「任天堂」とは?

関連ニュース

【韓国】アベノミクスにやられた…韓国企業に円安ショック - 12月16日(土)21:23  news

記事入力 : 2017/12/16 05:02  トヨタ、ホンダなど日本の自動車メーカー5社は今年1-11月に米国市場で600万3000台を売り上げた。シェアは昨年の37.2%から38.4%に上昇した。特に7-10月のシェアは48.7%を記録。米国で販売された自動車の2台に1台が日本車だった計算だ。 一方、韓国の現代・起亜自動車の販売台数は116万9000台にとどまり、前年を10%以上下回った。日本車は韓国でも前年比25%増の3万9968台が売れ、輸入車市場でのシェアは18.8%に上昇した。  日本メーカーが「アベノミクス」と「円安」を武器に華やかに復...
»続きを読む
カテゴリー:

『ポケ森』『スプラトゥーン』『ゼルダの伝説』スマホケースが予約受付中!―30%オフクーポンも配布 - 12月16日(土)19:30 

マイニンテンドーストアは、任天堂作品のスマートフォンケースの予約販売を行っています。
カテゴリー:

中国人が行きたい国「日本」 初の1位に - 12月16日(土)17:00 

中国人が「今後行きたい地域・国」で、日本は40.2%と、2013年の調査開始以来、初めての1位になった。日本貿易振興機構(ジェトロ)が2017年12月12日に発表した。「日本に旅行に行きたいか、行きたくないか」の2択の質問でも88.9%が「日本に行きたい」と回答。中国人にとって、日本は海外旅行先として強く支持されているといえそうだ。 アメリカ、イギリス、フランスを抑える 中国人の海外旅行経験者は76.9%で、このうち日本へ行ったことがある人は61.1%と、アメリカやイギリス、フランスなどをおさえて9か国のうち、第1位だった。 1位になった理由について、ジェトロは12月13日のJ‐CASTニュースの取材に、「日本に旅行に行った中国人が見たり感じたりしたものや魅力などを周りの人に伝えているからではないか」と話した。 また、越境ECでの日本商品の購入経験では、67.7%が「購入したことがある」と回答。「ない」と答えた人でも、4割以上が今後購入したいと答えており、越境ECを通じた日本商品の購入ニーズは、ますます高まりそうだ。 越境ECを使う理由では、「日本に旅行をしたときに購入して気に入った製品だから」が前回調査時(2016年10月)の22.7%から40.4%と17.7ポイント増加した。 購入商品のトップ3は、化粧品、食品、医薬品。今後購入したい商品のトップは、電気製品だった。 今回の調査...more
カテゴリー:

どうぶつの森 ポケットキャンプ:おじさんゲーマーがまったり遊んでみた… - 12月16日(土)12:10 

 11月22日に配信がスタートした任天堂の人気ゲーム「どうぶつの森」シリーズのスマホアプリ版「どうぶつの森 ポケットキャンプ(ポケ森)」。果たして、どんなゲームなのでしょう。おじさんゲーマーが実際に…
カテゴリー:

最高峰だと思うゼルダシリーズランキング - 12月16日(土)07:30 

任天堂が世界に誇るアクションアドベンチャー、ゼルダの伝説シリーズ。1986年の登場以降任天堂ハードほぼ全機でタイトルをリリースしていますね。 作中に出てくる主な登場人物や重要要素は同じ名前なのですが、すべて別時代での出来事で歴史的には繋がっている(途中3つに分岐する)壮大なストーリーなんだとか。 そこで今回は「最高峰だと思うゼルダシリーズ」をアンケート、ランキングにしてみました。 一番人気のあるゼルダシリーズは、一体どの作品だったのでしょうか? 1位 ゼルダの伝説 2位 ゼルダの伝説 時のオカリナ 3位 ゼルダの伝説 神々のトライフォース ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『ゼルダの伝説』! シリーズ第1作目、『ゼルダの伝説』が堂々の1位に輝きました。 当初国内販売方法がファミコンのディスクシステムという、追加周辺機器を購入しないと遊べない仕様だったのですが、人気と要望があったからか8年後にファミコンのロムカセット版もリリースされました。 また、最近ではバーチャルコンソールでの配信も行われており、最近のゼルダしかしらないユーザーでも初期のゼルダを楽しめるようになっています。 2位は『ゼルダの伝説 時のオカリナ』! シリーズ初の3D作品、『ゼルダの伝説 時のオカリナ』が2位を獲得しました。 3D化しながらも従来の人気要素である謎解きなどはさらに面白さを増し、3Dア...more
カテゴリー:

『ポケ森』でマリオの帽子がプレイヤー全員に配布中!―『スーパーマリオラン』配信1周年を記念して - 12月16日(土)20:30 

任天堂は、iOS/Android向けゲームアプリ『どうぶつの森 ポケットキャンプ』にて、マリオの帽子を模ったゲーム内アイテム「おにいさんのぼうし(衣服)」を全プレイヤーに向けて配布しました。2018年1月15日までの期間限定です。
カテゴリー:

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド 英傑たちの詩」レビュー - 12月16日(土)18:55 

良くも悪くも任天堂の頑固さを体現したようなDLC 「英傑たちの詩」というDLCは無視のできない欠点を確実に抱えてはいるが、美味しい部分は本編以上に秀逸だ。
カテゴリー:

スイッチ、品薄状態に任天堂「これまで以上の出荷を計画」 - 12月16日(土)12:33 

2017年3月3日に発売開始された任天堂のゲーム機「Nintendo Switch」の全世界の累計販売台数が12月10日で1000万台に到達した。 発売開始以来、ツイッターなどでは「買えない」といった声が殺到しているが、J‐CASTニュースが12月15日、任天堂に現在の出荷状況について取材すると、具体的な出荷台数は明らかにしなかったものの、「12月は国内向けにこれまで以上の出荷を計画している」と話した。 「いつでも、どこでも、誰とでも」遊べると大人気 任天堂「スイッチ」は、テレビモードや外出先などで便利なテーブルに置いて使うモード、通勤や通学の電車内などで使える携帯モードでプレイできるゲーム機。8台までマルチプレイできることや、インターネットを通じて遠く離れた人や世界中の人とも対戦、あるいは協力してプレイが楽しめるのも特徴だ。 9月までに30タイトルのゲームソフトを発売。国内での販売台数は9月末時点で195万台を記録。全体的には海外のほうの売れ行きがいいようだ。 クリスマス商戦に突入。おもちゃ・ゲーム市場は書き入れ時を迎えた。任天堂は、「スイッチ」が爆発的に売れている理由について、「家庭用テレビゲーム機でありながら、外に持ち出して遊べたり、コントローラーの『Joy‐Con』を使ってシェアしたりして遊べるので、『いつでも、どこでも、誰とでも』ゲームをお楽しみいただける点がこれまでのゲ...more
カテゴリー:

変身した姿がカッコ良い!少年漫画主人公ランキング - 12月16日(土)11:30 

特に特撮モノでは定番と言える「主人公の変身」、漫画やアニメの世界では現実的な表現の制限が無いため、特撮モノよりも自由な表現ができますね。 主人公が何らかの危機に瀕して秘められた力に目覚める!なんて展開の時には、その時の状況や形勢逆転の展開もあって非常にかっこよく見えるかと思います。 そこで今回は「変身した姿がかっこいい少年漫画主人公」をアンケート、ランキングにしてみました。 変身姿が一番かっこいい主人公は、一体どの作品のどのキャラだったのでしょうか? 1位 孫悟空 2位 奴良リクオ 3位 沢田綱吉 ⇒4位以降のランキング結果はこちら! 1位は『ドラゴンボール』の「孫悟空」! 怒りで目覚めた伝説の戦士、『ドラゴンボール』の「孫悟空」が堂々の1位に輝きました。 最初の変身はナメック星で対フリーザ戦の時に、目の前で親友であるクリリンが殺されたことの怒りで「スーパーサイヤ人」へと目覚めました。 「スーパーサイヤ人」という単語は変身前からチラホラ出ていたのですが、黒髪の孫悟空が金髪碧眼になった姿を初めて見せた時、その変わりっぷりに多くのファンが心踊ったかと思います。 2位は『ぬらりひょんの孫』の「奴良リクオ」! 妖怪の血が1/4流れたクォーター、『ぬらりひょんの孫』の「奴良リクオ」が2位を獲得しました。 普段は温厚で争いごとが嫌いな好青年なのですが、妖怪の姿となると長身痩躯の鋭い目...more
カテゴリー:

アベノミクスにやられた…韓国企業に円安ショック - 12月16日(土)06:58  liveplus

 トヨタ、ホンダなど日本の自動車メーカー5社は今年1-11月に米国市場で600万3000台を売り上げた。シェアは昨年の37.2%から38.4%に上昇した。特に7-10月のシェアは48.7%を記録。米国で販売された自動車の2台に1台が日本車だった計算だ。一方、韓国の現代・起亜自動車の販売台数は116万9000台にとどまり、前年を10%以上下回った。日本車は韓国でも前年比25%増の3万9968台が売れ、輸入車市場でのシェアは18.8%に上昇した。  日本メーカーが「アベノミクス」と「円安」を武器に華やかに復活している。しかし、文在寅(ムン・ジェ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「任天堂」の画像

もっと見る

「任天堂」の動画

Wikipedia

任天堂株式会社(にんてんどう、)は、主に玩具コンピュータゲームの開発・製造・販売を行う日本企業

概要

任天堂は1889年(明治22年)に創業した老舗企業で、娯楽に関する様々な事業を展開している。

創業以来多くの種類の玩具を製作しており、特に花札トランプは創業初期から現在に至るまで製造・販売を続けている。

1970年代後期からは家庭用や業務用のコンピュータゲーム機の開発を開始。1983年(昭和58年)発売の家庭用ゲーム機ファミリーコンピュータ」用ソフトとして1985年(昭和60年)に発売したスーパーマリオブラザーズは世界的にヒットし、任天堂はゲーム機やゲームソフトを開発する会社として広く認知されるようになった。

また、先述のスーパーマリオブラザーズの主人公「マリオ」など、任天堂のゲームソフトに...

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる