / 092-731-7760 / 7:00~23:00 / 不定休 ■ 科学の楽しさと驚きが待っている!『福岡市科学館』 福岡市科学館は、...more
カテゴリー:

反町で鳥取の“知らない”魅力を紹介する企画展 移住考えるトークイベントも - 11月16日(木)14:37 

東急東横線反町駅近くの器とギャラリーの店「ヨリフネ」(横浜市神奈川区松本町3、TEL 045-321-5715)で11月17日から、鳥取の店や人を紹介する「だけじゃない、とっとり」展が開催される。
カテゴリー:

平松伸二「漫書&原画展」が高知で今週末に、トーク&サイン会も実施 - 11月14日(火)20:29 

平松伸二による企画展「平松伸二 漫書&原画展」が、11月18日と19日に高知・イオンモール高知の専門店街1階南コートにて開催。併せて19日には、平松のトークショーとサイン会が行われる。
カテゴリー:

バルセロナでおすすめの観光地20選! 完成前のサクラダ・ファミリアにサッカー観戦も - 11月13日(月)12:00 

バルセロナといえば、サッカーにサグラダ・ファミリア、地中海にスペイン料理など魅力的な文化や食べ物、スポーツが勢ぞろいの街です。地中海を挟んでイタリアと近いカタルーニャ地方には、昔からの伝統を守る闘牛やフラメンコなどもあり見所いっぱいです。今回は地中海の陽ざしをあびて元気になれる、バルセロナの超有名観光地から、穴場なスポットまでを紹介! バルセロナからすぐに訪れることができる島や街もありますので、ぜひ旅の参考にしてみてください! ■治安 2017年8月にバルセロナ市内などで死者16名(2017年8月末時点)、そしておよそ100名以上が負傷した車両突入事件が連続発生しました。この事件を受けてイスラム過激派組織(ISIL)が犯行声明を発表し、観光客が多いバルセロナは大きな悲しみに包まれました。 このような事件を受け、バルセロナではイスラム過激派の取締りと監視に注力し、アル・カーイダ関係者やISIL関係者などを続々と逮捕しています。 その他、スリや置き引きが横行していて、バルセロナではカタルーニャ駅やサンツ駅周辺で被害が報告されています。 ■時差 時差は日本が8時間進んでいて、日本が午前8時の時、バルセロナは午前0時となります。 ■飛行時間 日本からバルセロナへは、直行便でマドリッドに入国し国内線で移動する方法と、ヨーロッパ各主要都市からバルセロナに入る方...more
カテゴリー:

【社会】1960年代末、若者のうねりは「歴史」 社会運動の軌跡を集めた異例の企画展 千葉・国立歴史民俗博物館 - 11月13日(月)08:29  newsplus

1960年代末、若者のうねりは「歴史」 異例の企画展 朝日新聞:2017年11月13日06時50分 http://www.asahi.com/articles/ASKBF4VSMKBFUTIL01F.html 展示会場入り口に掲げられた看板=千葉県佐倉市の国立歴史民俗博物館、北野隆一撮影  集会やデモへの参加を呼びかけるビラや旗、身につけていた鉢巻きや腕章、そして当時の写真……。 1960年代末の学生による全共闘運動やベトナム戦争反対運動を題材にした企画展が国立歴史民俗博物館(歴博、千葉県佐倉市)で開かれている。 社会運動の軌跡を「歴史」ととらえた国立施設...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「企画展」の画像

もっと見る

「企画展」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる